初めてのスケッチアップ - (6)複数を同時コピー

3次元モデリングソフト スケッチアップの使い方を、自分でも学びながら、備忘録的にまとめておこうという「初心者のための初心者講座」第6回。

第5回の前回は、ウッドデッキの床下に脚を一列作りました。今回は、この脚を更に増やしていきます。

現在は、床の裏手前側に1列の脚が出来ている状態です。これを奥にもう2列作っていきますが、1本ずつコピーしていくより、列としてコピーしてみましょう。

脚の複製7

選択しやすい視点に回転させて

選択ツールで5本の脚を枠で囲んで選択したいのですが、不要なものまで選択に加わってしまい易いので、オービットツールで選択しやすい角度に回転させてから行います。

上の状態で選択ツールの枠で囲むと、何枚かの床板も一緒に選択されてしまうので、下のように真横から見た視点にして選択しました。

グループコピー1

ところで、選択ツールのカーソルでオブジェクトをクリックして選択することも可能です(今回のような場合は、事前にグループ化してあることが必要ですが)。

さらに、選択ツールの状態で、[Ctrl]キーを押すと「+」になり、[Shift]キーを押すと「±」となるので、新たなオブジェクトを加えたり、不要なものを外したり出来ます。

なので、複数のオブジェクトを選択ツールの枠で一度に囲んで選択するよりも、オブジェクトを選択ツールでクリックして選択し、そこに[Ctrl]キーを押しながら「+」していく方が楽な場面が多いかもしれません。

さて、青い枠が大きいですが(なぜか分かりません)、これで5本の脚だけが選択されている状態です。

グループコピー3

移動ポイントが見え易い視点に回転させて

続いて移動ツールで移動してコピーしていきますが、上のまま作業を進めようとすると、コピーする場所の指定が難しいので、ここでもオービットツールで視点を変えます。

横からの視点に変えてから、移動ツールのカーソルを動かして、一番手前側の脚の左下角に紫色の丸マークが現れる場所でマウスをクリック。

グループコピー4

そのままカーソルを左方向へ、脚の左下角の紫色の丸マークが、補助線の交点と重なるところまで動かし(この時点では「移動」状態です)、

グループコピー5

そこで[Ctrl]キーを押すと「コピー」状態になるので、

グループコピー6

続いてマウスをクリックして位置を確定します。

グループコピー7

間にもう1列の脚を入れたいので、前回と同じように、キーボードから「/2」と入力してリターン。これで5×3列の脚が完成しました。

グループコピー8

これで一旦、ウッドデッキの床の基本形が完成。次回は、これに手を加えて、床の形状を変えたり、個々の脚の長さも変えてみようと思います。


初めてのスケッチアップ - (5)脚をコピーする

3次元モデリングソフト スケッチアップの使い方を、自分でも学びながら、備忘録的にまとめておこうという「初心者のための初心者講座」第5回。

第4回の前回は、ウッドデッキの床の裏側に補助線を引き、それを基準に1本の脚を立てました(70mm×70mm×300㎜)が、今回はこの脚を複製していきます。

複製作業をする前に、床板用の角材を作った時と同じように、脚をグループ化し、ついでに表面にテクスチャも貼っておきましょう。

脚にテクスチャを貼る

選択ツールで枠を描いて脚を囲みます。

脚の複製1

マウスの右クリックで「グループを作成」。

脚の複製2

脚がグループ化され、青枠で囲まれているのは選択されている状態を示しています。

脚の複製3

このままペイントツールを選択し、ウィンドウ右に現れるトレイのプルダウンメニューから「木材」を選び、その中から床板と区別するために薄めのテクスチャを選んでペイント。

脚の複製4

コピーしてもう1本脚を立てる

続いて、この脚を右隅にコピーしていきます。移動ツールを選択し、カーソルを脚の上に持っていくと、選択されるオブジェクトが青枠で囲まれます。

この時、移動ツールのカーソル位置によって、脚の各部に紫色の丸いマークが表示されますが、これが脚の手前右下に来るような位置でマウスをクリック(「端点グループ内」と表示されています)。

