「よこすか満喫きっぷ」で文字通りヨコスカを満喫してきた

そろそろ横須賀を訪れなければならない期限が迫ってきた(理由は最後に)んだけど、この時期、横須賀近辺で特に面白そうなイベントも無いので、どうしようかと迷ってたんです。

そんな時、京急電車に乗っていてら、ある吊り広告が目に付きました。それが「よこすか満喫きっぷ」なるもの。

よこすか満喫-10

品川や横浜方面(出発地によって値段が異なる)から、横須賀の「フリー区間」までの電車賃とバスのフリー区間内乗り放題に、「食べる券」と「遊ぶ券」がセットされたもの。

私は横浜駅の自動券売機にて購入したので、チケット3枚セットで2950円。

よこすか満喫-01

電車きっぷで同行者との待ち合わせ場所、馬堀海岸駅に到着。

よこすか満喫-02

遊ぶ券

馬堀海岸駅前から京急バスに乗って、最初の目的地である横須賀美術館にやってきました。電車が遅れたり、バスが来なかったりで11時半近くと、ちょっと遅くなってしまった。

よこすか満喫-03

横須賀美術館は2回目。訪れるのは昨年の暮れ以来なので約8カ月ぶり。ここの観覧料を「遊ぶ券」で賄います。観覧料は、常設展と企画展合わせて1210円。

よこすか満喫-04

この時は、開館10周年記念として「美術でめぐる日本の海」という企画展を開催中。

浮世絵やポスター、あるいは私の大好きな柳原良平さんの作品、さらには大漁旗といったバラエティに富んだ内容で、思ってた以上に楽しめ、大満足でした。

こちらは、常設展示内の「編んだ~わーるど展」。美術館内は基本的には撮影禁止ですが、ある一部屋だけ撮影OKで、そこで撮影してきたものです。

よこすか満喫-05

風変わりな編み作品を作り続けている編み師203gow(ニイマルサンゴウ)さんの様々な作品が展示され、こちらも大いに楽しませて頂きました。

よこすか満喫-06

お昼時間をだいぶ過ぎてしまったので、常設展示内にある谷内六郎館は今回は寄らずに(次回の楽しみに残して)美術館を後にします。目の前に広がるのは浦賀水道。

よこすか満喫-07
今、前回の写真と見比べてみて気が付きましたが、前回来た時は冬だったので芝生が枯れていたんですね。やっぱり茶色より緑の方がいいな。

昼食は美術館から歩いて10分ほどのところにある味見食堂にて。前回は名物の穴子天丼を美味しく頂いたのですが、今回はこの後に「食べる券」を使うので、抑え気味に刺身定食。

昼食も終え、腹ごなしも兼ねて帰りは歩いて馬堀海岸駅を目指します。距離にして3km弱と、ブラブラとゆっくり歩いても1時間もかからないでしょう。

よこすか満喫-08

走水海岸を後にして、よこすか海岸通りを歩き、小高いところに登って来ると、前方に見えて来るのが馬堀海岸。

よこすか満喫-09

馬堀海岸から電車に乗って横須賀中央駅到着。中央駅東口の改札口係員に「よこすか満喫きっぷ」をご提示して貰った「よこすか満喫きっぷ」オリジナルデザインクリアファイル。

よこすか満喫-15
各日先着100名様とのことですが、私が頂いたのは2時半頃で、まだだいぶ残ってたかな。

食べる券

さて、2つ目の目的地である「横須賀ビール」に到着。ここは2階が客席になっていて、1階の醸造所(?)で作っているクラフトビールを頂くことが出来ます。

よこすか満喫-11

「食べる券」で、4種類のクラフトビールから1つ選択可能。

よこすか満喫-12

それに、「よこすか満喫きっぷ」の「食べる券」スペシャルメニューである「三浦半島丸かじりプレート」がセットで頂くことができます。

よこすか満喫-13
文字通り、三浦半島で穫れた地の食材を使って作られた料理は、どれも美味しかったです。

そして最後の締めは、横須賀中央駅近くの中央酒場。ここには焼酎のボトルがキープしてあるのだけど、そのキープ期限がそろそろ切れそうってのが、今回の旅の主目的なんです。

