オリンパス E-PL3用の白いカスタムグリップを製作

新たに買った交換レンズで花などのマクロ撮影をしようとしたら、可動液晶が便利なことに気が付き、久しぶりに復活を果たしたオリンパス E-PL3 。

ボディーのホワイトに合わせて白い革でリストストラップも作り、さっそく被写体を探して街を1日中歩き回ってみたら、持って歩く際の保持に難を感じました。

グリップ無し
やっぱり、ツルッとした胴体で、指を掛けるところが無いのは辛い。

以前は革製カバーを付け、そこに自作のグリップを貼り付けて使っていたんだけど、どうもこのグリップの外観に嫌気がさしてきていたんです。

革グリップ

どちらかというと持ち易さ優先でグリップの大きさを決めたので、厚みを持たせ過ぎてしまい、なんとなくボテッとした感じになってしまったんですね。

革グリップ上から

もう一つ、自作グリップとは別に、この革製カバーが使い難いんです。

普段は問題ないけど、SDカードを取り出したりバッテリーを交換しようとすると、いちいち底のネジを回してカバーを外す必要があるのが面倒くさくて。

革カバー底

といった理由でカバーを使うのを止めてしまったので、カバーに付けていたグリップの代わりに、本体に改めてグリップを装着してみようかなと。

一から作ろうかと思ったのだけど、LUMIX GM1SK 用グリップの製作途上、途中で使うのを止めた素材があったので、これの形状を少し変えて使うことに。

以前作った

表面を整え、白のラッカースプレーで塗装し、最後にクリアー塗装して完成。

白グリップ完成

両面テープでカメラに貼り付け。

P1730298

E-PL3 よりも一回り小さなLUMIX GM1SK 用に作ったものを流用したので、ちょっと小さくてバランス的にはいま一つかな。

縦方向に1cmくらい長くしてもいいかも。時間があったら、作り直す・・・・?


オリンパス 12-50mm/F3.5-6.3で撮るマクロな世界(3)

前回に続き、オリンパスのマクロモード付ズームレンズで撮った花の写真シリーズ第3回。

道端や花壇に咲いている花を見て綺麗だなって思うことはあったけど、それをマクロで撮ってみたら、 “綺麗” なんて生易しいものではなく、畏敬の念を覚えたくらい。

花マクロ3-03

陳腐な表現だけど、まさに “自然の驚異” でしょうね。

花マクロ3-04

「それは、神様が創られたから」って言われても、「そうなんだ!」って納得してしまう。

花マクロ3-05

印象に残っている映画の一つ『ミクロの決死圏』の中で、人間の体の中を宇宙に見立て、宇宙船で航行していくような描写があったけど、花の一つ一つにも “宇宙” があるのかも。

花マクロ3-01

外からざっくり見ると、花びらの色が綺麗とか、形が美しいとか思うわけだけど、その花びらの形状一つ取ってみても、信じられないくらい素晴らしい造形がなされていて。

花マクロ3-07

その緻密さや、規則正しさ、色、形、並び方・・・・どこを切り取っても驚きがある。

花マクロ3-02

この花は、何枚くらいの花びらで構成されているんでしょうか?

花マクロ3-06
前回紹介した中で、2枚目の写真の花なんか、ざっくり数えてみたら400~500枚くらいの花びらがありそうでした。凄くないですか!?

この花も本当に美しい。白を基調に、花びらの先端と根元部分に違う色を軽く配し、それが中心部分のおしべ、めしべ(どれがどれか分からんけど)の暗い色と絶妙にマッチして。

花マクロ3-08

個人的には初めて見る花。この赤い円筒状のものが花びらなのかな? 中に見える黄色っぽい粒々がおしべ(めしべ)?

