伸びる素材で出来たウエストポーチ・・・・タイトじゃない?

ランニングの際にスマホを入れて走るためのアームバンドを買って暫く使っていましたが、どうもいま一つシックリこないというか、馴染んできません。

一つには、やっぱり私の細腕に5.2インチのスマホを括り付けて走るってのは、どうも見た目が宜しくないなと。

もう一つは、スマホではなくコンデジの方が写真が撮りやすいなって改めて思い、またコンデジも持って走りたくなってきたんです。

ってことで、何個目かのウエストポーチを買ってみました。以前から微妙に気になっていた、伸縮素材で出来ていて、ベルト幅(荷室も含め)が3cmくらいしかないやつ。

ウエストポーチ

荷室が1つのものと、2つのものがありましたが、片方にスマホ、もう片方にはコンデジを入れて走ろうと思い、2室タイプを選んでみました。

ウエストポーチ荷室
荷室の内側がテカテカと光っています。商品説明ページには防水素材と謳われています。でも、伸縮しなければ分かるけど、伸びても本当に水の侵入を防いでくれるのかな?

試しに、内側に水を入れてみると、ジャブジャブと漏れていきます(涙)。ま、そうだよね。こんな薄くて伸び縮みする素材に防水を期待する方が間違ってるよね。

5.2インチのスマホを入れてみましたが、余裕で入ります。

ウエストポーチスマホ

チャックを閉めると、ポーチの素材が伸び、スマホをタイトに包み込む感じに。なので、走っていてもスマホが荷室内で上下に遊ぶようなことはないでしょう。

ウエストポーチスマホ収納

で、何気なく裏側を見たら、なんか生地が捩じれてる。

ウエストポーチ裏側

ポーチ部分の幅が3cmということは、生地が伸びていない状態で(チャックの片側から、もう片側まで)6cmなのかと思っていたら、実際には約17cmありました。

その17cm幅の生地を後ろ側で折り畳むように重ねていたんです。

もちろん、生地自体も伸びますが、スマホの周囲約18cmを包み込むのに、6cmの幅が18cmに伸びるのではなく、17cmの生地が少し伸びて18cmになってるだけでした。

なので、胴回り約165mmのコンデジと入れてみると、生地が微妙に余ってしまっている。

ウエストポーチカメラ入れて

これだと走る上下振動でカメラは荷室の内側で暴れてしまいそう。ランニングの際の汗の侵入と、このカメラの挙動は実際に使ってみないと分からないけど・・・・ちと、不安だ。


ランニング時にスマホを入れるアームバンドを買ってみた

ランニングに出かける際には必ず持って出ていた旧スマホ(実際にはオーディオプレイヤー)とコンデジを、新スマホ一つで兼用してみることに。

となると、スマホをランニング時に携帯するためのポーチみたいなのが必要。これまでスマホとカメラを入れていたポーチでは小さくて、5.2インチのスマホは入らないので。

「ランニング時にスマホを携帯」で一番最初に思い浮かんだのはアームバンド。これまでにも、使用機器の大きさに合わせていくつか使ってきた歴史があります。

ということで、今回は5.2インチ用のちょっと大きめなアームバンドを買うことに。Amazon でしらべてみると、価格帯は1000円前後でいくつかあります。

でも商品写真を見ていると、5.2インチのスマホを腕に括り付けて走るというイメージが、どうも湧いてこない。腕の太さと同じくらいの幅のスマホですからね。

腕に装着したイメージは下のような感じで、微妙に恰好悪そうな気がする。

アームバンド装着

「確実に使う」って自信が無かったので、eBayで最安値のものを購入

まあ、でも、試しに使ってみたいことは使ってみたい。でも1000円も出したくない。ってことで、今回もeBay で探してみると、ありました。価格も240円と超格安。

1週間くらいで届いたのがこちら。

アームバンドラッピング

ま、240円なので品質的にはあまり期待していなかったんだけど、これが以外と良い作り。材料もシッカリしているし、縫製も乱れが無く、全体的にカッチリした作りになってる。
(マジックテープの縫製は、ま、それなりだけどね)

アームバンド表
マジックテープのベルトを通す穴は2カ所あり、腕の太さに合わせて使い分けます。

そのベルトを通す長方形の穴も、プラスチック素材で補強されているので、破れてくるような心配は無さそう。

ただ、2つの穴の間にキーを入れて置くポケットがあるんだけど、開口部が小さいので、例えば家の鍵を入れておこうとすると、その出し入れにはかなり苦労しそうです。

腕に当たる側は厚さ3mm弱のネオプレーン生地のような素材なので、肌触りもよく、クッション性があって、多分防水素材でもありそうです。

アームバンド裏

使い心地は良さそうだけど、透明カバー越しの操作って必要?

