ブラザーのプリンター DCP-J557N の使い心地は

ブラザーのプリンター DCP-J557N の黒インクがなくなり、サンワサプライの詰め替えインクを補充したって話を書きましたが、ついでなので4ヶ月使用後の使い勝手など、ブラザープリンターのレビューをしてみようかな。

もちろん随所にいい所もあるのですが

一言で言ってしまうと、「ちょっとガッカリ」って感じかな。

前回お伝えしたインクカートリッジへのアクセスの簡便さとか、(多分)インクの消費量が少ないとか、もちろん個々にいい所もありますが、全体の印象としては “もう一つ” でしょうか。

インクカートリッジへアクセス

プリンターの設置場所ですが、狭いところに押し込んでいます。全体的にコンパクトに出来ているので、設置スペースをとらなくていいのですが。

プリンター設置場所

プリンターの背面に簡単にアクセスできる設置状況の人なんて、そんなにいるのかな?

問題なのは、手差しトレイを結構な頻度で使うこと。名刺用紙への印刷とか。で、この手差しトレイがプリンターの後面にあるんです。手差しで使うには、プリンターを引き出す必要があります。

プリンター引き出して

まあ、私のような設置場所の人は少ないかもしれませんが、プリンターの後ろ側に余裕があって、簡単にアクセス出来るって人も少ないんじゃないかな。

プリンターを引き出してきて、後面の手差しトレイを起こすのですが、これが “引き上げる” 方向なんです。操作する度に、何となく逆のような感じがして、いまだに戸惑います。

プリンター後ろ

更に、この手差しトレイの奥行きが少ないので、用紙をセットするとダラッとこんな感じに。

手差し
セットできる用紙の枚数は1枚。なので複数枚印刷しようとすると、印刷して、用紙をセットして、また印刷しての繰り返し。そして、この用紙のセットが微妙というか難しいというか。

手差しトレイに用紙を差し込んでいくと最後にスッと少し引き込まれるのですが、用紙を “スクエア” にセット出来ているのか分からない。大概は微妙に斜めにセットされてしまい・・・・・

印刷してみると、用紙に対して文字が斜めになっている。名刺用紙とか文字の位置関係がシビアな状況では、結構致命的になってしまうことも度々。

手差しで既に結構な枚数を印刷してるけど、いまだに感覚が掴めないでいます。

排紙の仕方が “雑” って印象

通常の前面からの印刷も、アチコチに不満を感じます。例えば、排紙を受け止めるフラップはあるのですが、毎回引き出さなければなりません。

紙止め

で、ついつい面倒臭くなって、フラップを引き出さずに印刷するのが常態なんですが、意外と勢い良く排出されてくるので、こんな感じで散らばるわけで。ま、これは私の怠惰の問題なんですが。

プリンタから紙排出

記録紙トレイにはA4用紙と、「L版用紙かハガキ用紙」を同時にセットできます。これは便利なのですが、このどちらの用紙で印刷するかは、トレイを引き出してレバーを引いて切り替える必要が。

ハガキ印刷

ま、それくらいの手間は我慢しろよって話ではありますが、この「L版用紙かハガキ用紙」の印刷後の排紙にも少し不満が。プリンターの排紙口の奥の方に出てくるので、覗かないと排紙されてるのかどうかが分からないんです。

色々と不満点を羅列してきましたが、どれもこれも “比較” しての話なので、本体価格を考えながらこの製品 “だけ” を見ていけば、十分以上に満足できる製品だとは思いますけどね。

ただ、確かに値段を考えれば文句は言えないのかもしれませんが、先の手差しトレイでの位置合わせとか、たまに紙詰まりするとか、カラー写真の印刷品質とか、これらが改善されるならもう少しお金を出してもそちらの方がいいなって気はします。

どうしても「野暮ったい」って感じが付きまとうというのが、私の全体的な印象かな。


ブラザーのプリンター DCP-J557N の詰め替えインクにトライ

ブラザーのプリンター DCP-J557N ですが、購入から4ヶ月、カラーインクもなくなりそうですが、先ずは「黒」がなくなりました。インクの型番は「LC111」。

ブラザー純正品の交換カートリッジは、4色パックで約3,300円。ま、相変わらず高いですね。

本体の購入額が7,000円くらいだったと思うので、この内の半分近くはインクカートリッジ分という感じ。インクカートリッジの倍額ちょいで本体ごと買い直すことが出来るわけで。うーん。

