元に戻す必要のない “分解” は気が楽でいいなあ!

長年愛用してきたキャノンのプリンターMP560にB200エラーが点灯し、その修復にいろいろとやってはみましたが、結局エラーが解消されることはありませんでした。

MP560分解前

ということで、こいつは廃棄処分となる運命なわけですが、ただ捨てるのはもったいないので、分解して使えそうなパーツがあれば取り出そうかと思います。

解体手順に迷ううちに、隠れていた特長が

さて、どこから手をつけていこうかと観察していたら、今まで気が付かなかった(使ったこともなかった)特徴に気が付きました。一つは後方にある手差しトレー。

MP560後ろトレー
いままでは、この状態(↑)で使っていましたが、なんと延長トレーを引き出すことが出来ます。

MP560後ろトレーオープン

さらに、厚めの本をコピーやスキャンする時のために、本の上に被せるフタが根元の所(ヒンジの部分)から上に持ち上がるようになっています。

コピーのフタ

捨てる寸前まで気が付かなかったのが申し訳なく感じるくらい、細部まで神経を配って作られた製品なんだなって改めて感心しました。

やっと分解に着手

さて、話はバラす方へと戻っていきますが、昔の製品は見えるところのビスを外していくと、自然とバラバラになっていったような気がしますが、最近はビスは最少にして、出来るだけラッチで組み上げようとしているようですね。

その方が組み上げる際の手間は大幅に削減出来るのでしょうが、それを構造を知らない(私みたいな)人間がバラそうとすると、これが結構苦労するんです。なんせ、ラッチは見えませんから。

なので、取り敢えず見えるところのビスをすべて外してみても、一向に分解できそうな雰囲気になりません。それでも、何箇所かのラッチを探り当て、見つからないところは力ずくで(破壊しながら)底や両サイドのカバーを外し、少しずつ臓物が姿を現し出します。

これは、底の部分にある紙送り機構。トレーに入った紙にゴムを巻いた車輪(?)を押し付け、根元のギアを回転させて紙を送っているようです。

紙送り機構

コントロール部のある右サイドをバラすと、メインの基板が姿を現します。

横の基板

反対側には大きなギアが3つ見えます。このギアは、プリンタヘッドを左右に動かすためのもののようです。右手にあるプラスチックの塊は、手前のフタの開閉機構。

横のギア

興味のない人には(そもそも、この記事自体が)「なんのこっちゃ?」って話でしょうが、機械系の私としては、結構魅了される仕組みなんです。下は、扉が開こうとしている状態。

フタのダンパー閉じ途中

そして、扉が開き切りました。2つのネジでとまっている黒いパーツがダンパーのようで、フタが「ガチャッ」ではなく「スー」って開くように速度を緩めているんです。

フタのダンパー開

これでは、B200エラーが出るのも不思議はない?

バラし進めていくと、指先が汚れてきました。油ではなくインクのようで、汚れているところは結構な汚れ具合。さすがに何年も使っているので、仕方のないところでしょう。

内部汚れ

最終的には大小4つのモータが入っていましたが、最初に現れたこいつが一番大きなモータでした。これは、先のプリンタヘッドを動かすギアを駆動させていたもの。

一番大きなモータ

そんなこんなで、基板を外して配線コードを外したり、どうしても外れない箇所は「バキッ」ってやったりしながら、大きめのパーツ類に関しては、大体これで分解完了かな。

ほぼ分解完了

なんとなく似通ったパーツ類に分類してみると、こんな感じに。

プリンタ分解パーツ

まあ、私のスキルを考えると、この中で将来的に使えそうな部品はモータとギアくらいかな。

右上にあるちょっと大きめの塊は何だろうって思っていたら、ACアダプタでした。これだけ、一つのパーツとして独立してはめ込まれていたんです。

ACアダプタ
このACアダプタの出力電圧は24Vと32Vだったので、上の4つのモータ類は、この電圧で駆動されていたのでしょうかねえ?

