初めてのスケッチアップ(番外編) - 費用とかの要検討項目

さてさて、前回スケッチアップ上でピザ窯が完成しました。

全体サイズ2

今回は、こいつを作るための費用であるとか、実際の製作前に検討しておくべき課題について、もう少し突っ込んで考えてみたいと思います。

先ずは、お金の問題。

製作するのに必要となる主な材料は、
  • コンクリートブロック  ×40個(5段積みとして)×100円=4000円
    (100×190×390mm)
  • 耐火レンガ       ×120個(予備含め)  ×200円=24000円
    (65×115×230mm)
  • 透水平板        ×5個         ×5000円=25000円
    (65×300×600mm)
それぞれの値段は、ネットで軽くしらべたものなので、もう少し高くなるかもしれないし、安くなるかもしれない。ま、ざっくり5万円ってところでしょうか。

でも、透水平板が高いですね。全費用の約半分がこいつに費やされてしまいそうです。ここの費用を削減できれば、もっと気軽に着手できそうなんですが。

ピザ窯1回の稼働に、どれくらいの薪(お金)が必要なんだろ?

もう一つ、お金の話。こちらはピザを焼くための薪の購入費。

薪なんて使ったことがないので、ピザを焼くのにどれくらいの薪が必要なのか、そしていくらくらいかかるのか全く分かりません。そもそも薪がどこで売っているのかも知らないし。

調べてみると、ピザを焼くにはピザ窯の温度を300~400℃くらいまで上げる必要があり、(もちろん炉の大きさにもよるけど)それには2~3kg程度の薪が必要になるらしい。

そして、1時間くらいピザを焼いてるとして、その間ピザ窯の温度を維持するのに、これまた2~3kg程度の薪が必要になると。

なるほど、一回の使用に5~6kg必要なのね・・・・でも、なんとなくイメージする “薪” って、1本で1kgくらいありそうな気がするんだけど。ってことは、5~6本で済む?

これはこれで少なすぎるような気がする。例えば1本500gとしても10本くらい?本当にこの程度で足りるのでしょうか?

薪

薪の値段を調べると、200~300円/kgって感じでしょうか。5~6kgの薪で1000~2000円くらいかな。ま、これくらいならそれほど心配する必要はないかも。

薪関連でもう一つ気にかかるのは “煙” 。住宅地でやる積りはないけれど、それでも近所に家はあるわけで、大量の煙が出るとなると、そこは気を付けないとね。

でも、ピザ窯の燃料というと “薪” ってイメージがあったけど、今回調べて知ったのは “炭” でもOKだってこと。

炭ならバーベキューで扱いなれてるし、煙の心配もかなり軽減するし、薪よりも炭を使おうかなって気持ちが(現時点では)強いかな。

ピザ窯で

土台の信頼性とピザ焼き作業のし易さを考えながら

続いてピザ窯の構造的な検討点ですが、一つには土台が心配。

すべて積み上げるだけでモルタル等での固定は一切していませんが、せめて土台のコンクリートブロックの最下段くらいは固定した方が良いんじゃないかと思案中。

積むだけのピザ窯の一つのメリットは、使わない時に(あるいは、使わなくなったら)バラしておくことが可能ってことですが、将来的にバラすことは多分ないんじゃないかと。

といって、すべてを固定していくとなると作業的にハードルが一気に高くなるので、やりたくはない。でも、土台の土台くらいなら鉄筋とコンクリートで固定してもいいかなって。

そして、上の層(調理室?)の形状をもう少しなんとかしたいな、と。スクエアなので開口部も大きく、これだと燃焼室の熱を上手く溜め込めないんじゃないかと少し不安。

ドーム型には勿論出来ないけど、疑似的にかまぼこ型を作れないかな。

あとは、高さをどうするか。これはコンクリートブロックと耐火レンガのサイズによっても流動的なんだけど、特に上の層(ピザを焼く場所)の高さ(地上高)をどうるするか。

一番最初のスケッチアップで描いた設計図では825mmになっていますが、これで良いのか? もう少し高く、あるいは低くした方が良いのか? 

