RGBのLEDテープで白色を発光させようとしたら紫色に?

作業机で使っていた蛍光灯のデスクスタンドが壊れてしまったので、替えの蛍光灯管を買おうか、新しいLED式のデスクスタンドを買うべきか、ちょっとお悩み中。

でも、考えてみるとLED自体は様々な種類のものをたくさん持ってるんですよね。で、思い出したのは、買ったまま使われずにいるLEDテープ。

300個のLEDが5mのテープに配置されています。これを作業机に覆いかぶさるようにある棚の下側に貼れば、かなり明るい作業環境が整う筈。

さっそく探し出してきて、電源を接続してオンしてみたら、白色LEDだと思っていたら、青色LEDでした。

LEDテープ青
うーむ、さすがにこれを作業用のライトとしては使えませんね。

でも、5mのLEDテープは、もう一つ持っています。こちらはRGBタイプで発光色を自由に変えられるので、これを白色にして使うことに。

LEDテープRGB
ところで、このLEDテープは12V駆動です。上の表示では11Vになっていますが、元々12V出力のDCアダプターの電圧をコンバーターを通して可変にしているので、11Vが最大。

実は300個のLEDを点灯させるので、どれくらいの電流が流れるのか微妙に心配していたんです。でも、最初の青色LEDテープは電圧10.5Vで0.67Aと意外と低い。

こちらのRGBテープの赤を点灯させると、同じく電圧10.5Vで0.71A。

LEDテープRGB赤

緑を点灯させると10.6Vで0.47Aと、ガクッと下がります。

LEDテープRGB緑

今度は青点灯。こちらは10.6Vで0.47Aと、緑と同じような値です。

LEDテープRGB青

そして、今回デスクライトとして使う予定の白点灯・・・・あれっ?白くならない。ピンク色というか紫色っぽいかな。コントローラーのどこを押しても白にはなりません。

LEDテープRGB白
光っちゃってるので詳細は分かりませんが、多分RGB(赤緑青)の3色のLEDが点灯している筈です。電流値も1A超えていますからね。

でも、緑の明るさが弱くて、赤と青が混じって紫色っぽくなっているのでしょう。

リモコンにはプリセットで様々な色が設定されていて、その中の白ボタンを押しても上のような状況です。プリセットボタンの中身を微妙に変化させることは出来ません。

でも、DIYボタンが6個あって、同じ枠の中に赤青緑の上下矢印があるので、このDIYボタンの中でなら赤と青を弱めて、白らしい白を発色出来るのかもしれません。

うーん、ちょっと面倒くさい。

ってことで、このRGBのLEDテープをデスクライトとして使おうという試みはここで終わり。でも、他に有効な使い方が思い浮かばないのも困ったもんだ。


ヘッドホン -- “線” が有る方が安心? 無いほうが便利?

久しぶりにヘッドホンの話題。調べてみたら、ヘッドホン関連で最後に記事を書いたのは1年くらい前のことでした。逆に言うと、1年間は特に不満も無く使えていたってこと。

マクセルのHP-S20というスポーツヘッドホンに、オーディオテクニカのAT338iSというスマホ用マイク付きヘッドホンアダプターを組み合わせて使っていたんだけど、これは結構快適だった。

ヘッドホンセット

でも、この環境もそろそろ終わりに近づいてきたようです。ヘッドホンもリモコンも調子が悪くなりつつあります。接触不良なのか、ヘッドホンから出てくる音が小さい。

これまでの長い経験から考えると、原因は汗なんじゃないかなって。ただ、使い始めてヘッドホンが1年、リモコンの方は2年近く経つので、汗以外の原因(寿命?)も考えられなくはないけど。

ヘッドホンは、水洗いも可能なIPX7等級の防水仕様なので、汗には強い筈だし。いずれにせよ、買い替えの時期が来たようです。

そこでAT338iSに替わるスマホのワイヤードリモコンを探したんだけど、これが無い。AT338iSが相変わらず現役だったりする(それも、以前買ったよりだいぶ高くなってる)。

ということは、システム(組み合わせ)を再検討すべきタイミングなのかもしれない。

ブルートゥースヘッドホンを見限ってから3年。進化はあるのか?

