初めてのスケッチアップ - (3)板材で床を作る

3次元モデリングソフト スケッチアップの使い方を、自分でも学びながら、備忘録的にまとめておこうという「初心者のための初心者講座」第3回。

第2回の前回は、ウッドデッキの床板を作るための板材(105mm×30mm×1800㎜)を作りました。

今回は、この板材をコピーして床を構成していきます。

「移動」ツール(M)を選択し、カーソルを立体の上の持っていくと、その場所によって「エッジ上グループ内」とか「面上グループ内」とか出て来るので、ここは取り敢えず「エッジ上グループ内」のところでマウスクリック。

コピー1

その状態でカーソルを動かす(ドラッグではない)と立体も一緒に動いてきますが、ここで気を付けるのは「緑の軸上」で移動させること(軸に沿って動かすこと)。

コピー2

そのまま適当なところで[Ctrl]キーをクリックすると、コピー状態となって、移動する前の位置にも元の立体が現れます。

コピー4

板と板の間に5mmの隙間を設けたいので、移動距離を110mm(板幅105mm+隙間5mm)として、キーボードから入力してリターンを押すと、コピー位置が確定されます。

1800×1000mmの床を作りたいので、この板材を9枚並べることにします(105×9+5×8=985mm)。

やり方は、先の「110」の入力とリターンに続いて、「*8」と入力してリターン。

コピー5

なんか小さいのでウッドデッキというよりも簀の子みたいになってしまいましたが、取り敢えず床板が完成しました。

次回、床板の裏側に脚を立てていきます。


初めてのスケッチアップ - (2)角材を作る

フリーの3次元モデリングソフトであるスケッチアップの使い方を、ネットの情報を参考にしながら手探りで学んでいこうという「初心者のための初心者講座(?)」第2回。

第1回目は、環境設定とショートカットキーを学びました。今回は、実際に図面を描き始めてみようと思います。

題材はウッドデッキ。試しに小さめなものを作ってみます(床サイズ1800×1000mm)。

今回は、床板を構成する角材作りから。サイズは、105mm×30mm×1800㎜。

長方形を描く

「長方形」ツール(R)で、3軸の原点(赤、青、緑軸の交点)から長方形を描きます(原点に合わせなくても描けるけど、3軸に合わせて置くと、後々作業が楽になります)。

原点付近でマウスをクリックし(ドラッグではなく、一旦、指を放す)、カーソルを移動すると軸に沿って長方形が描かれます。

※スケッチアップの場合、「ドラッグではなく、クリックしてマウスを動かすという操作」が多用されます。

スケッチアップ1

この状態で、「1800,105」(板材のサイズ)をキーボードから入力すると、ウィンドウ右下の「寸法」欄に数値が入り、リターンを押すと 1800×105mmの長方形が描かれます。

スケッチアップ2

プッシュ/プルツールで立体にする

続いて「プッシュ/プル」ツール(P)を選択し、カーソルを長方形の上に持ってくると、その長方形に細かいドット模様が入るので、マウスをクリック(して、指を放す)すると選択状態となります。

スケッチアップ3

そのままカーソルを上方向に持ち上げると、長方形に厚みが出来て立方体となるので、ここで板厚となる「30」を入力しリターンを押せば、105mm×30mm×1800㎜の板材完成。

スケッチアップ4

独立した線と面の “集合体” から、一塊の立体にグループ化する

ここで一旦、この立体を「グループ化」するという手順を踏んでおきましょう。

グループ化していない立体は、それぞれ独立した線と面の集合体なので、作業手順を間違えたりすると、線や面が(意図せず)移動してしまうことがあります。

グループ化することによって、「独立した線と面の集合体」から1つの “塊” とするのです。

「選択」ツール(Space)を選択し、ドラッグして(ここはドラッグ)立方体を囲むように枠を作ると、立方体の線が青に変わり、ドット模様も現れ、選択されたことが分かります。

