フロントディレイラー用のシム(スペーサー)をアルミ板で自作して

二男の乗っている自転車のフロントディレイラーが破損してしまった。元々、私が30年くらい前に購入したクロモリのロードバイクなので、まあ、壊れてもおかしくない頃なのは確か。

右側が破損したフロントディレイラー(確か、サンツアー製)。左側が交換用のもの。

実は1年くらい前、この自転車のパーツを色々と入れ替えたことがあり、FDもこの105に交換する積りだったんだけど、ディレイラーのバンド径が違って付けられなかったんです。

フロントディレイラー破損

新しいディレイラーを買おうかとも思いましたが、28.6mmのものって意外と選択肢が少なくて。それなら、いっそシム(スペーサー)を自作して、当初の予定通り105に交換するのがいいかと。

破損した元のディレイラーのバンド径は28.6mm。付け換えようとする105の方は31.8mm。その差3.2mm。半径で1.6mmの隙間ができます。

FD径違い

ダメ元でゴム板を挟んでみましたが、どんなに締めこんでもグラグラしてしまい、予想通りダメ。

それなら正攻法でアルミ板で製作することに。当初は、ビールの空き缶を裁断してって思っていたのですが、板厚がかなり薄いので、1.6mmの厚さにするには何枚重ねればいいんだ! って感じに。

で、素直にホムセンでアルミ板を買ってきました。

アルミ板

0.5mm厚のを買って3枚重ねればOKって思っていたのですが、ちょうど売り切れ。仕方がないので0.3mmのを購入。これでも5枚重ねれば1.5mmになりますし。

2cm幅でカットし、さらに長手方向も径に合わせてカット。1枚重なる毎に(0.6×3.14≒)2mmずつ円周が長くなるので、寸法は写真のような感じに。

アルミ板カット

この板を、少し細めのパイプに巻きつけて輪っか形状にする。

アルミ板丸め

これを細い(短い)順に自転車のシートチューブに嵌め、重ねた上からディレイラーのバンドを巻きつけて、ボルトで固定して完了。

取り付け完了

イイ感じで、ガッチリと固定出来ました。変速レバーで操作してみましたが、何の問題もなくギアチェンジができます。

後から考えてみると、0.5mmよりも0.3mmで正解だったかもしれない。0.3mmだからこそ、カッターで切れ目を入れることで切断することも、輪っか形状にすることも比較的容易に出来た訳で。

禍転じて福となす? ちょっと違うか。


単3 を単2 に変換する電池アダプター、落とし穴に注意

先日、ニッケル水素電池の充電器を買ったのは、ここに書いた通り4本同時に充電出来る充電器が欲しかったからというのは事実なのですが、もう一つ目的がありました。

RF-858 ワールドボーイを電池でずーっと聞いているのは気が引ける

それは、このヤフオクで落札した RF-858 ワールドボーイを充電池で使いたかったから。

ワールドボーイ Rf-858

落札した時点で ACコードは付属しておらず、取り敢えず電池で聞いているのですが、ラジオとか何気につけっ放しにしておくことって多くないですか。

なので ACコードを求めて色々とやってみた(他のコードを改造してる最中にヒューズを落としたり)のですが、今のところ諦めムードかな。

それほど電力を必要としないようで、電池の持ちも結構いいようなんですが、それでも何となく気になるんですよね。これが充電池なら気持ち的にももっとスッキリするだろうと。

で、この充電器には単三充電池が4本付属していたというのも購入の決め手だったわけです。

単3を単2や単1にするケースの存在は知ってましたが、使うのは初めて

ただ、残念ながら RF-858 には、単二乾電池が3本必要なんです。

単2を3本

ということで、100均で探して買ってきました。単3を単2にする「電池パック」3個入り。

単三を単二に

この電池パックに、パナソニックの単三エボルタ充電池を入れて、ラジオにセット。

電池をセット

ところが、動きません。

なるほど、ケースの厚み分だけ “長く” なるわけですね

なぜ? 電力不足とかなのって思って色々とやっていると、原因が分かりました。

考えてみれば、単三電池と単二電池って、太さが違うだけで、長さは同じなんですよね。単三にケースを被せるってことは、そのケースの厚み分だけ長さが長くなるわけです。

なので、ラジオの電池ケースにセットするのも少し苦労したくらいです(今の時代の、この手の製品の電池を押さえつけるバネって、こんなに強力で丈夫そうなの、絶対ありませんよね)。

で、原因はこれ。下の写真は、上の写真の電池の+端子部分を拡大したものですが、電池の端子とラジオ側の端子とが接触していません。電池パックの “肩” の部分が邪魔をしているようです。

+端子
0.3mm くらい、届いていないかな。

電池パックの方を削るか、あるいはラジオ側の端子を固定している枠の部分を少し削るかすれば、何とかなりそうですが。何か導電体を差し込むって手もありそうだな。

さて、どうしましょうか。


ブルホーンに STI レバーを取り付ける際の一工夫(邪道か?)

