OSのクローン作成 -- Acronis True Image で挑戦するも

今日は、いよいよ友人のパソコン Dell Inspiron One 19 のHDD交換作業実践編。

先ずはCドライブ(システムドライブ)をOS丸ごとコピーして、新HDD内にOSのクローンを作るという作業を行います。

使うのは、ウェスタンデジタルのHDDを購入すると、WDのHPからダウンロードして無償で使えるようになる Acronis True Image WD Edition というOSの引っ越し用ソフト。

このソフトで旧HDDから新HDDへとデータを引っ越すためには、PCに新HDDを接続する必要があるので、今回はサンワサプライの「IDE/SATA-USB接続アダプタ」機器を使ってUSBにて接続。

内蔵HDDをUSB変換

Acronis True Image でOSのクローン作成作業を開始

Acronis True Image WD Edition をダウンロードし、インストールし、起動。途中、特に難しいことも面倒くさいこともありませんでした。

Acronis


ソフトが立ち上がると、機能の選択画面が表示されるので、「ディスクのクローン作成」をクリック。

クローン作成

続いて「ディスクのクローン作成ウィザード」ウィンドウが出るので、(特に何も考えずに)クローン作成モードに「自動」を選びました(が、「手動」だったら、この後の結果が変わったかな?)。

クローンモード

続いて「ソースディスク」を選択。複数のディスクを接続している人は、ここは慎重に(OSのクローン元のディスクを)間違えないように選びましょう。

ソースディスク
この時点でUSB接続している新HDDはフォーマットしていないので、ドライブの選択画面には選択肢として表示されません。

セクタサイズが異るディスク間ではクローンの作成が出来ない

そして「ターゲットディスク」の選択ですが、ここで問題が発生。選択したい新HDDがグレーアウトしていて選べません(「ディスク2-未初期化」となっているディスク)。

ターゲットディスク
ウィンドウの下に、「True Image が、論理セクタサイズとソースディスクの論理セクタサイズが異るディスクを検出しました」と表示されています。

うーむ、困った。何をやっても前に進めません。試しに新HDDをフォーマットしてみたりもしましたが、結果は変わりませんでした。

友人宅での、そして時間も限られた中での作業なので、あまり突っ込んだ検討は出来なかったのですが、調べた範囲で何となく分かったのは、以下の様なことでした。

*************************************************************
論理ブロック・フォーマットのサイズ(=セクタサイズ)が、従来の512バイト・セクタに対して、2009年12月、より大きなセクタサイズである4Kバイト・セクタが規格認証された。

そして、すべてのハードディスク・ドライブ・メーカーが、2011年1月までにアドバンスド・フォーマット・セクタ・デザイン(4Kバイト・セクタ)への移行を実施することとなった。

但し、現代のコンピューティング・システムには、セクタは常に512バイトであると仮定して作られているので、4Kセクタの全面導入は時間を掛けて実施されていくことに。

完全移行までの処置として、4K物理セクタをコンピューティング・システムで使用される従来の512バイト・セクタに変換する「512バイト・セクタ・エミュレーション」と呼ばれる方法を用いて対応する。
*************************************************************

そして今回、問題となっているのが、この「512バイト・セクタ・エミュレーション」のようなのです。

コピー先ハードディスク(ターゲットディスク)を、USB接続の「IDE/SATA-USB接続アダプタ」や「ハードディスクケース」で接続した場合、 Windows上で4Kバイトのディスクとして認識されます。

そして、内蔵ハードディスクは一般的には Windows上ではエミュレートされた状態で、512バイト・セクタのディスクとして認識されています。

該当機器でUSB接続されたハードディスクはエミュレートが出来ない為、コピー先ハードディスクが「セクタサイズが異なる」と認識されることになる、ってことのようです。

ところで、ウィンドウに表示される「論理セクタサイズとソースディスクの論理セクタサイズが異るディスクを検出しました」って表現は変(分かり難い)ですよね。

意味を理解して書き直すと、「ソースディスクの論理セクタサイズと異る(論理セクタサイズを持つ)ターゲットディスクは、クローンの作成先として選択できません」みたいな感じでしょうか。

Easeus Todo Backup も試してみたけど結果は同じ

この時点でクローンの作成はほぼ諦めていましたが、念のためと思って(使いたくないなって思っていた)Easeus Todo Backup を試してみました。

ソフトをダウンロードし、インストールし、起動。

こちらも特に面倒くさいこともなくアッサリ起動したので、画面右上の「クローン」をっクリック。

EaseUsクローン

Acronis True Image と同じように、ソースディスクを選択します(この時点では、新HDDはフォーマット済みなので、選択肢の一つとして表示されていますね)。

