ランニング時にスマホを入れるアームバンドを買ってみた

ランニングに出かける際には必ず持って出ていた旧スマホ(実際にはオーディオプレイヤー)とコンデジを、新スマホ一つで兼用してみることに。

となると、スマホをランニング時に携帯するためのポーチみたいなのが必要。これまでスマホとカメラを入れていたポーチでは小さくて、5.2インチのスマホは入らないので。

「ランニング時にスマホを携帯」で一番最初に思い浮かんだのはアームバンド。これまでにも、使用機器の大きさに合わせていくつか使ってきた歴史があります。

ということで、今回は5.2インチ用のちょっと大きめなアームバンドを買うことに。Amazon でしらべてみると、価格帯は1000円前後でいくつかあります。

でも商品写真を見ていると、5.2インチのスマホを腕に括り付けて走るというイメージが、どうも湧いてこない。腕の太さと同じくらいの幅のスマホですからね。

腕に装着したイメージは下のような感じで、微妙に恰好悪そうな気がする。

アームバンド装着

「確実に使う」って自信が無かったので、eBayで最安値のものを購入

まあ、でも、試しに使ってみたいことは使ってみたい。でも1000円も出したくない。ってことで、今回もeBay で探してみると、ありました。価格も240円と超格安。

1週間くらいで届いたのがこちら。

アームバンドラッピング

ま、240円なので品質的にはあまり期待していなかったんだけど、これが以外と良い作り。材料もシッカリしているし、縫製も乱れが無く、全体的にカッチリした作りになってる。
(マジックテープの縫製は、ま、それなりだけどね)

アームバンド表
マジックテープのベルトを通す穴は2カ所あり、腕の太さに合わせて使い分けます。

そのベルトを通す長方形の穴も、プラスチック素材で補強されているので、破れてくるような心配は無さそう。

ただ、2つの穴の間にキーを入れて置くポケットがあるんだけど、開口部が小さいので、例えば家の鍵を入れておこうとすると、その出し入れにはかなり苦労しそうです。

腕に当たる側は厚さ3mm弱のネオプレーン生地のような素材なので、肌触りもよく、クッション性があって、多分防水素材でもありそうです。

アームバンド裏

使い心地は良さそうだけど、透明カバー越しの操作って必要?

スマホを入れてみました。スマホの大きさに対してそれほど余裕のある大きさではないけど、素材に伸縮性があるので、スマホの出し入れには苦労しません。

アームバンドスマホ入れて
上下にある計5つの楕円形の穴は、イヤホンコードを通すためのものらしい。ただ、この穴やスマホの入れ口からは、どうしても汗は侵入していくでしょうね。

スマホを入れて表側から見るとこんな感じで、悪くない。透明カバー越しの操作も、なんの支障もなく自由に出来ます。

アームバンドスマホ入れて表

ただ、これは買う前から疑問に思っていたんだけど、ランニング中にスマホ画面の液晶にタッチしての操作って、することがあるのかなって。

多分、ほとんどの人がリモコン付きのヘッドホンを使いながら走っていると思うので、電話への応答や音楽プレーヤーの操作は、ヘッドホンのリモコンで用が足りてしまうのでは。

逆に、実際に使ってみて分かったのは、表側から液晶にタッチするだけではスマホの操作が出来ないってこと。

機種にもよるけれど、私のスマホは本体の裏側に指紋認証があり、そこにタッチしないとスマホのロック解除ができないので、当然その先の操作も出来ません。

ロックしていない人には関係ない話ですが。


新しいスマホでAudibleアカウントへのサインインに一苦労

ランニングに出かける時に必ず持って出るのはスマホとコンデジ。

スマホとカメラ

カメラはスマホで兼用出来るじゃんって意見があると思います。でも、このスマホのカメラって画素数が490万しかなくて、どうも綺麗に撮れないんです。

さらに言えば、このスマホ、スマホの機能はありません。回線契約を解除したものなので、現状はただのWi-Fi機器として、走りながら音楽を聴くのに使っています。

この2つを小さなポーチに入れ、それをウォーターボトル用のウェストバッグのベルトに装着して走るのですが、これが結構重いんだ。走ってると、上下に揺れて余計に重く感じる。

スマホとカメラを

で、最近、ふと思ったんです。今使ってるスマホのカメラは1300万画素なんだから、そっちのスマホならコンデジを持ち歩く必要はないんじゃないかと。

今回の主題はAudibleアカウントへのサインイン

それじゃあなぜ、スマホを変えた時にこの考えに至らなかったんだろって考えたら、思い出しました。一つ障害があって、それが乗り越えられなかったことを。

それはAudibleアカウントへのサインイン。新しいスマホにAudibleのアプリをダウンロードし、何度かサインインを試みたのですが、どうしても入ることが出来ませんでした。

