ベルトに装着する(5.2インチ)スマホ用ポーチ

買い替えたスマホが5.2インチと大型なので、これまで使ってきた4インチ用のポーチとかバッグとかに入らなくなってしまった。

特に、ウエストバッグのベルトに装着するポーチが無いととても不便なので、先ずはこれを買ってみようとAmazonとかで探してみると、意外と高い。

いや、ビックリするほど高い訳じゃないけど、この程度のポーチにここまでのお金をかけたくないなという貧乏根性が。

で、行きつく先は、いつものeBay。探してみると、色んな種類があって楽しい。

迷った末に買ったのが、こちらのポーチ。似たような商品を国内で買おうとすると、2000円近くするけど、こちらはなんと300円以下。

携帯バッグ

価格が安いのであまり期待していなかったんだけど、全体的な作りは思ってた以上にシッカリしてます。素材も頑丈そうだし、縫製も悪くない。

表側のフタはベルクロで固定。裏側には2本のベルト通しがあって、それぞれスナップボタンで留めるようになっています。

スマホ携帯ケース横

商品写真を見た時からこの2本のベルト通しが気になっていたんです。これだけ上下のスペースがあると、ベルトに固定しても “遊んで” しまうんじゃないかと。

携帯バッグ1

その解決策が用意されていました(多分)。横方向にも上下2本の帯が縫い付けられていて、そこにベルト通しをくぐらすことで、上下方向のスペースを制限する仕組みに。

携帯バッグ2

また、胴体側のベルクロが縦に長いので、かなり縦長のスマホ(そんなのあるのか?)を入れても、どの位置でもフタを閉めることが可能。

携帯バッグ4

因みに、私のスマホサイズはケースに入れた状態で約75mm×150mm ですが、フタをギリギリまで閉めた状態でピッタリサイズ。

携帯バッグ6

荷室は1つだけで、他に小銭入れのスペースがあったり、カードが入れられたりといったポケットはないけれど、個人的にはこれで十分。

携帯バッグ5

薄い板状のモバイルバッテリーなら、スマホと重ねて一緒に入れられるかも。


スマホの充電時間が長いので、充電器とUSBケーブルを検証

HUAWEI P9 lite を使い始めて1ヵ月少しが経過しましたが、とても使い易くて大満足しているところです。スマホを手にする機会も格段に増えました。

ニュースを見たり、マンガを読んだり、と。

バッテリーの持ちも良くて、これまで出先で充電が必要になったことは1度もありません。大して使わない日が続くと、平気で2~3日充電しなくてもOKだし。

以前のスマホは、最後の方はバッテリーがヘタってきたこともあり、ほとんど使わなくても1日に1回は充電する必要があったのと比べると、本当に雲泥の差。

スマホを紛失した時に、スマホのGPS機能で場所を特定するような紛失対策アプリがあるけど、でも失くしたことに気づく頃にはバッテリー切れだろうなっていつも思ってました。

バッテリー容量が増えるってことは充電にも時間がかかるってことだけど

さて、HUAWEI P9 lite で一つ気になるのは、充電時間が結構かかること。正確に測ったことは無いけど、空から満充電になるまで3~4時間くらいかかるイメージ(普通?)。

空から満充電にする機会はまだあまりないけど、出掛けようとしたらバッテリー容量が残り少ないことに気づき、ちょっとだけ充電してから出かけようとすると、そのちょっとした時間での充電増加分が少ないような気がする。