前回、クロスバイクにブルホーンバーを取り付け、ロード用 STI レバーをセッティングする所まで来ました。

このままでも OK と思うけど、なんか気持ちが悪い

この状態で、ハンドルとレバーとの位置関係は、大体平行に近い感じです。間隔の寸法を測ってみると約 50mm。

STI調整前
ブレーキシューとリムとの隙間を(シビア目に)調整し、ブレーキレバーを握ってみると、握り切ってもハンドルとの隙間は 5mm 以上の余裕があります。

が、なんとなく頼りない感じ。ブレーキシューが擦り減ってきてしまうと、簡単にブレーキレバーとハンドルとが接触してしまう(握り切れなくなる)かもしれません。

それ以上に、ブレーキレバーを握り切った感じが頼りないんです。なんて表現すればいいんだろ? 握り切った時のブレーキレバーとハンドルとで出来る角度が “急な感じ”で、余裕が無いって言えばいいのかな。

感覚的な言い方ですが、“気持ちが悪い” んです。

もう一つ言うと、STI レバーをハンドルに取り付けた状態で、ブレーキレバーをハンドルと接触するまで握っても、ブレーキワイヤーが交換できない状態というのは、なんかダメそうな気がするし。

ハンドルバーとブレーキレバーとの間に、もう少し多めの隙間が欲しいな、と。

STI レバーのブラケットとハンドルバーとの間に入れるスペーサーを作る

ということで、STI レバーの取り付けブラケットとハンドルバーとの間にスペーサーを入れてみることに(固定用金具の手前だけにスペーサーを入れることで、STI レバーの取り付け角度を斜めにするってことです)。

スペーサーの素材はゴム。最初、普通のゴム板を削って作ってみたのですが、少し柔らか過ぎてフニャフニャしてしまいます。

ホームセンターに出かけて、色々と使えそうな素材を探した結果、こんなのを買ってきました。ゴム製の「ストッパー」。最大径 45mm、高さ 45mm と、形を切り出した時にハンドル径とマッチするようなものを選んで来ました。

それを、ブラケットの土台の手前側の幅に合わせて 12mm で輪切りにします。

輪切りにして

ハンドルの径をベースにして、型紙を作り、それを輪切りにした素材の両面に貼り付けます。

型紙を貼って

両面の型紙の線を結ぶようにカッターの刃を入れていき、素材をカットします。先ずは3等分(120度)に分割。

更に、ハンドル径(24mm)の円弧で両面をカットします(大根の桂むきみたいな感じでやったら、意外と簡単キレイにカットできました)。

出来あがったのが、写真右側のパーツです。

円弧にカット

スペーサーを取り付けてみる

出来あがったパーツを、STI レバーのブラケット手前側に差し込みます。片側だけに入れるということは、当然、ハンドルに対してブラケットは “斜め” に付くわけですから、このゴム製のスペーサーにも斜めのテーパーが付けてあります。

実際には、もう少し細かい細工がしてあります。黄色い矢印が指し示す薄青いのがスペーサーの断面ですが、テーパーの先をフランジのような形に削り出しています。

スペーサーのテーパーが、外側に押し出される形なので、それを阻むために、このフランジ部分が STI レバーのブラケットに引っかかるようになっています。

スペーサ入れて

左右両側のパーツを作り、セッティングしてみました。取り付け角度が大きく変わったということはありませんが、ハンドルとブレーキレバーとの間隔は 10mm 以上広がっています。

STI調整後

ほんと大雑把な言い方ですが、ここの間隔が 20%増えた(50mm → 60mm)ということは、ブレーキ本体でのワイヤーの “引き量” が 20%増えたということです。

このクロスバイクに付いている Vブレーキのアーム長(回転軸からやイヤー取り付け部まで)は 100mm です。

ロード用 STI レバー対応と言われているミニVブレーキのアーム長は(短いもので)80mm です。

ってことは、今回のスペーサーを入れたことで、普通の VブレーキをミニVブレーキに替えたのと同じような効果があるってことではないでしょうか。

とは言え、ブレーキ部分にスペーサーを入れるというのは間違いなく邪道なわけですから、あまり褒められたことではありません(勿論、自己責任です)。


<< topページへこのページの先頭へ >>