よこすか満喫-14
このお店には「3時間ルール」というのがあり、入店から3時間経つとそこで終わりにしなければなりません。でも、この3時間というのが絶妙に良いんです。

時間制限が無いといつまでも飲んでしまいそうだし、かといって2時間じゃあ短すぎるし、3時間で追い出されるってのは、お店にも、そして私たちにも好都合なんですね。

ちょうどボトルの焼酎が終わったところで3時間になったので、新しい焼酎ボトルを封を切らずにボトルキープして、本日の宴会終了です。

よこすか満喫きっぷの総括

さて、「よこすか満喫きっぷ」ですが、横須賀ビールでの三浦半島丸かじりプレートの値段が分からないので、全体の金額としてどれくらいお得だったのかは分かりません。

実際、金額にしたら大したことはないのかもしれません。でも、十分以上にヨコスカを満喫させて頂き、本当に大満足の一日でした。

それは、満喫きっぷを購入しなければ、やらなかっただろうこと(横須賀美術館を再訪)をやったり、行かなかっただろうお店(横須賀ビール)に行けたことに大きな意味が。

言葉が悪いけど、満喫きっぷを買ったことで強いられた(選択、だけどね)からこその体験だったと思います。

この手のチケットは、行動の “自由” が奪われてしまうような気がしていたけど、結果的には行動の範囲を広げてくれたことになります。

新しい発見をさせてくれた今回の体験に感謝します。


「ヨコスカトモダチJAZZ 2016」の第1回目を見てきた

今日は、こいつを見に横須賀を目指しています。

160903横須賀-01
京急汐入駅から横須賀中央駅までをストリートジャズで繋ごうという「ヨコスカトモダチJAZZ」。市民有志らの呼び掛けで実現したとのことですが、今回がその記念すべき第1回目。

京急逸見駅で下車して、ヴェルニー公園を通って横須賀中央駅へ

少し早めに着きそうなので京急の逸見駅で降り、ヴェルニー公園を通って行くことに。

この横須賀街道沿いの裏寂れた(失礼!)雰囲気が、私の記憶している横須賀っぽくて好き。

160903横須賀-02

横須賀街道から横須賀線の線路を海側へと跨ぐと、左手に見えるのが横須賀駅。

160903横須賀-03

横須賀駅から港へと足を向けると最初に目につくのは、やっぱり海上自衛隊の護衛艦「いずも」。

160903横須賀-04

そしてヴェルニー公園。この公園、繁華街から少し離れているので、いつも人が少なくて気持ちが落ち着く。今日は日曜日だけど、それでもこんな感じ。

160903横須賀-05

横須賀中央駅から続くメインストリートへとやってきました。時間的にはちょうどお昼時。うーむ、こちらも人影疎らだな。元地元民としては少し寂しい。

160903横須賀-06

ビルの前に人が集まってるなって思ったら、ちょっとした空間でジャズの演奏をしてました。

160903横須賀-07

先ずは中央酒場で3時間、そしてストリートジャズへと

今日、横須賀の町に来たのは “JAZZ” 以外にも目的があって、このところ定期的に訪れている中央酒場で、キープしている焼酎ボトルの期限切れが近づいてきたので、その延長も兼ねて。

ということで本日のスケジュールは、13時横須賀中央駅集合でそのまま中央酒場に入り、16時まで飲んでから(チューサカは3時間制限)町に出てジャズを楽しもう、という流れ。

1次会も終わり、外に出て最初に出会ったのがこちらのバンド。文字を見ると湘南学院とあります。高校の吹奏楽部(か何か)の演奏のようです。

160903横須賀-09
演奏楽曲がどれもポピュラーなものだったし、演奏も上手で、結構イイ感じだった。

足元にしゃがんでいた小さな女の子2人も、音楽に合わせて体をスウィングさせてました。

160903横須賀-08

ドブ板方面へと向かう商店街の端にある、記念艦三笠の焼印でおなじみの横須賀名物「三笠焼」(今川焼)のお店。今は1個110円らしい?

