初めてのスケッチアップ - (8)材料の一部を切り落とす

3次元モデリングソフト スケッチアップの使い方を、自分でも学びながら、備忘録的にまとめておこうという「初心者のための初心者講座」第8回。

前回の第7回、ウッドデッキの床板の隅を切り落とすため、カット線を引き、そのカット部分にある脚を削除したり、移動させたりしました。

今回は、いよいよカット線で床板を切り落としていきます。

切り落とす作業自体は、プッシュ/プルツールで出来るというのは分かっていたんだけど、最初に考えたのはカットする4本の床板を、いっぺんに作業出来ないかということ。

4本の床板をグループ化して、それでやったりしてみましたが、うまくいきませんでした。出来る方法があるのかもしれませんが、今回は1本ずつカットしていきます。

オブジェクト(エンティティ)を「分解」する

先ずは選択ツールで床板の1枚をクリックすると、オブジェクトが選択状態を示す青い枠線で囲まれます。

床板1本選択

続いて、床板に斜めに入っているカット線で床板を2つのパーツに分けるため、マウスの右クリックから「分解」を選択。

床板を分解

これで、一番手前側の床板が、カット線で左右に分解された状態です。

床板分解後

プッシュ/プルツールを使って分解された一方を変形(消去)させる

ここで、プッシュ/プルツールを選択し、カーソルを分解された床板の上に持ってくると、選択OKの部分に細かいドット模様が入るので、マウスを左クリックして選択。

床板プッシュ

後はマウスを上下に動かすだけ。上に動かせば床板の選択部分の厚みが増し、下に動かせば薄くなっていきます。

下方向に動かすと、板厚が無くなるところで「オフセットの限度」と表示されるので、そこでクリックすると選択部分の板がカットされて消えます。

床板カット後

残りの3枚の床板も同じ手順で作業を進めますが、選択ツールで選択の際、[Ctrl]キーを押している間、選択ツールに「+」マークが出るので、これで連続での選択が可能に。

また、プッシュ/プルツールの際にも、[Ctrl]キーを押すとカーソルの横に「+」マークが表示されるんだけど、これの使い方は分からなかった。

なので、残りの3枚は1枚ずつプッシュ/プルツールで不要部分を削除しました。

床板カット完了

補助線を「削除」したり、「非表示」にしたり

ところで、補助線は便利なんですが、一度使って後は不要というものもあります。そんな時は、選択ツールで補助線を選択し、右クリック→「消去」で削除することが出来ます。

右クリックで現れる「消去」の下に、「非表示」という項目もあり、こちらをクリックしても補助線は消えます(見えなくなっただけで削除はされていない?)。

今は邪魔だけど後で使うかもって時には、こっちの「非表示」の方が良さそうな気がするんだけど、残念ながら「非表示」から復帰させる方法が分からない。

因みに、1本ずつの補助線ではなく、全部の補助線をいっぺんに「非表示」にするには、メニューバーの中から[表示]をクリック→[ガイド]のチェックマークを外せばOK。

後で必要になったら、再び[ガイド]にチェックマークを入れるだけ。こっちの方が便利?

次回は、床下に「根太」と「大引」を追加していきます。


初めてのスケッチアップ - (7)出来上がったものを再加工

3次元モデリングソフト スケッチアップの使い方を、自分でも学びながら、備忘録的にまとめておこうという「初心者のための初心者講座」第7回。

前回の第6回でウッドデッキの床の基本形が完成したので、今回はこれの形を変えたり、脚の長さを変えたりと、幾つか手を加えていきます。

その内の一つは、ウッドデッキの床板の片隅を切り落とし、五角形にしたいんです。

切り落としたい

そこで先ずは、切り落とす部分の位置決めのため、メジャーツールを使って目印となる脚の位置を測定するところからスタートします。

線ツールでカット線を引く

メジャー形のカーソルで、測定する一端(今回は床板の端面)をクリック。続いて、カーソルを測定方向に動かしていくと、補助となる点線や表示が現れるので、脚の位置を測定。

