初めてのスケッチアップ(番外編) - 耐火レンガのピザ窯

前回、コンクリートブロックを積み上げて作った土台の上に、今度は耐火レンガを積み重ねて、ピザ窯本体を作っていきます。

耐火レンガもコンポーネントとして作成済み

コンクリートブロックと同時に耐火レンガもコンポーネントとして作ったので、こいつを引っ張り出してきます(自作コンポーネントの使い方は、こちらの記事を参考に)。

レンガコンポーネント
因みに、コンポーネントとして作った耐火レンガのサイズは、65×114×228mm。これを半分に割ったもの(65×114×114mm)も必要なので、そちらも作ってあります。

先ずはコンクリートブロックの土台の上に、耐火レンガを敷き詰めます。

レンガ積み1
うーん、改めて見てみたら整然とし過ぎてますね。スケッチアップでの描きやすさを優先して、レンガの方向を揃えてしまったのが良くなかったようです。

いくつかのレンガを横向きにして、ちょっと配列を変えてみました。

ピザ窯ベース組み
以下の図は、最初の配列のままですが、そこは気にせずに。

壁を組み上げる

ベースの上に壁となる1段目を組み上げます。

レンガ積み22

2段目、3段目も(レンガが互い違いになるように)組み上げ、

レンガ積み32

この上にピザ窯の下の層と上の層とを分離する平板(透水平板:65×300×600mm)を2枚置くので、それを支えるためのレンガを配置(高さを合わせて縦方向に少しカット)。