さて、取り敢えず分解し終わりましたが、廃棄予定のプリンタがもう1台あるので、また後日、似たような話をすることになると思いますので、お楽しみに(?)。


キャノンMP560のB200エラー解消にトライするも失敗

MP560 B200(小)長年使い続けてきたキャノンのプリンターMP560がついに故障してしまいました。

B200エラーというやつです。

ご覧の通り、「修理受付窓口へ修理を・・・」ということで、どうやら自分で何かをやって直せる内容ではないようです。

こりゃダメだなと、新しいプリンターに買い換える積りになったのですが、念のために「B200」で検索してみると、いろいろとヒットしました。

B200エラーは「プリンタヘッドかIC基板の故障」が原因らしいとのこと。IC基板故障なら、こりゃもう個人としては手の施しようがありません。メーカー修理の道しかありません。

一方、プリンタヘッドの故障だとすると、ヘッド本体の洗浄で修復できるか可能性があるらしい。実際に直ったという記事もチラホラとあります。

メーカーに修理を依頼すれば1万円前後かかるらしく、そこそこいいプリンターが買える金額なので、この選択肢はないしね。

それならプリンタヘッドの洗浄にトライしてみるか。

(先に言っておくと、B200エラーは残念ながら解消しませんでした。上手くいかなかった内容を書いても意味が無いかとも思いますが、こんな例もあるよとの記録として残しておこうかと)

プリンタヘッドを外す

先ずはプリンタヘッドをインクタンクの交換位置に移動させます。

多くの記事では、B200エラーが出るとプリンタヘッドは右端にくっついたままで手が出せないので、サービスモードにしてプリンタヘッドを移動させる必要があると書かれていますが、私の場合は特に問題ありませんでした(いい兆候なのか?)。

キャノンMP560-1

インクタンクをすべて外し、さてプリンタヘッドはどうやって外すのだろうか?

キャノンMP560-2

見るからにレバーっぽいものがあるので、それを上に持ち上げてみたら、簡単にプリンタヘッドが外れる状態に。

キャノンMP560-3

取り外したプリンタヘッド。ま、確かに汚れてはいるけど、何年も使ってるんだからこれくらいは汚れるでしょうし、うーん、これがB200エラーの原因なのかなと、ちょっと懐疑的。

キャノンMP560インクヘッド-1

インクタンクが装着される側は、結構キレイに見えます。

キャノンMP560インクヘッド-2

プリンタヘッドを洗浄する

洗浄開始。色んな記事を見ていくと、どうやら50~60℃のお湯に入れてもOKらしい。また、基板部には水を掛けない方がいいという意見と全部ボチャッてやってる人も。

面倒臭いので、「基板を水に浸しても何ともなかった」という意見を信じて、丸ごとお湯の中に放り込み、ユラユラとお湯の中で揺らして中のインクを溶かし出します。

MP560インクヘッド洗浄-1

お湯を交換しながら4回目の洗浄で、やっとお湯の濁りが薄くなってきました。

MP560インクヘッド洗浄-3

最後は、こびり付いている汚れを流水と綿棒でキレイにして洗浄完了。

MP560インクヘッド洗浄-5

思い切り振って水を切り、更に日の当たる窓際で丸一日乾燥させました。

サービスモードでリセットしてみた(積り)

そして期待半分、不安半分で、いよいよ再装着。が、前述の通り、残念ながら再びB200エラー表示が。残念だなー、結構手間をかけたのになー、何とかならんかなー?

で、悪あがき、その1。リセットしてみたら何か変わるかも?

でもリセットの仕方が分からないので、以下の手順で「サービスモード」に入ってみることに。

MP560サービスモード1.ストップボタンと電源ボタンを同時に5秒ほど押し続ける
   ・・・ 緑ランプ点灯
2.電源ボタン押したままストップボタンだけ離す
3.電源ボタン押したまま再びストップボタンを押す
   ・・・ オレンジランプ点灯
4.電源ボタン押したまま再びストップボタンを離して押す
   ・・・ 緑ランプ点灯
5.電源ボタン、ストップボタンを離す

残念ながら、何の変化も起こりませんでした。

ほぼ諦めムードで最後の手段に

悪あがき、その2。もうこの時点で95%くらいは諦めていましたので、本当に最後の手段としてプリント基板とノズルのプラスチック部分を外してみることに。

カッターナイフでプリント基板の四隅を溶着している頭を切り取ります。

MP560インクヘッド最終手段-1

ノズル板の2箇所のネジを外します。

MP560インクヘッド最終手段-2

基板が胴体側にくっついていて外れないので、ノズル板の内側からゴム製パーツを外してみましたが、結構キレイに洗い流されていて、これ以上やれることも無いような気がする。

MP560インクヘッド最終手段-3

ということで、B200エラー解消工作は不調のまま終了です。残念!


