ファイル転送・共有アプリ「Xender」を試してみる

ブログをPCで書いていて、スマホ関連の記事を書こうとすると、スマホ画面のスクリーンショットをPCに送りたいという場面が結構あります(まさに、この記事もそうなんですけどね)。

そんなとき、以前紹介した 「Any Send」 というアプリが大活躍。

Any Send ではファイルを1個ずつしか転送できない

以前も書きましたが、本当に簡単便利なアプリで、PC-スマホ間のファイル転送に限って家ば、「AirDroid」よりもお手軽で、とても重宝しています。

機能が少ない分、操作もシンプルで分かり易いしね。

でも、ただ一つだけ使い難いなって思うのは、ファイルを1個ずつしか転送できないこと。

スマホからPCへとスクリーンショットを転送しようとすると、フォルダの中から目的のファイルを探し、そこで「共有マーク」をタップすると、転送に使えるアプリがズラッと出て来るので、そこから 「Any Send」を選んでタップする、といった手順になります。

送りたいファイルが複数の場合は、この動作をファイルの数だけ繰り返すことになります。

ま、大概は多くても数枚程度だったので、「まあ、いいか」ってやっていましたが、新しいスマホでは転送するファイルの数が一挙に増えそうな予感も。

今までのスマホは、写真撮影の機能がダメダメだった(自分の腕の無さを棚に上げて)ので、ほぼ使ったことが無かったんだけど、こんどのやつは結構いい写真が撮れそうなんでね。

ということで、複数のファイルを選択しておいて、それを一挙に転送できるようなアプリを探してみようと思います。

Xender

実際、探してみると、うーん、いっぱいあり過ぎて何を使ったらいいのか分からない。取り敢えず、「Xender」というファイル転送・共有アプリを使ってみることに。

インストールして起動すると、画面の下に「SEND」と「RECEIVE」という2つのマークが出てきます。これは、スマホからファイルをPCに送る(SEND)のか、あるいはPCから受け取る(RECEIVE)かってことのようです。

xender起動

取り敢えずPCに送りたいので、「SEND」をクリックすると、真ん中に大きな円が表示され、タイマー風に何かの応答を待ってる感じになります。

これは多分、他のスマホとの接続を待ってるのかな。取り敢えずこっちは無視して、「PCと接続します」をタップすると、右側のような画面になりました。

xenderでPC接続

「1. このWebアドレスをPC上で開きます」に従って、「http://web.xender.com」にPC側のブラウザでアクセスすると、QRコードが表示されます。

xender web

この状態で、スマホ側に戻って「スキャン」をクリックすると、カメラでQRコードの読み込みモードになるので、PC画面をスキャンします。

すると、一瞬でスマホとPCとが接続され、PC側の画面は下のようになります。

PCと接続済み

スマホ側の画面ももちろん変わり、スマホ側を操作して、例えば写真ファイルを表示すると、それが上の画像に代ってPC画面上にも表示されます。

ま、そういうことをするためのアプリなんだって言われればその通りなんだけど、でもやっぱり技術の進歩ってのは凄いなってのが素直な感想ですね。

複数のファイルを一括ダウンロード

さて、上の画面に戻って、「写真」ファイル(「86」ってところ)をクリックすると、スマホ内の写真ファイルの一覧が表示されます。

ここで、目的のファイルにチェックを入れ、上段の一括ダウンロードボタンをクリックすれば、瞬時にPC側に(ZIPファイルで)転送されてきます。

画像ダウンロード

PC側は、「http://web.xender.com」をブックマークしておけば、次回からは大した手間を取られずに、簡単にPCとスマホとを接続することが出来ます。

うーむ、もの凄く簡単で便利だな。まだ、「Xender」の入り口からちょっと覗いてみただけなので浅薄な印象かもしれないけど、もっと便利な機能がたくさん盛り込まれているんでしょう。

ちょっと、使込んでみようと思います。


iTunesを使わずにファイルをiPhoneに転送 -- CopyTrans

iTunesを使わずにファイルをiPhoneに転送したくて、前回はPhoneTransというソフトでトライしたのですが、最後までたどり着けませんでした。

今回は、CopyTrans Manager というソフトを試してみようと思います。

統合ソフト → 個別ソフト

公式サイトで CopyTransControlCenter をダウンロードし、インストール開始。

CopyTrans1

起動してみると、こんな画面が。どうやら統括ソフトみたいなのをインストールし、そこから更に必要なソフトをインストールするって手順のようです。

(フリー)と書かれていないのは有料なのでしょう。今回必要な CopyTrans Manager は無料で使えるようなので、これを選択します。

CopyTrans2

ドライバをインストールするためのドライバインストーラーをインストールする?

すると、今度は「CopyTrans Driver Installer」なるソフトをダウンロードしろとのこと。

説明を読むと、「iTunesをインストールすることなしに、iPhone等をPCで認識するため」には、それ用のドライバをインストールする必要があり、そのドライバをインストールするためのソフトらしい。

CopyTrans3
①CopyTransControlCenter → ②CopyTrans Manager → ③CopyTrans Driver Installer → ④CopyTrans Driver って手順らしい。結構、面倒臭い。

仕方ないかって思いながらダウンロードした Driver Installer を起動させると、今度はこんなウィンドウが現れました。

CopyTrans4
「iTunesはすでにインストールされています」って、いやいやそんなことないし。ま、それはいいとしても、その後に続く文章が恐い。「次のコンポーネントがアンインストールされます」って。

えっ、これ全部アンインストールしちゃって、後で何らかの支障が出てこないのかな?

