HUAWEI P9 lite用ケース -- (4)背面ミラーアルミケース

eBayとAliExpressで購入した、HUAWEI P9 lite 用ケースのトリを務めるのは、金メッキしたアルミ合金の枠に、ミラー仕上げの背面板を組み合わせたケース。

huaweiケース(アルミ)表

3個目の透明ケースとは、別の意味で届くのを楽しみにしていたもの。以前から、このアルミバンパーケースを一度使ってみたかったんです。でも、その手のスマホを持ってなかったので。

ってことで、待望の初アルミケースです。

このケース、背面はプラスチック製のカバーを嵌め込むのですが、この背面カバーが完全なミラー仕上げなんです。もう、完全に鏡。

huaweiケース(アルミ)鏡面

ショップの商品写真を見て、「オー、これは美しい!」って思っていましたが、いざ手にしてみると、もちろん美しいのは美しいけど、スクリーン面以上に指紋の跡が残って、すぐに汚らしくなってしまう。

ま、ちょっと考えれば(考えなくても)分かることですけどね。

気を取り直して、スマホを嵌め込んでみましょう。スマホに装着するには、裏側の鏡面カバーをスライドさせて外します。

huaweiケース(アルミ)裏カバー外し

裏面カバーを外してアルミフレームだけの状態。フレームの内側周囲には、スマホと直接接触してキズがつかないように、テープ状の緩衝材が貼られています。

huaweiケース(アルミ)フレーム

アルミバンパーの中にスマホを嵌め込んだところ。

huaweiケース(アルミ)装着中

この状態で、裏面カバーを嵌め込めば、装着完了です。

裏面カバーには、スマホ背面のHUAWEI のロゴマークが見えるように窓が開いています。

huaweiケース(アルミ)ロゴマーク窓

表側はこんな感じ。

huaweiケース(アルミ)装着表

全体的な作りはしっかりしています。穴の部分を見ると、アルミバンパーの厚みが分かります。

huaweiケース(アルミ)枠厚み

ご覧の通り、結構厚いんです。床に角から落としても、間違いなく本体を保護してくれるだろう安心感があります。

でも、その代償として全体的に一回り大きくなったような印象があります。これは想定していなかったけど、アルミバンパーケースってのは、そういうものなんですね。

国内でこの手のアルミケースを買うと、多分2000円前後すると思うけど、こいつはAliExpressで約300円で購入したもの。価格を考えれば、全体的な作りは素晴らしいと言えるでしょう。

工作精度も良く、スマホをアルミフレームに嵌め込んだ時の具合もピッタリで、キツイことも変な遊びがあるようなこともなく、カッチリと嵌り込んでいます。

アルミフレームの金メッキも、プラスチックのメッキと違って質感があって、悪くありません。

ということで、全般的には大満足なんですが、やっぱり一回り大きくなるってのはちょっと嫌だな、と。

うーん、どれを使おうかな。


<< topページへこのページの先頭へ >>