色んな機器を探し、あれこれ検討し、最後にたどり着いたのはブルートゥースでした。充電とか、音飛びとか、使い勝手の悪さからブルートゥースを見限って3年くらい経ってるかな。

ワイヤードなら何の不安も無い。プラグを差し込みさえすれば音が出る。コードの煩わしさをちょっと我慢すれば、この安心感が得られるわけで、もうブルートゥースに戻ることはないと思ってたのに。

それでもブルートゥースに戻ろうと思ったのは、一つには最近ジョギングの際に使っているボトルポーチのポケットが小さくて、ヘッドホンプラグが突き出ているスマホの出し入れが大変だから。

もう一つ、3年前に比べるとブルートゥースヘッドホンのラインナップが充実してきたように感じたのも、再び使ってみようかなって思った理由。バッテリーの持ちとかも伸びてるみたいだしね。

早速、色々と物色した末にネックバンドタイプのものを注文したのだけど、そう言えば、買ったまま使わずに仕舞い込んでいたブルートゥースのオーディオレシーバーがあったかも。

引き出しの中を探してみたら、ありました。

bleetoothレシーバーパッケージ

レシーバータイプは無理矢理小さくする必要がないので、操作ボタンが独立してるのが特徴。これが使いやすいんだ。再生も一時停止も、早送り巻き戻しもボリューム操作もワンプッシュでOK。

ただ、充電端子が特殊なのがコイツの欠点かな。このケーブルが壊れてしまうと、代用品を見つけるのはほぼ不可能。それも過去に体験済み。

専用充電コード

レシーバーを探していたら、一緒に未使用のヘッドホンも発見。

このレシーバーを探していたら、未使用のまま引き出しの奥に忘れていたヘッドホンも一緒に発見。

オーディオテクニカイヤホン

うーむ、ワンセット揃ってしまった。ブルートゥースヘッドホンを買う必要が無かったかな? 取り敢えず、届くまで(海外通販なので2週間位かかりそう)こいつを使ってみよう。

ただ、このタイプのレシーバーは間違いなく汗に弱い。パッケージのどこにも “防水” とか “防汗” といった文字が見当たらないし、注意しないと簡単に終わってしまいそうな予感が。

ってことで、あまりスマートじゃないけど、暫定的予防策として小さなビニール袋に入れてみました。この状態でボトルホルダーのベルトに留めて使ってみようと思います。

防汗対策

準備が整ったら早速使ってみたくなった。外は暑そうだけど、ちょっと走りに行ってきます。


5mのLEDテープ、それもフルカラー、更にリモコン付き

少し前、eBayでLEDテープを買いました。5mのテープで、そこに5cm当たり3個の単位(カット可能)で300個のLEDが配置されているもの。色はブルーを選びました。

このLEDテープを使って無限ミラーを作ってみたいというのが購入の目的。ただ、「LEDテープを買ってみたい」という “物欲” の方が先にあったかな。

「無限ミラーを作りたい」というのは後から自分を納得させるためにつけた理由なので、3~4ヶ月経過した今も、無限ミラー製作は手付かずのまま。

そんな中、再びLEDテープを買ってみたくなりました。今度はRGBタイプ。それもリモートコントローラー付というもの。うーむ、前のもそのままだしなって思いながら、やっぱり買ってしまいました。

300個×3色=900個のLEDなわけで、それを駆動する電力も大変なもの

2週間位して届いたのがこちら。

RGBLEDテープ

eBay等の商品ページには大した説明がないことも多いので、基本的には写真を見て中身や機能を判断するわけだけど、このRGBのLEDテープ(リモコン付)は、どうも理解できなくて。

商品ページの写真も上のような感じなんだけど、この左下の短い白のコードの役割が分かりづらくて。簡単な説明を読むと、LEDテープへの電源供給とリモコンの信号受信らしい。

特に、受光センサー周りの詳しい説明も写真もなくて、これが本当に受光センサーなのかどうかがハッキリ分からなかった。なんか、コネクタみたいにも見えて。

結局、商品が実際に手元に届いて初めて、想像通り受光センサーだって分かった次第。

さて、このLEDテープを駆動するには当然電源が必要。そしてこれを用意するのがちょっと大変だった。必要なのはDC12V電源。最大負荷電流は2A×3色で6Aという、結構大掛かりなもの。