ま、最初から純正の交換カートリッジを買う積りはありませんが。先代のキヤノンのプリンターの時も、純正品で交換したことはなく、互換カートリッジ(リサイクルインク)を使ったこともありません。

最もコスパの高い詰め替えインクで対応していましたが、それでも4年以上、何の問題もなく働いてくれました(もしかしたら “当たり” だったのかも)。

ってことで、今回も詰め替えインクでいきます。サンワサプライの詰め替えインクは約4,500円。詰め替えインクにしては、ちょっと高い。キヤノンの時は2,000円前後だった印象があったのに。

なんてことを思っていたら、これ、「リセッター」が付属していました。このリセッターだけで3,000円近くするので、それを考えると断然お得です。

再び先代のキヤノンですが、当初はリセッターなんてものは存在していなくて、プリンター側の「インク残量表示」を無効に(インク切れでも動くように設定)することで対応していました。

正確には分かりませんが、最近のこの手のプリンターは「インク残量表示」を無効にする手段がないのかもしれませんね。必然的にリセッターが必要なのかも。

インクの中古品って、 “使いかけ” な訳ないよね?

なんだかんだインク残量が分かるのは便利なので、リセッター自体は歓迎です。「それでも4,500円かよー、安いプリンターが買えちゃうなー」なんて迷っていたら、中古品を見つけました。

中古のインク?って思い説明文を読んだら、「未開封で箱にキズがあるだけ」。で、価格は3,000円。捨ててしまう箱にキズがあるだけで4,500円が3,000円になるなら、何の躊躇いも無く。

届いたのがこちら。

詰め替えインクパッケージ

箱を見回してみましたが、キズらしいキズはこの微妙な “シワ” だけ。 “新品” を買って、この箱で届いたとしても文句をつける人がいるとも思えませんが。これがジャパン・クォリティー?

中古?

主な内容物。インク4色、注入器4つ、そしてリセッター。箱から出して、インクボトルの大きさにビックリ。写真からは伝わらないと思いますが、60mlボトルって結構大きい(直径約4cm)。

ブラザー替えインク中身

インクカートリッジのICチップのリセットから

さっそく詰め替えインクを補充していきます。先ずはインクカートリッジの「インク切れデータ」のリセット作業から。カートリッジを引き抜き、カートリッジ上部のICチップとリセッターピンを接触させます。

リセッター端子接触
両者の位置を合わせて押し付けると、1~2秒程度でリセッター上部のLEDが赤→青点灯してリセット作業完了。至極簡単。「えっ、本当にこれで終わり?」って不安に思うくらい。

続いてインクの注入作業。カートリッジの空気口から注入していくようです。

インク射出口

インクボトルから注入器でインクを吸い上げ(目盛6mlの位置まで)、その注入器を空気口中央にあるピンへと押し当てます。

ここからの作業が想定外。当然、注入器のピストンを押して注入する積りでいたら、なんと逆に「ピストンを引き上げる(目盛8mlの位置まで)」との指示が。

空気口に押し当て
どうやら、注入器でカートリッジ内の空気を吸出して “減圧” するようです。その状態でピストンから手を離すと注入器内のインクがスーッとカートリッジの中に吸い込まれていきます。

ただ、最初は注入器を空気口に差し込んだだけでピストンを引き上げたら、当然なんの手応えも無く、従って手を離してもインクは入っていきませんでした。注入器を “押し付ける” 必要があります。

ピストンを引き上げる→手を離す→インクが吸い込まれる、という手順を数回くり返すと、注入器内のインクが全てカートリッジへと移ります(黒インクの場合は、この過程を更にもう1回)。

インク補充完了

最後に、今度は空の注入器をカートリッジのインク供給口に押し当て、カートリッジ内のインクを少しだけ(1ml)引き出します。これはインク量の調整とか空気圧の調整とかなのかな?