それもあり、旧スマホをランニング時のオーディオブック(朗読本)の再生専用機として使っていた訳です。ただ、小さなスマホなので持ち運びが楽ってメリットもあったのだけど。

ま、ランニングしながら電話をかけたいとは思っていなかったので、これはこれで(コンデジと同時持ちでも)特に問題は感じていませんでした。

それが、遠方の母親とLINEのビデオ通話をすることになり、それなら折角だから走っている区間の風景や季節の移り変わりをビデオで見せてあげようかと。

となると回線の契約をしていない旧スマホではダメなわけで、必然的に新しいスマホをランニング時にも携帯することに。

ということで、新しいスマホでAudibleアカウントへのサインインに再挑戦してみました。

Audibleのアプリを開き、設定に入り、一旦サインアウトし(ダウンロード済みのタイトルは削除されてしまうらしい)、再びメールアドレスとパスワード入力するも、結果は同じ。

設定

そりゃ、そうだよね。同じことをやっても、同じ結果が返ってくるだけ。

うーん、困ったなって何度目かのトライの時、ふと画面の表示文に気が付きました。サインイン出来ないときの対処法として、「別の国でサインインする」みたいなのがあった。

おっと、これだ! 日本でサインインしようとしていたのが間違いだったんです。そもそもAudible自体が米国の会社なので、約10年前に入会した時は米国で契約してたんです。

で、同じメールアドレスとパスワードで、今回は米国でのサインインを試みたら、あっさりと成功しました。

なんとねー、至極簡単なミスだったんですね。でもこれでやっと、これまで購入してきた100冊以上のオーディオブックに(新しいスマホで)アクセス出来るようになりました。

Audible端末



スマートスケールを1ヶ月間使用してみて分かったこと

スマホと連動してデータを蓄積してくれる体重計(スマートスケール)を使い始めてから丸1ヵ月が経ちました。

使っているのはマルティファンというメーカーのもの。

スマートスケール本体

使い始めて最初に感じたのは、データを自動で記録していってくれるってのは、本当に便利ってこと。何しろ、体重計に乗るだけでいいんですから。

体重計に乗った時にスマホがスリープ状態だったとしても、後でアプリを起動させてみると、データはキチンと記録されています。

蓄積されたデータを見るのは楽しい

下の左側は「計測」画面ですが、ここから「チャート」をタップすると、これまでに蓄積してきた様々なデータを見ることができます。

スマートスケール1ヵ月-1

履歴データを見てみると、3月は(たまに抜けてる日もあるけど)結構頻繁に測定してきたことが分かり、例えば16日測定の体重は67.4kgで、BMIは23.9、って具合。

もちろん、グラフでの各種データ推移も確認できます。それも、週、月、年単位で。

グラフで見れるデータは、体重、BMI、体脂肪率、体水分、骨格筋、基礎代謝量の6種類。下のグラフの左側は体重の推移で、右側は体脂肪率。

スマートスケール1ヵ月-2

体重ってのは、毎日微妙に変動してるんだなってのが分かった。

単に体重計の測定誤差(バラツキ)って可能性もあるけど、その都度のデータは何となく納得できる(今日は運動したから下がったんだな、とか)ので、結構正確な数値だと思う。

もう一つ分かったのは、生活を変えなければ、体重も変わらない(下がらない)ってこと。

筋トレ(腹筋、スクワット、レッグレイズ)は継続してやっていますが、足を痛めてからまだ回復途上にあるので、ランニングは抑え気味。

となると、体重は下がらない。それどころか、傾向を見ると月の前半は微妙に減少傾向なのが、後半は上昇傾向に変わったように感じる。

うーむ、確かに3月の後半は天気とのタイミングが合わずに、前半よりさらにランニングの機会が減ったので、それが影響しているのかもしれません。

邪魔にならないし、体重測定を毎日の習慣にするのも簡単

体重計自体も26cm×26cm×厚さ2.5cmと、コンパクトで軽いので、片付けるのも楽。使い終わったら本棚に戻せばいいので、邪魔になることも無いし。

本棚の体重計

電源スイッチも無く、体重計に乗るとスイッチオンで、そのまま放っておくと自動的にスイッチオフになります。なので、本棚から取り出し、体重計に乗り、本棚に戻すだけ。

スマホへのデータ記録も含めて、10秒もあれば体重測定のすべての動作が完結します。

「毎日体重を測定する」という動作に対する “敷居” がメチャクチャ低いんです。

そして、毎日体重を測定して、それを継続したデータとして確認出来るということは、運動をして体重を減らそうというモチベーションアップに直結します。

ということで、4月は運動しますよ!


