スマホとBluetoothで接続する体重計を使ってみた

スマホとBluetoothで接続して、測定データをスマホ内に取り込んで記録してくれる体重計。いわゆるスマートスケールってやつを買ったのは今年の正月明け。

ところが、スマホと連動するためのアプリ「Yolanda-Healte Fitness Tool 」が「Android4.3以降のスマホに対応」ということで、当時の私のスマホ(Android4.1)で使えないことが分かって・・・・

結局スマホを買い替えて、1月下旬には使うための準備は整っていたんだけど、使わないまま時が過ぎ・・・・

一つには、以前から使っていたオムロンのカラダスキャンからデータを読み取って記録していくのに慣れてしまって、このルーティンを変える方が面倒くさくなってたんです。

でも昨日、ランニングを再開したのを機に、このスマートスケールに移行することに。

スマート体重計

スマホと連動させてみた

「Yolanda-Healte Fitness Tool 」をダウンロードし、起動するとログイン画面になります。以前作ったアカウントでログインし、次の画面で重量単位を設定。

yolanda1

続いて「機器のペアリング」になりますが、ここの説明が分からない(日本語がおかしい?)。機器に立てて下さい?

yolanda2
本体に乗ると自動的に電源が入るので、逆に言えば乗らないと電源が入らない。ということは、「機器の上に立ってください」ってことかな? 下の絵もそうなってるしね。

いずれにせよ、ぺアジング自体は簡単に出来ました。スマホ側にデバイス(QN-Scale)が表示され、スケール側にもBluetoothのアイコンが表示されました。

機器間の測定データ差異は

実際に測定してみた結果がこちら(体型が「やや肥満」になってるのが恥ずかしいけど)。

yolanda3

カラダスキャンとの測定値を比較してみたのが以下の表。

 QN-Scale カラダスキャン
体重(kg)68.168.2
BMI24.124.4
体脂肪率(%)21.122.5
皮下脂肪(%)18.815.7
内臓脂肪711
基礎代謝(kcal)15301567
体内年齢5952

項目によっては微妙な誤差があるけど、まあそれなりに信頼が置けそうなデータなんじゃないかな。

過去のデータを蓄積していけたり、その変化を項目ごとにグラフ表示出来たりするようですが、まだ1日分のデータしかないので、この辺りはまた後日紹介したいと思います。


手書きの計算式を解いてくれる MyScript Calculator

なんか、凄いスマホアプリに出会った!

MyScript Calculator という、いわゆる電卓アプリなんだけど、これが手書きで計算してくれるという優れもの。

例えば、「36×81」と指先で画面に(汚い字で)書き込むと、次の瞬間、文字認識をし、そして計算結果を表示してくれます。

c1

自分の書いた数字があまりに汚くて誤認識してしまったとか、あるいは計算式の中の数値を変えたいって時は、斜線を引くとその数字が消えるので、新たに書けばOK。

c2
消さずに、その上から重ねて手書きで書いても再認識してくれます(例えば、4の上に重ねて5を書けば、48は58に変わります)。

また、計算式の中の不要な部分の上からグシャグシャってスクラッチすると、その部分が無くなって再計算。

c3

「?」マークを使った方程式も解いてくれます。

c4
試しに「?」の代わりに方程式に馴染みのある「x」(エックス)を使ってみたら、これは「×」(乗算)と誤認識してしまってダメでした。(他のアルファベットもダメでした)

こんな複雑な計算式も解いてくれます。でも、こんなに色々と書き込もうとすると、書いてる途中で自動計算が始まってしまいます。

c5
そんな時は、設定の中の「自動計算」のチェックを外すと、画面に「Calculate」というのが出て来るので、書き終わった時点でここをタップすれば計算開始。

「sin」、「cos」といった三角関数とか「π」などの演算子や定数がサポートされているので、日常生活の中での計算には不自由しないんじゃないかな。

関数

いやー、この計算アプリ、メチャクチャ便利! 

