山本周五郎 著「雨あがる」 -- あなたの至福の時は

ビッグコミックオリジナルに連載されている「釣りバカ日誌」というマンガがありますが、もう10年単位で遥か昔に読んだ1シーンがなぜか強く印象に残っています。

その前後の話の流れは忘れてしまいましたが、主人公のハマちゃんが会社から帰ってきて、ひと風呂浴び、茶の間でビールを飲んでるシーンです。

その時、ハマちゃんはこんなことを言います(正確ではありませんが)。

「その日にどんなに辛いことがあっても、この一杯があれば頑張れる」

ハマちゃんに「辛い」とか「頑張る」という言葉は似合わないので、多分違う表現だったのでしょうが、意味合い的にはこんな感じだったと思います。

まあ、「至福の時」とでも言いましょうか、その時のためだけでも頑張ることが出来るような時間や出来事。その時のことを思って、今現在の辛さや苦しさを我慢する。

「この一杯があれば」という思いは本当によく分かるです。

「泥棒がいるんだよここには、泥棒が」

今日は、久しぶりに山本周五郎の著作を紹介。新潮社版の「おたふく物語」(←これも大好きな小説なので、また別の機会に)の中から「雨あがる」。

おたふく物語黒澤明監督がこの短編をもとに書いた遺稿を、黒澤組のスタッフたちが2000年に映画化しているので、あらすじを知っている人も多いのではないでしょうか(最近も映画化されたのかな?)。

剣の達人なのに、人を押しのけることができない人の好さが災いして、浪人生活の三沢伊兵衛は、妻たよと共に仕官の口を探して旅を続けている。

長い大雨で川止めにあった二人は、とある安宿に長逗留することになる。

その安宿には行商人や農民、飯盛女など、同じように雨が上がるのを鬱々として待つ貧しい人々がいた。

伊兵衛はある朝、女のわめき声で目が覚める。

「泥棒がいるんだよここには、泥棒が」女のあけすけなわめき声は高くなった、「人の炊きかけの飯を盗みやがった、ちょっと洗い物をしてい来る間にさ、あたしゃちゃんと鍋に印を付けといたんだ」

街道筋の町はずれのこういう安宿では、こんな騒ぎがよく起こる。客の多くはごく貧しい人たちで、少し長く降りこめられでもすると、食うものにさえ事欠き、つい他人の物に手を出す、という者も稀ではなかった。

それでも、人のいい伊兵衛には耐えられなかった。わめいている女の心の痛み、そして泥棒呼ばわりされている老人の辛さを思って。

そんな彼らの鬱々とした気持ち、ピリピリした心を和ませようと、伊兵衛はある手段で金を稼ぎ出し、その金で酒や食べ物を彼らに振る舞うことにする。

「三年に一遍でもいい、こういう楽しみがあるとわかっていたら」

この金儲けの “ある手段” が話の展開に大きく関わってくるのですが、その話の本筋よりも、私的には印象に残っている一節があります。

伊兵衛が米や野菜や酒を買って宿に帰ってくると、みな驚き、喜び、そしてはしゃぎながら宿中で宴の準備を始める。

準備が整い、そして酒宴が始まると、久しく飢えていたところで、みんなたちまちに酔い、ぼろ三味線が持ち出され、唄が始まり、踊りだす者も出てきた。

そんながやがや騒ぎの中、鏡研ぎの武平という男がつくづくと云った言葉が伊兵衛の心に突き刺さる。

「こんな事が年に一遍、いや三年に一遍でもいい、こういう楽しみがあるとわかっていたら、たいてえな苦労はがまんしていけるんだがなあ」

この言葉は、私の心にも突き刺さりました。市井の人々の哀しさや優しさを知り抜いた山本周五郎だからこそ書ける言葉なんだと。

ハマちゃんの言葉と、鏡研ぎの武平の言葉との間には大きな隔たりがあるような気がする一方で、気持ち的には同じことなのかもって気もします。

この一節

えーっと、書きながらどこに向かって書いているのか分からなくなってきました。

なんか本の紹介になっていないような気もするし、なんとなく脈絡が無く何を言いたいのか分からない文章になってしまった感もありますが、印象深く心の中に残っている「この一節」にいつか触れてみたかったんです。

山本周五郎の短編を読んでいると、「ああ、この一節を書きたいために、この小説を書いたんだな」って思うような一節に出会うことがよくあります。

これまで紹介してきた「かあちゃん」にも、「四日のあやめ」にも、「松風の門」にも、そんな一節がありました。

今回の「雨あがる」では、上で紹介した一節は全体の話の流れにはほとんど関係していないのかもしれませんが、私的には「これでしょ!」って思っています。

常に庶民と寄り添った山本周五郎の思いが、端的に、そして率直に表れている言葉だと思います。

あなたが「今この時を頑張れる」と思えるような、楽しみや待望の一日とはどのようなものですか?


