冬のランニングは、どんな格好で走るのが快適か?

冬のランニングは、何を着ていくかで毎年試行錯誤しているような気がする。

基本はランニングパンツ(膝上丈)にTシャツ。これは年間通して共通。季節によって、これに何かがプラスされていく感じです。

ここ2年くらい、冬になると下はヒートテックのタイツを着て、上はアームカバーをして、さらにウインドブレーカーを着用していました。

で、今年の個人的ヒットはレッグウォーマー。それも100均で買ってきたやつ。太もも中ほどから踝付近までくる結構長い奴です。

これが、触った感じは薄いのに、着用して走ってみるとイイんです! なんでこんなに薄いのに、こんなに寒さを遮断してくれるのか不思議なくらい快適。

ウインドブレーカーベストを買ってみました

さて、問題は上に羽織るウインドブレーカーです。

今年は、自転車用の薄くて裏地の無いウインドブレーカーを着て家から走り出していましたが、最初の500mくらいは寒い。これはまあ仕方のないところ。

そして2kmほど走ると、今度は汗をかき出します。曇って太陽が見えないときはもう少し後になりますが、まあいずれにせよ汗はかきますよね。

で、脱ぐわけですが、脱いだ後が邪魔なんだな。今は、丸めて腰に巻き付けて結んでます。

これでもいいんだけど、もう少しスッキリしたい。

そこで、ウインドブレーカーのベストを買ってみました。毎度お世話になっているeBayにて約1200円。国内でも安いのを見つけられるけど、デザイン的には残念なのが多かったかな。

ランニング用ウィンドベスト

正月明けに注文して、約10日ほどで届きました。今回は結構早かった。

縫製とか細かいところを見ていくと、それなりに雑に作られている部分もあるけど、全体的にはよく出来てると思います。値段を考えれば、自分的には十分満足。

小さく折り畳めるけど、ベストなら着用のままでもいけるかも

今回のウインドブレーカーに求めたのは、とにかく薄くて、畳んだ時に小さくなってくれること。着用した時の暖かさより脱いだ後の携帯性重視です。なので、裏地も何もないペラペラの生地。

一カ所、ポケットがあって、このポケットの中へと折り畳んで仕舞い込めるようになっているのも評価できます。小さめのスマホと並べてもこの大きさです。

ウインドベスト畳んで

これなら、ランニングパンツのポケットに入れて走っても特に気にならないでしょう。

そして、今日の午前中、さっそく着用して走って来ました。家から出るときの外気温は3℃でした。横浜としてはかなり寒い方でしょう。

外に出た瞬間、あまりに寒くて、このウインドブレーカーベストの恩恵を全然感じられなく、思わず今日はいつものウインドブレーカーを着て走ろうかと迷ったくらい。

ただ、今日の気温に対応できれば、大概の日はいけそうな気がするので、意を決して走り出します。

が、やっぱり寒い。風は遮ってくれてるんだろうけど、ウインドブレーカーの薄い生地を通して、風の冷たさを直接体感しているような感じ。

でも、それも最初の500mくらいかな。途中から寒さを感じなくなってきました。今日は、気温は低いけど風が穏やかなのと、降り注ぐ日光のお陰もあったと思うけど。

結果的にはかなり快適でした。何より良かったのは、最後まで着用して走れたこと。もちろん汗はかいてくるんだけど、ジッパーの開け閉めの具合で十分な温度調節が出来ました。

上の写真で、後姿の黒の部分は全てメッシュになっているんです。なので、胸元を開けると、そこから入った風が体の横を通って、後ろのメッシュから抜けていきます。

うーむ、これは期待していた以上にイイかもしれません。最初の500m、1kmが寒いってのは、基本的にはどんな格好をしていても同じだしね(その “程度” は違うけど)。

