窓用エアコンが物凄く振動しながら盛大な騒音を出してる

長男の部屋に窓用エアコンを設置したのは確か4~5年前のこと。Haier というメーカーの「JA-16L」という型番の製品でした。

それが去年の夏あたりから調子が悪い。冷房能力には問題ないんだけど、物凄い騒音が発生していて、稼働した状態では眠れないような状況。

内部の回転体から発生している振動と音なので、例えばファンがどこかに接触しているってことも考えられるけど、音と振動から考えると、回転体が偏心しているような気がする。

取り敢えずバラしてみようかと窓枠から外してきました。

Haier JA-16L本体

表側から見えるネジをすべて外してみたけど、前面パネルも後面パネルも外れそうな気配がなく、ガッチリと固定されたまま。

うーむ、こいつは手強いかもって思いながら、もしかしたら業者に修理をお願いした方が賢明かもって考え始めていました。

で、過去に書いた自分のブログを確認したら、「25,000円を切った価格」で購入したって書いてます。業者に修理をお願いしたら、まあ1万円以下ってことはないんじゃないかと。

25,000円で買ったものの修理に1万円払うくらいなら、イチかバチか自分でトライしてみた方がいいんじゃないかなって判断しました。

で、アチコチに少し強めの力を加えていったら、バキッて音がして表側のパネルが外れました。そこから、裏側のパネルを外すのは簡単でした。

ファンの上部軸受けが遊び回ってる

縦長のファンが見えていますが、こちら側は外気(窓の外から)を取り込むためのファン。対面にもう一つ似たようなファンがあって、そちらは冷気を室内に送り出すためのもの。

IMG_0189


上から見たところ。左右の赤丸には、2つの縦長のファンの(上側の)軸受けがあります。この状態でエアコンを起動してみたら、騒音と振動の原因が分かりました。

2つのファン

左側のファンは何の問題も無くスムースに回転していますが、右側のファンはブレブレにブレながら物凄い音と振動を生み出していました。

スポンジ状のカバー(?)を剥がしてみると、ゴムに包まれた軸受けブッシュが全く固定されている様子がなく、前後左右に盛大に動き回っています。

外ファン軸受け

上部パネルを取り外してみると、2つの縦長ファンが姿を現します。

ファン2つ

こちらが取り外した上部パネル。左側が正常な状態の軸受けで、右側が固定されずに暴れ回っている軸受け。でも、両者を見比べてみても、どこに違いがあるのか分かりません。

軸受け違い

何度も繰り返し見比べていたら、やっと違いを発見しました。下は、正常な軸受けですが、パネルの穴の縁に当たるように楕円形の突起があります。

軸受けゴム突起
固定されていない側の軸受けには、この突起の跡形もありません。多分、削れてしまったんでしょうね。そして、この突起が無いので、軸受けが “遊んで” しまうんです。

遊んでる軸受けを両側から挟んで固定する

原因が分かれば、対処方法は難しくありません。軸受けを包み込んでいるゴムカバーの遊びを押さえるように、両側にアクリル板を両面テープで貼り付けました。

軸受けゴム固定

もちろん、両面テープだけでは支えきれないと思うので、アクリル板の外周をグルーガンで固めて修理完了。

修理完了

これで完璧でしょって思っていたら、ちょっと甘かった。不具合があった側のファンは、軸受けが暴れ回っていただけではなく、ファン自体が偏心していました。

もう、見るからにファンの外周が楕円軌道を描いています。原因は分かりません。

そもそも、最初から偏心はあったのか? その偏心によって生まれる振動が、ゴムの突起を削り取ってしまったのか? 

あるいは、何らかの理由でゴムの突起が削り取られてしまった結果、軸受けが暴れ、それが偏心を生み出してしまったのか?