内部圧調整

カートリッジをプリンターに再装着して、インクの詰め替え作業全過程が終了。プリンターのインク残量表示もキチンと “満タン” に戻っています。

インクで手が汚れることもなく簡単に終わりました。インクカートリッジへのアクセスが簡便なのも含め、本当にお手軽。先代のキヤノンの時は少し気が重かったのに、これは簡単でイイワ。


元に戻す必要のない “分解” は気が楽でいいなあ!

長年愛用してきたキャノンのプリンターMP560にB200エラーが点灯し、その修復にいろいろとやってはみましたが、結局エラーが解消されることはありませんでした。

MP560分解前

ということで、こいつは廃棄処分となる運命なわけですが、ただ捨てるのはもったいないので、分解して使えそうなパーツがあれば取り出そうかと思います。

解体手順に迷ううちに、隠れていた特長が

さて、どこから手をつけていこうかと観察していたら、今まで気が付かなかった(使ったこともなかった)特徴に気が付きました。一つは後方にある手差しトレー。

MP560後ろトレー
いままでは、この状態(↑)で使っていましたが、なんと延長トレーを引き出すことが出来ます。

MP560後ろトレーオープン

さらに、厚めの本をコピーやスキャンする時のために、本の上に被せるフタが根元の所(ヒンジの部分)から上に持ち上がるようになっています。

コピーのフタ

捨てる寸前まで気が付かなかったのが申し訳なく感じるくらい、細部まで神経を配って作られた製品なんだなって改めて感心しました。

やっと分解に着手

さて、話はバラす方へと戻っていきますが、昔の製品は見えるところのビスを外していくと、自然とバラバラになっていったような気がしますが、最近はビスは最少にして、出来るだけラッチで組み上げようとしているようですね。

その方が組み上げる際の手間は大幅に削減出来るのでしょうが、それを構造を知らない(私みたいな)人間がバラそうとすると、これが結構苦労するんです。なんせ、ラッチは見えませんから。

なので、取り敢えず見えるところのビスをすべて外してみても、一向に分解できそうな雰囲気になりません。それでも、何箇所かのラッチを探り当て、見つからないところは力ずくで(破壊しながら)底や両サイドのカバーを外し、少しずつ臓物が姿を現し出します。

これは、底の部分にある紙送り機構。トレーに入った紙にゴムを巻いた車輪(?)を押し付け、根元のギアを回転させて紙を送っているようです。

紙送り機構

コントロール部のある右サイドをバラすと、メインの基板が姿を現します。

横の基板

反対側には大きなギアが3つ見えます。このギアは、プリンタヘッドを左右に動かすためのもののようです。右手にあるプラスチックの塊は、手前のフタの開閉機構。

横のギア

興味のない人には(そもそも、この記事自体が)「なんのこっちゃ?」って話でしょうが、機械系の私としては、結構魅了される仕組みなんです。下は、扉が開こうとしている状態。

フタのダンパー閉じ途中

そして、扉が開き切りました。2つのネジでとまっている黒いパーツがダンパーのようで、フタが「ガチャッ」ではなく「スー」って開くように速度を緩めているんです。

フタのダンパー開

これでは、B200エラーが出るのも不思議はない?

バラし進めていくと、指先が汚れてきました。油ではなくインクのようで、汚れているところは結構な汚れ具合。さすがに何年も使っているので、仕方のないところでしょう。

内部汚れ

最終的には大小4つのモータが入っていましたが、最初に現れたこいつが一番大きなモータでした。これは、先のプリンタヘッドを動かすギアを駆動させていたもの。

一番大きなモータ

そんなこんなで、基板を外して配線コードを外したり、どうしても外れない箇所は「バキッ」ってやったりしながら、大きめのパーツ類に関しては、大体これで分解完了かな。

ほぼ分解完了

なんとなく似通ったパーツ類に分類してみると、こんな感じに。

プリンタ分解パーツ

まあ、私のスキルを考えると、この中で将来的に使えそうな部品はモータとギアくらいかな。

右上にあるちょっと大きめの塊は何だろうって思っていたら、ACアダプタでした。これだけ、一つのパーツとして独立してはめ込まれていたんです。

ACアダプタ
このACアダプタの出力電圧は24Vと32Vだったので、上の4つのモータ類は、この電圧で駆動されていたのでしょうかねえ?