その点で言えば、以前のスマホは空になっていても、15分も充電していると半分以上になっていたので、結構便利だった印象があります。

因みに、HUAWEI P9 lite のカタログスペック上のバッテリー容量は3000mAh。旧スマホは2080mAhでした。数字だけで見れば約1.5倍の差。

充電器とUSBケーブルによって充電時間が変わってくることは分かっているので、ちょっと調べてみて、場合によっては高出力の充電器を買おうかなと。

結局、1A以上は流れないようです

先ずは、HUAWEI P9 lite に付属の充電器とUSBケーブル(長さ約1m)で測定。充電器の出力は 5V1Aと、ごく標準的なものです。

実際の測定値は、約0.98Aと規格通りの値が出ているようです。

スマホ充電2

同じく付属の充電器に短いUSBケーブル(約20cm)で充電してみると、こちらも約0.98Aとほぼ同じ。ケーブル長による違いはほとんど無いようです。

スマホ充電1

続いて、5.1V2.1Aの充電器でやってみると、これまた約0.98Aと変化無し。

スマホ充電3

実は、この5.1V2.1Aの充電器を持っていることを忘れていて、出力2A以上の充電器を買おうかと思っていたんですが、買っても意味ないってことが分かりました(そもそも持ってたんだけど)。

要は、受けて側(スマホ側)の問題(対応してるかどうか)ってことなんでしょう。


強化ガラス製のスマホ用スクリーンプロテクター(超安い)

eBayとAliExpressで、HUAWEI P9 lite 用のケースをいくつか買って試している最中ですが、2個目のケースと一緒に液晶保護フィルムを買いました。

いや、正確に言えば液晶保護ガラスってやつ。最近流行りの強化ガラスでできたもの。

買うのは初めて。なにしろ、前に使ってたスマホの時は、100均で買ってきたちょっと小さめの保護フィルムで済ませていたくらいですから。

なので、このガラス製のスクリーンプロテクターを一度使ってみたかったんです。

ただ、普通に買おうとすると結構高い。AliExpressで探してみたら、$1.2のやつを見つけました。140円くらい。これなら100均で買うのと大差ないので失敗してもいいかと。

裏側の保護フィルムが剥がれない

で、届いたのがこちら。

液晶保護ガラス

もちろん、説明書なんて贅沢なものは入っていません。薄ーいビニール袋に入って、これだけが届きました。相変わらず凄い配送だな。

でも、ドライとウェットの2種類の拭き取り紙が入っていたり、ガイドシール(?)やホコリを取り除く粘着紙も付属していて、意外とキチンとしてる?

ガラスフィルムを貼るのは初めてなので「やり方」を調べてみると、基本的には位置を合わせて置くだけ、らしい。特に粘着剤みたいのは無いようですね。

さっそくスマホの液晶面に貼り付けようとしたら、ガラスフィルムの貼り付け面側に貼られている保護フィルムが剥がれない。

隅についてるタブのようなのを持って剥がそうとしたんだけど、このタブだけ剥がれてします。隅にセロテープを貼り付けてやってみたけど、同じ結果に。

あれー、保護フィルムなんて無いのかなって疑い、爪で隅を剥がしてみると、やっぱり保護フィルムはありました。

表側の保護フィルムは本当に無い?

で、保護フィルムを剥がし、スマホの液晶画面と位置合わせをし、手を放す。微妙にずれたりと、意外と難しい。でも、やり直しがきくので、何度目かのトライでOKに。

液晶面とガラス面とが合わさると、少しずつ間の隙間が消えて密着していきますが、そのままでは残る部分もあるので、指先で密着させて完了。

さて、最後に表側の保護フィルムを剥がして、ってやろうとしたら、どうやっても剥がれてこない。セロテープでも爪の先でやってもダメ。

あれー、表側は本当に保護フィルムが無いのかな。日本製品ではありえないけど、ガラス製なので特に保護する必要もないってこと?

その後も色々とトライしたけど、結局、表側に保護フィルムは “無し” という結論に至りました(実際には間違ってるかもしれないけど)。

で、今この記事を書きながら、念のためにと思って商品を買ったショップのページを見てみたら、下の方に「貼り方」のインストラクションがありました。

貼り方

そして、そこにはなんと表側の保護フィルムの存在が。いやいや、両側にタブの付いたこんなの、私の手元に届いた品物には付いてなかったよ。納得いかないなー。

ナイフで傷つけてみれば分かる?

ところで、この強化ガラスフィルムの一番の疑問は、「これは本当にガラス製なのか?」ということ。

これまで触ったことが無いので、確信が持てない。指先で叩いた時の音も全然ガラスっぽくないんですけど。でも、薄い強化ガラスって、こんな感じなのかな?