花マクロ3-09

ところで、マクロレンズで写真を撮ってみて分かったのは、ブレ易いってこと。

このレンズをマクロモードにすると絞りがF6.0になり、シャッタースピードは1/80程度まで下がることもあります。日が陰ってくると1/30とか。速くても1/160程度かな。

花マクロ3-10

花は風にも揺れるので、手ブレだけでなく被写体ブレってのもあるのでしょうが、なんだかんだ半分以上がブレた写真になってしまいます。

花マクロ3-11

そんなこともあり、このオリンパスのズームレンズを持ち出すときは、本体内に手ブレ補正機能のあるE-PL3とセットで出かけます。

花マクロ3-12

ということで、パナソニックの DMC-GM1SK を買ったことでほとんど使われなくなっていたE-PL3が再活躍するようになりました。


オリンパス 12-50mm/F3.5-6.3で撮るマクロな世界(2)

オリンパスのマクロモード付ズームレンズで撮った花の写真の続き。

唐突ですが、マクロレンズとは何なのか? 

花マクロ2-05

マクロレンズというのは「被写体を大きく写せるレンズ」とのこと。「被写体を大きく」するには近づけばいいので、近づけるレンズがマクロと思ったら、それは間違いらしい。

花マクロ2-04

逆に言えば、中望遠レンズなどで近くに寄ることができなくても、被写体を大きく写せるのなら、それは「マクロレンズ」ってことのようです。

花マクロ2-03

マクロレンズというと、レンズを花に接触するくらい近づけて撮影しているイメージを持っていたので、「マクロレンズ=寄れるレンズ」と思ってたけど、違ったんですね。

花マクロ2-02

被写体を大きく写せるのがマクロレンズということですが、「じゃあ、どれくらい大きく写せるの?」というのを表す「最大撮影倍率」という言葉があります。

花マクロ2-01

「マクロレンズ」とは、だいたい最大撮影倍率が0.5倍~1倍のものを指すらしい(「最大撮影倍率1倍」って、言葉としては理解できても、意味としては理解不能だな~)。

花マクロ2-06

オリンパス 12-50mmのマクロモードでは、最大撮影倍率0.72倍(35mm換算)。因みに、マクロモードの焦点距離は43mm(換算86mm)に固定されます。

花マクロ2-07

もう一つ誤解していたのは、「マクロレンズって、マクロ撮影にしか使えないんでしょ」って思っていたら、人でも風景なんかでも普通に撮影出来るんですね。

花マクロ2-08

そんな誤解をした一因は、以前使っていたクローズアップレンズにあります。クローズアップレンズを使うと、ある一定の範囲しか焦点が合わない。なのでマクロレンズも・・・・

花マクロ2-09

クローズアップレンズを “以前” は使っていたのに今は使っていないのは、やっぱり面倒臭かったから。

花マクロ2-10

街の風景を撮影しながら歩いていると、綺麗な花が咲いている。そこでクローズアップレンズを装着して撮影し、また街並みを撮るために外して・・・・やってられない。

花マクロ2-11

私の中には、マクロレンズで風景を撮影するなんてイメージはまったく無かったので、実を言えばこのことに一番驚いたくらい。

花マクロ2-12

うーむ、マクロレンズの面白さに嵌ってしまい、更に次回へと続きます。


オリンパス 12-50mm/F3.5-6.3で撮るマクロな世界(1)

オリンパスの 12-50mm/F3.5-6.3 というズームレンズを買ったら、これが使い易いというか、撮るのが面白い。

このところ、単焦点のレンズばかりを使っていたけれど、ズームレンズを使い出すと、やっぱり便利なのは間違いないわけで。

花マクロ1-01

パナソニックの LUMIX GM1 にセットされてきたレンズは 12-32mmのズームレンズですが、テレ端が50mmってのは、キットレンズの32mmよりも間違いなく活躍範囲が広い。

花マクロ1-02

12-50mmが気に入った点はいくつかあるけれど、全ての焦点距離でレンズの長さが変わらないインナーズームというのが、私の中で結構ポイントが高いです。

花マクロ1-03

LUMIX GM1 のキットレンズも、以前買ったオリンパス E-PL3 に付属してきた2本のズームレンズも、いずれもズームに合わせてレンズ長がグググッと伸びるレンズでした。