ま、分かりませんね。

そして、偏心自体を直すのは難しいと思うので、更に手を加えるとすれば、ファンの片面(軸から短い方)に鉛片等を貼り付けて、重量バランスを取るって感じでしょうか。

ま、軸を固定したことで、音と振動は大幅に軽減したので、今回は取り敢えずそこまでせず、ここで一旦修理完了としました。


浴室の中折れドアの戸車を修理しようとしたんだけど・・・・

浴室の中折れドアから戸車が転げ落ちてきて、こいつをを直したいんだけど、固定していたネジが固着してしまってビクともしない。

ドライバービットの先を万力でネジの頭に押し付けておいて回そうとしたら、ドライバービットの方が折れてしまう始末。

こいつぁ、お手上げだ!って放っておいたんだけど、毎日お風呂場に入る度に思い出させてくれるので・・・・

こうなりゃ最後の手段です。ネジの頭から穴を開けていきます。

使われているのはM4のネジなので、Φ3mmのドリルで、ネジ頭のセンターに穴開け。

ドリルでネジ頭

片側は穴開けの途中で、ネジ頭が破断して取れました。もう片側は、ドリル頭が3mmくらい入ったところで緩んできたので、そこで穴開け作業終了。

ドリルでネジ頭2

ペンチで掴んで回したら、簡単に取れました。

ドリルでネジ頭3

ここまで上手くいくとは思わなかったな。数日悩んでいた問題があっさりと解決し、修理作業を先へと進められます。

微妙に曲がっていた滑車の軸をハンマーで叩いで矯正し、元通りに組み直そうとしたら、あることに気が付きました。

プラスチック製の滑車の溝が削れてしまっています。

滑車削れ2

多分、ある時から滑車が回らなくなり、固定された1箇所だけでドアの重みを支えながら往復運動をしている内に、どんどん削れていってしまったのでしょう。

傷ついてボロボロになってるなとは思っていたんだけど、ここまで大きなダメージを受けてるとは思わなかった。

これはもう直しようがないような気がする。滑車だけ交換できればいいんだけど、滑車の軸は固定されていて取り外せる構造にはなっていない。

戸車全体を交換するほかないような。でも、売ってるのかなって探してみたら、ありました。各部の寸法を精査してないけど、似たような形状のものが売られています。

でも、結構高い。送料を入れると3000円以上。うーん、悩むな。


浴室の中折れドアの戸車が、破断して落ちてきた

このところ、浴室の扉の調子が悪い。こんな感じの中央から2つに折れる一般的な扉。

浴室扉

扉上部の戸車が外から見える状態になっているのが不調の原因。これ、戸車がレールから外れているってことなので、扉を開けようと引くと、扉全体が外れてフリーになってしまう。

扉上部滑車

原因として考えられるのは、扉の重量を支えている下側の戸車が何らかの理由でずれてしまって、扉全体が下に落ちてしまっているんだと思う。

下部の戸車にスペーサーのようなものを挟み込んで直してみようと思ったのだけど、その戸車の構造が見えないので、手の出しようがなく諦めたのがちょうど1週間前。

それが昨日、扉を開けようとしたら戸車がコロコロと落ちてきた。ネジで固定されてた部分を見ると、相手側のブラケットが破断したように見える。

ドア滑車汚れ

扉の戸車があった辺りを観察してみたら、こんな状況になっていました。左側が外れた戸車を当てはめてみたところ。右側は戸車が外れた状態。

扉滑車破断

どうも何らかのブラケットがあって、それが破損したってことではなく、直接扉のフレームに固定されていたものが、その部分のフレームが破断したようです。

汚れを落としてみると、その状況がより明確になりました。

扉滑車きれい

さらに、外れ落ちた戸車を観察していると、どうも滑車の軸が曲がっているように見える。戸車のフレームから外して改めて見てみると、やっぱり曲がってる。

滑車軸曲がり

一方のフレームには、破断した扉の破片がネジで固定されたまま。先ずはこれを外さないと修理のしようが無いので、ドライバーで試みるも、ビクともしない。

CRC556を吹きかけ、丸1日置いて、再度試してみたけど、やっぱり動かない。

が、ドライバーを押し付ける力が弱いのも回せない原因の一つなので、それなら万力で挟んで固定しながら回してみることに。

ネジ外し

ネジは相変わらず動かないまま、ドライバービットの先が折れてしまいました。

ネジ外し失敗

さてさて困ったな。ほとんどお手上げ状態。ネジの頭をくわえて回すことが出来るというネジザウルスなる製品を買ってみようかな。


ノートパソコン内臓の光学ドライブの分解修理にトライ

酒飲み仲間から、ノートパソコンの内臓光学ドライブの調子が悪いんだけどって相談を受け、ちょっと中を見てみようと思い、本体から外して持ってきてもらいました。

パナソニックのUJ-260という内蔵スリムブルーレイドライブです。

症状としては、イジェクトボタンを押しても排出の途中で引っ掛かってしまい、手で引っ張っても抵抗があって出てこないとのこと。怖くて力任せに引っ張ることも出来ず。

さらに、イジェクトホールにピンの先を押し込んで強制イジェクト操作を行ってもトレーが出てこないとのこと。

ただし、PC本体からドライブを外して強制イジェクト操作を行うと、今度はトレーが出て来るらしいのだけど、ここの違いが分からない。コネクタから電力が供給されてるから?