160903横須賀-10

ドブ板通りの中にある、「ヨコスカトモダチJAZZ 2016」の会場の一つ。全15会場の内、野外ステージは5つとのことなので、先の湘南学院も、ここもそれにあたるようです。

160903横須賀-11
ただ、聴き始めたら空から雨がパラパラと。演奏も中止され、我々もアメリカンバーへと退散。

こちらも横須賀に来た際の帰り道には必ず寄る馴染みのお店。バーボンのロックが1コイン(500円)から楽しめるリーズナブルな、そして明朗会計(お金と飲み物引き換え)のアメリカンバー。

160903横須賀-12

ということで、 “飲み” の方は楽しめたけど、 “ジャズ” の方はちょっと(かなり?)物足りなかった。

土日2日間共通のJAZZパスポート(前売りで5000円)もあり、そちらではペギー葉山さんとかプロの方の演奏を聞けるとのことなので、また印象は違ったものだったかもしれません。

ただ、(あくまでも個人的な印象としては)もう少し一般の人たち(無料観覧の人たち)にアピール出来た方が良かったんじゃないかなって思います。

ま、第1回目ということなので、これからも様々な試行錯誤をしながら盛り上げていって欲しいな。

10年後に、「おお、今回は10週年記念なんだ! 我々は第1回目からずっと見に来てるよね」って言えるようなイベントに成長することを心より願っております。


全寮制、8人部屋、一切のプライバシー無し ・・・ 私には無理だな

昨日の久里浜編に続いて、今回はそもそもの目的であるる自衛隊大学の見学を含めた浦賀編。

浦賀の町も大きな変貌を遂げようとしてるんですね

前回の最後に登場した旧長瀬トンネルを浦賀側へと抜けると、そこは急な下り坂。写真では伝わらないと思いますが、かなり急な下り坂なんです。

160411久里浜-16
自転車に乗れるようになった小学生の頃、なぜか自転車のブレーキをかけられず、フルスピードで坂道を走り降り、正面に見えている金網に突っ込んだことがあります。

当時、金網の向こう側には(通称)浦賀ドックがあったんだけど、今は空き地になってますね。そして、工事予定の看板が立ってました。おー、ホテルが出来るんだ。

160411久里浜-17

浦賀港沿いを京急浦賀駅に向かって歩いて行くと、「浦賀の渡し」が。浦賀港は湾が深く入り込んでいるので、湾沿いにぐるって廻ると2.5kmくらいの距離を、渡し船だと僅か2分程度で到着。

160411久里浜-18
横須賀市テレビ広報番組によると約300年前からあるそうですが、両岸の住民にとっては道路が整備されている現在でも、渡船を利用するのが最も便利な往来の手段のようです。

肝心の船はどこにいるんだろって見回してみたら、海の上にいました。でも、舳先はコチラに向いているようですが、こっちに向かって動いているような雰囲気がありません。

160411久里浜-20

横の看板を見てみると、「ご乗船の方は上のボタンを・・・」って文字が。どうやら、運行ダイヤみたいなものは無く、両岸の中間(?)で待機していて、ボタンが押されると船着場に来るようです。

160411久里浜-19
看板には「横須賀市土木部」とありますが、横須賀市の「市道2073号」だそうです。全国でも珍しい水上の市道ってことですね。

この近辺には綺麗な遊歩道が整備されています。道路側はまだ工事中ですが、こうやって見てみると素晴らしい遊歩道が完成しそうです。

160411久里浜-21
そうか、西浦賀にはホテルが建設予定だし、既にヨットハーバーや、そのヨットハーバーに隣接するマンションがあったりで、浦賀は大きく変貌しようとしてるところなんですね。