スマホ用のスタンドを買ったら、Kindle 用として活躍しそう

スマホで少し長めの動画を見る時とか、ずっと手に持ってるのも疲れるのでスタンドが欲しいな、って。

最初、アクリル板を曲げて自作しようかなとも思ったんだけど、形状的に嵩張りそうなので、持ち運びを考えると折り畳める方が望ましい。

ということで購入することに。Amazon で探すと1000円程度で買えそうです。でも、こういう場合は、やっぱりAliExpress とeBay でも探すというのが習性になってるので。

で、結局AliExpress で購入して届いたのがこちら。いつもの見慣れた何の飾りっ気も無いオレンジ色の袋と違って、普通の袋に入って送られてきたのが新鮮だった。

スタンドパッケージ

開けてみると、商品と一緒におまけ(マジックテープの結束バンドかな?)が入っていました。こんなキチンとしたパッケージに入ってる商品を受け取ったのは初めてかも。

スタンドおまけ付き

中身はこれ。Ugreen のスマホスタンド。似たような形状で百数十円のもあったんだけど、デザイン的に微妙だったので、少し高めのこいつを選びました。

スマホスタンド1
Amazon でも同じ商品が売られていて、購入価格はAmazon の4割引きくらいのイメージ。なので、いつもの購入品ほどの割安感はないかな。

折り畳むと裏側もスッキリ。

スマホスタンド2

底部にゴム製の滑り止めパッドが嵌め込まれているので、安定感は十分。

スマホスタンド3

開口角度は0度から100度までの10段階。しっかりしたクリック感があるので、操作していて勝手に角度が変わってしまうといったこともありません。

スマホスタンド4

スマホを縦に置いたところ。5.2インチのスマホよりも、1cmくらい幅広。

スマホスタンド5

でも、一番使う機会が多いであろう横置きは、スマホケース背面の "指リング" で必要十分状態。まあ、普段のスマホの置き場所としては悪くないけどね。

なんてことを考えながら、あまり使う機会が無いかなってちょっとガッカリしていたんだけど、何気なくKindle を置いてみたら、これがイイ感じ!

Kindle スタンド

なんだかんだ言っても、やっぱり長時間Kindle を手に持って読書していると、どうしても手が疲れて来るんだよね。

机の前で本を読むときは、このスタンドに置いたスタイルがベストかも。


ベルトに装着する(5.2インチ)スマホ用ポーチ

買い替えたスマホが5.2インチと大型なので、これまで使ってきた4インチ用のポーチとかバッグとかに入らなくなってしまった。

特に、ウエストバッグのベルトに装着するポーチが無いととても不便なので、先ずはこれを買ってみようとAmazonとかで探してみると、意外と高い。

いや、ビックリするほど高い訳じゃないけど、この程度のポーチにここまでのお金をかけたくないなという貧乏根性が。

で、行きつく先は、いつものeBay。探してみると、色んな種類があって楽しい。

迷った末に買ったのが、こちらのポーチ。似たような商品を国内で買おうとすると、2000円近くするけど、こちらはなんと300円以下。

携帯バッグ

価格が安いのであまり期待していなかったんだけど、全体的な作りは思ってた以上にシッカリしてます。素材も頑丈そうだし、縫製も悪くない。

表側のフタはベルクロで固定。裏側には2本のベルト通しがあって、それぞれスナップボタンで留めるようになっています。

スマホ携帯ケース横

商品写真を見た時からこの2本のベルト通しが気になっていたんです。これだけ上下のスペースがあると、ベルトに固定しても “遊んで” しまうんじゃないかと。

携帯バッグ1

その解決策が用意されていました(多分)。横方向にも上下2本の帯が縫い付けられていて、そこにベルト通しをくぐらすことで、上下方向のスペースを制限する仕組みに。

携帯バッグ2

また、胴体側のベルクロが縦に長いので、かなり縦長のスマホ(そんなのあるのか?)を入れても、どの位置でもフタを閉めることが可能。

携帯バッグ4

因みに、私のスマホサイズはケースに入れた状態で約75mm×150mm ですが、フタをギリギリまで閉めた状態でピッタリサイズ。

携帯バッグ6

荷室は1つだけで、他に小銭入れのスペースがあったり、カードが入れられたりといったポケットはないけれど、個人的にはこれで十分。

携帯バッグ5

薄い板状のモバイルバッテリーなら、スマホと重ねて一緒に入れられるかも。


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>