脚の複製5

カーソルを動かすと脚も一緒に移動してくるので、脚の手前右下の紫色の丸いマークを、右隅の補助線の交点に合わせ、[Ctrl]キーをクリックすると、脚が複製されます。

脚の複製6

ここでマウスをクリックすれば、コピーした脚の位置が確定します。

(少し脇道に逸れますが)実際にやってみれば分かりますが、移動ツールを立体の上で動かしていると、様々なオブジェクトが「選択されるよ」という青枠で囲まれます。

色々とやっている内に、間違って意図していないオブジェクトを選択してしまい、つい移動させてしまうといったミスを(私は結構頻繁に)犯します。

そんな時は、移動してしまったオブジェクトの場所を確定してから(マウスでクリックしてから)、お決まりの[Ctrl+Z]のショートカットで元に戻せます。

2本の脚の間に、さらに脚を立てる

さて、この2本の脚の間にも脚を立てましょう。脚と脚の間を450mmくらいにしたいので、さらに3本の脚を立てることにします。

やり方は簡単です。上の状態に続いて、キーボードから「/4」と入力してリターンすれば、ピッタリ4分割する場所に3本の脚がコピーされます。

脚の複製7

次回は、更に奥行き方向へと脚の数を増やしていきます。


iTunesを使わずにファイルをiPhoneに転送 -- CopyTrans

iTunesを使わずにファイルをiPhoneに転送したくて、前回はPhoneTransというソフトでトライしたのですが、最後までたどり着けませんでした。

今回は、CopyTrans Manager というソフトを試してみようと思います。

統合ソフト → 個別ソフト

公式サイトで CopyTransControlCenter をダウンロードし、インストール開始。

CopyTrans1

起動してみると、こんな画面が。どうやら統括ソフトみたいなのをインストールし、そこから更に必要なソフトをインストールするって手順のようです。

(フリー)と書かれていないのは有料なのでしょう。今回必要な CopyTrans Manager は無料で使えるようなので、これを選択します。

CopyTrans2

ドライバをインストールするためのドライバインストーラーをインストールする?

すると、今度は「CopyTrans Driver Installer」なるソフトをダウンロードしろとのこと。

説明を読むと、「iTunesをインストールすることなしに、iPhone等をPCで認識するため」には、それ用のドライバをインストールする必要があり、そのドライバをインストールするためのソフトらしい。

CopyTrans3
①CopyTransControlCenter → ②CopyTrans Manager → ③CopyTrans Driver Installer → ④CopyTrans Driver って手順らしい。結構、面倒臭い。

仕方ないかって思いながらダウンロードした Driver Installer を起動させると、今度はこんなウィンドウが現れました。

CopyTrans4
「iTunesはすでにインストールされています」って、いやいやそんなことないし。ま、それはいいとしても、その後に続く文章が恐い。「次のコンポーネントがアンインストールされます」って。

えっ、これ全部アンインストールしちゃって、後で何らかの支障が出てこないのかな?

ちょっと恐くなり、実は1回目のインストールはここで止めて、他の手段を探そうと CopyTrans 関連のソフトを全てアンインストールしたんです。

他の手段を探すも、見つけられずに

で、再び検索するも、結局はこの CopyTrans Manager でやるのが一番のようで、再び ControlCenter → Manager → Driver Installer の手順を経てここに戻ってきました。

もちろん今回は覚悟を決めて。後々の支障には、その時に対処すればいいかと。

で、上の画面で「アンインストール」をクリック。すると本当に(!)諸々のApple系のソフトをアンインストールしてます(ま、そうなんだけどね)。

アンインストールが終わって、Driver のインストールもできて、長い道のりでしたがやっと目的の CopyTrans Manager を起動するところまできました。