ダイソーの写真用紙「光沢紙 L版」40枚入り105円はイイ!

カメラを常に持ち歩くようになって丸2年。いろんな所で様々な写真を撮って、中には人物の写真を撮ることも多くありました。

その人物写真をどうしているかと言うと、ハードディクスの肥しになっているというのが現実。

「写メ」とかだと、相手に送ること自体が写真の目的でしょうから、「撮って送って完結」してしまうんでしょうけどね。写真のあり方も、時代と共に変遷していく訳ですね。

写真を撮っておいて相手にあげないのは、何となく気持ちがモヤモヤ

でも、普通にカメラで撮った人物写真はどうするか。家に帰ってからメールに添付して送信、あるいはネット上の無料ストレージにアップして、みんなでシェアするとか。

たまにそんな試みをすることも無くは無いのですが・・・・・逆の立場になって考えると、メールに添付されて送られてきた自分の写真なんて、一瞬開いて見て、それでお終い。

まあ、そんな感じでOKなのかもしれませんけどね。

先日、たまたまプリントアウトした人物写真を、その写真の本人に差し上げたら、思いのほか喜んでくれたんです。喜んでくれたのも嬉しかったし、自分の中のなんとなくモヤモヤっとしていた気持ちもスッキリした感じでした。

私なんかは、まだ昔の感覚が抜け切れていないので、相手の写真を撮ったのに、その写真に対して何の行為もしないことに “罪悪感” を感じてしまうんです。

で、考えてのは、「プリントアウトして相手にあげる」ってのは悪くないかもってこと。少なくとも「メール添付」と違って “実体” があるわけですから、何となく “完結感” があるような気がして。

もちろん、中には「そんな写真貰ってもねー」って人もいるでしょう。でも、それをそのままゴミ箱に捨てるのは相手の勝手ですから、わたしのあずかり知らぬところです。

その意味では自己満足なのかもしれませんが、何もしないよりはいいかと。

と言うのが(長い)前置きで、本題は写真用紙のお話。

キャノン:0.27mmで1枚約3.7円 VS ダイソー:0.23mmで1枚約2.6円

いつでもサッとプリントアウトしてあげられるように、「L版」の用紙を買いました。キャノンの「光沢 ゴールド」というやつの400枚パック。100枚ずつ4袋に分けられて入ってました。

キャノン写真用紙
アマゾンで1490円だったので、1枚当たり約3.7円。昔から考えるとずいぶんと安くなりました。

今はキャノンのプリンターを使っているので、純正の方が発色がいいだろうって思いで選びました。ところで、以前エプソンのプリンターを使っていた時に買った用紙も何枚か残っています。

また、最近では100円ショップでも写真用紙を売っています。で、用紙によって印刷結果はどれくらい変わってくるのかなってのが、今回のクエスト。

買ってきました。ダイソーにて、「光沢紙 L版」40枚入りで105円。1枚当たり約2.6円。

ダイソー写真用紙

キャノン、ダイソーにエプソン製も加えて印刷品質を比較

エプソン製の用紙は昔買ったものなので、価格も正確なスペックも分かりませんが「光沢紙」です。この3枚に、同じ写真を印刷して、比べてみたいと思います(プリンターは、Canon MP560)。

用紙比較

写真を写真に撮って、モニター上で比較することには無理があると思いますが、3枚を肉眼で見て比較しても、さっぱり違いが分かりません。

A4とか大判での印刷となると違いが出てくるのかもしれませんが、少なくともL版程度では印刷品質の違いを(私は)見分けることが出来ませんでした。

紙厚さえ気にならなければ、ダイソーの写真用紙はイイ

ただ、発色以外にはいくつかの相違があります。

先ず紙厚。

キャノン製:0.27mm
ダイソー製:0.23mm
エプソン製:0.27mm(多分)

ダイソーだけ、安い分だけ少し薄め。それが原因か、印刷から1週間くらい経過したら少し反ってきました。キャノンのは変化無し。(エプソンのは元々反っていたので判断できず)

ただ、ダイソーにも同じ「光沢紙 L版」で0.27mm(0.28mmだったかな?)のものが、24枚入り105円でありました。こちらは1枚当たり約4.4円と、キャノンのものより少し高くなってしまうけど。

もう一点。印刷面の色(印刷前)が、キャノンとエプソンの用紙は “真っ白” 。「これが白だ!」ってくらい眩しいような白です。

一方、ダイソーの用紙は他の2枚と比較してみると微妙にくすんでるかな。ダイソーのものだけを見ている分には、全然違和感を感じない “白” ですが、比較するとねって意味です。