位置測定

脚の端面が床板の端面から865mmと分かったので、床板の端面から850mmの位置でカットすることに決め、そこに補助線を引きます(補助線の引き方はこちらの記事を参照に)。

カット用補助線

線ツールを選択し、えんぴつ形カーソルでカット線の両端(今回は、床板の一角と、補助線と床板の端面の交点)をクリックすると、床板に線が引かれます。

カット線

床板カットの前にカットされる部分の脚を処理する

床板をカット線で切り落としてしまうので、不要となる2本の脚の内、1本は削除(マウス右クリックから「消去」)し、もう1本はカット線の内側へと移動させます。

脚を移動させるための位置決め用に、ここでも2本の補助線を引きました。

追加工

この2本の補助線の交点に、脚の1角を合わせて移動し、残りの脚を1本削除。

脚移動と削除後

次回は、床板を構成する4枚の板を、カット線に沿って切っていきます。


太もも直径30cm、体重130kgの巨人用レッグスリーブ?

冬のランニング時に、昨年まではランニングパンツの下にユニクロのヒートテックタイツをはいて走っていましたが、今年はレッグウォーマーを着用したら、これが想像以上に快適。

それも100均商品なので、ちょっとビックリ。

で、奥さんに替えを買ってきてもらいました。

100均レッグウォーマー
ロングレッグウォーマーという商品ですが、ラベルの絵をよく見ると、膝下から踝までを覆っています。それもレディースと書かれています。

丈が60cmと長いので太ももまでカバーする商品だと勝手に思い込んでいましたが、いわゆるルーズソックスみたいに膝下で弛ませて着用するためのものらしい。

うーむ、どうりで太ももまで引き上げると、破けてしまいそうなくらいピチピチだったわけです。女性用だし、太ももの太さは想定されていないんですね。

そう分かってしまうと、無理やり着用するのもちょっと気が引けてきました。

太もも直径30cm、体重130kgの巨人用?

それならちゃんとしたやつを買おうかと探して、eBay で見つけたのがこの商品。ロングレッグスリーブです。

レッグスリーブ

値段を見るとUS $2 ちょっとと格安。オー、安いな!って思って、商品説明を読んでいたら、「Package included:1pc(Not a pair)」との表記が。

なるほど、勝手に両足セットだと思っていたら、片足ずつ購入する必要があるようです。ま、2個買っても500円以下ですけどね。

でも、商品説明にもう一つ疑問点を発見。サイズ表なんですが、長さはいいとして、フィットする体重が「M」でも「130kg 以下」となっています。

レッグスリーブサイズ
もちろん体重50kgでも70kgでも「130kg 以下」なのは間違いないので問題無さそうな気もするけど、それにしても130kg という数字は大きすぎない?

まあ、長さと太さが合えば問題ないかと、太もものサイズ(Upper diameter)を見てみると、Mサイズで「30-36cm」となっています。

これ、素直に太ももの直径が30cmで、体重が130kgって人を想像すると、かなりの巨人ではないかと。プロ選手とかなら珍しくないのかもしれないけど、一般人としては・・・・

でも、太もも周囲の寸法が「30-36cm」とすると、今度は太さ10cmくらいの太ももになってしまうので、これはこれで細すぎるでしょうね。

因みに私の太ももを測ると、周囲長で約56cm。直径に換算すると約18cmになります。

という疑問(不安)は残るけど、Mより下は無いので、これを買うしかなく、そして届いたのがこの商品だったのです。

サイズは問題無しだったけど、縦方向の縫い目が微妙?