立方体2

続いて、選択された立体の上で右クリックし、「グループを作成」を選択すればOK。

立方体3

板の模様(テクスチャ)を貼り付けて板らしくする

さて、ウッドデッキの床を作るのにこの板材を必要な枚数分コピーしていくのですが、折角なので木材のテクスチャを貼りつけてみましょう。

バケツアイコンの「ペイント」ツールを選択すると、ウィンドウの右側にトレイが出現するので、そこの「マテリアル」の中からプルダウンで「木材」を選択します。

更にその中から好みのものを選んで、立体の上でクリックすれば木材の出来上がり。

テクスチャ

次回、この板材でウッドデッキの床を作っていきます。


微妙に怖さを感じるくらい簡単に遠隔操作できるAnyDesk

PC関連にあまり詳しくない友人のPCの面倒を見ているというか、諸々の質問に電話で答える機会が結構あります。

と言って、私自身もそれほどPCに精通しているわけではないので、大概は電話の向こうの状況を聞き、それと同じ操作をこちらのPCでやってみて不明点を探ります。

そして、今度は向こう側にこちらと同じ操作をしてもらうことで問題を解決していく。電話越しにそんなやり取りをすることで解消してきました。

ただ、これって私のPCも友人のPCも同じOS(Windows7)なので出来る話で、Windows8を使っている別の友人から質問された際には対応できなかったことも何度かありました。

そんな状況の中、私のPCを入れ替えたのを機にWindows10へとアップグレードしました。ということは、友人のPCもWindows10へとアップグレードしないと、今後の支援に支障が出てきそうです。

ということで先日、友人の家に出向き、半日かけてWindows10へのアップグレード作業をやってきました(苦労するかなって思っていたら、案の定途中で進行が止まったりと苦労しました)。

その際、いくつか友人の役に立ちそうなソフトをインストールしてきたんですが、今日はその中の一つ、AnyDeskというリモートデスクトップソフトを紹介したいと思います。

AnyDesk
リモートデスクトップソフトってのは、前振りで書いたような状況で、私のPCで友人のPCを遠隔操作出来るようにするソフトで、友人に電話で「あれやって、これやって」と言う必要が無くなります。

まあスピードの問題とか含めて、使い勝手はどうなのかなって疑念があったんだけど、数日前に早速このソフトのお世話になる機会が発生。

実際に使ってみての感想は・・・素晴らしい、の一言。

とにかく簡単に使える。インストールする必要も無い。双方のPCでダウンロードして起動すれば、何の難しいこともなく私のPC上に、友人のPCのデスクトップが現れます。

双方で起動して、相手方の番号を教えて貰って入力するだけ

手順を簡単に説明しておきましょう。

双方でAnyDeskを立ち上げると、下のようなウィンドウが開きます(先方側も同じ)。

AnyDesk1

ここで、電話等で相手方(友人側)の「このワークスペース」の「AnyDesk アドレス」に表示されている数字を教えて貰い、それをこちら側の「ほかのワークスペース」の空欄に書き込んで「接続」。

すると、相手方の承認待ち状態に。

AnyDesk2

相手側の画面には、こんな感じの「承諾 or 拒否」ウィンドウが出るので、ここで承諾を押して貰う。

AnyDesk3

これだけ。

これだけで、いきなり相手方のPCのデスクトップが私のPC上にウィンドウとして出現します。

AnyDesk4

上は、ウィンドウとして開いた相手側のデスクトップ。現在接続している(先方から見た)相手方が明示され、終了ボタンもあるので、(何かあった際)相手方から終了させるのも簡単に出来ます。

こうなれば、こちらのマウスやキーボードの入力が相手方のPCでそのまま反映されるので、これで相手方の問題を解消すればいいだけ。本当に簡単。

微妙なディレイは感じるけど、操作に支障をきたす程ではないので、自分のPCで操作してるのとそれほど違わない感覚で相手側のPCで作業が可能です。

いやいや、これは本当に便利なソフトだわ!

因みに、ソフトを終了する時に「インストールしますか?」って聞かれるけど、このままインストールしなくても使えます(インストールしていないと正常に動作しない設定も一部あるようですが)。

もちろん、インストールしてもOKだけどね。

そう言えば、今回は電話でやり取りをしながら私の方で友人のPCを操作したけど、「承諾 or 拒否」ウィンドウのチャットアイコンをクリックすれば、テキストチャットでのやり取りも可能。

いやいや、これは本当に便利なソフトだわ!