例えば、「14個で1050円のリンゴを18個買ったらいくらでしょうか?」なんて問題を普通の電卓で解こうとすると、1050を14で割って、その答えの75に18を掛けますよね。

それがこのアプリなら、「18×1050/14」という計算式を書き込めば、一手間で答えを得ることが出来ます。

いやー、凄い!


ファイル転送・共有アプリ「Xender」を試してみる

ブログをPCで書いていて、スマホ関連の記事を書こうとすると、スマホ画面のスクリーンショットをPCに送りたいという場面が結構あります(まさに、この記事もそうなんですけどね)。

そんなとき、以前紹介した 「Any Send」 というアプリが大活躍。

Any Send ではファイルを1個ずつしか転送できない

以前も書きましたが、本当に簡単便利なアプリで、PC-スマホ間のファイル転送に限って家ば、「AirDroid」よりもお手軽で、とても重宝しています。

機能が少ない分、操作もシンプルで分かり易いしね。

でも、ただ一つだけ使い難いなって思うのは、ファイルを1個ずつしか転送できないこと。

スマホからPCへとスクリーンショットを転送しようとすると、フォルダの中から目的のファイルを探し、そこで「共有マーク」をタップすると、転送に使えるアプリがズラッと出て来るので、そこから 「Any Send」を選んでタップする、といった手順になります。

送りたいファイルが複数の場合は、この動作をファイルの数だけ繰り返すことになります。

ま、大概は多くても数枚程度だったので、「まあ、いいか」ってやっていましたが、新しいスマホでは転送するファイルの数が一挙に増えそうな予感も。

今までのスマホは、写真撮影の機能がダメダメだった(自分の腕の無さを棚に上げて)ので、ほぼ使ったことが無かったんだけど、こんどのやつは結構いい写真が撮れそうなんでね。

ということで、複数のファイルを選択しておいて、それを一挙に転送できるようなアプリを探してみようと思います。

Xender

実際、探してみると、うーん、いっぱいあり過ぎて何を使ったらいいのか分からない。取り敢えず、「Xender」というファイル転送・共有アプリを使ってみることに。

インストールして起動すると、画面の下に「SEND」と「RECEIVE」という2つのマークが出てきます。これは、スマホからファイルをPCに送る(SEND)のか、あるいはPCから受け取る(RECEIVE)かってことのようです。

xender起動

取り敢えずPCに送りたいので、「SEND」をクリックすると、真ん中に大きな円が表示され、タイマー風に何かの応答を待ってる感じになります。

これは多分、他のスマホとの接続を待ってるのかな。取り敢えずこっちは無視して、「PCと接続します」をタップすると、右側のような画面になりました。

xenderでPC接続

「1. このWebアドレスをPC上で開きます」に従って、「http://web.xender.com」にPC側のブラウザでアクセスすると、QRコードが表示されます。

xender web

この状態で、スマホ側に戻って「スキャン」をクリックすると、カメラでQRコードの読み込みモードになるので、PC画面をスキャンします。

すると、一瞬でスマホとPCとが接続され、PC側の画面は下のようになります。

PCと接続済み

スマホ側の画面ももちろん変わり、スマホ側を操作して、例えば写真ファイルを表示すると、それが上の画像に代ってPC画面上にも表示されます。

ま、そういうことをするためのアプリなんだって言われればその通りなんだけど、でもやっぱり技術の進歩ってのは凄いなってのが素直な感想ですね。

複数のファイルを一括ダウンロード

さて、上の画面に戻って、「写真」ファイル(「86」ってところ)をクリックすると、スマホ内の写真ファイルの一覧が表示されます。

ここで、目的のファイルにチェックを入れ、上段の一括ダウンロードボタンをクリックすれば、瞬時にPC側に(ZIPファイルで)転送されてきます。

画像ダウンロード

PC側は、「http://web.xender.com」をブックマークしておけば、次回からは大した手間を取られずに、簡単にPCとスマホとを接続することが出来ます。