何はともあれ、バラしてみよう(興味先行)

取り敢えず分解して、中の構造を調べてみます。ネジ3本を外せば簡単にバラせます。

内臓光学ドライブuj-260

裏側から見たところ(ここを見るだけならバラす必要は無いけど)。トレーをイジェクトする際に動く鉤爪が見えます。

uj-260裏側

上の写真の赤枠を拡大したところ。クリップを曲げて作ったピン先をイジェクトホールに差し込み、抵抗があるところから更に押すと、鉤爪が矢印方向に動いてロックが外れます。

光学ドライブ強制イジェクト

薄型光学ドライブの排出はシンプルにバネで押し出されるだけ

さて、ロックが外れたトレーはどうやって排出されるのか。

一般的なデスクトップに内蔵されている光学ドライブは、少し前にも分解修理をしているので分かっていますが、モータによって出し入れが行われます。

でも、今回のようなノートパソコンに内蔵されている薄型の光学ドライブにはそんな複雑な機構が無く、シンプルにバネの力で押し出されてきます(今回の分解で分かりました)。

下の写真で赤い楕円で囲んだところに直径1mmくらいのピンが見えると思いますが、このピンがトレーを排出する動力源となります。

スプリングピン

このピンは内側のバネによって外側へと押し出されているので、トレーを押し込むとピンがフレームに当たって内側に押し込まれ、バネの力が蓄えられます。

イジェクト操作(正規の場合でも、強制でも)が行われると鉤爪が外れ、ピン(を支えているバネ)がトレーを外側へと押し出し、排出動作となるわけです。

さて、ここまでやって来ましたが、排出動作が途中で止まってしまう原因が分かりません。

実際にドライブに電源を供給して動作させながら検証する積りだったのですが、ドライブのコネクタがMINI SATA (Slimline SATA)というやつで、わたし的には初出会い。

光学ドライブコネクタ

もちろん、手元に変換ケーブルなんてものの用意がされている筈もなく、電源で動かすことが出来ません。

ということで、ここで手詰まりです。でも、「ロックが外れるとバネで押し出されてくる」というシンプルな話なので、どこかを修理するとか調整する余地は無いような気もする。

一旦、持ち主に返して、もう一度動作確認をしてみるしかないかな。


折れたテーブルの脚を直す -- 簡単そうに見えて結構難しかった

テーブルのプラスチック製の脚が折れ、修理してくれないって息子から頼まれたのは夏前のこと。どうやって直せばいいんだろって頭を悩ませている内に半年が過ぎました。

折れたテーブルの足1

これ、修理するのが結構難しいんです。折れた箇所を単純に接着剤で補修すると、横からのちょっとした力にも耐えられないような気がします。

接着後に、接着面の周囲をホットメルト接着剤で固めることが出来れば十分な強度が得られると思うけど、ピッタリした穴に嵌め込む仕組みなので、外側を盛り上げることが出来ません。

内側からホットメルト接着剤で補強できれば、これはOKなんだけど、脚の形状的に不可能。

脚の内側の空間に木の角材を入れ、そこに折れたパーツを木ネジで固定したいけど、折れた下の部分が一段太くなっているので、折れた穴側から角材を入れていって固定するのは難しそう。

なんてことをアレコレ考えている内に半年が経ってしまった訳です。でも、年の瀬が迫って来て、このまま年を越すのは気分的に良くないなって思い、改めて修理方法を考えてみることに。

で、よーく見ていくと、脚の片側がキャップみたいになっていて、これを外すことが出来るかも、と。当初は接着されてるのかなって思ってたけど、内側を覗き込んでみると単に嵌めてるだけかも。

折れたテーブルの足2

で、穴の内側に棒を入れ、叩いてみると、あっさりとキャップが外れました。

折れたテーブルの足3

なんだー、最初からこれにトライしてみれば良かったんだな。こうなれば、なんとでもなりそうです。キャップ側から木の角材を入れ、適当なところで固定し、そこに破片を木ネジで固定する。

で、やった結果がこちら。端面が色々と加工されているのは、破片側の突起に合わせて穴を開けたり、溝を掘ったりしたもの。

折れたテーブルの足4

キャップ側から差し込んだ角材は、ホットメルト接着剤で脚の内側に固定しました。

折れたテーブルの足5

で、この角材に破片を木ネジ2本で固定。でも、木ネジで固定していな側が弱々しかったので、側面に適当な穴を開け、そこから内側に大量のホットメルト流し込み、木材と破片とをガッチリ固定。

折れたテーブルの足6

見た目はそれほど美しくないけど、強度は十分そうだし、また外側への出っ張りもないので、テーブル側の穴との篏合には何の問題もありません。

で、テーブルに固定して修理完了。

折れたテーブルの足7

ふーむ、半年宙ぶらりんになっていた懸案事項が1つ解決して、ちょっと気分がスッキリした。


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>