しばらく、こいつで走ってみようと思います。


ケイデンス「80」くらいが自分には合っているような気が

このところ天気が悪く、少し間が開いてしまいましたが、久しぶりに最適なケイデンスを求めて自転車で走ってきました。

日産スタジアムと空
今回(下表の4-1、4-2)の特徴は、心拍数はいけるところまでいってしまってもいいかなって(少なくとも1回目は)走ったことです。

分かったことは、自転車で心拍数150にするのは、かなり大変だってことでした。自転車で使う脚の筋肉(パワー)が心拍に追い付いていないということなのでしょう。

ランニングだと、結構簡単に心拍数150台は出せるのですが、自転車においては、まだまだそこまで至っていないようです。

記録更新です

距離:21.9km平均速度(km/h) 平均心拍数   平均ケイデンス   所要時間   風の強さ
1-1 回目29.31387944' 44"
1-2 回目28.31397846' 23"
2-1 回目28.41448146' 23"
2-2 回目27.51457947' 46"
3-1 回目29.71458244' 20"
3-2 回目27.71417747' 30"
4-1 回目30.71468742' 56"弱-中
4-2 回目29.91467844' 09"弱-中

今回の1回目(4-1)、これまでの新記録が出ました。平均速度30.7km/h、タイム42分56秒と、平均速度は初めて30km/h台に乗り、タイムは43分台を飛び越えて42分台に突入です。

1回目は上に書いた通り、平均心拍数は上がってしまってもいい積りで、意図的にケイデンスを上げて走ってみました。

結果、平均ケイデンスはこれまでの最大で87になっています。それでも、平均心拍数は前回、前々回の145近辺目標のときとほとんど変わらず146です。

1回目でかなり疲れてしまったので、2回目は少し楽にいく積りでケイデンスを意図的に低く抑えて(ギア比を2段くらい下げて)走ってみました。

でも結果は、1回目と同じ平均心拍数146でした。1回目の疲れが残っていたのかもしれないし、ケイデンスは下がっても速度は落とさないようにと、頑張り過ぎてしまったのかもしれません。

いずれにせよ、1回目のベスト記録は、ケイデンス87によるものだと思います。

ケイデンスは80を切ってるけど、これも(1回目がなければ)これまでのベスト

より興味深いのは2回目です。傾向としてはこれまでと大体同じです。1回目よりも平均時速で1km/h、タイムで1分少し遅くなっています。

それでも、今回の1回目がなければ、これもこれまでのベストなんです。意図通り、1回目よりもケイデンスが10近く下がっていますが、タイム的には先に書いた通り想定以上の下落は見られません。

まあ、全般的に(久しぶりなので)体調が良かったのかもしれませんし、風が少しは弱目だったのが記録に繋がったのかもしれません。

それにしても、2回目の疲れている中で、ケイデンス80近辺でこれだけの記録が出たことに注目です。やっぱりケイデンス80近辺がベストなのかもしれません。

当初、平均心拍数140~155くらいの範囲で試しながらって思っていましたが、次回は(出せるかどうか微妙ですが)ケイデンス80前後で、平均心拍数150くらいを目標にして走り込んでみたいと思っています。

次回、乞うご期待。


Wiggle でサイクルジャージ、初購入です

先日、「フジ55 in 富士スピードウェイ」に参加した際に、出場者の98%くらいの人がキチンとしたサイクルジャージを着ていたのにショックを受け(いや、触発され)て、私も初のサイクルジャージを買うことにしました。

Tシャツで走るのが若干恥ずかしかった思いもしたので、長年踏ん切りが付かずにいたけど、まあいい機会かなと。

再び dhb のウェアです

正直、あんまりハデハデしいのは着る勇気が無く、地味っぽいけどオシャレなのはないかなって Wiggle で探していたら、見つけました。

自転車用のベストを購入して、値段の割に品質の高さにファンになった dhb の製品です。

ジャージ
黒を基調に、右胸と左肩部分に「wiggle」の白いロゴが入っているのが気に入りました。(お腹が出っ張っているように見えるのは“錯覚”です、きっと)