ピザを窯の中に出し入れする動作を実際にシミュレーションしながら決めようと思います。


初めてのスケッチアップ(番外編) - 耐火レンガのピザ窯

前回、コンクリートブロックを積み上げて作った土台の上に、今度は耐火レンガを積み重ねて、ピザ窯本体を作っていきます。

耐火レンガもコンポーネントとして作成済み

コンクリートブロックと同時に耐火レンガもコンポーネントとして作ったので、こいつを引っ張り出してきます(自作コンポーネントの使い方は、こちらの記事を参考に)。

レンガコンポーネント
因みに、コンポーネントとして作った耐火レンガのサイズは、65×114×228mm。これを半分に割ったもの(65×114×114mm)も必要なので、そちらも作ってあります。

先ずはコンクリートブロックの土台の上に、耐火レンガを敷き詰めます。

レンガ積み1
うーん、改めて見てみたら整然とし過ぎてますね。スケッチアップでの描きやすさを優先して、レンガの方向を揃えてしまったのが良くなかったようです。

いくつかのレンガを横向きにして、ちょっと配列を変えてみました。

ピザ窯ベース組み
以下の図は、最初の配列のままですが、そこは気にせずに。

壁を組み上げる

ベースの上に壁となる1段目を組み上げます。

レンガ積み22

2段目、3段目も(レンガが互い違いになるように)組み上げ、

レンガ積み32

この上にピザ窯の下の層と上の層とを分離する平板(透水平板:65×300×600mm)を2枚置くので、それを支えるためのレンガを配置(高さを合わせて縦方向に少しカット)。

レンガ積み4

下の燃焼室と上の調理室とに分離

2枚の透水平板をセット。

透水平板1

透水平板の周りをレンガで囲います。後から見ると分かるように透水平板の奥には開口部があり、下段の燃焼熱はこの穴から上の段へと上がってきます。

透水平板3

下の層と同じように、3段のレンガを積み上げて上層の壁を構築。

レンガ積み4

最後に天板となる透水平板を乗せるので、ここでも支えとなるレンガを配置。

透水平板支え2

透水平板を手前側に横向きに置き、周囲をレンガで囲います。

透水平板5

その上にさらに、透水平板を今度は縦方向に2枚置いて、ピザ窯の完成です。

完成

さて、図面上でピザ窯が完成しましたが、実際こいつを作るのにいくらかかるのか、さらなる検討課題はないのか等々、次回もう少し具体的に検討してみたいと思います。


コンクリート製の敷板で自宅脇の作業場を整備してみた

自転車置き場兼工作スペースとして使っている、自宅横のちょっとしたスペースに生えていたツツジの生け垣を、取り除いてしまったのは4カ月くらい前のこと。

土むき出しのままでもいいかなって思ってたんだけど、やっぱりというか案の定というか、雑草が生えてきてしまうので、コンクリートの敷板を敷き詰めることにしました。

整備前

買ってきたのは、こんなやつ。薄いグリーン色に着色されたシンプルなコンクリート板。

コンクリート製敷材
最初に行ったホームセンターで価格を見たら1枚400円くらいしていた。取り敢えず10枚買おうと思っているので、10枚だと4000円。ちょっと高いな。