うーむ、もの凄く簡単で便利だな。まだ、「Xender」の入り口からちょっと覗いてみただけなので浅薄な印象かもしれないけど、もっと便利な機能がたくさん盛り込まれているんでしょう。

ちょっと、使込んでみようと思います。


ケータイ配列が苦手な私にはGoogle日本語入力のGodanが

3年ぶりに買い替えたスマホのHUAWEI P9 lite に、便利そうなアプリを探索している最中ですが、Google日本語入力の使い勝手が良さそうで、設定や使い方をちょっと学んでみようかと。

アプリをダウンロードし、Androidの「設定」を開き、その中の「詳細設定」から「言語と文字入力」→「デフォルトのキーボード」と辿っていきます。

google日本語入力設定a

「入力方法の選択」ウィンドウが出るので、「Google日本語入力(日本語)」をタップして選びます。

この時、選択リストに「Google日本語入力(日本語)」が無い場合は、下の「入力方法の設定」をタップすると、「キーボードと入力方法」が表示されるので、「Google日本語入力(日本語)」をオン。

google日本語入力設定b
「入力方法の選択」ウィンドウで「Google日本語入力(日本語)」を選んで「言語と文字入力」に戻ると、「キーボードと入力方法」の中に「Google日本語入力(日本語)」が表示されるようになります。

3種類のキーボードレイアウトがあるけど、個人的にはGodan キーボードが良さげ

ここで「Google日本語入力(日本語)」をタップすると、「Google日本語入力設定」となり、先ずは「キーボードレイアウト」をタップして、3種類ある入力キーボードから好みのものを選びます。

google日本語入力設定c
デフォルトは「ケータイ配列」になってると思います。その隣にあるのは「QWERTY」配列。PCのキーボードと同じ配列です。

「ケータイ配列」は長年使ってきたので、ある程度は慣れていますが、(十分なスペースさえあれば)私はやっぱり「QWERTY」の方が馴染みやすいです。

が、Google日本語入力を使う大きなアドバンテージは、3つ目の入力キーボードの「Godan キーボード」が使えること。これはGoogleが開発した独自のキー配列のキーボードです。

Godanキーボード

このGodan キーボードは、A,I,U,E,Oの母音が左側の縦一列に並び、その右の縦2列に子音が割り振られています。入力は、子音を選んだ後に母音を選ぶことで行います。

例えば、「さようなら」と入力したい場合は、基本はローマ字入力なので、「S→A→Y→O→」と入力していくことになります。

数字の入力は、左の欄にある「123」をタップして数字キーボードに切り替えてもいいけど、それぞれのキーに数字が割り当てられているので下にフリックしてもOK。これもなかなか楽でイイ。

自動かな修飾変換は是非ともオンにしておこう

その他にも様々な設定項目があって、自分が使い易いようにカスタマイズできるのですが、Godan キーボードで(ケータイ配列でも)必須なのが、「自動かな修飾変換」。

これは、「が」を「か」、「ぱ」を「は」、「っ」を「つ」で入力しても自動的に補ってくれ、希望する漢字が変換候補として表示されるようにする設定。

自動かな修飾変換

例えば、「雨合羽」って入力したい時、「あまがっぱ」と入力する必要はなく、「あまかつは」って入力すればOKということです。

辞書ツールも積極的に使いこなしていきたいな

「自動かな修飾変換」の設定は、「Google日本語入力設定」から「変換」をタップして行いますが、その下にある「辞書ツール」も使いこなせるととても便利。

メールアドレス「abc123@gmail.com」を入力するのに、その「よみ」を例えば「たか」として、「単語」にアドレスを設定しておくと、「たか」と入力すれば変換候補にメールアドレスが表示されます。