Wiggle のHPでは背中側の写真の掲載が無かったのですが、こんな感じでした。腰のところの赤い太陽(?)が自分的には少し微妙かも。

でも全般的には気に入っています。

168cm、60kgでサイズ「S」はピッタリ

サイズは、ベストに続き「S」を購入しました。私のスペック的には身長168cm、体重60kg、ウェスト76cm とまあ普通の体型だと思います。

想定通りピッタリサイズ(ストレッチ)で、いい感じです。一度購入したことのあるメーカーだと、サイズの感覚が分かるのでいいですね。

後ろには定番の縦に3つのポケットがあります。機能的にはランニング用のTシャツで全然OKじゃんって思っているのですが、Tシャツと大きく違うのがこのポケットです。

このポケットが本当に便利なんだよって色んな記事を読んだりして、ちょっと憧れていたんです。

滑り止め
裏から見るとブルーの生地で、縫製もしっかりしているようです。

「dhb」のロゴが見える部分は、シリコンの滑り止めが一周ぐるっと入っていて、この辺りもしっかりとした作りになっています。

ベストの時は少し丈が短いかなって思ったのですが、今回のジャージは自転車ウェアらしく、お尻の中くらいまでカバーしてくれています。

着た感じもサラッとしていて悪くありません。汗の乾き具合とかは、実際に走ってみないと分かりませんけどね。





dhb の自転車用ベスト Windslam Gilet AW11、いいよー

前回に続き、Wiggleでのお買い物のレビュー第二弾です。

さてここでも書いた通り、商品が届かなくて色々と苦労したりしましたが、Wiggleでのお買い物、全般的には満足しています。少なくとも在庫にある商品に関しては発送から一週間前後で届くことも分かりましたし。

また、届かない時のメールでのやり取り等が日本語で出来るのは安心感がありますよね。

前回も書きましたが、今回のお買い物のメインはシマノのSPDシューズ SH-RT82だったんです。でも、これだけだと送料が無料にならないので、ついでに何点かを購入したわけです。

dhb というブランドのファンになりました

その“ついで”の中で特に良かったのが dhb というブランドの自転車用ベスト Windslam Gilet AW11 という商品です。このベストが今回のWiggleでのお買い物の満足度をかなり押し上げてくれたのです。

dhbベスト
dhb なんてブランド、初めて聞きました。価格も全般的に安めなのであまり期待はしていなかったのですが、ところがどっこいよく出来ています。

商品名の中にある Gilet(ジレ)とはベストとかチョッキと同意語です。Windslam は分かりません。商品から想像するに「風を遮断する」みたいな感じでしょうか。

袖のない薄手のウィンドブレイカーみたいなのを想像していたんですが、結構厚手のしっかりした生地で伸縮性もあり、いわゆるウィンドブレイカーとはちょっと違いました。ソフトシェルタイプってやつですね。

なので全般的にかなり暖かく感じるのですが、背中の黒い部分は全てメッシュになっているので、ちょっと暑いなって思ったらジッパーを少し下げれば、襟から入った風が背中に気持ち良く抜けていき、快適な温度調整が可能なんです。

両サイドにはジッパー付きのポケットがあり、裾周りにはシリコンの滑り止め素材が縫い付けてあり、ずり上がりを防いでくれます。

胸と背中の反射素材がカメラに向けて輝いているのも分かると思います。結構、隅から隅までよく出来ているんです。

dhb のサイズは“日本サイズ”と考えて良さそうです

dhbベスト1サイズは「S」を購入しました。サイズ表でSサイズとは、
身長:160-169cm
胸囲:96.5-101.6cm
ウェスト:76.2-81.3cm
となっています。

私のスペックは、身長:168cm、胸囲:84cm、ウェスト:77cmです。「S」の方が数字的にはピッタリ(胸囲は余ってしまうくらい)だけど、「M」でも悪くなさそうです。

最後まで「M」と迷いましたが、「SLIM FIT」タイプのウェアだし、わきの下が開いてしまってそこから風が入ってくるのもイヤだなって思い、最終的にはSサイズにしたのです。

結果的には、写真の通りピッタリです。正直、もう少し余裕があってもいいかなって思いますので、「M」でもよかったでしょう。

わきの下も変な隙間が開くでもなく、窮屈な感じもせず、この点でも満足です。ピッタリとフィットして、微妙に締めつけられる感じも悪くありません。

丈がもう少し長かったら何も言うことは無かったでしょう

ただ、丈が少し短いのが気になるかな。

自転車用のウェアって、背中側の丈が長かったりしますが、このベストはそんなこともなく、丁度腰上あたりに来るので、前かがみになると背中が気にならないこともない、って感じですね。

でも、最初に書いた通り、全般的には満足です。dhbのファンになって、他のウェアなども買ってみようかなって気になっています。

Wiggleでのセール情報とかが入ってきてHPを見ていると、ついつい色々と買いたくなってしまうのですが、最初に注文した奴が来るまではって思っていたので、これで気分的には解禁です。



<< topページへこのページの先頭へ >>