CopyTrans7

ここまでくれば、後は簡単。指示に従ってデバイス(iPhone5)を接続。

CopyTrans6

中央のウィンドウにPCから iPhone へと転送したい楽曲をドラッグ&コピー(上段の「+追加」でもOK)し、「アップデート」をクリックすると、コピーが開始されます。

CopyTrans8

作業を終えて、 iPhone を確認すると、ちゃんとコピーされていました。

CopyTrans10

思っていた以上に面倒臭い作業でしたが、無事に作業完了です。後は、アンインストールしちゃったApple系のソフトで何か支障がでるかどうかですね。



ノートPCのSSDを外し、デスクトップPCに入れる(4)

前回EaseUS Partition Master によってシャットダウンされたところからの続き。

PCが再起動すると同時に、EaseUS Partition Master によるHDDからSSDへとシステムの移行(クローンの作成)が開始されます。

1時間半かけてSSD内にシステムのクローンが完成するも、容量の配分が変!

前回、ノートPCの際には3時間くらいかかりましたが、今回は容量的にも半分程度だったので、所要時間も半分の約1時間半で完了。早速、HDDとSSDの中身を確認。

[*:システムで予約済み] と [I:] という2つのパーティションがSSDの中に出来上がっています。

ただ、[*:システムで予約済み] の容量がとんでもなく無駄に大きい。35GBの容量に対して「使用済み」が30MBと0.001%以下しか使っていない。

クローン作成完了後

「コンピューター」の「ハードディクスドライブ」で見てみると、[I:] の容量分(76.3GB)しか使える状態になっていません。ただでさえ小さいSSDですから、これは何とかしないと。

パーティションサイズ変更前

先ずは [*:] を選択して縮小 → 「未割り当て領域」が出現

再び EaseUS Partition Master の登場。「パーティションのサイズを調整する」で、先ずは [*:] を選択して縮小します。赤矢印のように境界線をドラッグし、サイズを100.7MBまで縮小。

予約領域のサイズを変更
すると、 [*:] のサイズを小さくした分だけ、未割り当て領域(35.35GB)が出来上がってる。

今度は [I:] を選択して拡大 → 「以前の未割り当て領域」が縮小

続いて、 [I:] を選択し、今度は拡大する方向へと境界線をドラッグします。

パーティション(I)のサイズを拡大前

すると、「以前の未割り当て領域」がどんどん小さくなり、0.0 となったところで終了。これによって、[I:] は76.34GBから111.69GBへと拡大しました。

パーティション(I)のサイズを拡大後

「OK」をクリックしてメイン画面に戻ると、「パーティションのサイズを・・・」が「保留中の操作」に入っているので、上段の「チェック」をクリックして操作を完了させます。

パーティションサイズを変更後

作業完了後に「コンピューター」の「ハードディクスドライブ」で確認すると、上の状態で76.3GBしかなかった [I:] は、今度はキチンと111GBという容量になっています。

パーティションサイズ変更後

「OSをSSD/HDDに移行する」過程でやっておくべき操作だった

上でやったのと同じ操作を、前回の「OSをSSD/HDDに移行する」過程において、「ディスクを編集」のところ(下のウィンドウ)でやるべきだったんですね。

「ディスクを編集」で、[*:システムで予約済み]領域の右の境界を左へとドラッグします。

ディスクを編集

100.74MBまで縮小すると、上でやったのと同じく、36.75GBの「未割り当て領域」が出現。

ディスクを編集でいじってみた

続いて、74.94GBの左端の境界線をドラッグし、「未割り当て領域」を圧迫していくと、「未割り当て領域」は0となり、[I:] は111.69GBの大きさとなります。

ディスクを編集でいじってみた1

さて、SSD内にシステムのクローンが完成しました。今度をこれをデスクトップPCに内蔵して、デスクトップが無事に起動すれば一連の作業は完了となります。

次回は、機械加工も少し必要となる模様です。


<< topページへこのページの先頭へ >>