テスターの使い方を学んでみようか -- 初歩の初歩

前回紹介したVICTOR VC921 というテスターを買ったら、「レンジ切替つまみ」の切り替え先に、(テスターでは)これまであまり見たことがなかったマークが入っています。

マーク自体はダイオードとコンデンサを表してるんだってのは分かるんだけど、どういう時にどうやって使うのかが分からない。

テスターレンジ切替2

VICTOR社のHPからマニュアルをダウンロードして読んでみると、大体上の写真のような感じ。

先ずはテスターの基本から

テスターの計測機能として基本的なものは、電圧(AV、DC)、電流(DC)、抵抗(導通)の3つでしょうかねえ。少なくとも、以前使っていたテスターはこの3種類+電池の状態が測れました。

電圧の測定方法だけは知っています。測定対象に対してテスター(のプローブ)を並列に入れていけばいいんです。

すなわち、回路内の電球にかかる電圧を測定するには、電球の両極にプローブを当てるってことです。もちろん、電源のプラス側にはテスターのプラス側を、マイナスにはマイナスを合わせてね。

電圧測定

電流を測定する際には十分に注意すること

今回購入したデジタルテスターに電流の測定レンジはありません。これは購入する前から分かっていたことで、電流用のレンジがないテスターは結構ありますね。

今回、いろいろと調べていて分かったことは、電流を測定する際には十分に注意する必要があるということ。間違った接続方法をすると、簡単にテスターを壊してしまう可能性が高いと。

電流測定の正しい接続方法は、回路に直列にテスターを挿入すること。つまり、測定する回路を一旦切り離して、その間にテスターを入れることでテスターが回路の一部になるように接続する。

電流測定

へー、そんなの全然知らなかった(というくらい、こっち方面に関しては無知なんです)。

「回路を開かなければならないので、テスターで電流を測ることはめったにありません」といった類の意見も多く見かけました。それなら、素人の私には返って測定できない方がいいのかもと。

回路内に組み込まれている抵抗を測定することは出来ない!?

抵抗値を測るのは特に難しいことはなさそうです。これも抵抗の両側にプローブを当てて測定します。抵抗の場合は、+-を気にする必要もありません。

抵抗測定

但し、回路内に組み込まれている抵抗を測定することは出来ないとのことです。なぜなら、抵抗は他の部品との合成抵抗になってしまうから。

なるほどー、そうなんだー。

へんてこりんな図ですが、考え方としてはこういうことですよね。短い方の「A-B間」の抵抗値を測定しようと思っても、長い方も「A-B間」になるわけで。

A-B間?

また、以前のアナログテスターを使っていた時は、導通を検査するにはレンジを抵抗に合わせていましたが、このテスターは導通チェック用のレンジがあります。

導通している時はブザーで知らせてくれるのですが、抵抗値が「0」で鳴るのかと思ったら、説明書によると50Ω以下で鳴るとのこと。多少の抵抗はあっても鳴るって事です。

付け加えて言えば、導通チェックも抵抗値を測るのと同じことなので、これも回路内の「A-B間」を調べるには、 “裏側” で繋がっていないことが明確な場合以外は検査できないってこと。

テスターの使い方くらい知ってるだろって思ってましたが、基本の基本でさえ正しい知識を持っていなかったことを痛感しました。

知ってる人にとっては、「そんなことさえ知らなかったの?!」って呆れられるでしょうね。

そんな不安を抱えながら、次回の中級編(っていえるのか?)へと続きます。


ガラスカッターで真っ直ぐ切るためのコツは敢えて傾ける?