花マクロ1-04

これが、個人的にはどーしても格好悪く思えて嫌だったんです。その点、12-50mmは最初から長いんだけど、その長さが変わらないってのは潔い(?)なって。

花マクロ1-05

花をアップで撮ろうとした時、花に近づき、ズームしていくと、レンズの先端が花に向かってググッとせり出してくる。これ、想像しただけでなんか恥ずかしくなってしまう。

花マクロ1-06

ワイド端が12mmなのも使い易いし、そこから50mmまでレンズ長の変化無しにズーム出来てと、お気に入りのポイントはいくつかあるけど、でも一番はマクロモードでしょうね。

花マクロ1-07

このレンズにマクロモードが無かったら、買ってはみたけど、重いし、長いし、暗いし、嵩張るしで、もしかしたらほとんど使わずに仕舞い込んでしまった可能性も。

花マクロ1-08

当然、購入する前にネットでレビューを調べたりしましたが、あまり人気の無いレンズらしくて、レビュー自体の数が少ないし、その評価も決して高いものではなくて。

花マクロ1-09

なので、このレンズにマクロモードが無かったら買おうとは思わなかったでしょうね。でも、マクロレンズってのを一度使ってみたかったんです。

花マクロ1-10

正確にはマクロレンズではなくマクロモードなので、キチンとしたマクロレンズには色々な面で劣るのでしょうが、私のような初心者には必要十分以上のクオリティに思えます。

花マクロ1-11

で、実際にマクロで写真を撮ってみると、いやいや、これが楽しい。何の技巧も無しに、単に花を大きく写しているだけですけどね。

花マクロ1-12

花の写真を撮るには最高の季節だし、楽しすぎてついついたくさん撮ってしまったので、もう1~2回続きます


葉桜になって、街に落ち着きが出て来たような気がする

オリンパスの 25mm/F1.8 を買ったのはいいけど、少し遅れて買った同じくオリンパスのズームレンズ 12-50mm/F3.5-6.3 が使い易くて、25mm/F1.8 の出番が無い。

ということで、今日はこの25mmのレンズを装着して、近くのホームセンターまで散歩がてらお買い物に出かけます。

八重桜が満開。

170419日産スタジアム-01

そして、1週間前には世界をピンク色に染めていたソメイヨシノは完全に葉桜状態。

170419日産スタジアム-02

まだ4月中旬だってのに、横浜は今日で3日連続の夏日。カメラ片手に上はTシャツ1枚で歩いていても汗をかいてきます。

170419日産スタジアム-03

空を見上げると、これはもう完全に夏の景色。

170419日産スタジアム-04

道端に咲く花も、「えっ、もう夏なの?」って戸惑っているかもしれません。

170419日産スタジアム-05

今日の雲は密度が高く、ずっしりと重そう。青空を背景に、太陽の光を反射する部分と、そして影の部分とで様々な表情を見せてくれます。

170419日産スタジアム-06

ちょうど一カ月前に開通した横浜北線の港北インター近辺は、まだまだ工事が続いているようで、ここを通るたびに景色が変わっていきます。

170419日産スタジアム-08

IKEAの看板が見えてきました。自宅から約4km。ぶらぶら歩いて1時間弱くらいで到着。

170419日産スタジアム-07

気温は高いけど、風が強い。

170419日産スタジアム-09

強風に揺れる八重桜をアップで撮ろうと試みたけど、ほとんどブレてしまってダメでした。

170419日産スタジアム-10

25mmは、思ってた以上に画角が狭くて、この風景を切り取ろうってカメラを構えると、「おっと、入りきらない」って状況が多発。

そもそもセンスも腕も無いわけで、25mmという画角を活かした撮り方を少しずつ学んでいくしかないよねって痛感した、そんな春の(初夏の?)1日でした。


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>