私の浦賀のイメージは浦賀ドックなんですけど、今はほとんど稼動していないのかな。昭和18年製造の巨大クレーンも錆びてボロボロだし、敷地は切り売り(?)してるみたいだし。

160411久里浜-22

浦賀ドックのレンガ壁。見るからに歴史がありそうでしょ。

160411久里浜-23

2003年に閉鎖されたようです。敷地内には世界に4か所しか現存しないレンガ積みドライドック(水を抜いた状態で船を修理、建造する施設)があるそうで、見てみたかったなー。

160411久里浜-24

浦賀駅が近づいてきました。この古い建物は昔見た記憶があるなって調べてみたら、「1929年に浦賀の駅前に創業」ってありましたので、私が子供の頃にも間違いなくあったわけです。

160411久里浜-25

そして京急浦賀駅に到着。品川駅から三崎口駅へと続く京急線は、堀の内で浦賀方面へと別れますが、実はコチラが “本線” なんです。その京急本線の終着駅が浦賀駅です。

160411久里浜-26

全寮制で、8人部屋で、24時間一切のプライバシーが無くて・・・

浦賀駅から歩いて20分くらいで防衛大学に到着。小原台という丘の上にあるので、途中、かなり急で長い階段があり、更に坂を登って、辿り着く頃には皆ハーハーゼイゼイ。

正門を入って正面にあるのは本部庁舎。比較的最近建て直したようで結構新しいですが、防衛大学自体の創立は1952年とのことなので、60年以上前のことです。

160411久里浜-27

防衛大学は防衛省施設等機関として、諸外国における士官学校に位置づけされ、 “幹部” 自衛官となるべき者の教育を前提にしています。

なので、卒業後は陸上・海上・航空自衛官に任官し、原則各幹部候補生学校(陸上・海上・航空)へと入校することになるそうです。

これはよく知られていることですが、 “採用” 後は国家公務員となるため、給与や被服が支給されます。学生手当という名の給与は月額10万円少し、賞与が年額約32万円とのこと。

そうなんです、「入学」ではなく「採用」なんです。だから、入学試験も「採用試験」が正式呼称となるそうです。

ここは、卒業式の帽子投げで有名な「記念講堂」。あの投げ上げられた帽子は、卒業生が退場した後に下級生が回収するそうです。

160411久里浜-28
先に書いた通り、帽子を含めた被服は支給品なので、卒業に際してすべて学校に返却するそうです。ただ、帽子だけは、欲しい人は購入することが出来るとのこと。

因みに全寮制で、寮は1年生から4年生までが同室で生活する8人部屋。1年生は、冠婚葬祭など特別の理由がない限り、外泊出来ないそうです。

これはねえ、かなり厳しい環境だと思いますね。24時間上級生や同級生と同じ部屋で、一切のプライバシーが無く、自由に外出もできず、生活は朝6時から夜の10時消灯まで、分刻みでスケジュール規制され、自習時間にテレビを見たくても見られないし、ゲームもできない。

その4年間に耐えての卒業(ま、途中からある程度は慣れるのでしょうけど)。帽子投げという形で、その歓喜を爆発させているのでしょうね。

最後は中央酒場、そしてドブ板横丁で

さて、防衛大学の後は横須賀中央駅に戻り、このところ足繁く通っている中央酒場で反省会という名の打ち上げ。

焼酎ボトルをキープしてあり、その期限が切れそうだからというのが、今回の防衛大学見学の裏の(真の?)目的。期限切れ間近のボトルを飲み干し、また新しいボトルを入れて帰って来ました。