ソース選択

続いてターゲットディスクの選択画面となるので、「ハードディスク1」を選択して「次へ」。

ターゲット選択

が、やっぱり同じような表示が出て、これ以上は先に進めませんでした。

セクターサイズが一致しません

この時点で、OSのクローン作成は完全に諦めました。

なので、この手順は飛ばして、次回は旧HDDと新HDDの物理的入れ替え作業を行います。


OSのお引っ越し -- 新しいハードディスクにOSのクローンを作る

友人のパソコン Dell Inspiron One 19 のHDD交換作業ですが、ハード的な手順はDellのHPにあったサービスマニュアルのお陰で、ほぼ理解出来たと思います。

明日、実際の作業を行う予定なので、今日はソフト面の確認をしておこうと思います。

やりたいことは明確です。現HDDのCドライブ(システムドライブ)をOS丸ごとコピーして、新HDD内にOSのクローンを作る。そして、旧HDDと新HDDとを入れ替え、新しいHDDから起動する。

OSの引っ越しに必要なハード

そのために必要なのは新しいHDD。買いました。ウェスタンデジタルの1TBハードディスク。

HDD1TB

コストパフォーマンス的に考えると、2TBあるいは3TB辺りの方がいいのですが、元のHDDが500GBで、それでも大きすぎるくらいだったので、無理に巨大なHDDを買う必要もないかと。

続いて必要なのは、この内臓HDDを外付けHDDとしてUSB接続するための機器。

デスクトップPCとかで、内蔵ドライブベイに空きがあるような場合は、そこに新HDDをマウントして、これからやる作業を出来るのだと思いますが、今回はモニター一体型なので機器が別途必要。

これは、手持ちのサンワサプライの機器を使います。この機器の紹介は、このブログで何度かしていると思うので、逆に言うと意外と使ってる場面が多いってことですね。

外付けHDDをUSB変換
買った当初は、多分1回使って終わりだろうなって思ってたのに、思いの外活躍してる。

手元にあったHDDをダミーとして接続してみたところ。これでUSBでパソコンに接続すれば、内蔵用HDDを外付けHDDとして認識してくれることに。

内蔵HDDをUSB接続に

Easeus Todo Backup を使おうとしたんだけど、どうも評判が今ひとつで

さて、ハード的に必要なものは揃いました。続いてソフト。

この手の作業をこなしてくれるソフトは色々とあるようですが、検索して最も多くヒットするのは、 Easeus Todo Backup というフリーソフト。

皆さん、「このソフトを使って初めてCドライブのクローンに挑戦してみたけど、本当にあっけないほど簡単にコピーが完了してビックリ」というのが共通の感想のようです。

Easeus Todo Backup

おー、これはいいな、これで決まりだな、って思いながら、念の為に他のソフトも検索していたら、EaseUS Todo Backup の「評価・レビュー」を見つけた。

でも、これがどうも芳しくない。34件のレビューの内の半分が☆1つ。

そのレビューの中身も、「クローン出来たけど、ブート不能で使い物にならない」とか「PC内データに勝手にアクセスしたり、セキュリティソフトに攻撃しかけてる」といった感じで、かなり怖い。

うーむ、これはちょっと使いたくないかも。

といって、いざ代替ソフトを探すとなると、どうも思わしい物が見つからない。やっぱりこのソフトを使うしかないのかなって思っていたんだけど、ふとウェスタンデジタルの箱を見たら、そこに回答が。

Acronis True Image WD Edition というソフトが無償で使えますよと。このソフトで、「OSがインストール済みのハードディスクをOSごと新しいハードディスクにコピーすることができる」とのこと。

但し、製品をインストールし実行するには、システムに少なくとも1台のWDハードディスクドライブが接続されている必要があるとのことですが、これは当然問題無しです。

ということで、明日は先ずこのソフトを使ってOSの引っ越しにチャレンジしてみようと思います。


ノートPCのSSDを外し、デスクトップPCに入れる(4)

前回EaseUS Partition Master によってシャットダウンされたところからの続き。

PCが再起動すると同時に、EaseUS Partition Master によるHDDからSSDへとシステムの移行(クローンの作成)が開始されます。

1時間半かけてSSD内にシステムのクローンが完成するも、容量の配分が変!