レンガ積み4

下の燃焼室と上の調理室とに分離

2枚の透水平板をセット。

透水平板1

透水平板の周りをレンガで囲います。後から見ると分かるように透水平板の奥には開口部があり、下段の燃焼熱はこの穴から上の段へと上がってきます。

透水平板3

下の層と同じように、3段のレンガを積み上げて上層の壁を構築。

レンガ積み4

最後に天板となる透水平板を乗せるので、ここでも支えとなるレンガを配置。

透水平板支え2

透水平板を手前側に横向きに置き、周囲をレンガで囲います。

透水平板5

その上にさらに、透水平板を今度は縦方向に2枚置いて、ピザ窯の完成です。

完成

さて、図面上でピザ窯が完成しましたが、実際こいつを作るのにいくらかかるのか、さらなる検討課題はないのか等々、次回もう少し具体的に検討してみたいと思います。


初めてのスケッチアップ(番外編) - ピザ窯の土台作り

今回は、ピザ窯の設計図をスケッチアップで描いていきます。参考にさせて(パクらせて)頂いたのは、「ピザ窯を5万円で手作りしてみた」というブログ記事。

先ずは、ピザ窯の土台作りから入ります。土台を作ってピザ窯の位置を持ち上げてあげないと、ピザを焼く際に姿勢を低くする必要があるので、土台はどうしても必要なもの。

また、上に乗せるピザ窯の耐火レンガからは高熱が伝わってくるので、木材で組み上げてというようなことは出来ません。

ってことで、ここでは前回作ったコンクリートブロックを使います。

コンクリートブロックはコンポーネントとして登録してあるので、これを引き出してきます(自作コンポーネントの使い方は、こちらの記事を参考にして下さい)。

コンクリートブロック

土台サイズは800×800mmとしますので、コンクリートブロックを2×4に並べます。

ブロック土台1

この8個のブロックを選択し、右クリックで「グループを作成」で一塊とし、ctrlキーを押しながら移動ツールでコピーして、上に重ねます。

ブロック土台2

上下のブロックを互い違いにしたいので、上に重ねた8個のブロックを回転ツールで(8個のブロック塊のセンターを中心に)90度回転させます。

ブロック土台3

同じ様に繰り返して、8個のブロックの層を積み重ねていきます。

ブロック土台4
ここで、土台の高さ(ブロックの積み重ね段数)をいくつにするかは、まだ検討中。基準になるのは、2層のピザ窯の上の段の高さ(ピザを焼く位置)。

厚み100mmのブロックを4段重ねだと、(この上に重ねていく耐火レンガのサイズにもよるけれど)700mm前後(だいたい机の高さ)になりそうです。

腰高(900mm前後)にするには、土台の高さは500mmくらい必要なような気がする。

土台を積み重ねていく(基礎の)基礎をどうするかってのもまだ検討中なので、それによっても土台のコンクリートブロックの積み重ね段数は変動すると思います。

取り敢えず、土台全体にコンクリートブロックらしい色を塗って完成。

ブロック土台5

次回は、この上に耐火レンガでピザ窯本体を作り上げていきます。


初めてのスケッチアップ(番外編) - コンクリートブロック

ピザ窯を自分で作ってみたいと思い、いろいろと調べました

現時点での方向性としては、ピザ窯の構造は2層式、そして形状は一番シンプルな箱型でいこうと思います。

そんな観点から、ピザ窯の自作例を参考にさせて頂こうと探してたどり着いたのが、「ピザ窯を5万円で手作りしてみた」というブログ記事。

この記事を見て、「ピザ窯って(簡易的に作るなら)モルタルで固める必要はなく、レンガを積み上げるだけで作れるんだ!」ってことを知りました。

おー、これはいいな!ってことで、この記事の製作例を参考にさせて(というか、まんまパクらせて)頂きました。この場を借りて、御礼申し上げます。

とは言いながらも、自分で設計図を作っておきます。スケッチアップの出番です。

ピザ窯を構成する主要パーツは、土台となるコンクリートブロックと、ピザ窯本体を形成する耐火レンガの2つ。

なので、スケッチアップでいつでも使えるように、コンクリートブロックと耐火レンガを作り、それらをコンポーネント登録しておきます。

スケッチアップでコンクリートブロックを制作

先ずはコンクリートブロックから。コンクリートブロックのサイズは、(実際の寸法と微妙に違うけど)100×200×400mm。

長方形ツール
で200×400mmの長方形を描き、それをプッシュ/プルツールで立方体に。

ブロック1

このままだと普段見慣れたコンクリートブロックとイメージが結びつかないので、ここに横穴を開けていきます。

メジャーツール
で補助線を描き、

ブロック2

円ツールで穴の四隅の内角を丸め、

ブロック3

線ツールで穴の外形を描きます。

ブロック4

余分な線を削除し、不要になった補助線も消去していきます。

ブロック5

出来上がった3カ所の四角をプッシュ/プルツールで奥へと(向こう側の面まで)押して、穴を貫通させます。

ブロック6

最後にペイントツールでコンクリートブロックらしい模様を付けて完成。

ブロック7

これをコンポーネントとして登録しておきますが、そのやり方はこちらの記事を参考にして下さい。

次回、このコンクリートブロックを使ってピザ窯の土台を設計していきます。


初めてのスケッチアップ -(20)フォローミーの順番を変える

3次元モデリングソフト スケッチアップの使い方を、自分でも学びながら、備忘録的にまとめておこうという「初心者のための初心者講座」第20回。

第17回から題材をバスケットに変えてスケッチアップの使い方を学んできましたが、そこでバスケットの外形に角Rを付けようとして壁にぶつかりました。

バスケットを正面から見て両サイドの縦辺と底辺の角Rは付けられるけど、底辺の前後は直角のまま残ってしまいます。

あるいは、底面を全周に渡って角Rを付けることは出来るけど、今度は縦の辺が直角のままになってしまいます。

まあ、これはこれで仕方ないかなって諦めていたのですが、ちょっとした妙案が浮かびました。というか、もう一つ試していないことがあったなと。

それは、先ず4つの縦辺を角Rにしておいて、その状態で底面の全周をフォローミーツールで角Rにしてみるのはどうなのか?って。

立方体を作り、縦方向の角を取る

いつも通り380×260×80mmの立方体を作り、各辺から内側10mmのところに補助線を引き、4つの角に半径10mmの円を描きます。

バスケット3-

円弧と外周の辺とで囲まれた部分(4箇所)を移動ツールで下へと押していき(フォローミーツールでも同じに出来ます)、縦方向に角Rのついた立方体が完成。

バスケット3-3

続いて側面の1箇所に、端から10mm、10mmの位置に補助線を引き、円を描き、同じように円弧と外周の辺とで囲まれた部分をフォローミーツールで押そうとしたら、ダメでした。

