レザークラフトで規則正しい縫い目を生み出す方法を図解する

革を手縫した時の縫い方というか、縫い目を綺麗に揃えれるためはどうすればいいのかってのを、前回の結果も踏まえて深く深く考察してみようと思います。

縫い穴の向こう側に出来た隙間に、右側の針を通す

「革 手縫い やり方」といった検索ワードで調べると、色々と出てきますが、典型的な説明は以下のような感じでしょうか。

「革の裏側(左側)から差し込んで表側へと出てきた糸と、裏側に残っている糸(同じ糸の、革を挟んで両側ってこと)とを2本まとめて手前方向にギュッと引っ張り、縫い穴の向こう側に出来た隙間に、右側(表側)の針を通していきます」

実際にはこんな感じ。

革縫い針の通し方

ポイントは、必ず左側から通した糸の “向こう側” に右側の針を入れるってこと。

色んな解説を読んで、この “向こう側” ってのを単に向こう側と理解して、その通りにやってるつもりなのに、それで縫い目が必ず揃うかというと、残念ながらそうはいかないってのが現実。

右上がりの穴に対して、左上がりの縫い目

何が悪いのか? いや、その前に、そもそも正しい(私が求める)縫い目とはどんなものなのかってのを先に明確にしておきましょう。

下の縫い目の写真の、上側が前回の試し縫いによるもの(ダメな縫い目)で、下側が今回の考察結果を反映した縫い方で縫ったもの。そして、この下側の縫い目が求めるものです。

求める縫い目

上の写真は右側から左方向へと縫っていますが、この時、菱目打ちで開けられる1個1個の穴は右上がりです。その右上がりの穴の左下から次の穴の右上へと糸が通るのが正しい縫い目(多分)。

ではどうして常にそうならないかというと、先にも触れましたが、「左側から通した糸の “向こう側” に右側の針を入れる」って表現が(私にとっては)曖昧だったからです。

例えば、最初の写真は通常の(私の)やり方ですが、もしかしたら下の写真(極端にやってますが)のようになってしまっていたこともあったのかもしれません。

針が下?

言葉で書くと、上方向に糸を引っ張ることで、右上がりの穴の隙間が左下に出来、そこに右側の針を入れてしまっていたかも、ってこと。でも、これでも「左側から通した糸の “向こう側” 」なんです。

左側から通した糸の向こう側とは、穴の右上ってこと

糸を通す場所によって生じる違いを図で描くとこんな感じかな。

糸を通す場所
これまた言葉で説明すると、「左側から通した糸の(革を挟んで)両側を、右上がりの穴の “左下” を手前方向へとギュッと引っ張り、穴の “右上” に出来た隙間に右側の針を通す」のが正解。

“意識” としては、左側から出た糸は右上がりの穴の常に左下を通り、右側から通す糸は常に穴の右上を通すことで、一つ一つの縫い目が左上がりとなるようにする。

そんな意識で(少し極端に)やってみたのが下の写真。

右側の針を通す場所

上の写真で上下2段の縫い目がありますが、上段は(取り敢えず揃ってるけど)単に「糸の向こう側に右側の針を」って思いながら縫ったもので、下段が「左側から出た糸は穴の左下に位置し、その右上に右側からの糸を通す」という意識で縫ったもの。

違いは明白。両者の縫い目を拡大したのが、先に紹介した2枚目の写真です。

独断なんで、これが正しいのかどうかはわからないけど、自分的には(ずっとモヤモヤしていたものが晴れて)スッキリした気分です。


レザークラフトで、自分の技術不足を少しでも工具で補えないかと

久しぶりに我が家のレザークラフト用工具に新しい仲間が加わりました。3種類の工具を買ったのですが、特にその内の1つは以前からずっと欲しかったもの。

「ステッチンググルーバー」兼「ネジ捻」兼「ヘリ落とし」の1工具3役

それはステッチンググルーバーという工具。これは、手縫いのガイドラインとして革に溝を切る道具。この溝に縫い糸を収めることによって、革製品を使う際の摩擦による糸切れを防止できます。