前回、ノートPCの際には3時間くらいかかりましたが、今回は容量的にも半分程度だったので、所要時間も半分の約1時間半で完了。早速、HDDとSSDの中身を確認。

[*:システムで予約済み] と [I:] という2つのパーティションがSSDの中に出来上がっています。

ただ、[*:システムで予約済み] の容量がとんでもなく無駄に大きい。35GBの容量に対して「使用済み」が30MBと0.001%以下しか使っていない。

クローン作成完了後

「コンピューター」の「ハードディクスドライブ」で見てみると、[I:] の容量分(76.3GB)しか使える状態になっていません。ただでさえ小さいSSDですから、これは何とかしないと。

パーティションサイズ変更前

先ずは [*:] を選択して縮小 → 「未割り当て領域」が出現

再び EaseUS Partition Master の登場。「パーティションのサイズを調整する」で、先ずは [*:] を選択して縮小します。赤矢印のように境界線をドラッグし、サイズを100.7MBまで縮小。

予約領域のサイズを変更
すると、 [*:] のサイズを小さくした分だけ、未割り当て領域(35.35GB)が出来上がってる。

今度は [I:] を選択して拡大 → 「以前の未割り当て領域」が縮小

続いて、 [I:] を選択し、今度は拡大する方向へと境界線をドラッグします。

パーティション(I)のサイズを拡大前

すると、「以前の未割り当て領域」がどんどん小さくなり、0.0 となったところで終了。これによって、[I:] は76.34GBから111.69GBへと拡大しました。

パーティション(I)のサイズを拡大後

「OK」をクリックしてメイン画面に戻ると、「パーティションのサイズを・・・」が「保留中の操作」に入っているので、上段の「チェック」をクリックして操作を完了させます。

パーティションサイズを変更後

作業完了後に「コンピューター」の「ハードディクスドライブ」で確認すると、上の状態で76.3GBしかなかった [I:] は、今度はキチンと111GBという容量になっています。

パーティションサイズ変更後

「OSをSSD/HDDに移行する」過程でやっておくべき操作だった

上でやったのと同じ操作を、前回の「OSをSSD/HDDに移行する」過程において、「ディスクを編集」のところ(下のウィンドウ)でやるべきだったんですね。

「ディスクを編集」で、[*:システムで予約済み]領域の右の境界を左へとドラッグします。

ディスクを編集

100.74MBまで縮小すると、上でやったのと同じく、36.75GBの「未割り当て領域」が出現。

ディスクを編集でいじってみた

続いて、74.94GBの左端の境界線をドラッグし、「未割り当て領域」を圧迫していくと、「未割り当て領域」は0となり、[I:] は111.69GBの大きさとなります。

ディスクを編集でいじってみた1

さて、SSD内にシステムのクローンが完成しました。今度をこれをデスクトップPCに内蔵して、デスクトップが無事に起動すれば一連の作業は完了となります。

次回は、機械加工も少し必要となる模様です。


ノートPCのSSDを外し、デスクトップPCに入れる(3)

ノートPCから外したSSDをデスクトップPCに入れて使おうと悪戦苦闘中ですが、HDDに作ったシステムのクローンで起動することが出来たノートPCにひと安心。

SSDに残っていたノートPC用のリカバリ領域もHDDに移行できた(多分)ので、今度はデスクトップのシステムのクローンを、ノートPC的には用済みになったSSDに作っていきます。

「システムで予約済み」とは何? 後でどうするか考えればいいか

デスクトップPCにも EaseUS Partition Master をインストールし、起動してディスクの中身を見てみると、そこに見慣れない文字が。

システムで予約済み?

「ディスク1」が内臓HDDで、「ディスク8」が外付けのSSDです。SSDには、ノートPCのシステムとリカバリ領域がそのまま残っている状態。気になったのは「ディスク1」の[*:システムで予約済み] という領域。

この「システムで予約済み」って何?って調べてみたら、うーん、分かったような分からないような。どうやら無くてもいいんだけど、あった方が安心かも、みたいなもののようです。

残しておくこと自体は気になりませんが、問題はどうやってSSDに移行するかということ。ノートPCの「リカバリ領域」の時に苦労したようなことになりそうな予感が。

それなら最初から EaseUS Todo Backup の「ディスククローン」機能を使ったほうがいいかなとも迷ったのですが、EaseUS Partition Master の「OSをSSD/HDDに移行する」機能で(「リカバリ領域」以外は)無事に移行でき、起動できたという “実績” を尊重することに。

「リカバリ領域」の時と同様に、後から[*:システムで予約済み] 領域を移行すればいいかと。

「OSをSSD/HDDに移行する」 を実行

ということで、EaseUS Partition Master 起動 → 「パーティション管理」 → 「OSをSSD/HDDに移行する」 と進み、新しく出現するウィンドウで「目標ディスク」に外付けのSSDを選択。

目標ディスク選択

「次へ」と進むと、「宛先ディスクはクリアされちゃうけど、OK?」との確認が。

警告

なーんだ、[*:システムで予約済み] 領域も一緒に移行してくれるんだ!

