Picture of the month - May 2017

今年のGWは、4月末から南箱根に来ていました。雲の多い日も微妙に多かったような気もするけど、GW期間中の天気としてはまあまあだったかな。

pic of 1705-01

この時期辺りから、南箱根の姫の沢公園ではツツジの見頃を迎えます。

pic of 1705-0

熱海峠の東斜面に位置する姫の沢公園は、縦方向に2km近くも広がる広大な公園。なのでその高低差も結構ありますが、上から下まで歩いてみたのは今回が初めてこと。

pic of 1705-02

毎年、この時期の姫の沢公園には鯉のぼりが泳ぎます。こうやって見ると、ツツジの最盛期はもう少し先のようですね。

pic of 1705-04

中旬の週末には山下公園周辺で「世界トライアスロンシリーズ横浜大会」が開催され、日曜日に訪れましたが、この日はエイジグループ(一般参加)の競技日でした。

pic of 1705-05

前日の土曜日にはエリートグループの競技が行われましたが、土曜日は雨と風で寒く、参加者もボランティアの皆さんもかなり大変だったようです。

そして山下公園ではバラ園のバラが最盛期を迎えていました。

pic of 1705-06


pic of 1705-07


pic of 1705-08

外を歩いていても本当に気持ちがいいし、みなとみらいでは頻繁にイベントが開催されるしで、5月は毎週のようにみなとみらいを訪れていました。

pic of 1705-10

最近、カメラの「ジオラマ」というエフェクトモードを使って船を撮ると、面白い写真になるってことに気がついて、みなとみらいにくると色々な船で試している最中。

pic of 1705-09

下旬には山下公園で「ベルギービールウィークエンド横浜」というイベントが開催されたので、奥さんと2人でベルギービールを堪能しにやって来ました。

pic of 1705-11

私が頼んだのは右側の色の濃いビール(左側は、写真を撮る前に奥さんが一口飲んでしまった・・・・)だけど、フルーツ系でスッキリ甘くてとても美味しかった。

pic of 1705-12

自宅の庭先に咲いていた何てことない花。花の直径も1cm程度と小さな花ですが、こうやって写真に撮ってみてみると、普段思っていた以上に美しかった。

pic of 1705-13

月末に横浜スタジアム前の横浜公園を訪れた際には、様々な色のたくさんのユリが、うっとりと酔ってしまいそうな甘~い香りを振りまいていました。

pic of 1705-14

5月は「日が長くなったな」って実感する月ですよね。少しずつ少しずつ日が延びて、夕方の寒さも和らいできて、気がついたら「まだ明るいんだ!」って。

pic of 1705-15

そんな1年の中で最も気持ち良い5月も終わり。ってことは、次に来るのは梅雨だな。そして、ギラギラと太陽輝く夏がやって来ますね。


1年で最も気持ちの良い季節は、やっぱりGW近辺ですよね

GWを利用して南箱根にやってきました。

なにも1年で一番道路や観光地が混雑する時期に合わせて来る必要もないのにって思いも無くはないけど、でも1年で一番気持ちの良い季節だってのも事実。

170501南箱根-01

心地よい風を感じながら散歩していると、道端に何気なく咲いているタンポポでさえ(タンポポに失礼?)愛おしくなってくる。

170501南箱根-02

近所の方の庭が素晴らしくて道路脇から見惚れていたら、その家のご夫婦が出てこられて、宜しければ庭の内側もご覧になりますか?って仰って頂き。

170501南箱根-03

春の太陽を反射する花びらの紫が美しい。

170501南箱根-04

そして、この赤。奥深いというか、ゴージャスというか。自然の造形って本当に素晴らしいなって、最近は花を見るたびに思う。

170501南箱根-05

こんな不思議な花、初めて見ました。分かり難いかもしれませんが、花の中から2本の茎が伸びて、その先にまた花が咲いているんです。

170501南箱根-06

クローズアップで見ると、普段は見えないものが見えてきて、ますますマクロレンズに嵌りそうです。

170501南箱根-07

こいつは4~5mmくらいの小さな虫なので、肉眼で見てる時にはよく分からなかったけど、写真に撮って後で見てみると意外に可愛らしい?