でも、印刷後の “白” は、じっくり見比べても違いは分かりませんでした。

経年変化とかは分からないので何とも言えませんが、元のデータも残っているわけだし、気楽に人にあげるって用途で考えると、ダイソーの40枚入り105円は充分以上に使えそうな気がします。

そもそもキャノンの400枚入りを買った時も、「いっぺんに400枚も必要ないけど」って思いながら買ったわけで、ここに書いた内容を先に知っていたら、間違いなくキャノンよりダイソーの方を選んでいたでしょう。105円で(それも40枚も!)買えるという気楽さはイイですよね。


プリンター交換インク、最近は互換カートリッジも安いんですね!

今年の年賀状はどうしようかなー?って季節になりました。年賀状と言えばプリンター。

先日、プリンターの詰め替えインクが無くなりかけたので、新しく買うことに。プリンターに付属のインクカートリッジのインクが無くなって以来、カートリッジは一度も買っていません。

いやいや、どう考えても純正インクカートリッジ、高過ぎでしょ。アマゾンで約3500円。2~3回買ったら、プリンターの値段を軽く超えてしまいます。

ほとんど白黒印刷なのに、それでもカラーインクも着実に減っていくんですよね

で、買ったのは ELECOM の「詰め替えインク キヤノン BCI-321・320BK対応5色セット」というやつ。 5回分の詰め替えで、2000円ちょっと。1回分約400円です。

詰め替えインク

確か、前回も同じやつを買ったよなって購入履歴を調べてみたら、2011年4月に買ってました。ということは、約2年半持ったということになります。色によって減り方が偏るので適当な言い方になりますが、半年ペースで補充していたことになります。

年1回の年賀状で集中的に使いますが、日常的にはたまに「ぐるなび」のクーポンを印刷したり、地図を印刷したり、コピーを使ったりという程度で、写真を印刷するような機会はあまりありません。

それでも半年に1回の補充というのは、うーん、頻繁に写真を印刷するような人が純正カートリッジを買っていたら、ランニングコストは結構バカにならないですよね。

そう言えば、プリンターのインクでいつも疑問に感じていたことが。上に書いた通り、基本的には白黒印刷で事足りるので、あまりカラー印刷をすることはないのに、それでもカラーインクも黒のインクと同じような感じで減っていくのは何故?白黒印刷でもカラーインクを少しずつ使ってるのかな?

箱の中のビニール袋が破れているなんて、初めての体験

中身はこんな感じ。前回購入のパッケージでは、「顔料ブラック」は他の色の2倍大のボトルに入っていたのに、今回のはみんな同じ大きさのボトルで、代わりに2本入ってる形に。この方が合理的。

詰め替えインク中身
上の写真で、3本のボトルはビニール袋に入っていて、残り3本が裸なのは、なぜかビニール袋が破れていたので、袋から出したからです。

そのビニール袋の破れ方も3枚とも違うんです。横にハサミで綺麗に切れていたり、縦方向に引き千切ったように切れていたり。

ビニール袋破れ

まあ、食べ物とかではないので特に問題はないと思いますが、それでもあまり気持ちのいいものではありません。「MADE IN CHINA」なので、パッケージのプロセスで何かあったのか?

ところで、箱を開けてもう一つ異変(?)が。2枚上の写真の手前側に写っているカートリッジ風のものがそれ。「エコカートリッジ交換用インクタンク」と書かれているイエローとブラック。

おまけ? 外箱のどこにもそんな記載は無いけど。それも、「本製品のみではご使用できません。必ずエコカートリッジと一緒に使用して下さい」と。ってことは、単なるおまけでもないようです。

更に、ざっと検索してみたところ、「エコカートリッジ」のみという商品は存在していないようなんですけど。インクタンクとセットの互換エコカートリッジを買って、それの交換インクとして使うの?

うーん、謎多く、尚且つ使えない “おまけ” だなー。

これが時代の潮流なのか!