前回、100均のガラスミラーを切り刻みながらガラスカッターの使い方を練習したのですが、今回はその練習の最後にぶつかった “難題” のお話。

簡単に言ってしまうと、「真っ直ぐ切れない」ってこと。もちろん、このために買った滑り止め付きのアルミ定規を使い、それに沿って真っ直ぐ切っている積りなのに、です。

アル助表

因みにこの定規、カッターの刃を当てる側の高さは4mmあります。ガラスカッターの金属製ヘッドの中央に位置しているローラーチップ(回転刃)は、ヘッドから約1mm出っ張っているので、このヘッドをガイドする定規の高さ(厚み)は最低でも2mmは必要です。

ところが、この定規の厚みが、ガラスを真っ直ぐに切る際の障害になっているということに、色々と考察した末に気がつきました。

ローラーチップタイプのガラスカッターには “直進性” があるようです

もう一つ、これも要因の一つなのではって疑っているのは、(反対のことを言っているように聞こえるかもしれませんが)ガラスカッターの(あるいはローラーチップの) “直進性” です。

ガラスカッターローラーチップ

前回のカット練習の最後に、定規を使わずにガラスをカットしてみたのですが、カットラインを曲げようとしても直進しようとする力が働いていて、カットラインは真っ直ぐになってしまいます。

もちろん、最初から曲線でカットする積りでもっと力を入れていけば曲がっていくのでしょうが、ちょっとくらいの力で曲げようとしても曲がりませんでした。

これは、ローラーチップがガラスの表面に溝を掘り、その自分で掘った溝に沿って真っ直ぐ進むような力がローラーチップに働いているのだと想像できます。

このローラーチップの直進性を頭の隅に置きながら、大きな要因の一つであろうと思われる “定規の厚み” と “ガラスカッターヘッドの厚み” について考えてみたいと思います。

何よりも、カットしながら刃先(ローラーチップ)を目視出来ないのが元凶

冒頭に「真っ直ぐ切れない」という表現をしましたが、具体的には直線ではなく “弧” を描いてしまうんです。切り幅20cmの切り始めと切り終わりを直線で結ぶと、中心部で1mm近く凹んだり出っ張ったりしてしまいます。

ちょっとデフォルメして描くとこんな感じ。
弧を描くカットライン

この状況を生み出す定規とガラスカッターのヘッドとの関係を以下のように図解してみました。

定規とカッターヘッド
常に(a)の状態になっていれば、なんの問題も無くスッキリ直線でカットできますので、目指しているのは当然この状態です。

ところが、定規とカッターヘッドとが常に接触していることだけに注目して作業していると、例えば(b)の状態になっていたとしても、上から覗き込んでいるだけでは分かりません。

上から見ている限り、(b)の状態でも定規とカッターヘッドとは接触している訳ですから。これが、刃先と定規との接触が常に目視できる普通のカッターならなんの問題も無く修正できるんですが。

どれくらいの影響になるかと計算すると、定規の厚みを4mmとし、例えばガラスカッターが5度傾いていたとすると、カットラインは定規に沿った直線よりも0.35mm外側へと膨れてしまいます。

10度で0.7mm。なんだかんだ10度くらい傾いていても意外と分からないもんなんです。

ここにローラーチップの直進性が加わると

そしてこれに拍車をかけているのが、先に触れたローラーチップの直進性です。

ヘッドと定規とをスクエアに押しつけている積りでも、カット方向に対して微妙に傾いていたりすると、刃は勝手にそっちの方向(定規から離れる方向)へ向かおうとします。

イメージ的には、切り始めから少しずつカッターの刃は外側へと膨れていき、でも常に定規とカッターとを接触させようという力をかけているので、真ん中辺りで今度は逆方向へと方向転換し、最後はピッタリと接触する、みたいな感じでしょうか。

これでも、定規の上端とヘッドとは常に接触した状態のまま(気付かないまま)で可能な訳です。

うーむ、これが(c)の状態になると、上から見ているだけでも分かるので修正できるんだけどなーって考えていたら、いや待てよ、かえって(c)の状態を保った方が直線に近づくのではないかと。

ヘッドからローラーチップの出っ張り寸法は約1mm。これだと、同じ傾き角度でも定規と刃との乖離は、(b)の場合の1/4となる計算です。

尚且つ、(c)の状態ならば、上から見ながら定規とヘッドとの隙間をコントロールする(あまり大きく開かないようにする)ことが出来ます。

ということで、取り敢えず現時点の “コツ” としては、定規とカッターヘッドとがピタッと合うのを目指すのではなく、気持ち的には(c)の状態を心掛けながら、その隙間を出来るだけ小さくしていく、って感じでしょうか。

この感覚を持って、本番前にもう一度練習をしたいなあ。


<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>