【本と出会う】カテゴリ - 目次の目次(2013)

各写真は個別記事にリンクしています。 〈目次へのリンク〉は、目次ページに飛びます。

Page 07 目次へのリンク

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name



Page 08 目次へのリンク

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name



Page 09 目次へのリンク

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name



Page 10 目次へのリンク(Kindle Paperwhite シリーズ)

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name



Page 11 目次へのリンク

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name



Page 12 目次へのリンク

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


【本と出会う】カテゴリ目次 - Page07


◆本の題名◆
大場つぐみ:原作 小畑健:作画 「BAKUMAN」

中学生がマンガ家になることを目指して仲間と共に努力し、成長していくというもので、設定的には特に珍しくないかな。でも凄く面白い。

「俺 こんなに時間が
 もったいないって思ったことない
 こんなに真剣に
 何かに打ち込んだことも」

主人公のこの言葉が、このマンガの “勢い” をよく表してると思う。

◆本の題名◆
山本周五郎著 「松風の門」

伊達藩の池藤小次郎は、子供の頃から神童と云われた俊才で、学問にも武芸にもずばぬけた能力を持ち、ほとんど一家中の注目の的になっていたが、ある事件をきっかけに、藩中からバカにされるようになる。

その小次郎が、山奥にある洞窟の中での座禅から帰ってきて、藩主から「なんで座禅なんかしてたんだ」と聞かれて答えたのは、

「達磨(だるま)が面壁九年で何を悟ったのか、ふとそれが知りたくなったのでございます」

◆本の題名◆
オーディオブックって最強という話(“ながら” で言えばだけど)

ランニングに出かけていく際のモチベーションは、健康維持とか、自分で設定した目標の達成ということもあるんだけど、走りながら聴いているオーディオブックの続きが聴きたいからというのが、かなり大きいということに改めて気がついた。

最近夢中だったのは HARLAN COBEN の 「Shelter」という本で、高校1年の男の子が主人公となるミステリーシリーズの第一弾。

物語が佳境に入って来ると、もう続きが聴きたくて聴きたくて。外は寒いし、曇ってるし、走りたくないなって思っても、この本の続きが聴きたくてランニングに出かけるといったことが、何度も有ったんです。

◆本の題名◆
伊藤 和磨 著 「痛みと歪みを治す健康ストレッチ」

足を痛めていたこともあり、少し運動から遠ざかっていたのが、3日間連続で自転車で走り込んだ翌日のこと。ソファーで休んでいて、何気なく立ち上がろうとしたら足をつってしまいました。

それが普通のつり方ではなく、ヒザ下から腿にかけてもの凄く痛い。どうやら筋を痛めたみたいで、それから2週間経過した今もかなりの痛みが残ってる。

ということで、改めてストレッチの重要性を実感。

◆本の題名◆
三田 紀房 著 「ドラゴン桜」

私立高校の経済的破綻を回避するため、5年後に東大合格者100人を出すことを宣言。その第一歩として、特進クラスの生徒を東大に現役合格させることを目指して猛勉強、というお話。

テクニック的な部分も十分面白く、また役に立つ内容ですが、それ以上に “考え方” に対する考え方が面白いかな。

そもそも、キャッチフレーズの「東大は簡単だ!!」というのも、“考え方” の話だし。

◆本の題名◆
中村 俊輔 著 「察知力」

著者は、あのサッカー選手の中村俊輔で、本書の中でこんなことを言っています。

「今の自分にできることを、手を抜くことなくやった、という実感を持てる毎日を過ごすこと。簡単そうに見えて、これが難しい。なぜなら人には甘えがあるから。なりたい自分になるため、100%で生きることができれば成功だと思う」

「簡単そうに見えて」って、全然そんなこと思いませんが。

◆本の題名◆
岡本 浩一 著 「上達の法則」

内容は題名のままで、「上達には法則がある。近道ではなく、法則がある。その法則が把握できている人は、努力の効率がよい」とのこと。

上級者とは、その上達途上で、「ものの見え方」がグンと一段上がったという実感を持っている人とのこと。

曖昧な言い方ですが、この「ものの見え方がグンと一段上がった」という感覚、あるいは一線を越えたという自己認識には思い当たる人も多いのではないでしょうか。

◆本の題名◆
高千 穂遥 著 「自転車三昧」

あとがきの、「わたしの自転車生活はこれからもつづく。ずうっとつづいていく。それは間違いない。なぜなら、毎日が楽しいからだ。楽しく乗る。楽しく走る。走らなくても自転車を楽しむ」には、大いに共感。

ロードは、ただ走るためだけに存在している自転車だから、ロードに乗るためには「思想」が必要であるとのこと。

「思想」の基本はただ一つで、それは「楽しむ」ということ。ただ、何を楽しむのかは千差万別、人それぞれ。

◆本の題名◆
今井 芳昭 著 「影響力」

何らかの事象によって、受け手の「ものの考え方」、「行動」、そして「感情」に変化が生じた場合、受け手は与え手から「影響を受けた」ことになります。

その人が手に入れたい、欲しいと思うものを示し、その人の行動の変容と引き換えにその賞を与えると約束することで影響力を発動する。

欲しいものとは、昇進、褒め言葉、尊敬といったもの。これが影響力の基本。

◆本の題名◆
「お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!」の著者、中村文昭さんの講演会でのお話と共に。

高校卒業と同時に上京した中村さんは、上京の翌日、防衛庁で取り調べを受け、その20分後に警察で事情聴取をされ、母親に連絡されて泣かれという、散々なスタートを切ります。

そして、生涯の師匠となる人と出会い、こんなことを言われます。

「誰も彼も、お金を儲けることばかり言うけど、お金をたくさん稼いで、欲しいもの買って、行きたいとこ行って、幸せかい? 年取って、棺おけに片足踏み入れた時に、我が人生満足だったなあ、完璧だったなあ、思い残すこと無しって、自分に言えるか?」

<< topページへこのページの先頭へ >>