ステッチンググルーバー

ステッチンググルーバーに装着されている刃先はこんな感じになってます。
ステッチンググルーバー刃先

先端の丸穴が刃になっていて、この刃の円弧で革に溝を掘っていくんです。革の端からどれくらいの位置に溝を掘るかは、刃の横にあるガイドで調整します。

このステッチンググルーバー、以前に何度かヤフオクで落札しようと挑戦したんだけど、毎度私の想定金額を超えてしまい、どうしても落札できなかったという過去が。

その時の想定価格は1500円くらいだったかな。今回、AliExpressにて購入したのですが、購入金額は800円少し。うーむ、最初からこっちに来ればよかった。

そしてこの工具、ステッチンググルーバー以外に「ネジ捻」と「へり落とし(それも3種類の刃)」という2つの工具に変身できる優れものなんです。

ネジ捻は、手縫いのガイドライン作りという意味ではステッチンググルーバーと同じなんだけど、こちらは溝を掘るのではなく革の上に線を引くだけ。

これまでは昔製図用に買ったデバイダーを使っていて、これだと革に傷をつけることによってガイドラインを引くことになるので、ちょっと嫌な気持ちがしてたんです。

デバイダー

ネジ捻として使うには、ステッチンググルーバーの刃を外し、一番上の写真の右端のパーツを装着すればOK。

もう一つの役割であるヘリ落としは、3種類の刃から適当なのを選んで装着するだけ。

ま、どれもこれも上手く使いこなせるかは、これからの話ですけど。

ピッチ3mmの菱目打ちの刃は、こんなに細かったのね

さて、2つ目の工具は菱目打ち。これまではピッチ4mmの菱目打ちを、どんな製品にも使っていましたが、少し前のカメラのハンドストラップ製作で、縫い目が少し大き過ぎるかなって感じて。

そして買ったのはピッチ3mmの4本セット。

菱目打ち3mm

普通に買うと1本800円前後するものが、eBayにて4本セットで約600円。ま、これも刃物の一種なので、切れ味の問題とかはあるのでしょうが、この価格なら試してみてもいいかなって。

まだ使っていないので切れ味の方は何とも言えないけど、手元に届いて驚いたのは、ピッチ3mmと4mmってのは、こんなに違うんだってこと。3mmピッチは、思ってた以上に刃が細い。

菱目打ち比較

カメラのハンドストラップ製作で、菱目打ちで開く穴が大き過ぎない?思っていたので、これはこれで歓迎なんだけど、一方で穴に針を通すのが少し大変になる?

もう少し大きな握りを想像してたんだけど

そして3つ目の工具は丸錐。これまでにも持ってたけど、上記2つの工具を買った勢いと、商品写真を見て、つい買ってしまいました。107円という価格も一因だけどね。

丸錐2種

ただ、手元に届いたものを見ての第一感想は「ちっちゃ!」ってこと。商品写真からイメージしていたのは、握りの一番太い部分で直径3cmくらいのもの。でも実際には直径約2cm。

革に穴を開ける際、握りにもっと力を込められるようにって思ってたんだけど、これだと今までのと大差ないような。まあ100円ですからね。諦めもつくってもんです。


ハイトゲージを利用して、革の漉き加工用工具を作ってみた

定盤の代用にしようと思ってジュラルミンの板を買って、その上でVブロックとハイトゲージをいじっていたら、新しい工具を思いつきました。

革を “漉く” のは本当に難しい

レザークラフトの様々な作業の中に “漉く” というものがあります。革を部分的に(例えば折り返し部分を)薄くする作業のことです。

これが、素人には難しいんだ。これまで色々とトライしてきたけど、なかなか思い通りの結果まではたどり着くことが出来ずにいます。

こんな工具を買ってみたりもしました。フレンチエッジャーというのですが、紹介動画で見ていたらいとも簡単に漉いていたのに、私がやろうとすると、これがもう全然使えない。