更に、プラグとジャックのマッチングも必要で、すべてを満たすようなACアダプタは持っていない。

ということで、LEDテープと接続するコントローラー(かな?)のジャックに合うプラグを持ったACアダプタからプラグを切り離し、DC-DCコンバータに繋げ、そこに大型ACアダプタで電力を供給。

そんな苦労を経て、やっとLEDを点灯することが出来ました。下は、DC-DCコンバーターの電圧を9Vに設定して、青のLEDを発光させているところ。9Vくらいでも十分に明るい。

LEDテープ発光

リモコン操作の “感触” は気持よくないけど、機能の多さは本当に素晴らしい

RGBのLEDテープも基本構成は、先に紹介した単色のLEDテープと同じ。5mのテープで、そこに5cm当たり3個単位(ここでカット可能)で300個のRGBLEDが配置されています。

LEDテープ組み合わせ

上の写真で、一つのチップの中に6個のシルバーの端子らしきものが見えると思いますが、この内の下の3個がRGBの各色になっています。

リモコンで赤、緑、青の単色で点灯させ、それを写真に撮ってみると、よく分かります。中心が「R」、左下が「G」、そして右下が「B」で発光しています。

LEDテープ各色点灯

付属のリモコンにはたくさんのボタンがあって、そのボタンの数だけ機能があります。スイッチON/OFから始まって、明るさの増減、そしてもちろん色のチェンジ。

先に紹介した赤、緑、青の単色は勿論、この3色のブレンドによって、リモコンには20種類の色が用意されています。リモコン右上の白を押すと、RGB3色がフル点灯し、電流が最大になります。

また、6個のDIYキーも用意されていて、デフォルトで用意された20色以外に、RGBの明るさを微調整することで自分の好きな色を作り出し、それをこのDIYキーに登録することも出来ます。

さらに他の機能として、フラッシュしたり、フェードしたり、色が流れたリも出来ます。その変化のスピードもリモコンで自由自在。

どこまで使いこなせるかは別として、「あんなことができたらな」って想像することの、多分大概のことが出来るんじゃないかな。

うーむ、面白い。でも、これを何に使ったら一番効果的かな?

色々と試してみて、「こんなのどうよ!」ってのが出来ましたら、また紹介したいと思います。


乾燥剤は「再生」したけど、肝心のリモコンの方はどうかな?

オーディオテクニカのAT338iSというスマホ用マイク付きヘッドホンアダプター(簡単に言うとリモコン)がとっても便利で、それを更にJAYS Headset Controlというアプリで機能を拡張したら、もう無くてはならない存在に。

それが、使い始めて約8ヶ月、壊れかかっています。リモコンボタンを押せないんです。

通常なら軽いクリック感があってスイッチが入ったのが分かるのですが、何かにつかえている感じで沈んでいきません。力を入れて押すと反応はしてるみたいなので、物理的な問題でしょう。

スマホリモコン

原因として考えられるのは、やっぱり “汗” でしょうか。以前使っていたリモコンはコードの途中にあって、顎の少し下あたりに位置していたので、これは完全に汗でダメになりました。

今回のリモコンはイヤホンとは別体なので、背中側に来るウェストバッグの更に外側、体とは直接触れない場所に取り付けていたので、大丈夫だと思っていたのですが。

私のイメージとしては、汗の水蒸気がリモコン周りにまとわり付き、スイッチの隙間に入り込んだ後に乾燥して、残った塩分(かな?)がスイッチのストロークを阻害しているんではないかと。

さて、修理しようにもこの小ささだと、さすがに分解のしようがありません。

正確な原因は分かりませんが、ある程度想像通りだとすると、スイッチの周辺にこびり付いている物体を溶かして洗い流せばいいのではないかと。

こうなれば “ダメ元” で、お湯に暫く浸して、そのあと流水でジャブジャブ洗ってみました。

そして乾燥。このところ愛用しているマイクロソリューションの RS Earphone が断線して交換対応してもらった際、「ジョギング等のスポーツにて使用した後は、密閉容器に乾燥剤を入れ保管することをお勧めします」とのことで、それを守って(イヤホンは)保管しています。

この容器に、ついでに洗ったイヤホンと一緒にリモコンを入れて乾燥させます。

ふと見ると、乾燥剤の「再生シグナル」が赤く変色しています。乾燥剤が湿ってるよってお知らせです。買った当初は、「フーン、本当に変わるのかな?」って思ってたのに。

乾燥剤レッド

半日も天日干しすれば再生するって事なので、真夏ような太陽の下で日向ぼっこ。

写真では上手く発色していないので分かり難いかもしれませんが、キチンと再生したようです。薄いピンクから薄いブルーへとシグナルの色が変わっています。

再生シグナルブルー

やっとリモコンの乾燥の番です。もうほとんど乾いてしまっているかもしれませんが、念のため乾燥剤と一緒に丸1日くらい放置しておきましょう。

乾燥剤は再生しましたが、こちらのリモコンの方も再生してくれるのでしょうか?

