横浜から伊豆熱川に自転車で向かう -- 下田~南箱根~帰宅

下田でキンメダイのお刺身と煮つけをおかずに昼食を食べ、下田から伊豆急行線で熱海に向かいます。別荘の最寄り駅は熱海から東海道本線で一つ下った函南駅。

ただ最寄駅とはいえ、函南駅から距離にして10kmくらい離れているので、自転車で行く必要が。下田ではまだ雨が降っていますが、予報では夕方には上がるらしいのでゆっくりと鈍行に乗ります。

ところが、特急は結構本数があるのに、普通車の本数は少ないんです。次の電車は1時間以上先。お荷物の折りたたみ自転車もあるので動き回ることもままならず、寒い中じっと座って待ちます。

下田から乗った伊豆急の「リゾート21」は、全然普通車らしくなかった

やっと乗った熱海行きの普通列車。駅では観光客の姿も結構見かけましたが、みなさん特急に乗るようで、普通車の停まるホームには人影も見えません。

リゾート21

ただ、この普通列車ですが「リゾート21」という名称で、列車の先頭車両と最後尾の車両は展望車となっているんです。流石にその席はすぐに埋まってしまっていましたが。

でも、他の車両も海側の席は、景色がよく見えるように窓に向かって配置されているんです。

リゾート21車内
旅行用の大型バッグなども置けるような荷物置き場も用意されていて通路も広いので、それなりに大きい荷物の折りたたみ自転車も気兼ねなく置くことができました。

少しずつ雨が止みそうな気配が

下田を出発する頃になっても、車窓にはまだ雨が当たっていましたが、少しずつ空に明るさが。

車窓の雨跡

下田から出てしばらく走ると、空に晴れ間が見えてきます。

伊豆の山々

あの河津桜で有名な河津駅を通過。この数日後から桜まつりが開催される予定ですが、車窓から見た限りでは川沿いの桜並木に花の気配はまだ感じられませんでした。

河津桜祭り

熱海に近づくころには青空の海が姿を表します。

晴れてきた海

熱海から函南、そして本日の目的地へと

熱海で東海道線に乗り換えてひと駅、函南に到着。下田の駅に着いたのは1時過ぎなのに、そこで1時間以上待ち、下田から熱海まで普通車で1時間半。函南に着いたのは4時半とそろそろ夕暮れにかかろうかという頃。

駅前で自転車を組み立て、別荘までの10kmを自転車で向かいますが、これがずーっと登り坂なんです。ルートラボで調べると、400m以上登っていくことに。

最後の1kmは自転車を押しながら歩いて登るはめに。日が暮れて気温も急激に下がり、霧が立ち込める坂道をトボトボと。

いやー、疲れた。やっとの思いで到着し、さっそくお風呂を入れて体を温めようと思ったら、お風呂場の電気が点かない。小さなロウソクを湯船の周りに配置して湯に浸かる。なかなか風流かな?

ロウソクでお風呂

月曜日に自転車で帰る積りが、水曜日に電車で帰るはめに

翌日は晴れたり曇ったり。早起きして横浜に帰る “気持ち” はあったんだけど、体がいうことを聞いてくれない。まあ、今日は体を休めて明日帰ればいいかと。

庭に出て、今回の旅のお供、KHS F20-R の雄姿をパチリ。

KHS F20-R

さらにその翌日、東京地方は午後から天気が崩れるとの予報が。自宅に近づいて体が疲れきっている頃に雨に降られるのは勘弁して欲しいなあと。結局、もう一泊することに。

ところが、その夜から雪に。翌日、外を見たら一面の銀世界。こりゃー自転車で帰るのは無理。

雪が積もって

仕方ない、自転車は置いて、電車で帰ります。自転車は、春になったら取りにきましょう。

帰りは歩いて坂道を下り、函南駅を目指します。丹那盆地の上にはきれいな青空が。

丹那盆地

函南の駅近くから沼津方向に見える伊豆の山々。

遠く伊豆の山が

2時間弱かけて、函南駅到着。あとは東海道線に乗って帰るだけ。

函南駅

「横浜から伊豆熱川に自転車で向かう」ネタで5日分書きましたが、横浜を出てから帰ってくるまで結局5日間の旅だったので、まあいいかと(何が?)。


<< topページへこのページの先頭へ >>