横浜北線開通1週間前 トンネルウォークを体験してきた

横浜北線の開通記念イベント「横浜北線ウォーク&ラン」に参加してきました。以前、工事現場の見学は抽選に漏れてしまったので、楽しみにしていたんです。

開通が3月18日で、私が参加したのはちょうど1週間前の「トンネルウォーク」部門です。明日は、「ラン」部門が開催されるようです。

イベントは、横浜北線の始点と終点(どっちがどっちか分からないけど)の新横浜と生麦の2つの会場で開催され、新横浜会場は自宅から歩いて20分くらいの場所。

ちょうど日産スタジアムの向こう側です。

170311トンネルウォーク-01

鶴見川の向こう側に見えるゲートの辺りがトンネルウォークの入り口のようです。

170311トンネルウォーク-02

そのゲートがここ。左手に続いている地上のトラス橋を行くと第三京浜の港北インターへと続きます。本当は、この地上部分を歩きたかったんだけど。

170311トンネルウォーク-03

料金所。歩いて通るという機会はなかなかないので、貴重な体験です。

170311トンネルウォーク-04

そして地下のトンネルへと向かっていきます。

170311トンネルウォーク-05

こちらはトラス橋を通って港北インターに行く道路。明日開催予定の「ファンラン」は、ここを走ることが出来るようです。そっちの方が楽しかったかも。

170311トンネルウォーク-06

トンネルの途中に非常口が何カ所もあります。ここは、引き戸になっていて、扉を開くと通路があって、進むべき方向が矢印で記されています。

170311トンネルウォーク-07

非常口内部の通路。予想以上に広かった。

170311トンネルウォーク-08

こちらも非常口なんだけど、滑り台式になっていて、5mくらい下に降りれるそうです。滑り台を体験しようと並んでいる人も結構いました(多くは子供たちだけど)。

170311トンネルウォーク-11

途中、今回のイベントのためにライトアップされている箇所も。「きたせんがキタ!」ってなんだろって思ってたけど、ダジャレだったんですね(今、気がついた)。

170311トンネルウォーク-09

高速道路を走っていると出会うような関連車両も展示されていました。こちらは車体に「HOMEPATO」の文字が。ホームパトロール? 何の意味だろ?

170311トンネルウォーク-10
帰って来てから調べたら、これ「ホメパト」って発音するようです。

ホメパトは取り締まりよりも、良い運転を “褒める” ことで交通事故を減らしたい、という考えで企画されたクルマとのこと。なので警察車両ではないんですね。

もちろん、実際に他のクルマをいちいち呼び止めて褒める訳ではなくて、代わりにホメパトにはラジオパーソナリティが乗車して、首都高をパトロールしながら、優れた運転を見かけると、リアルタイムに放送番組を通じて褒めてくれるそうです。

こちらは、高所作業用のリフト車の体験試乗。こうやってトンネルの上部を点検したり修理したりしていくんですね(高所恐怖症の私は乗りたくもないけど)。

170311トンネルウォーク-12

途中、プロジェクターで映像を映している区間もあったりで、結構楽しませて貰いました。

170311トンネルウォーク-14

ここがトンネルウォークの折り返し点。

170311トンネルウォーク-13

歩いている時は、ここになぜトンネルがあるの?って感じで、どこを、どっちに向かって歩いているのかも分からなかったけど・・・・そして、今も良く分からない。

上の折り返し地点のトンネルの先は何処に繋がってるんだろ?


<< topページへこのページの先頭へ >>