今回、詰め替えインクをアマゾンで検索していて、時代の流れを感じた(大げさ?)ことが2つありました。一つは、「リセッター」なるものの存在。

以前(少なくとも2011年4月以前)は、インクの詰め替え作業を行うと、カートリッジのインク残量機能を無効にする必要がありました。要は、PC上でインクの残量確認が出来なくなったんです。

このリセッターは、文字通りカートリッジのインク残量機能をリセットすることで、インクの詰め替えをした後もPCから残量確認ができるというもの(のようです)。

もう慣れちゃったから、今さらいらないけどね。

もう一つの驚きは、詰め替えインクではなく、キチンとカートリッジの形をした互換インクが、余りにも安価になっていること。

一番安いのは、5色セットで330円。なんと、詰め替えインクの一回分より安いんです。こちらはインク補充の手間も不要だし、そのままインク残量機能も機能する訳ですから、いいことづくめ。悪いレビューも散見しますけど、まあこんなもんでしょう。

今回は詰め替えインクを買ってしまいましたが、その内にこちらも試してみようかな。



バンナイズの「中くらいのまんまるストラップ」を購入

まあ、“遍歴”というほど色んなのを試したわけではないんですけどね。それでもいくつか試した後で「これだっ!」て辿りついたのがバンナイズの「中くらいのまんまるストラップ」という商品です。

カメラとストラップ
商品名の通り、まんまるのストラップです。帆布で出来ているので、簡単には型崩れせず、しっかりとした作りになっています。大きさは、直径約35mmといったところでしょうか。

デジカメをカバンから出すのにも、撮影するときもストラップはあった方が安心

キャノン S95 を購入した当時は、カスタムグリップも装着していなかったので、撮影しているときもストラップが無いと落としそうで怖かったです。

なので、ストラップは初めから着けていましたが、当初は手元にあったあり合わせの物を使っていました。

ホンダストラップ例えばこんなの。

ホンダさんでもう何年も前に貰ったストラップです。

ストラップの色合いと、ドンガバチョのキャラが気に入っているのですが、今回の用途にはちょっと使いにくかったです。

自転車に乗っていて、写真を撮るためにバッグから取り出すとき、ストラップを持って引っ張り出すことになるのですが、出来れば落とさないようにストラップの“輪”の中に手なり指なりをいれたいのですが、普通の形状のストラップだとこれがやりにくにのです。

言ってみれば、ストラップの形状が指(あるいは手)を通すための“輪”を保持していてくれると大変助かるのですが。

送料が惜しくて、半年くらい回り道をしていました

で、いろいろとネットで探して見つけたのが、上記のバンナイズの「中くらいのまんまるストラップ」という商品です。これが探し求めているものだって思いました。

値段も大したことないし・・・・・でも買いませんでした。なぜなら“送料”がかかるから。商品代金が600円くらいなのに、送料も600円くらいかかるんですよね。

まあ、大した金額でないことは確かなんですが、商品と同じだけの送料ということにどうしても納得がいかなくて。

オレンジストラップで、似たようなのを探して買ったのがこれです。

見た感じ、輪っか形状は保持してくれそうです。アマゾンでの購入なので送料も無料でした。

暫くの間、使っていました。要求通り、バッグからカメラを取り出すとき、輪っか部分に指を入れて引っ張り出す事もできました。

指を入れて引っ張り出したままの状態で写真も撮影でき、この点に関しては不満はなかったのですが、なんとなく頼りなくて、どうしても指からスルッと抜け落ちてしまいそうな感覚がつきまとっていたんです。

結局、またあり合わせの普通のストラップを付けて、腕を通して使っていました。

たまたま家人が、ピンポイントで渋谷に行く用事があり

ところが先日、家人が渋谷にでかけるとのこと。日にちを確認すると6月の最終土曜日。千載一遇のチャンスです。

なにしろ、このバンナイズさん、直営店も構えているのですが、渋谷のお店は月末の2日間(最終金土?)しかオープンしていないのです(そのかわり全品15%OFFというキャンペーンをやってくれています)。

という紆余曲折があって、やっと手に入れたのが上記の写真のものです。

使い心地は想像通りいいです。しっかりと円形を保持してくれているので、取り出す際、簡単に指を入れることができます。

大きさ的には指2本は入りませんが、作りがしっかりとしているので、指一本でもキッチリと保持している感があり、落とすかもという不安はかなり軽減されます。

ということで、これはこれで大満足なのですが、上記の通り、なかなかお店で買うチャンスも少ないので、ついでに同じく帆布製のデジカメ用ハンドストラップも買ってきてもらいました。

バンナイズストラップ
こちらもしっかりした作りなので、まんまるストラップと使い心地感を比べてみようかなって思っています。



<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>