古舘春一 『ハイキュー!!』 第25巻 -- “行動を起こす”

以前、高校バレーを題材にした古舘春一さんの『ハイキュー!!』というマンガを紹介しましたが、今回はその第25巻の中の一節を紹介したくて、再登場願いました。

ハイキュー25巻

前回は、当時の最新刊である第16巻を読んだ直後でしたが、それから2年弱で第25巻まで来たんですね。

行動を起こす

舞台背景を少し紹介しておきましょう。主な舞台となるのは、宮城県の烏野高校バレーボール部。そこに所属する1年生の日向翔陽と影山飛雄の2人が主役。

宮城県の県大会で、烏野高校が全国大会常連校の白鳥沢高校を破り、全国大会への出場を決めて一段落したところ。

その全国大会が迫る中、影山飛雄は全日本ユース強化合宿に召集され、同じく1年生の月島蛍もまた宮城県1年生選抜強化合宿に呼ばれ、一人残された日向翔陽は気が焦るんです。

そこで、日向翔陽はメンバーに選ばれてもいない宮城県1年生選抜強化合宿に無理やり参加するという暴挙に出ます。

まさに暴挙。この強化合宿を取り仕切る監督からは、「球拾いとして参加するのは構わないけど、合宿で練習に参加させることは決して無い。その覚悟があるなら参加しても構わない」という許可を貰います。

そして、監督の宣言通り1度も練習に参加させてもらえることはなく、球拾いや参加選手たちの水分補給、洗濯といったサポート作業に精を出します。

合宿の終盤、合宿メンバーとの練習試合のために訪れた白鳥沢高校バレー部。そこに、白鳥沢高校3年でエースの牛島若利がいます。

練習試合の合間、牛島に話しかける日向。同じ白鳥沢高校のバレー部メンバーでも、話しかけるのに気後れしてしまうようなエース中のエースである牛島。

牛島からアドバイスを貰おうと話しかけるのですが、その話の中身はどうでもいいんです。

その姿を見て、白鳥沢高校の2年生が、1年生の次期エース候補にこんな話をします。

「お前は牛島さんに アドバイス求めなくていいの」

そのエース候補の1年生は、「ライバルに助言を求めたくない!」みたいな言い訳をするわけですが、それに対して2年生の先輩が言った言葉が、今回紹介したかった一文。

「少なくとも “行動を起こす” という点で 
 今お前は 烏野10番に確実に 1歩出遅れたワケだ」


行動がすべて

そもそも、日向が強化合宿に無理やり参加したのも “行動” の結果です。

居ても立っても居られなくなって無理やり参加した強化合宿で、監督からは練習に参加させてもらえず、周りからは憐みの目で見られ、言わば針の筵状態。

でも、その結果として日向は確実に成長していくんです。

日常生活の中でここまでのシチュエーションは中々無いと思うけど、でも似たような場面ってのはいくらでもあるように思います。

自分に言い訳をしてその場に留まるのか、無理やりにでも “行動” という一歩を踏み出すのか。結局は、この一歩の差なんですよね。

この一歩の積み重ねでしか先に進むことは出来ないんだなって・・・・

上の写真の金魚鉢の中に書かれている言葉もいいな!

成功ってのは、情熱を失うことなく失敗を積み重ねることから成り立ってるんだ。


古舘春一著 『ハイキュー!!』 -- 良かった半分を盛大に喜ぶ

ここ2~3年、マンガで面白いなって夢中になっているのは、将棋を題材にした羽海野チカ さんの『3月のライオン』と、北海道の大蝦夷農業高校を舞台にした荒川 弘 さんの学園マンガ 『銀の匙』

そしてもう一冊が、今回紹介する古舘春一さんの『ハイキュー!!』という、高校バレーを題材にしたマンガ。この本、JCの最新巻は第16巻ですが、累計発行部数は1400万部を超えているそうです。

ハイキュー

因みに、マンガの歴代発行部数を調べてみたら、1位は『ワンピース』。とにかくダントツの3億2000万部。『SLAM DUNK』は1億2000万部の第8位。『BLEACH』も8200万部。スゴイ!