170501南箱根-09

奥さんと2人で、久しぶりにゴルフ練習場にやって来ました。ここ、朝から夕方まで何時間、そして何球打っても料金は1500円と格安。でも、GWの割には空いてる。

170501南箱根-08

滞在中の天気は悪くなかったけれど、霞みがかってたり、雲で隠れたりしてスッキリとした富士山を見れる機会は少なかったかな。

でも、この日は雲と富士山との配置のバランスが素晴らしかった。雲一つない富士山も良いけど、雲の表情が加わった富士山もとっても魅力的。

170501南箱根-10

そんな感じの2017年のGWでした。


毎日のように表情を変える富士山と共に

昨年の夏以来なので、半年ぶりの南箱根。年末から正月にかけて来る予定がダメになり、1月の中旬に予定をずらしたら、そこもダメで、いつの間にか2月下旬に。

今日は朝からスッキリと晴れて、富士山も美しい。

170223南箱根-01
Google マップで距離を調べてみると、ここから富士山まで直線で約40km。以前、自宅近くから測ったら約80kmだったので、その半分と言えば半分だけど、まだ遠いな。

手前が丹那盆地で、その向こうに広がっているのは箱根の山々。

170223南箱根-02

夜になっても天気は良く、久しぶりに見た夜景も美しいなと。いつも、この明るい町はどこなんだろ?って疑問に。地図で見ると、沼津のような気はするんだけど。

170223南箱根-03

函南のユニクロにお買い物に来ました。そろそろ夕焼けが始まろうかという時間帯。

170223南箱根-04

ユニクロで買い物を済ませて外に出てきたら既に日は落ちて、空には綺麗なグラデーションが夜の始まりを告げていました。

170223南箱根-05

今日は横浜に帰る予定ですが、朝から雨。雨は別に構わないけど、帰り道に通る箱根峠は、この雲では先が全く見えない状態の筈。

170223南箱根-06

お昼頃から雨が上がり、下の方から雲が薄れてきました。

170223南箱根-07

そして、青空が。山の上に雲は残ってるけど、これなら通れるでしょう。

170223南箱根-08

夕方、帰路で見た富士山。なんか、墨絵を流したような感じの風景でした。

170223南箱根-09


型紙作りから丸1年、やっと腐食したトイレの床の修理が完了

前回、GWに来た際に修理完了一歩手前まできた下のトイレ(湿気が多い場所)の床ですが、今回で完了予定です。結局、型紙作りから初めて丸1年かかってしまいました。

今回、古い床板の上にベニヤ板で作った新しい床板を重ね、木ネジで止めていきますが、その前にコーナーの腐食の手当をしておこうと思います。

トイレコーナー

その目的で、幾つかのL型金具を持参してきました。

コーナー金具

両側から来ている裾板(って名前?)が、角の部分で浮いてしまっているので、先ずはこれをピッタリくっつけるようにステンレス製のL型金具で固定しました。

さらに腐食した角周辺の床は少し落ちてしまっている状態なので、床板を持ち上げるようにしながら2個のL型金具で裾板に固定。

金具固定

ま、木ネジで固定した部分の木材も腐食が進んでいる状態なので、暫定的処置(気休め程度?)に過ぎませんが、それでも離れていた木材を互いにくっつけることは出来ました。

上から新しい床板を被せて木ネジで固定。さらにコーナーに金具を追加して、新しい床板と裾板とを木ネジで固定すると、かなりカッチリとした感じになった。

このままだと金具類が目立ってしまうので、(ステンレス金具以外は)白いペンキで塗装。

金具塗装

床板に両面テープを貼れば、あとはここに塩ビの床材を貼り付けて完成予定。

両面テープセット

そして、全ての作業が完了しました。

トイレ床完成

前回、裾板がコーナー部分で浮いている状態で、新しい床板も塩ビの床材も大きさを合わせたので、裾板をピタって合わせたら、床板も床材も入らなくなってしまい、結構大変だった。

一旦取り付けては外して、削ったりカットしたりを何度も繰り返して、やっとピタって状態になったわけで、でも苦労した分だけ仕上がりは十分満足出来る状態になったと思う。


別名「天使の梯子」? なるほど、その命名も納得かな

今年の南箱根での夏は、雲がかかる日が多く、富士山の姿をほとんど見ていない。まあ夏の富士山は、基本的には真っ黒でそれほど美しくはないので、あまり残念でもないけどね。

雲は多くても、雲の合間に見える青空は澄んでいて美しい。

今日も雲の多い一日だったけど、太陽の位置が下がってきて下の方の雲の色が暗くなってきた。夕暮れ時が近づきつつあるようです。

160817夕方-05

遠くの雲の隙間に垣間見える陽光は赤みがかってきてる。

160817夕方-04

雲が動いて、その隙間から美しい光芒が地面に降り注ぐ。こんなにハッキリ綺麗な光芒を見たのは初めてのこと。

160817夕方-01

日が沈み、水平線上の闇は濃くなってきたけど、上空にはまだ青空が残って。

160817夕方-02

その上空も厚い雲で覆われてしまいました。いよいよ夜が訪れたようです。

160817夕方-03


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>