「次へ」で、「ディスクを編集してください」となりますが、ここで[*:システムで予約済み] もどうやらシステムと一緒に移行してくれるらしいということが分かりました。

この発見に嬉しくなり、つい何も考えずに(何も操作せずに)「次へ」と進んでしまったのですが、そのお陰で後でもうひと手間必要になるのですが、それは後述。

ディスクを編集

確認画面になりますが、なんかこの日本語、変なような気がする。わたしの知識不足のせいなのかもしれませんが、言いたいことがよく分からない。

前回のノートPCのクローン作成作業の時にも目にして、特にその後なにかが起こったということもなかったので、取り敢えず気にしないことに。

確認事項

「完了」をクリックすると、元のウィンドウに戻ります。実は前回、ここから先に進めずに苦労しました。

前回苦労したお陰で、今回はすんなりと先へ

左側に「保留中の操作」として「OSをSSD/HDDに・・・」とあるのは気づいたのですが、保留中から実行に移すにはどうすればいいのかが分からなかったんです。

保留中の操作

色々と調べながら何度か行ったり来たりしてやっと分かったのは、上段の青いチェックマークをクリックする必要があったということ。これをクリックすると、「変更を適用する」ウィンドウが出現。

変更を適用する

「はい」をクリックすると、「再起動して操作が実行されます」と最後の警告が。

再起動して操作が実行

ここで「はい」とすると、もう後戻りできません。一旦シャットダウンされ、起動の途上でクローン作成作業が開始しますが、前回の経験では、完了するまで3時間ほどかかりました。

ということで、続きは再起動後に。


ノートPCのSSDを外し、デスクトップPCに入れる(2 - 番外編)

前回、クローンOSで無事に起動したノートPCですが、EaseUS Partition Master でハードディスクの中身を見ていたら、ちょっと気になることを発見しました。

「リカバリ領域」が無くなってる!

下の表示窓の「ディスク1」は換装後の180GBのHDD(現在、ノートPCに入っている)で、「ディスク4」はノートPCから取り外して外付けHDDケースに入れているSSD。

HDDとSSDの中身

それぞれの中身の最上段に注目すると、「ディスク4」には6.25GBの[Recovery]というのがあります。記憶にはありませんが、何年か前にこのSSDに換装した際に、元のHDDからコピーされたリカバリ領域ではないかと思います。

一方、このSSDからOSを移行した(クローンを作成した)HDDの最上段には、同じく6.26GB(微妙に大きい?)のパーティション(?)がありますが、中身は空っぽです。

想像するに、上記ウィンドウの左側にある「OSをSSD/HDDに移行する」でクローンを作成したので、パーティションの構成は引き継いだけど、リカバリ領域自体はコピーされなかったのでは。

多分もう必要になることは無いとは思うけど、ちょっと気持ちが悪いのと、この EaseUS Partition Master の機能をもう少し探ってみたいという思いで、リカバリ領域の移行にトライしてみます。

「未割り当て」領域を、[ローカルディスク(E:)]として復活

余談ですが、SSD:120GB → HDD:180GB の方向でクローンを作った際、上のウィンドウに表示されている「ディスク1」の[E:]のところは、当初「未割り当て」になっていました。

「コンピューター」で表示される「ハードディスクドライブ」を見てみても、180GBの容量があるHDDなのに、105GBしか見えない状態だったんです。

そこでよく分からないながら、上のウィンドウの左側にある「パーティションを作成する」を、この「未割り当て」の領域に対して実行してみたら、[ローカルディスク(E:)]というのが出来上がったんです。

ノートPC換装後のHDDとSSD

「パーティションをコピーする」ウィザード実行

今回は「ウィザード」から「パーティションをコピーする」を実行してみることに。

コピー元はSSD側の6.25GBの[Recovery]で、コピー先はHDD側の6.26GBの[未割り当て]領域です。

パーティションコピー

ウィザードに従って、「次へ」をクリックしていくとコピー開始。

パーティションコピー中

で、作業完了後の状態がこちら。

コピー完了

冒頭のウィンドウ図で、「ディスク1」の「未割り当て」だった部分が、[H:copy of]となって中身が埋まっているのが分かります。

果たして、これは本来の「リカバリ領域」として成り立っているのか?

この状態で、「コンピューター」で表示される「ハードディスクドライブ」を見てみると、こんな感じ。

HDDの状態

[Recovery(H:)]というのが出現しています(「Recovery」は私が手動で名前を変えたものです)。ただ、その横にある時計のマークと矢印は何のことでしょうか?

[ローカルディスク(G:)」というのは外付けのSSDなので無関係ですが、その上の[ローカルディスク(C:)」の空き領域が、上のウィンドウ図と比べると「15.1GB→19.1GB」と4GBも増えています。

更に、この(H:)というのは、ここで見えてしまってもいいものなのでしょうか? 本来の「リカバリ領域」として成り立っているのかなー?

実際にリカバリをしてみれば分かりますが、それも出来ないし。様々な疑問を残しつつ、次回へと続きます。


<< topページへこのページの先頭へ >>