もう一つ因みに、「ハイキュー」とは「排球」と書いてバレーボールのこと。初めて知りました。これを知る前、何となく「ハイチュー」みたいなノリで頭の中で発音していたけど、全然違いましたね。

「多分 自分で一番 わかってます」

さて、第16巻の副題には「元・根性無しの戦い」とあります。2つ前の第14巻の副題は「根性無しの戦い」でした。この “根性無し” とは、烏野高校バレーボール部1年の山口忠君のこと。

第14巻で根性無しだった山口君は、第16巻では “元” 根性無しになっています。この山口君がどんな成長をし、そしてどんな戦い方をしていくのかというのが第16巻のテーマです。

仲のいい(?)友達がバレーボールをやってるからという理由でバレーボール部に入った山口くんは、飛び抜けて背が高いわけでもなく、アタッカーとして素晴らしいわけでもなく、これといった特徴(あるいは武器)がありません。

そんな彼が、同級生の活躍する姿を見て、こんなことを呟きます。

俺も あいつらみたいに 
自分の身体を操りたい!! 
ボールを操りたい!! 
強い奴らと対等に戦いたい・・・!!!

この気持ちは、スポーツをやっている人はもちろん、スポーツをやっていない人にも十分に理解できますよね。だって、この気持ちって、スポーツに限らないですから。

そして何の武器も持たない山口君が武器として身につけたいと選んだのがサーブです。

OBの方に教えを請い、一生懸命練習し、ある試合のセット終盤の大事な場面に初めてピンチ・サーバーとして投入されます。そしてビビってしまいます。“守り” へと逃げてしまうんです。

コートから引き上げてくる山口くんに凄い勢いで怒鳴ろうとしたコーチに、2年生の先輩がこんなことを言いながら押しとどめてくれます。

「多分 自分で一番 わかってます」

そう、逃げたことを一番良く分かっているのは自分なんです。自分のことを根性無しで、くそカッコ悪いって、誰よりも分かっているんです。

「お前はもう 今までとは決定的に違う選手(プレイヤー)だ」

その試合の終了後、山口くんはコーチの元に行き、お願いをします。

「俺に もう一回 チャンスを下さい」

って。そして第16巻、山口くんは根性無しから “元” 根性無しへと成長します。

次の試合へと向かう山口くんにサーブの師匠であるOBが声を掛けます。「コーチのトコへ自分の意思で行って来たんだろ」って確認しながら、こんな言葉を言います。

「じゃあ お前はもう 今までとは決定的に違う選手(プレイヤー)だ」

山口くんが、「次はもう絶対に逃げない」って “覚悟” を決め、そしてコーチの元にお願いに行った瞬間から、彼は “元” 根性無しとなったんです。

そして試合に出て活躍をし、そのセットが終わって帰って来る山口くんに2年の先輩が「ナイスサーブだったぞ!!」って声を掛けます。

それに対して山口くんは、「でも まだまだです 半分くらいしか 良いの打てなかったし・・・」と返しますが、この後この先輩の言葉がいいんです。

「じゃあ 良かった方の半分を 盛大に喜べ!! 
反省も後悔も 放っておいたってどうせする!
今は良い方の感覚をガッチリ掴んで
忘れねえようにすんだよ!!」

1点1点を積み重ねていくしか道は無い

決勝への進出をかけた大事な一戦の終盤、両チームが死力を尽くして戦っています。

バレーボールはスパイクで跳んで、ブロックで跳んで、おとりで跳んでという動きを短いスパンで何度も繰り返すスポーツ。だから「重力との戦い」でもあるって作中で誰かが言っていました。

必死に 真摯に 1点1点を 点してゆく他 道は無いのだ

ろうそく

あー、本当にそうなんだよなって。

試合が始まっていきなり25本目のろうそくに火を点すことは出来ない。先ずは1本目に火を点し、2本目に移り、10本、20本、そして24本目に来てやっと次が25本目。

そう、当たり前のことなんだけど、その当たり前のことを人生の中ではついつい忘れてしまっているのも事実。

何事かを成し遂げたいと始めて、1本目の火も点いているかどうか怪しいのに、いきなり10本目くらいのろうそくに火を点ける方法はないかなって探している自分。

そんな反省もしてしまった第16巻でした。


<< topページへこのページの先頭へ >>