LED小型シーリングライトを買うのはこれで3個目

LED小型シーリングライトを買うのはこれで3個目。小さくて消費電力も少ないのに、明るさは十分だと思えるので、少しずつ家の蛍光灯がこいつに置き換わっていきます。

今回買ったのは、Trylightというメーカー(?)の製品だけど、何の飾りも無い白箱に梱包されて届いたので、ちょっとビックリ。ま、全然気にならないけど。

新LEDライト箱

これまでに2個買ったルミナスのLED小型シーリングライトは直径15cmと本当に小さいものでしたが、今回のは直径約22cmとちょっと大きめ(それでも十分小さいけど)。

新旧LEDライト

形状も、ルミナスのは薄い円筒で、味も素っ気もない感じだったけど、今回のはラウンドタイプで、一般的な電灯らしく見えなくもない。

新LEDライトカバー外し

ルミナスのは一体型でシェードが外れなかったので、中のLEDの配置が見れなかったけど、こちらは外れます。というか、コネクタが別パーツなので、外れないと取り付けられない。

新LEDライト内部

天井に取り付けてみました。天井にあるコネクタに、電灯側のコネクタを嵌め、そこに本体を当てがって蝶ネジで固定するだけ。

因みにこの取り付け方法(コネクター付きのシーリングアダプター)は、シーリングライトの取り付け装置として実用新案を取得してるみたいです(以下の通り、記述が曖昧)。

取説には「弊社実用新願」(実用新案? あるいは実用新案を出願中って意味?)ってあるけど、この “弊社” ってのがどこなのか会社名も無いし、連絡先も書かれていない。

新LEDライト天井取り付け
10秒もあれば取り付け作業完了です。本当に簡単。ただ、電源周りの電線が細いので、LEDとは言え、ちょっと不安に感じなくもない。

スマホのアプリ(照度計)で机の上の明るさを測定してみると105ルックスでした。このライトの規格は、15W 1250ルーメンとなっています。

新LEDライト

同じ条件でルミナスのLED小型シーリングライト(14W 1670ルーメン)は、118ルックス。大差無いと言えばないけど、印象的にもちょっと暗くなった感じ。

旧LEDライト

ただ、このライトには日光色(色温度4000K)と昼白色(色温度6000K)の2種類があって、私は昼白色を頼んだのですが、届いたのは日光色でした。

色温度が低いと暗く感じるので、多分その辺も影響しているのでしょう。でも、光の感じは昼白色(ルミナスのもこれ)より柔らかく感じるので、結果的には良かったかなって。

因みにJISでは、全般照明として生活に必要な明るさの基準を大体100ルックス前後としてるので、まあ及第点かな。ただし、20歳を基準にしてて、高齢者は約2倍の明るさが必要らしいけど。


PC部屋の蛍光灯を小型LED(シーリング)ライトに替えてみた

三男の使っている6畳間に、これまで使っていた蛍光灯の代わりに直径15cmという小さなLED小型ライトをつけたのは2ヶ月くらい前のこと。

わたし的には微妙に暗めかなって思ったけど、本人は十分明るいとのことで、快調に稼働しています(なるほど、慣れてくるとそんなに暗く感じなくなってきた)。

そして今度は私の使っている部屋の蛍光灯がいよいよ寿命を迎えたようです。少しずつ暗くなってきたのでカバーを外して使っていましたが、ついに2管の内の大きい方が点滅するようになった。

天井蛍光灯

ということで、この部屋もLED小型ライトに交換してみようかと思います。

この部屋はほとんどPC部屋なので、それほど明るい必要はなく、同じタイプでいいかとも思ったのですが、違いを確かめてみたくて一つ上のタイプを買ってみました。

LEDシーリングライト

一つ上のタイプと言っても、三男の部屋の 840lm 60W相当に対して、こちらは 1670lm 100W相当と、ほぼ倍の明るさです。それでも、大きさは同じで直径15㎝と超コンパクト。

シーリングライト小ささ

ライトの裏側はシーリングで取り付けるようになっています。

シーリングライト裏側

蛍光灯は天井からの配線を直付けだったので、引掛シーリングを購入し天井に取り付ければ、後は嵌め込むだけで設置完了。

LEDシーリングライト取り付け

見た目もスッキリしてイイ感じ。肝心の明るさも、蛍光灯のカバーを外した状態と同じ300ルクス。

LEDライトの明るさ

ただ、微妙に違和感を感じる。何かなって思ったら、 “影” でした。物の影がパッキリ出るんです。

極端な言い方だけど、蛍光灯の光源は “面” だったのが、この小型LEDライトだと “点” になるって感じなのかも。面光源のフワッとした感じが無く、ピキッとした感じ。

どうかな? 微妙に疲れるかも。明るい昼白色を選んだんだけど、少し暗くても柔らかい電球色の方が良かったかもしれないなー。


<< topページへこのページの先頭へ >>