厚みは確かに0.3mmくらいあって、結構厚い。商品ページには、「ナイフでやっても傷つかない」みたいな写真があるので、強化ガラス製として売られているのは間違いない。

ナイフで

なるほど、私もナイフやカッターで表面をつついてみれば真偽のほどが分かるんですね。でも、もしも強化ガラスでなかったら傷がつくんだよね。

うーん、その勇気が無い。


スマホなんて小さくて十分って思ってたけど大きいのはイイ!

SIMフリースマホのHUAWEI P9 lite ですが、結構イイ感じかも。まだ使い始めたばかりで、本当にごくごく浅いファーストインプレッションだけど、ちょっと紹介してみましょう。

私の中では、携帯電話というよりタブレットPCに近い感覚

前回も書きましたが、これまで使っていたスマホとの最大の違いは、ディスプレイの大きさ。前の4インチから、今回は5.2インチへとサイズアップ。

スマホ新旧比較

以前から友人が5インチのスマホを使っていて、それを使う姿を見るたびに、「うーん、そこまでの大きさは必要無いんじゃね?」って思っていたのに、つい大きいのを買ってしまいました。

まあ、これまで使っていたのと同じ大きさのものを買っても、代り映えがしなくて面白くないかなって。

5.2インチと4インチって、数字的には1.2インチしか変わらないけど、面積比で考えると5.2インチは4インチの約1.7倍の広さがあります。1.7倍ってのは、結構大きな差ですよね。

画素数で比較すると、これまでのFWVGA(854×480)に対して、今度のはFHD(1920×1080)。以前のやつが貧弱過ぎたのでしょうが、画素数では約5倍もの差があります。

もちろん、表示文字の小ささにも限界があるので、文字数が5倍になるわけではないし、また表示フォントの大きさとかもあるので一概には言えませんが、文字数でざっくり1.5倍くらいかな。

表示文字数比較

上のスクリーンショットを撮るために、両機で同じアプリを立ち上げて、記事を表示してスクリーンショット撮影、とやりましたが、その操作感の違いにはビックリ。

旧機では至る所でワンテンポ遅れるので、ストレスがいっぱい。同時に操作してみると、これまでどれだけストレスを抱えて操作していたかを実感しました。

これくらいディスプレイが大きくて、様々な操作がスムースだと、スマホで色々とやってもいいかなって気になってきました(例えばメールチェックとかニュースの閲覧とか)。

これまでは、スマホという名の “携帯電話” を持っていたというイメージ。それが、こんどはタブレットPCを携帯しているような気になります。共にちょっと極端な言い方だけどね。

表示文字数は極端に多くなるわけではないけど、例えば写真の情報量には5倍の差があるわけで、その他諸々のことを考え合わせると、スマホを活用する場面が大幅に増えそうな予感が。

指紋認証機能は、想像通りとても快適!

ところで、今回のスマホの機能で一番楽しみにしていたのは、指紋認証機能。

これまで、「昨夜(飲み会の帰りに)スマホを落としてきたかも!」ってのが何度かありました。結局は、帰宅してからスマホを置いた場所を忘れていただけで、実際に落としたことは無かったけど。

その時に、一番気になったのはスマホの中のデータを人に見られてしまうこと。本当はパスワードでロックしておきたいんだけど、毎回解除するのが面倒なので、何もしてませんでした。

失くしてしまったスマホは諦めるとしても、中のデータが流出してしまうのは大いに気がかり。

なので、指紋認証機能付きのスマホが欲しかったんです。

先ずは、スマホ本体に私の指紋を登録しなければなりませんが、これもどうやってやるんだろ?って興味津々だったんです。

スマホ背面の指紋を読み取る “窓” は結構小さくて、認証のために指先を押し付けた際、例えば指の先っぽの方と、第一関節近くでは違うわけで、どうやって識別するのか不思議だったんです。

で、実際にやってみて、「なるほど!」って納得。センサー部分に指先を押し付けて読み取っていきますが、その際に指先の色んな部位を何度かに渡って繰り返すことで、全体を読み取る仕組み。