スマホを入れてみました。スマホの大きさに対してそれほど余裕のある大きさではないけど、素材に伸縮性があるので、スマホの出し入れには苦労しません。

アームバンドスマホ入れて
上下にある計5つの楕円形の穴は、イヤホンコードを通すためのものらしい。ただ、この穴やスマホの入れ口からは、どうしても汗は侵入していくでしょうね。

スマホを入れて表側から見るとこんな感じで、悪くない。透明カバー越しの操作も、なんの支障もなく自由に出来ます。

アームバンドスマホ入れて表

ただ、これは買う前から疑問に思っていたんだけど、ランニング中にスマホ画面の液晶にタッチしての操作って、することがあるのかなって。

多分、ほとんどの人がリモコン付きのヘッドホンを使いながら走っていると思うので、電話への応答や音楽プレーヤーの操作は、ヘッドホンのリモコンで用が足りてしまうのでは。

逆に、実際に使ってみて分かったのは、表側から液晶にタッチするだけではスマホの操作が出来ないってこと。

機種にもよるけれど、私のスマホは本体の裏側に指紋認証があり、そこにタッチしないとスマホのロック解除ができないので、当然その先の操作も出来ません。

ロックしていない人には関係ない話ですが。


ザバスのスクイズボトルをランニング用に買ってみた

この時期、活躍してくれるのはランニング用のボトルホルダー。

そして、このナイキのボトルセットは、なんだかんだお気に入り。何の保温効果も無いので、飲む際にはボワンって生ぬるい水になってるけど、走りながら飲み易いのが嬉しい。

ランニングボトルナイキ

が、キャップの飲み口が壊れてしまった。洗おうと引き抜いたら、そのまま全部抜けてしまって、途中から破断している。

飲み口破断

これは明日からさっそく困る。なので、早急に代替ボトルが必要と探してみると、意外と選択肢は多くない。

見つけたのは、ザバスのボトル。一番肝心なのは胴体の直径だけど、旧ボトルを測ってみると73mm。こちらのザバスのボトルは70mmとあるので、代替として使えそう。

ランニングボトルザバス

値段も安いし、赤色で目でつのも良い感じ。

飲み口は、よくあるタイプで、これはこれで飲みやすいのは分かっています。

ザバス飲み口

元のボトルより微妙に細いのでどうかなって思ってたけど、ボトルホルダーにセットしてみると、スカスカって感じはまったくなく、元々のセットのようにシックリくる。

ザバスセット

ボトルが変わったら、モチベーションも微妙にアップした感じ。やっぱり “赤” だから?

これで、また明日から元気に走れそうです。


太もも直径30cm、体重130kgの巨人用レッグスリーブ?

冬のランニング時に、昨年まではランニングパンツの下にユニクロのヒートテックタイツをはいて走っていましたが、今年はレッグウォーマーを着用したら、これが想像以上に快適。

それも100均商品なので、ちょっとビックリ。

で、奥さんに替えを買ってきてもらいました。

100均レッグウォーマー
ロングレッグウォーマーという商品ですが、ラベルの絵をよく見ると、膝下から踝までを覆っています。それもレディースと書かれています。

丈が60cmと長いので太ももまでカバーする商品だと勝手に思い込んでいましたが、いわゆるルーズソックスみたいに膝下で弛ませて着用するためのものらしい。

うーむ、どうりで太ももまで引き上げると、破けてしまいそうなくらいピチピチだったわけです。女性用だし、太ももの太さは想定されていないんですね。

そう分かってしまうと、無理やり着用するのもちょっと気が引けてきました。

太もも直径30cm、体重130kgの巨人用?

それならちゃんとしたやつを買おうかと探して、eBay で見つけたのがこの商品。ロングレッグスリーブです。

レッグスリーブ

値段を見るとUS $2 ちょっとと格安。オー、安いな!って思って、商品説明を読んでいたら、「Package included:1pc(Not a pair)」との表記が。

なるほど、勝手に両足セットだと思っていたら、片足ずつ購入する必要があるようです。ま、2個買っても500円以下ですけどね。

でも、商品説明にもう一つ疑問点を発見。サイズ表なんですが、長さはいいとして、フィットする体重が「M」でも「130kg 以下」となっています。

レッグスリーブサイズ
もちろん体重50kgでも70kgでも「130kg 以下」なのは間違いないので問題無さそうな気もするけど、それにしても130kg という数字は大きすぎない?