でも、価格的にはこんなものなのかなって思いながら、2軒目のホームセンターへ。

こちらでは1枚約240円でした。10枚で2400円なので、1600円も安い。

高かったり低かったり、上に乗ると沈んだり

地面を均しながら作業を進めていきますが、これが簡単そうで意外と難しい。平らにしている積りでも、敷板を置いてみると、隣の板より高かった、低かったり。

これで良し!って思って上に乗ってみると、グラグラ揺れたりと、うーん難しい。

地面を均し

取り合えず完成しました。

整備完了

が、並びが微妙に不揃いなのが分かるでしょうか。上から見ているので目立ちませんが、上を歩いてみると結構凸凹しています。

ま、その内に馴染んでくるでしょ。

ちょっと余談を

今、ピザ窯をDIYで作ろうかと思案中ですが、今回のホームセンターで耐火レンガって売ってるのかなって探したら、ありました。

「BBQレンガ」という名称で192円(税込み)。耐火温度は1300度とのことで十分。

BBQレンガ

なんか、ピザ窯が現実味を帯びてきたような気がする。


初めてのスケッチアップ(番外編) - ピザ窯の土台作り

今回は、ピザ窯の設計図をスケッチアップで描いていきます。参考にさせて(パクらせて)頂いたのは、「ピザ窯を5万円で手作りしてみた」というブログ記事。

先ずは、ピザ窯の土台作りから入ります。土台を作ってピザ窯の位置を持ち上げてあげないと、ピザを焼く際に姿勢を低くする必要があるので、土台はどうしても必要なもの。

また、上に乗せるピザ窯の耐火レンガからは高熱が伝わってくるので、木材で組み上げてというようなことは出来ません。

ってことで、ここでは前回作ったコンクリートブロックを使います。

コンクリートブロックはコンポーネントとして登録してあるので、これを引き出してきます(自作コンポーネントの使い方は、こちらの記事を参考にして下さい)。

コンクリートブロック

土台サイズは800×800mmとしますので、コンクリートブロックを2×4に並べます。

ブロック土台1

この8個のブロックを選択し、右クリックで「グループを作成」で一塊とし、ctrlキーを押しながら移動ツールでコピーして、上に重ねます。

ブロック土台2

上下のブロックを互い違いにしたいので、上に重ねた8個のブロックを回転ツールで(8個のブロック塊のセンターを中心に)90度回転させます。

ブロック土台3

同じ様に繰り返して、8個のブロックの層を積み重ねていきます。

ブロック土台4
ここで、土台の高さ(ブロックの積み重ね段数)をいくつにするかは、まだ検討中。基準になるのは、2層のピザ窯の上の段の高さ(ピザを焼く位置)。

厚み100mmのブロックを4段重ねだと、(この上に重ねていく耐火レンガのサイズにもよるけれど)700mm前後(だいたい机の高さ)になりそうです。

腰高(900mm前後)にするには、土台の高さは500mmくらい必要なような気がする。

土台を積み重ねていく(基礎の)基礎をどうするかってのもまだ検討中なので、それによっても土台のコンクリートブロックの積み重ね段数は変動すると思います。

取り敢えず、土台全体にコンクリートブロックらしい色を塗って完成。

ブロック土台5

次回は、この上に耐火レンガでピザ窯本体を作り上げていきます。


初めてのスケッチアップ(番外編) - コンクリートブロック

ピザ窯を自分で作ってみたいと思い、いろいろと調べました

現時点での方向性としては、ピザ窯の構造は2層式、そして形状は一番シンプルな箱型でいこうと思います。

そんな観点から、ピザ窯の自作例を参考にさせて頂こうと探してたどり着いたのが、「ピザ窯を5万円で手作りしてみた」というブログ記事。

この記事を見て、「ピザ窯って(簡易的に作るなら)モルタルで固める必要はなく、レンガを積み上げるだけで作れるんだ!」ってことを知りました。

おー、これはいいな!ってことで、この記事の製作例を参考にさせて(というか、まんまパクらせて)頂きました。この場を借りて、御礼申し上げます。

とは言いながらも、自分で設計図を作っておきます。スケッチアップの出番です。

ピザ窯を構成する主要パーツは、土台となるコンクリートブロックと、ピザ窯本体を形成する耐火レンガの2つ。

なので、スケッチアップでいつでも使えるように、コンクリートブロックと耐火レンガを作り、それらをコンポーネント登録しておきます。

スケッチアップでコンクリートブロックを制作

先ずはコンクリートブロックから。コンクリートブロックのサイズは、(実際の寸法と微妙に違うけど)100×200×400mm。

長方形ツール
で200×400mmの長方形を描き、それをプッシュ/プルツールで立方体に。

ブロック1

このままだと普段見慣れたコンクリートブロックとイメージが結びつかないので、ここに横穴を開けていきます。

メジャーツール
で補助線を描き、

ブロック2

円ツールで穴の四隅の内角を丸め、

ブロック3

線ツールで穴の外形を描きます。

ブロック4

余分な線を削除し、不要になった補助線も消去していきます。

ブロック5

出来上がった3カ所の四角をプッシュ/プルツールで奥へと(向こう側の面まで)押して、穴を貫通させます。

ブロック6

最後にペイントツールでコンクリートブロックらしい模様を付けて完成。

ブロック7

これをコンポーネントとして登録しておきますが、そのやり方はこちらの記事を参考にして下さい。

次回、このコンクリートブロックを使ってピザ窯の土台を設計していきます。


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>