ちょっと恐くなり、実は1回目のインストールはここで止めて、他の手段を探そうと CopyTrans 関連のソフトを全てアンインストールしたんです。

他の手段を探すも、見つけられずに

で、再び検索するも、結局はこの CopyTrans Manager でやるのが一番のようで、再び ControlCenter → Manager → Driver Installer の手順を経てここに戻ってきました。

もちろん今回は覚悟を決めて。後々の支障には、その時に対処すればいいかと。

で、上の画面で「アンインストール」をクリック。すると本当に(!)諸々のApple系のソフトをアンインストールしてます(ま、そうなんだけどね)。

アンインストールが終わって、Driver のインストールもできて、長い道のりでしたがやっと目的の CopyTrans Manager を起動するところまできました。

CopyTrans7

ここまでくれば、後は簡単。指示に従ってデバイス(iPhone5)を接続。

CopyTrans6

中央のウィンドウにPCから iPhone へと転送したい楽曲をドラッグ&コピー(上段の「+追加」でもOK)し、「アップデート」をクリックすると、コピーが開始されます。

CopyTrans8

作業を終えて、 iPhone を確認すると、ちゃんとコピーされていました。

CopyTrans10

思っていた以上に面倒臭い作業でしたが、無事に作業完了です。後は、アンインストールしちゃったApple系のソフトで何か支障がでるかどうかですね。



iTunesを使わずにファイルをiPhoneに転送したい

奥さんのiPhone5に音楽(実際には講演の音声ファイル)を転送したい。

さて、iPhoneをお使いの皆さんは、相変わらずiTunesと同期することで音楽を転送しているのでしょうか? 以前、息子に確認した時には、「今は違うよ」って話を聞いた筈なのに。

今回、実際にやってみようと調べてみたら、やっぱり「iTunesを使え!」と。

私もiPhoneを使っていた時期もありますが、どうもこのiTunesの使い勝手が悪く感じて好きになれませんでした。だって、誰のiPhoneだろうと接続先のPCのiTunesと同期させようとするんだもの。

1:1で使っている分にはいいんだろうけど、例えば今回のようなこと(自分以外のiPhoneに自分のPCから音楽を転送する)をしようとすると、とっても面倒臭いことに。

そもそも、私のPCにはiTunesをインストールしていないし。

foobar2000今回の話題とはずれるけど、PCで音楽再生に使ってるのは foobar2000 というプレイヤーソフト。

このソフトは素晴らしいです。ハイレゾをネイティブ再生できるし、プレイリストも簡単に作れるし、ZIPファイルはそのままで再生できるしと、何の不満もストレスも感じません。

iTunesのように、ソフトの方が勝手に決め付けて色々とやってくれるってのは勿論便利な面もありますが、でも自分でコントロール出来ないというイライラ感は拭い切れません。

そう言えば、iPhoneからスマホに変えて一番嬉しかったのはこの点かも。スマホは、PCに接続すると外部ストレージとして認識されるので、後はファイルをドラッグ&ドロップするだけで完結。

PhoneTransというソフトを見つけてダウンロードしようとしたら・・・うん?

さて、iPhone5への音楽ファイルの転送です。今さらiTunesをインストールしたくないし。他に方法はないのかと探して見つけたのが、PhoneTransという海外製のソフト。

なるほど、このソフトを使えばiTunesを使わずにiPhoneへとファイルが転送できるのかと、早速ダウンロード・・・・・の積りが、「うん? iTunes user?」。えっと、iTunes が必要なの?

PHoneTrans

取り敢えず前に進んでみるかと、(どっちか忘れたけど)適当にクリックしてダウンロード。

ダウンロードも完了し、起動しようとするとこんどは「iDevice drivers」をダウンロードしてインストールせよとのお達しが。うーむ、微妙にiTunes のインストールアイコンに似てるけど、ここまで来たら仕方ない「latest drivers」をダウンロードしましたよ。

PHoneTrans3

ドライバーのインストールも、何となく腑に落ちない感じでしたが、なんとか完了しました。

ただ、この時点でこのソフトを使おうという気がほとんど失せていました。その気持ちに追い討ちをかけるように、こんな表示が。iPhoneは接続済みです。PCは認識してるのに。

PHoneTrans4

そして止めは、「ユーザーガイド」。ウィンドウの下の方に「ユーザーガイド」の文字がありますが、ここをクリックしてもユーザーガイドなんてなくて、商品を紹介するページだけ。

まあ、私の操作方法が間違っているのかもしれないので、一方的にどうだこうだとは言えませんが、少なくとも私(の環境)とこのソフトとは相性が悪かったようです。

さっさとアンインストールして、次のソフトを探しに出かけましょう。


<< topページへこのページの先頭へ >>