単語登録

Godan キーボードは、まだ軽く使ってみた程度ですが、個人的にはとても使い易いように感じましたし、設定内容もこれくらいいじれば十分快適に使えそうです。


英語勉強に、zuknowというアプリをPCとスマホにインストール

久しぶりに、本当に久しぶりに英語の勉強熱が再燃してきた。

日常的にKindleで英語本を読み、スマホでAudibleの英語朗読本を聴いているので、それなりに英語に接触はしているけど、 “勉強” として英語に触れるのは離れて久しい。

英検一級の試験も落ちたままだし、今年の年末には英語を使わなければならない場面もありそうだし、そんなこんなで年の初めに目標設定してみようかと。

教材系はこれまで色々と買ってきたので、本棚には英語の勉強系の本はそれなりに充実していると思うけど、今の時代ですからスマホでも勉強できたらいいなと。

「こういうのが欲しい」という特定の目的もなく、何となくネットで検索していたら、zuknow(頭脳?)というアプリを見つけました。

シンプルに言えば、単語帳アプリなのですが、このアプリ、結構面白そうです。

ユーザーが作った膨大な数の教材を無料で使えたり、有料版の教材もそこそこ充実していたりと、そのままでもすぐに役立ってくれそうです。

でも、個人的には自分で教材を作れるってのが一番嬉しい。これまでの勉強の歴史もあるので、いま自分に必要なのは “これ” ってのもピンポイントで分かっている積り。

でも、そこに合致する教材を見つけるのは、ちょっと難しい。なので、自分で作りたいんです。

早速、スマホにアプリをダウンロードしてみましたが、スマホで自分オリジナルの教材を作るのは大変そうです。でも、PCと連動できるというのがこのアプリの大きな特徴。

ということで、PC版のzuknowを探してダウンロード。いくつかの情報を入力してログインしたのが下の画面。

教材を作成する

ここで「教材を作成する」をクリックすると、作成する教材の名前とか説明、さらに公開するかどうかなんてウィンドウが出て来るので、適当に記入して「作成」。

教材を作る

「test」という名前の教材の空き箱が出来ました。ここに中身を入れていくのですが、とても便利なのが下段にある「コピペで追加」ってやつ。

エクセルからコピペで

「コピペで追加」をクリックすると実際の作成画面になりますので、ここに事前に作成しておいたエクセルからコピーして、下段の空きスペースにペーストするだけ。

コピペで追加

上の図は、下のエクセルをコピー&ペーストしたものですが、上の図の「各列詳細」にある通り、1列目が問題、2列目が答え、って感じでエクセルで教材を作っておきます。

エイクセル配置

で、作成後にPC画面で表示すると、こんな感じになります。こちらは問題面。本文の下に小さく薄い字で表示されているのが4列目に置いた「問題に関する補足」です。

zuknow日本語

上の画面をクリックすると、裏の答え面に切り替わります。こちらの下段の小さくて薄い文字は、エクセルの5列目に置いた「答えに関する補足」。

答え面

問題面でも答え面でも、下にあるブルーの「解説面」というところをクリックすると、3列目に置いた「解説」が表示される構成となっています。

解説面

さて、このPCで作成した「教材」は、すぐにスマホに反映されるので、スマホでzuknowアプリを起動すると、下の画像の左端のようが画面になります。

スクリーン中段の「カードで暗記する」をクリックすると、上で作った問題や答えがカードとして作成されています。先ずは問題(日本語)が表示され、タップすると答え(英語)も表示されます。

zuknowスマホ画面

「説明を表示」をタップすると、カードが反転して、こちら側に「問題に関する補足」、「答えに関する補足」、「解説」が配置されていました。

下段のスピーカーアイコンをクリックすると、「読み上げ」のon/offが出来ます。日本語の読み上げはいかにも合成したってイントネーションだけど、英語の読み上げはかなり自然だと思う。

カードのシャッフルも出来るし、自動めくりも可能で、もう至れり尽くせり。


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>