まあ、長さと太さが合えば問題ないかと、太もものサイズ(Upper diameter)を見てみると、Mサイズで「30-36cm」となっています。

これ、素直に太ももの直径が30cmで、体重が130kgって人を想像すると、かなりの巨人ではないかと。プロ選手とかなら珍しくないのかもしれないけど、一般人としては・・・・

でも、太もも周囲の寸法が「30-36cm」とすると、今度は太さ10cmくらいの太ももになってしまうので、これはこれで細すぎるでしょうね。

因みに私の太ももを測ると、周囲長で約56cm。直径に換算すると約18cmになります。

という疑問(不安)は残るけど、Mより下は無いので、これを買うしかなく、そして届いたのがこの商品だったのです。

サイズは問題無しだったけど、縦方向の縫い目が微妙?

そして、手元に届いた商品の大きさを測ってみたら、サイズ表の疑問が解けました。Upper diameter というのは商品のサイズだったようです(周囲長が36cmでした)。

確かに、そう言われてみれば納得できなくも無いけど、でもここにフィットする太ももの太さを書かないで、商品の寸法(伸びる前)を記載する理由が理解できない。

ま、結果的にはピッタリサイズだったのでOKなんですけど。

価格の割に商品の作りは悪くありません。太もも側にはずり落ちて来るのを防止するための滑り止めゴム(シリコン?)ベルトもあります。

レッグスリーブ滑り止め

ただ、印刷されている柄は微妙だな。足に装着した時に、この柄をどこに持ってくればいいんだろ? ショップの商品写真では裏側(ふくらはぎ側)になってるけど。

気になるのは、縦方向に縫い目があること。「1ペア」ではなく、同じものを2個購入しているので、当然縫い目と柄の位置関係は同じ。

別の言い方をすると、左右対称ではないんです。柄を両足でふくらはぎ側に合わせると、縫い目は両足とも足の左側面にきます。

それほど目立つ縫い目ではないので気にならないといえば気にならないけど、気分的にはちょっと微妙かな。


ふくらはぎの負担を軽減してあげようとサポーターを購入

ランニングでふくらはぎを痛めてしまってから約1ヵ月が経ちました。最初は軽い痛みだったので、2~3日休んで走ってみたら、さらに痛めてしまったというミスも犯してしまい。

病院に行ったり、薬を飲んで治るような痛みではないので、ふくらはぎにただただ負担をかけないようにしているだけ。マッサージや、磁気治療器を試したりはしてますが。

ふくらはぎサポーター?

日常生活で痛みや違和感を感じることは無くなり、ほぼ完治したかなとは思ってるんだけど、走り出すのが怖い。また元に戻ってしまいそうで。

そこで、ランニングを再開するに際し、少しでも負担を軽減してくれるようなものはないかと探してみたら、「ふくらはぎ用サポーター」という存在を知りました。

調べてみると、「ふくらはぎサポーターをしていると血流が良くなって疲れにくくなる」との記述が。ランニングをしていると、ふくらはぎ部分に疲労物質が溜まって来るので、これを良好な血流で流し去ってくれるイメージかな?

また、ふくらはぎサポーターは筋肉を適度に圧迫してくれ、それによって筋肉のブレを減らしてくれる効果もあるそうです。これも “疲れにくくなる” 一因なんでしょうね。

(ところで、「乳酸」って疲労物質ではないって知ってました? 運動によって乳酸は増加するけど、実は増加した乳酸は身体のエネルギーとして利用されるそうです)

ミズノのバイオギアサポーター

買ってみる気になって探してみると、色々とあるんですね。買ったのは、Amazonでのレビューも良かったミズノのバイオギアサポーター(ふくらはぎ用) という商品。

ふくらはぎサポーター3

因みに、買ったのはAmazon ではなく、楽天。もちろんAmazon でも売っていますが、赤とか紫とかピンクとか派手な色は安いんだけど、黒はマーケットプレイスでちょっと高め。

因みに、ピンク色のロゴも私の好みで買ったものではありません。楽天でも黒は「品切れ」が多く、やっと見つけたショップでも「黒に白ロゴ」は品切れ。という流れのピンクロゴ。

ふくらはぎサポーター4

このロゴがプリントではなく刺繍なので、長時間の着用後には肌にくっきりブランド名の跡がつくそうです。でも、サイズ(M)も縫い付けてあるってのは良いと思うな。

ピンクロゴが目立つ!

どのサイズを買うか迷いました。「足首周囲」と「ふくらはぎ周囲」の両方でサイズを決めるんだけど、測ってみると「21cm-37cm」でした。

ふくらはぎサポーター5

サイズ表に照らし合わせれば「M」だけど、ちょっときつめに圧迫して欲しいなって思いもあって。でも、小さ過ぎると足を通すのに苦労するという意見もあり、結局は無難なM。

履いてみると、こんな感じ。ピンクのロゴが思った以上に目立つな。圧迫感はイイ感じです。キツ過ぎず、緩過ぎず。長さも、ちょうど踝上から膝下まで。

ふくらはぎサポーター1

さて、走ってみましょうかねえ。


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>