指紋の登録

うーむ、面白い。

実際に使ってみた感想は、想像通り快適。最初の頃は何度も認証に失敗していましたが、指を押し付けるコツを覚えてきたのか、少し使っていたら一発で認証されるようになりました。

スマホを手で持った時、自然と人差し指が行くあたりにセンサーがあり、指を押し付けた瞬間にロックが解除されてスマホの操作が出来るようになるので、本当に快適。

これはイイ!


iPadを買い替えようと思ってたら、無料でAndroidタブレットが

2011年から約5年間も、奥さんの手足となって一生懸命働いてくれた我が家のiPad2も、そろそろ限界に近づきつつあるようです。

映像も綺麗だし、動画を見るのもメールを送るのも特に問題は無いんだけど、全般的に反応が鈍くなってきている。なので、使えることは使えるんだけど端々でストレスを感じることに。

「そろそろ新しいiPadを買おうか」という話題が上る今日この頃です。

iPad

調べてみたら、やっぱりiPadって高価なんですね。知らない内に、iPad mini 2、mini 4、Air 2、Pro、などという結構多彩なライナップになってました。

iPad Proだと、一番安い32GBのWi-Fiモデルでも8万円オーバー。iPadが世に出た初めの頃は、ノートPCよりも安く買えるってイメージだったけど、これだとノートPCの方が安いかも。

iPad mini 2なら約3万円で買えるけど、出来ればもう少し大きなディスプレイが欲しい。となると、iPad Air 2の9.7インチという選択肢になります。この32GBのWi-Fiモデルで42,800円。

Android系の安いタブレットを探すという手もあるけど、出来れば(ここでケチらないで)使い慣れたiPadの方がいいなって、奥さんが仰るので。

で、すっかりこいつを買う気になっていたんです。

そして今日、奥さんと買い物に出かけた先で Y!mobile の代理店があって、スマホもそろそろ格安スマホにしようって話をしていたので、ちょっと覗いてみることに。

結局、奥さんはそこで Y!mobile のiPhoneを契約しました。そして、ここでAndroidのタブレットに出会ったんです。「キャンペーンで無料になるけど、どうですか?」って。

ただし、回線使用料は毎月1000円かかりますけどね、って。私は、スマホがあれば外でタブレットを使う場面はないので、「いらないんじゃね」って言ったんだけど、奥さんは使いたいと。

そして、我が家にAndroidのタブレットがやって来ました。lenovoの8インチタイプ。

lenovo pad

ま、確かに月1000円の回線使用料はかかるけど、 Y!mobile のiPhoneと、この1000円を合計しても、これまでのiPhoneの月額使用料の半分くらいにしかならないのでね。

ところで、月1000円での通信容量は1GBですが、これまでこの通信容量というものに注意を向けたことが無いので、1GBでどれくらい使えるものなのかよく分かりません。

そこで、自分のAndroid携帯の使用量はどうなのかと調べてみたら、最も容量を使っていたのはradikoでした。11月16日からの1ヵ月間で、このradikoだけで472MBの容量を使っていました。

スマホ通信量

全使用量551MBの内の472MBですから、約85%の割合を占めています。

私の場合、外で動画やYouTubeを見ることはないので、その意味ではそれほど大きな通信容量は必要ないかもしれません。radiko以外によく使うのは、ニュースチェックくらいかな。

実際、その前の1カ月間(10月16日~11月15日)の通信料の内訳を見てみると、全使用量が720MBで、その内radikoで538MBを使い、SmartNewsで85MBの通信料でした。

多分、この期間は1ヵ月に5~6日くらいはradikoを聞きながら街を歩き回っていたと思う。街を歩くときは毎回4~5時間は歩いていると思うので、確かにradikoの通信料が多いのは納得です。

ちょっとした調べ物やニュースのチェックでブラウザを表示する場合の通信量は、1ページ当たり数百KB~1MB程度(モバイル用ページ)とのことなので、これはあまり気にする必要はないようです。

この後、私も格安スマホに乗り換えようと思っているのですが、今回のこの調べた結果を参考にして、プランを選べばいいってことですね。


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>