フレンチエッジャー

勿論、私の技術の問題ですが、その技術を向上させていく取っ掛かりさえも見出せずに、今は引き出しの奥の方に仕舞い込まれています。

そんな(わたしにとっては非常に難しい)漉き作業を簡単に行うための工具を、ハイトゲージを利用して作ってみたいと思います。

スクライバ

ハイトゲージの上写真矢印部(スクライバ)を取り外して、代わりにカッターの刃を取り付けようと思いますが、刃として使うのは、オルファのアートナイフの替刃

デザインカッターの替刃を

スクライバの代わりに、漉き加工用の刃を取り付ける

この刃をスクライバの代わりに取り付けるために、 “胴体” を作っていきます。

スクライバの取り付け部の寸法は9mm×9mmなので、先ずは手元にあった5mm×15mmのアルミの角棒を幅9mmにカットしていきます。

アルミ角棒カット
アルミとはいえ、厚さ5mmを金ノコで手作業で切っていくのは一苦労。金ノコの刃を1本折った。

このアルミ部材が胴体のベースになります。続いて、厚さ3mmのアクリル板を同じ寸法でカットし、アートナイフの替刃を両者の間に挟んでネジで固定します。

こちらが出来上がったパーツ。

漉き工具パーツ

アルミベースの方には3mmのネジを切り、刃を挟む部分にはアクリル部材共々滑り止め用に紙ヤスリを貼ってあります。残り半分には、厚み調整用のアルミの薄板を貼り付けました。

で、組み上げて完成したものがこちら。厚みもピッタリ9mmになっています。

革漉き工具完成

ハイトゲージのスクライバを取り外し、代わりに完成した工具を取り付けました。

自作工具を取り付けて

加工方法は

定盤(代わりのジュラルミン板)の上にVブロックを置き、その上に漉く革をセットして、上から定規で押さえ込みます。

そして、工具の刃の高さを、(Vブロックの高さ+漉き加工後の革の厚み)にセットして、あとはハイトゲージを操作して革の中へと刃を入れてカットして(漉いて)いきます。

漉き加工

加工後の状態。上下に分かれた革の裏側の不要な部分を、カッターで切り離しました。

漉き加工後

上手くいくときは、本当に何の抵抗も感じずにナイフの刃がスーッと入っていきますが、革の繊維(?)の向きによるのか、上手くいかないときは上手く切れません。

工具の出来としては悪くないと思いますが、上手く使うには少し練習が必要なようです。



自作レーシングポニーを少しだけ改善

革の名刺入れを作る過程の中で、レーシングポニーが欲しくなって自作したのですが、これが本当に使いやすくて、出来上がった製品のクォリティーにも大きく寄与しました。

これからもずーっと使っていきそうなので、使いながら感じた微妙な使い難さを改善しておこうか。

使い方が正しいとすると、ベースが少し短かったかも

最初に思ったのは、これってどういう体勢で使うものなのかな? ってこと。形状から考えて、多分お尻の下に敷いて自分の体重で固定しながら使うんだろうなと。

レーシングポニー使い方

この使い方が正しいとすると、自作したレーシングポニーのベースの長さが短かったかも。お尻の途中までしか来ないし、せっかく前傾することが出来るアームも、傾ける余地がありません。