さて、取り敢えず分解し終わりましたが、廃棄予定のプリンタがもう1台あるので、また後日、似たような話をすることになると思いますので、お楽しみに(?)。


E社、C社と変遷して、今度はB社のDCP-J557Nに乗り換えた

キャノンのプリンターMP560 のB200エラー修復にトライして失敗し、続いて PIXUS iP7500 のインク詰まりを解消しようとするも、これまた失敗してしまいました。

使えなくなったプリンターが2台。

旧プリンター2種

諦めて新しいプリンターを買いました。昔はE社のを使っていて、C社に乗り換え、今度はB社、ブラザーの DCP-J557 という機種。

DCP-J557箱

本当は、今回も使い慣れたキャノンのプリンターを買う積りでした。MP560は5年間も故障知らずで働いてくれたことだし、特に大きな不満も感じていなかったので。

で、機種選択していくと、値段的に手頃なのは MG5630 という機種。1万円を楽に切る価格で購入できます(MP560をいくらで買ったのか忘れたけど、定価は67,800円になってる。高っ!)。

ところがこの MG5630 を調べていくと、どうも給紙カセットに紙を装填した状態で “出っ張る” ようなんです。使わない時にスッキリしまおうとすると、使わなかった紙は取り除く必要がある?

上の iP7500 から MP560 に乗り換えた時に一番気に入ったのは、MP560 では給紙カセットに紙を装填したままスッキリと収納できたことでした。iP7500 では、これがとっても邪魔だった。

ネットで「取説」を見ての判断なので、もしかしたら間違ってるかもしれないけど、給紙カセットが出っ張るとなると嫌だな。iP7500 の状態には戻りたくないって事でブラザー製に機種変更した次第。

さて、開梱して、先ずはインクタンクを装填。インクタンクの装着口が手前にあるので、とっても簡単。4色インクで、黒が顔料系、他の3色は染料系のようです。

インク装填

さて、問題のインクですね。どうかすると、インクセットと同じ値段でインク付きのプリンター本体が買えてしまうような商品もあるという、まあ諸悪の根源でしょうか(言い過ぎ?)。

これまで、購入後の初回以外は詰め替えインクを使ってきました。MP560なんて、詰め替えインクでリセッターでの操作もせず(インク残量は分かりませんでしたが)5年間も働いてくれたんです。

このブラザーのプリンターでも詰め替えインクを使う積りでいますが、インクタンクの装着口にこんな注意ラベルが貼ってあります。

純正インク以外?

そうなんですよねー。今回、プリンターを購入するに際して「5年延長保障」に入ろうかと思ったこともあったんです。でも、詰め替えインクを使うこと前提なので、保障期間を延長する意味も無いかと。

でも、インクタンクって(DCP-J557の場合ですが)たったの8mlしか入っていないんですね。量に対しての印刷面積のイメージは持ってませんが、それでも “少なっ!” って感じはしますよね。

因みに、詰め替えインクや互換インクを検索していたら、アマゾンで凄いのを見つけました。キャノン用6色セットのインクカートリッジですが、正規品だと5000円以上するものが、なんと265円で配送料も無料という究極の一品。ま、微妙に不安ではありますが。

さて、Wifi設定も無事完了。流れに乗って設定するだけで、何の問題も無く簡単に接続できました。一昔前は、このWifiの設定で迷路に迷い込むことも度々あったのに、最近の機器って本当に便利。

さてさて、使用準備完了、です。


キャノンMP560のB200エラー解消にトライするも失敗

MP560 B200(小)長年使い続けてきたキャノンのプリンターMP560がついに故障してしまいました。

B200エラーというやつです。

ご覧の通り、「修理受付窓口へ修理を・・・」ということで、どうやら自分で何かをやって直せる内容ではないようです。

こりゃダメだなと、新しいプリンターに買い換える積りになったのですが、念のために「B200」で検索してみると、いろいろとヒットしました。

B200エラーは「プリンタヘッドかIC基板の故障」が原因らしいとのこと。IC基板故障なら、こりゃもう個人としては手の施しようがありません。メーカー修理の道しかありません。