結果は、後日また。


スマホ用イヤホンリモコンをアプリで機能拡大 -- 私的終着点

スマホ用のイヤホンリモコンに一つしかついていなボタンで、シングルクリックの「PLAY/STOP」コントロールに加えて、ダブルクリック、トリプルクリックも使えるようにしたい。

そんな思いで最初に試したのが「イヤホンリモコン」と「JAYS Headset Control」という2つのアプリでしたが、どちらも(私の環境では)使えませんでした。

特に「JAYS Headset Control」の方は、ミュージックプレイヤーはコントロールできるんだけど、私的にはメインのAudibleプレイヤーには使えないという状況。

で、続いて「Philips Headset」というアプリを試してみたら、このアプリが素晴らしい。想定していた以上の働きをしてくれます。

このアプリの素晴らしいのは、メディアプレイヤーが選択できること。

おー、そういう手があったかと感心しながら思いついたのは、もしかしたら「JAYS Headset Control」にもそういう設定があったんじゃないかということ。

「JAYS Headset Control」にも、メディアプレイヤーの選択という設定が

ありました。

「ADVANCED」モードをオンにすると、「Settings」の中に「Target media player」という項目がありました。下の右の図は、現れたリストの中からAudibleを選んでいる状態。

JAYS3

これで完璧です。Audibleプレイヤーでシングルクリック、ダブルクリック、トリプルクリックを自由自在に使うことができます。

こちらも、「Philips Headset」でのコントロール内容と同じで、「次の曲」と「前の曲」は、「30秒巻き戻し」と「30秒早送り」になります。これはAudibleプレイヤー側の仕様なんでしょうか。

クリック間の秒数とか、音によるフィードバックとか、至れり尽くせり

下図は、ボタンに何のアクションを割り振るかを設定する画面です。左右のヘッドフォンと受話器の図をタッチすると、それぞれのアクション内容を変更することが出来ます。

ただ下3段の「** and hold」は、どうしてもGoogleの音声入力になってしまい、Audibleプレイヤー(ミュージックプレイヤーも)のコントロールをすることは(私の環境では)出来ないようです。

個人的には、Audibleプレイヤーで「30秒早送り」を使う場面は限られているので、ダブルクリックで「30秒巻き戻し」、トリプルクリックで「30秒早送り」と設定しました。

このダブルクリックなんですが、デフォルトではクリックとクリックの間が微妙に長く設定されていて、通常のマウスのダブルクリック感覚で操作すると思い通りの動作をしてくれません。

操作が自分の感覚に合わないなって時は、ADVANCED モードの「Click delays」で調整してみましょう。

JAYS4

このアプリでもう一つ有り難いのは、各操作で「ピッ」という操作音を出すように設定することが出来ること。

一番上の右側の画面で、「AUDIO FEEDBACK」とあるのが、その設定画面です。音符記号が点灯しているのが音によるフィードバックをしてくれる動作です。

「PLAY/STOP」の動作は、音声によって分かるので特にフィードバックは必要ないのかもしれませんが、「着信の応答/終了」等には結構有効なような気がします。

いずれにせよ、イヤホンリモコンを多機能にするアプリを探す旅も、終着駅に到着したようです。

「イヤホンリモコン」では門前払いをくらい、「JAYS Headset Control」では(自分の理解不足から)「これは使えない」と結論付け、「Philips Headset」に感動しながらも自分のミスに気がつき、再び「JAYS Headset Control」に返って来て、今のところここに落ち着きそうです。

いずれにせよ、現時点におけるスマホと、イヤホンと、リモコンと、リモコンアプリとによって、私史上最高のリスニング環境を手に入れることが出来ているような気がしています。


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>