そして、手元に届いた商品の大きさを測ってみたら、サイズ表の疑問が解けました。Upper diameter というのは商品のサイズだったようです(周囲長が36cmでした)。

確かに、そう言われてみれば納得できなくも無いけど、でもここにフィットする太ももの太さを書かないで、商品の寸法(伸びる前)を記載する理由が理解できない。

ま、結果的にはピッタリサイズだったのでOKなんですけど。

価格の割に商品の作りは悪くありません。太もも側にはずり落ちて来るのを防止するための滑り止めゴム(シリコン?)ベルトもあります。

レッグスリーブ滑り止め

ただ、印刷されている柄は微妙だな。足に装着した時に、この柄をどこに持ってくればいいんだろ? ショップの商品写真では裏側(ふくらはぎ側)になってるけど。

気になるのは、縦方向に縫い目があること。「1ペア」ではなく、同じものを2個購入しているので、当然縫い目と柄の位置関係は同じ。

別の言い方をすると、左右対称ではないんです。柄を両足でふくらはぎ側に合わせると、縫い目は両足とも足の左側面にきます。

それほど目立つ縫い目ではないので気にならないといえば気にならないけど、気分的にはちょっと微妙かな。


スマホ用のスタンドを買ったら、Kindle 用として活躍しそう

スマホで少し長めの動画を見る時とか、ずっと手に持ってるのも疲れるのでスタンドが欲しいな、って。

最初、アクリル板を曲げて自作しようかなとも思ったんだけど、形状的に嵩張りそうなので、持ち運びを考えると折り畳める方が望ましい。

ということで購入することに。Amazon で探すと1000円程度で買えそうです。でも、こういう場合は、やっぱりAliExpress とeBay でも探すというのが習性になってるので。

で、結局AliExpress で購入して届いたのがこちら。いつもの見慣れた何の飾りっ気も無いオレンジ色の袋と違って、普通の袋に入って送られてきたのが新鮮だった。

スタンドパッケージ

開けてみると、商品と一緒におまけ(マジックテープの結束バンドかな?)が入っていました。こんなキチンとしたパッケージに入ってる商品を受け取ったのは初めてかも。

スタンドおまけ付き

中身はこれ。Ugreen のスマホスタンド。似たような形状で百数十円のもあったんだけど、デザイン的に微妙だったので、少し高めのこいつを選びました。

スマホスタンド1
Amazon でも同じ商品が売られていて、購入価格はAmazon の4割引きくらいのイメージ。なので、いつもの購入品ほどの割安感はないかな。

折り畳むと裏側もスッキリ。

スマホスタンド2

底部にゴム製の滑り止めパッドが嵌め込まれているので、安定感は十分。

スマホスタンド3

開口角度は0度から100度までの10段階。しっかりしたクリック感があるので、操作していて勝手に角度が変わってしまうといったこともありません。

スマホスタンド4

スマホを縦に置いたところ。5.2インチのスマホよりも、1cmくらい幅広。

スマホスタンド5

でも、一番使う機会が多いであろう横置きは、スマホケース背面の "指リング" で必要十分状態。まあ、普段のスマホの置き場所としては悪くないけどね。

なんてことを考えながら、あまり使う機会が無いかなってちょっとガッカリしていたんだけど、何気なくKindle を置いてみたら、これがイイ感じ!

Kindle スタンド

なんだかんだ言っても、やっぱり長時間Kindle を手に持って読書していると、どうしても手が疲れて来るんだよね。

机の前で本を読むときは、このスタンドに置いたスタイルがベストかも。


【カメラに遊ばれる】カテゴリ目次 - 2016年8月(後半)

遠く富士山を望む貸切状態のショートコースでヘロヘロに

no nameno nameno nameno nameno name


別名「天使の梯子」? なるほど、その命名も納得かな

no nameno nameno nameno nameno name


箱根の山と相模湾に囲まれた開放感抜群の墓所にて

no nameno nameno nameno nameno name


LUMIX 14mm/F2.5 では、やっぱりそれほどボケないかな

no nameno nameno nameno nameno name


4×100mリレー凄かった! -- リレー競技のルール、知ってる?

no nameno nameno nameno nameno name


最高気温予想33℃の炎天下を、新横浜から溝の口に向けて歩く

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


Picture of the Month - August 2016

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>