一方、プリンタヘッドの故障だとすると、ヘッド本体の洗浄で修復できるか可能性があるらしい。実際に直ったという記事もチラホラとあります。

メーカーに修理を依頼すれば1万円前後かかるらしく、そこそこいいプリンターが買える金額なので、この選択肢はないしね。

それならプリンタヘッドの洗浄にトライしてみるか。

(先に言っておくと、B200エラーは残念ながら解消しませんでした。上手くいかなかった内容を書いても意味が無いかとも思いますが、こんな例もあるよとの記録として残しておこうかと)

プリンタヘッドを外す

先ずはプリンタヘッドをインクタンクの交換位置に移動させます。

多くの記事では、B200エラーが出るとプリンタヘッドは右端にくっついたままで手が出せないので、サービスモードにしてプリンタヘッドを移動させる必要があると書かれていますが、私の場合は特に問題ありませんでした(いい兆候なのか?)。

キャノンMP560-1

インクタンクをすべて外し、さてプリンタヘッドはどうやって外すのだろうか?

キャノンMP560-2

見るからにレバーっぽいものがあるので、それを上に持ち上げてみたら、簡単にプリンタヘッドが外れる状態に。

キャノンMP560-3

取り外したプリンタヘッド。ま、確かに汚れてはいるけど、何年も使ってるんだからこれくらいは汚れるでしょうし、うーん、これがB200エラーの原因なのかなと、ちょっと懐疑的。

キャノンMP560インクヘッド-1

インクタンクが装着される側は、結構キレイに見えます。

キャノンMP560インクヘッド-2

プリンタヘッドを洗浄する

洗浄開始。色んな記事を見ていくと、どうやら50~60℃のお湯に入れてもOKらしい。また、基板部には水を掛けない方がいいという意見と全部ボチャッてやってる人も。

面倒臭いので、「基板を水に浸しても何ともなかった」という意見を信じて、丸ごとお湯の中に放り込み、ユラユラとお湯の中で揺らして中のインクを溶かし出します。

MP560インクヘッド洗浄-1

お湯を交換しながら4回目の洗浄で、やっとお湯の濁りが薄くなってきました。

MP560インクヘッド洗浄-3

最後は、こびり付いている汚れを流水と綿棒でキレイにして洗浄完了。

MP560インクヘッド洗浄-5

思い切り振って水を切り、更に日の当たる窓際で丸一日乾燥させました。

サービスモードでリセットしてみた(積り)

そして期待半分、不安半分で、いよいよ再装着。が、前述の通り、残念ながら再びB200エラー表示が。残念だなー、結構手間をかけたのになー、何とかならんかなー?

で、悪あがき、その1。リセットしてみたら何か変わるかも?

でもリセットの仕方が分からないので、以下の手順で「サービスモード」に入ってみることに。

MP560サービスモード1.ストップボタンと電源ボタンを同時に5秒ほど押し続ける
   ・・・ 緑ランプ点灯
2.電源ボタン押したままストップボタンだけ離す
3.電源ボタン押したまま再びストップボタンを押す
   ・・・ オレンジランプ点灯
4.電源ボタン押したまま再びストップボタンを離して押す
   ・・・ 緑ランプ点灯
5.電源ボタン、ストップボタンを離す

残念ながら、何の変化も起こりませんでした。

ほぼ諦めムードで最後の手段に

悪あがき、その2。もうこの時点で95%くらいは諦めていましたので、本当に最後の手段としてプリント基板とノズルのプラスチック部分を外してみることに。

カッターナイフでプリント基板の四隅を溶着している頭を切り取ります。

MP560インクヘッド最終手段-1

ノズル板の2箇所のネジを外します。

MP560インクヘッド最終手段-2

基板が胴体側にくっついていて外れないので、ノズル板の内側からゴム製パーツを外してみましたが、結構キレイに洗い流されていて、これ以上やれることも無いような気がする。

MP560インクヘッド最終手段-3

ということで、B200エラー解消工作は不調のまま終了です。残念!


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>