デザイン(ってほどのもんでもないけど)優先で、折り畳んだ時にスッキリするように、ベースの長さをアームの長さに合わせてしまったのが失敗だったかな。

レーシングポニー収納

それと共に、お尻の下に敷くとなると、ベース板は薄くして出来るだけ存在感も薄くした方がいいのではないかと。

という点を踏まえてベース板だけ作り直しました。適当なベニヤ板を使ったら少し汚かったので、ついでに塗装で仕上げ。

レーシングポニー土台塗装

ノブを緩めると、爪の間に勝手に空間が出来てくれると嬉しい

アームの方の不満点は大したことではないのですが、2本のアームの間に革素材を挟もうとする時、手でアームを広げる動作が必要なこと。

固定用のノブを緩めたら、勝手にアームの間が開いてくれるよう、2本のアームの間にバネを入れようかと。

本来なら、ノブの軸であるボルトにバネを通せば簡単なんですが、M12という太いボルトを使ったので、そこに通るような内径の大きなバネを持っていません。

道具箱を漁っていたら、ちょうどいい感じのバネと、それとセットになるような丸棒を発見。

バネと棒

この丸棒を片側のアームに打ち込み、そこにバネを通すことで、もう一方のアームを外側へと押し出すようにします。

アームに棒を打ち込んで

丸棒にバネを通してから組み上げると、いい感じにアームが開きます。

バネで押し広げられて

ベースも塗装したので、アームもクリアのラッカースプレーで塗装して完成。

爪に革を貼り、ゴム製ワッシャを入れて組み上げ

ついでにアームの先の “爪” の部分に柔らかい革を貼りました。

爪に革を貼り

爪に貼った革の厚みに合わせて、ベースとアームとを連結するボルト部にゴム製のワッシャを作って入れました。

ゴム製ワッシャ

これで本当に完成。

レーシングポニー改完成

折り畳んだところ。一番上の写真と比べるとその違いが分かるでしょう。

レーシングポニー改畳んで


革製名刺入れの製作(第4回) -- レーシングポニーのお陰で

製作途上にある革の名刺入れですが、縫い作業に入っていこうと思ったら、レーシングポニーが欲しくなって自作し、さて縫う前に周りをカットしようと思ったら、今度は治具が欲しくなって自作し、今回やっと縫う作業に入っていけます。

先ずは菱目打ちで穴あけ。私が持っているのは、2mm幅/4mmピッチのものですが、どうかなー、名刺入れ程度の小物だと3mmピッチくらいの方が合うのかな?

菱目打ち

やっと、縫うところまで来ました

全周に渡って穴を開け終わったら、いよいよレーシングポニーの出番です。名刺入れを挟んで固定し、向こう側から手前側に向かって縫っていきます。

レーシングポニーで固定して

いやー、縫うのが楽だわ。レーシングポニーなんて無くても縫えるんじゃね、って思っていましたが、これが有るのと無いのとでは、作業効率が大違い。

縫うことに意識を集中できるので、淡々と作業を進めていくことが出来ます。

で、縫いあがったのがこちら。どうでしょうか。我ながらいい出来だなーと自画自賛。縫い始めと縫い終わりの処理もキレイに出来たし、途中で糸を繋いだ箇所もまあまあの出来。

縫い完了内側

表側の方が縫い目が真っ直ぐのようです。表側から菱目打ちを打ち込んでいるので、菱目打ちが微妙に垂直でなかったりして、裏側は少し蛇行してしまったようです。

縫い作業完了

いやー、レーシングポニーって偉大だわ

同じ革と糸で、以前に縫ったものがありますが、今回のと比べると雲泥の差。この違いを生み出しているのは、ひとえにレーシングポニーのお陰だと思います。

以前の縫い目

縫い目の仕上がりをキレイにするには、針と糸の向きや手順を必ず同じにして縫い進めることだとは分かっていて、その積りで縫い上げた結果がこれです。

この時はレーシングポニーを持っていなかったので、気持ち的には “同じ手順で” って思っていても、他に意識がいってしまって、ついつい疎かになっていたんでしょうね。

レーシングポニーのお陰で、「縫うのが億劫」から、「縫うのが楽しみ」に変わりました。

ところで、レーシングポニー本体の保持の仕方ってどうやるんでしょうか?

クランプでテーブルに固定してといった方法もあるのでしょうが、今回わたしの製作したものの形状からすると、お尻の下に敷いて使うのかなって思っています。

これが正解だとすると、レーシングポニーのベース板が少し短く、少し厚いかもしれません。もう少し薄い板で、さらに角を丸めることでお尻への “当たり” を柔らかくしたい。長さももう少しあると、さらに自由度が広がりそうな気がします。

その有用性は今回の作業で十分に実感できたので、さらに完成度を高めたいなと。

さて、名刺入れの製作もいよいよ最終段階に。次回はコバ処理の予定なんですが、ウッドスリッカーとか欲しいなー。


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>