最後は、これまた横須賀に来たときの習慣のようになってしまったドブ板横丁を訪れ、バーボンをロックでグラス2杯。これにて本日のノルマすべて達成です。

160411久里浜-29


“横須賀” と “年末” ってのは、なぜかシックリと来る

今年も今日を入れて後4日で終わり。今日は今年最後の忘年会が横須賀で開催。

年の瀬の岸根公園。空は快晴。陽気も12月とは思えないような暖かさ。

151228横須賀-01

京浜急行の途中駅で下車をし、少し歩いてJR横須賀駅に到着。って、横須賀駅って駅前に本当に何も無い駅なんだなって、来るたびに実感。

151228横須賀-02

横須賀港の「軍港めぐり」ツアーに参加したのは、ちょうど1年前の12月。今日は再び「軍港めぐり」ツアーの船に乗ります。所要時間約45分、1400円の船旅です。

151228横須賀-03

何かと話題に登るイージス艦ですが、こちらは日本の海上自衛隊のイージス艦が帰港してきたところ。イージス艦の外見上の特徴は、艦橋(でいいのかな?)に見える八角形の白い模様。

151228横須賀-04
イージスってのは、ギリシャ神話でゼウスが娘アテナに与えたという盾(胸当)のこと。この盾はあらゆる邪悪を払うとされているそうですが、この八角形はそれを象徴してるかのようです。

イージス艦は一度に200を超える目標を追尾し、その中の10個以上の目標を同時攻撃する能力を持ってるそうですが、それを可能にしているのが、この艦橋の前後左右4箇所にある八角形の後にあるレーダーと、そして高度な情報処理システムです。

さて、1年ぶりに「軍港めぐり」ツアーに参加した目的は、このアメリカ海軍所属の空母「ロナルド・レーガン」です。

151228横須賀-05

横須賀を事実上の母港とする “原子力” 空母としては2隻目で、「ジョージ・ワシントン」の後継。横須賀は米海軍が本国以外で唯一、空母母港とする拠点なんですね。

原子炉を2基搭載し、その出力は福島第一原発1号機レベルとのこと。乗員数5000人。なので、空母が港に居ると居ないのとでは、横須賀の町の景気も随分と違うそうです。

151228横須賀-06

こちらの2隻は確か機雷の探知船だったような。説明を聞いたんだけど、記憶が微妙に曖昧で。奥の604が樹脂製で、手前の302は木造船だったと思う。

151228横須賀-07
機雷には磁力で反応するのもあるので、鉄製の船ではダメだそうです。以前は、木造船ばかりだったのが、今は樹脂製が主流に。木材が高いってのもあるけど、木造船を作れる船大工(?)がもう4人しかいなくて、その4人の内の一番若い人で80歳だとか。これは辛いね。

大きな戦艦の横腹に2隻のタグボートが船の鼻先を当てています。大きな戦艦は小回りがきかないので、狭い湾内ではこうやってタグボートに押してもらって向きを変えたりするとのこと。

151228横須賀-08

行きに出合った海上自衛隊のイージス艦にまた出会いました。こんなに近くを通るとは思わなかったので、ちょっとビックリ。

151228横須賀-09

海上から見た護衛艦「いずも」。空が少し赤みがかってきました。

151228横須賀-10

帰ってきました。後方の建物に2枚の旗がかかっていますが、これは「二字信号」で「ご安航を祈る」という意味を表しています。ジブリ映画のコクリコ坂を見てから知ったこと。

151228横須賀-11

さて、2015年最後の忘年会の開始です。今日の会場は、横須賀中央駅そばの「中央酒場」。通の間では、「チュウサカ」の愛称で呼ばれてるようです。

151228横須賀-12

以前から一度入ってみたいと思っていたお店。ここ、朝の10時から開店してるんです。辛うじて席を確保し、落ち着いて店内を見てみると、お品書きがずらーっと。

151228横須賀-13

料理も美味しく、雰囲気も素敵な飲み屋でした。是非、また訪れたいな。

外に出てみると、中央駅前には電飾が。なんか、いかにも年の暮れって感じがする。

151228横須賀-14

帰りの電車は京急の汐入駅から乗ることにし、途中のアメ横で軽く二次会。

151228横須賀-15

いやー、本当に2015年が終わってしまうんですね。


<< topページへこのページの先頭へ >>