「よこはまウォーキングポイント」は、結構モチベーションになるかも

本当に久しぶりの「走る・泳ぐ」カテゴリへのエントリです。

昨年の10月初旬のこと、朝のニュースを見ていたら、横浜市が2014年11月からスタートする「よこはまウォーキングポイント事業」のことを紹介していました。

横浜ウォーキングポイント

ニュースリリース自体は随分前からやっていたようですが、私が知ったのはこの時が初めて。

これは、40歳以上の横浜市民を対象に、市がデータ送信機能付きの歩数計を(申込者に)送付し、市内の協力店舗に設けられた専用リーダーにかざすと、歩数に応じてポイントがたまる仕組み。

2千歩ごとに1ポイントが与えられ、3カ月に1回、200ポイント以上の参加者を対象に3千円相当の商品券が当たる抽選を行うというもの。

9月1日から受付を開始し、私が知った10月初旬時点で既に3万人以上の応募があったようです。従って、この時点以降に申し込む人は、歩数計の到着が11月下旬以降になりそうとのこと。

私も直ぐに申し込み手続きをしましたが、歩数計が手元に届いたのは12月中旬のことでした。

送付されてきたのは、市販品と同じものに、自分のデータが埋め込まれている歩数計

届いたのはオムロンの歩数計で、「HJ-325」というタイプのもの。Amazon にて千数百円にて販売されているので、(送料は取られるけど)無償で配布というのはお得だなと。

オムロン歩数計

と思っていたら、送られてきた歩数計の説明書には「HJ-326F」との表記があります。調べてみたら、別売の「USB通信トレイ」を介して、パソコンで様々なデータ管理が出来るタイプのようです。

で、今回は横浜市が市内の協力店舗にこの専用リーダーを置かせてもらい、参加者はこれを介してデータをネット上に転送する形になるわけです。

因みにこの WellnessLink タイプの歩数計は3000円近くしていました。

もしも紛失してしまった場合は、本人が同じ製品を買って、データを移管するために、それをオムロンに送付する必要があるようです。

ということで、もしも紛失してしまうと、商品代に加えて(多分)往復の送料もかかるので、結構な出費になりそうな気がします。気をつけないとね。

1週間の内、3日間長めの距離を歩けば(走っても)到達するな

ところでポイントですが、2千歩ごとに1ポイントが与えらるわけですが、1日の最大付与ポイントは5ポイントなんです。従って、1万歩でも10万歩でも5ポイントです。

走るシルエット

でね、3カ月の間に200ポイント以上の参加者が抽選の対象になるってことですが、ということは、まあざっくりとですが、1日平均5千歩の歩行が必要になるわけです。

5千歩というと、人にもよりますが4km前後でしょうか。これを毎日となると、なかなかの数値だと思います。逆に言うと、結構いい目標値かもしれません。

私の場合だと、歩く(走る)距離が10km~20kmになることは珍しくありませんが、2千歩まで到達しない日も、また珍しくありません。

こういうパターンだと、90日の内、40日は運動に出る日を設ける必要があります。

うーん、これはこれで(少なくとも冬の間は)キチンと意識しないと到達しない可能性もありそうです。

まあ当たるか当たらないか分からない景品に大きな期待を寄せる人も多くはないと思いますが、それでも歩くモチベーションとしては悪くない筈。

なんてことを考えていたら、自分のデータをアップしたページには色々と面白い仕掛けがあって、単に “景品” を目指すだけではない、それ以上のモチベーション要素がありました。

ということで、次回に続きます。


<< topページへこのページの先頭へ >>