スマートスケールを1ヶ月間使用してみて分かったこと

スマホと連動してデータを蓄積してくれる体重計(スマートスケール)を使い始めてから丸1ヵ月が経ちました。

使っているのはマルティファンというメーカーのもの。

スマートスケール本体

使い始めて最初に感じたのは、データを自動で記録していってくれるってのは、本当に便利ってこと。何しろ、体重計に乗るだけでいいんですから。

体重計に乗った時にスマホがスリープ状態だったとしても、後でアプリを起動させてみると、データはキチンと記録されています。

蓄積されたデータを見るのは楽しい

下の左側は「計測」画面ですが、ここから「チャート」をタップすると、これまでに蓄積してきた様々なデータを見ることができます。

スマートスケール1ヵ月-1

履歴データを見てみると、3月は(たまに抜けてる日もあるけど)結構頻繁に測定してきたことが分かり、例えば16日測定の体重は67.4kgで、BMIは23.9、って具合。

もちろん、グラフでの各種データ推移も確認できます。それも、週、月、年単位で。

グラフで見れるデータは、体重、BMI、体脂肪率、体水分、骨格筋、基礎代謝量の6種類。下のグラフの左側は体重の推移で、右側は体脂肪率。

スマートスケール1ヵ月-2

体重ってのは、毎日微妙に変動してるんだなってのが分かった。

単に体重計の測定誤差(バラツキ)って可能性もあるけど、その都度のデータは何となく納得できる(今日は運動したから下がったんだな、とか)ので、結構正確な数値だと思う。

もう一つ分かったのは、生活を変えなければ、体重も変わらない(下がらない)ってこと。

筋トレ(腹筋、スクワット、レッグレイズ)は継続してやっていますが、足を痛めてからまだ回復途上にあるので、ランニングは抑え気味。

となると、体重は下がらない。それどころか、傾向を見ると月の前半は微妙に減少傾向なのが、後半は上昇傾向に変わったように感じる。

うーむ、確かに3月の後半は天気とのタイミングが合わずに、前半よりさらにランニングの機会が減ったので、それが影響しているのかもしれません。

邪魔にならないし、体重測定を毎日の習慣にするのも簡単

体重計自体も26cm×26cm×厚さ2.5cmと、コンパクトで軽いので、片付けるのも楽。使い終わったら本棚に戻せばいいので、邪魔になることも無いし。

本棚の体重計

電源スイッチも無く、体重計に乗るとスイッチオンで、そのまま放っておくと自動的にスイッチオフになります。なので、本棚から取り出し、体重計に乗り、本棚に戻すだけ。

スマホへのデータ記録も含めて、10秒もあれば体重測定のすべての動作が完結します。

「毎日体重を測定する」という動作に対する “敷居” がメチャクチャ低いんです。

そして、毎日体重を測定して、それを継続したデータとして確認出来るということは、運動をして体重を減らそうというモチベーションアップに直結します。

ということで、4月は運動しますよ!


スマホとBluetoothで接続する体重計を使ってみた

スマホとBluetoothで接続して、測定データをスマホ内に取り込んで記録してくれる体重計。いわゆるスマートスケールってやつを買ったのは今年の正月明け。

ところが、スマホと連動するためのアプリ「Yolanda-Healte Fitness Tool 」が「Android4.3以降のスマホに対応」ということで、当時の私のスマホ(Android4.1)で使えないことが分かって・・・・

結局スマホを買い替えて、1月下旬には使うための準備は整っていたんだけど、使わないまま時が過ぎ・・・・

一つには、以前から使っていたオムロンのカラダスキャンからデータを読み取って記録していくのに慣れてしまって、このルーティンを変える方が面倒くさくなってたんです。

でも昨日、ランニングを再開したのを機に、このスマートスケールに移行することに。

スマート体重計

スマホと連動させてみた

「Yolanda-Healte Fitness Tool 」をダウンロードし、起動するとログイン画面になります。以前作ったアカウントでログインし、次の画面で重量単位を設定。

yolanda1

続いて「機器のペアリング」になりますが、ここの説明が分からない(日本語がおかしい?)。機器に立てて下さい?

yolanda2
本体に乗ると自動的に電源が入るので、逆に言えば乗らないと電源が入らない。ということは、「機器の上に立ってください」ってことかな? 下の絵もそうなってるしね。

いずれにせよ、ぺアジング自体は簡単に出来ました。スマホ側にデバイス(QN-Scale)が表示され、スケール側にもBluetoothのアイコンが表示されました。

機器間の測定データ差異は

実際に測定してみた結果がこちら(体型が「やや肥満」になってるのが恥ずかしいけど)。

yolanda3

カラダスキャンとの測定値を比較してみたのが以下の表。

 QN-Scale カラダスキャン
体重(kg)68.168.2
BMI24.124.4
体脂肪率(%)21.122.5
皮下脂肪(%)18.815.7
内臓脂肪711
基礎代謝(kcal)15301567
体内年齢5952

項目によっては微妙な誤差があるけど、まあそれなりに信頼が置けそうなデータなんじゃないかな。

過去のデータを蓄積していけたり、その変化を項目ごとにグラフ表示出来たりするようですが、まだ1日分のデータしかないので、この辺りはまた後日紹介したいと思います。


スマホと連動してくれる体重計を買ってみたんだけど・・・・

正月の怠惰で弛んでしまったお腹(ま、正月以前からだけど)を引き締めるべく筋トレに取り組むことを決意し、そのモチベーション維持の目的もあって毎日体重等のデータを記録しています。

でも、オムロンのカラダスキャンからデータを読み取って記録していくのが結構面倒くさい。

ずいぶん前に買ったものだからなのか、体重以外のデータを見るには、2つの切り替えスイッチでディスプレイの表示を切り替えていく必要があるんです。

カラダスキャン表示

そして、そのデータをPCでエクセルに記録していくという手順を行っていますが、表示されるすべてのデータを記録しようとすると、14種類もあるんです。

そこで買いました。スマホとBluetoothで接続して、測定データをスマホ内に取り込んで記録してくれる体重計。いわゆるスマートスケールってやつです。

スマートスケール箱

日本メーカーのものではありませんが、デザインもスッキリしていて美しいです。トップ面は全面が強化ガラスで覆われ、フラットなので掃除も簡単そうです。

スマートスケール本体

小さいってのもありがたい。洗面所にカラダスキャンを置いていたのですが、表面積も大きいし、厚みも結構あるので、結構存在感があって邪魔と言えば邪魔だったんです。

また、洗面所に置いておくと、ホコリが積もったり、隙間にゴミが溜まったりで、どうも目にする度に「汚いなー」って思ってた(こまめに掃除しろって)ので、掃除が楽なのも嬉しい。

体重計新旧大きさ

重ねてみると、こんなに小さいんです。

体重計新旧大きさ比較

いやー、これはいいなー、さっそく使ってみようと思い、本体裏側に貼られているQRコードをスマホで読み取り、アプリをダウンロードしようとしたら、こんな表示が!

バージョン非対応

バージョンに対応してない!? 

Amazonの商品説明には、「Android4.3以降のスマホに対応」と書かれていて、私のスマホのバージョンは4.1.2。購入してから既に3年近く経ちますからね。

もちろん、商品説明の「Android4.3以降」という記述には購入前に気が付いていたんだけど、カスタマー Q&A の「回答」に、「弊店の商品はandroid4.0以降対応できます」とあったので。

結局は、「Android4.3以降のスマホに対応」というのが正しいようです。

さて、困ったな。スマホの買い替え時かな。


<< topページへこのページの先頭へ >>