バスケット3-4

立方体の一部に切れ込みを入れます

曲面が押せないなら、無理やり平面を作ってみましょう。立方体の一部に切れ込みを入れ、そこからフォローミーツールを使ってみることに。

側面の適当なところに四角を描き、

バスケット3-5

移動ツールで奥へと押し込みました。

バスケット3-6

窪んで出来た面に円を描き、フォローミーツールで押してみます。

バスケット3-7

なんと、切れ込みから始まって、切れ込みの反対側までフォローミーツールで角Rを繋げることが出来ました(1度にやることは出来ず、何度かに分けて行いましたが)。

バスケット3-8

移動ツールで、切れ込みの側面を移動させて閉じます。

バスケット3-9

不要な線を消去して、全周に角Rの付いた立方体の完成です。

バスケット3-10


初めてのスケッチアップ - (19)尺度ツールを使ってみた

3次元モデリングソフト スケッチアップの使い方を、自分でも学びながら、備忘録的にまとめておこうという「初心者のための初心者講座」第19回。

前回、バスケットの内側をくり抜く際、底面の角Rに沿って抉ることが出来ないまま終了。

ま、これでいいんじゃね、って思う心と、微妙に引っ掛かる心とが入り乱れ、どうもスッキリしない。何かやる方法はないのかなって考えていたら、アイデアが降ってきました。

って大袈裟に言えるほどのアイデアではないんだけどね。

尺度ツールで原形より全周に渡って3mm小さい立方体を作る

考え方としては、外形の立方体に対して全周に渡って3mm小さい立方体を作り、それを元の立方体と重ね、更に上面を削除すれば、壁厚3mmのバスケットになるのではないかと。

先ずは移動ツールと[Ctrl]キーとで、原形となる立方体の複製を作ります。

バスケット2-4

複製した立方体を全周(高さは片側だけ)に渡って3mmずつ小さくします。

ここで使うのは、初登場の尺度ツール。選択したエンティティの尺度を変え、伸縮するためのツールです。

尺度ツールを選択し、ポインタをモデルの面に合わせるとその面が選択「可」状態になる(ドットで埋められる)ので、クリックすると黄色い枠で囲まれます。

下の図では対象の立方体をグループ化しているので、単一の面ではなく立体全体が尺度ツールによって選択されています。

黄色い枠には緑色のボックスがあります。これはグリップという名称で、どのグリップを選ぶかで伸縮の方向を選ぶわけです。

ここでは高さを変えたいので、正面の黄色い枠の中の下辺中央のグリップをクリックし、上へと持ち上げます。そして、右下の窓に0.9625と入力(80×0.9625=77mm)。

バスケット2-5

続いてタテヨコ方向を縮めます。[Ctrl]キーを押しながら、上面の辺の中央のグリップをクリックしすると、中心に向かって縮小されます(両側が中央に向かって縮む)。

ヨコ方向の際には0.9833(380×0.9833=374)、タテ方向では0.9769(260×0.9769=254)をキーボードから入力し、全周3mmずつ縮小します。

バスケット2-6

尺度ツールは、もう一度どこかで極めてみたいな

正直、この尺度ツールの扱いには苦労しました。

多分、辺中央のグリップではなく、角のグリップを選択すれば、タテヨコ同時に伸縮できるんだと思いますが、全般的に “よく分からない” 状態で、上の説明も微妙にいい加減です。

使い方を学びたかったので敢えて使ってみましたが、実際には3mm小さい立方体をもう一つ1から作った方がよっぽど楽でした(実際にやってみました)。

例えば直方体のようなタテヨコ高さが同じ形状のものを、全体的に均一に小さくしたいといった場合には、この尺度ツールが有効なのでしょうが、今回のような場合には不向きかも。

(ただ、単に扱いに慣れていないだけで、もっと馴染めばとても有効なツールだと思うので、どこかでもう一度トライしてみようと思います)

さて、3mmずつ小さくした立体を、元の立体に重ねていきます。上面はピッタリ位置に、そして上下左右は3mmの間隔で位置決め。

バスケット2-7

位置が決まったら、内側の図形の上面を消去します。すると、見事に内側が開きました。

バスケット2-8

前後に手を入れる穴を開け、内側と外側を塗装して、バスケットの完成です。

バスケット完成

<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>