港の見える丘公園の花壇、もの凄く素晴らしかった!

暖かい。天気予報によると4月下旬頃の陽気らしい。

今日は夕方から横浜で飲み会があるので、その前にみなとみらいを歩いてみようと、昼過ぎに家を出ました。

岸根公園の桜は、まだこんな感じ。例年だと東京と同じような感じで開花していくのに、今年はなぜか東京よりかなり遅れての開花状況になってるようです。

170405港の見える丘公園-01

1週間前にも楽しんだ「Garden Necklace YOKOHAMA 2017」を別の場所でも見てみようと、グランモール公園を通って横浜美術館を目指します。

170405港の見える丘公園-02

美術館前の広場では、子供たちが噴水と戯れていました。右手前の子なんてズボンが濡れてるように見えるけど、水に濡れても平気なくらい暖かいってこと。

170405港の見える丘公園-03

夕方にかけて雲が出て来るって予報だけど、まだ頭上には青空が広がってます。

170405港の見える丘公園-04

桜と一緒に見る海は、やっぱり春らしく感じる。

170405港の見える丘公園-05

ナビオス横浜前の広場では、なんとなく花見気分の人たちが芝生で寛いだりしてました。桜はご覧の通りまだまだですけどね。

170405港の見える丘公園-06

赤レンガ倉庫では、イースターをテーマにしたフラワーガーデンが4月1日から開催されている筈なんだけど、今年は去年に比べるとずいぶんと地味な感じがする(和風?)。

170405港の見える丘公園-07

だいぶ前から象の鼻パークで春に向けて色々と工事をしていましたが、こんなのが出来上がってきました。これも「Garden Necklace YOKOHAMA 2017」の一環でしょうね。

170405港の見える丘公園-08

山下公園のチューリップも1週間前に来た時よりもイイ感じになってきてます。

170405港の見える丘公園-09

昨年の黄葉の頃から、山下公園の芝生を全面的に張り替えていましたが、これからの季節、寝転んだらいかにも気持ちよさそうな感じになっています。

170405港の見える丘公園-10

港の見える丘公園にあったジオラマ。その場で見たときは「ふーん」って感じだったんだけど、帰って来てから写真で見たら、なるほど普通サイズの邸宅に見えてちょっと感動。

170405港の見える丘公園-11

今日の散策の一番の目的は、この港の見える丘公園を訪れることだったんですが、みなとみらいをずっと歩いて来て、この公園の花々が一番見事でした。

170405港の見える丘公園-12

噴水を囲む花壇も色とりどりの花で埋め尽くされています。

170405港の見える丘公園-13

訪れた時間が夕方に差し掛かっていたので散策している人の数は少なかったけど、いやいや、ここの花壇は本当に素晴らしかったです。

170405港の見える丘公園-14

飲み会の時間が迫って来たので、横浜駅へと向かう途上、山下臨港線プロムナードから撮った港の風景。アートフィルターの「トイフォト」で撮った船。

170405港の見える丘公園-15

BLUE BLUE YOKOHAMA を「ラフモノクローム」で。

170405港の見える丘公園-16

カップヌードルミュージアムパークの桜は結構咲いていました。

170405港の見える丘公園-17

臨港パークの花壇。3月中旬に訪れたとき、この花壇はスイセンの花が席巻してしていたのに、今は色とりどりのチューリップが。文字通り、色とりどりです。

170405港の見える丘公園-21

少し余裕を見て早めに横浜駅に到着。待ち合わせ時間まで間があるので、付近を散策。以前は頻繁に来ていた場所だけど、10年振りくらいかも。

170405港の見える丘公園-19

なんとなく哀愁漂う時間帯ですね。川と電車ってのも、哀愁漂う風景かも。

170405港の見える丘公園-20


赤レンガパークで三脚を立てて写真を撮る姿がアチコチに

区役所に用事があって、平日の午後、歩いてお出かけ。少し雲があるけど、予報では気温は高めで夏日になるかもと。なので、Tシャツで歩いていても汗ばむくらい。

秋らしくスッキリとした青空。でも、平日の昼下がり、人影の無い公園は少し寂しそう。

151027みなとみらい-02

木の葉も少しずつ色づいてきましたが、紅葉って呼べるのはもう少し先になりそうです。

151027みなとみらい-01

区役所で用事を終えて外に出たら、雲が増えていました。このまま帰っても中途半端な時間になりそうなので、みなとみらいを散歩してみることに。

まだ一度も入ったことが無い横浜美術館に到着。

151027みなとみらい-03

雲の合間からきれいな青空が顔を覗かすけど、地上は雲の陰。

151027みなとみらい-04

臨港パークとカップヌードルミュージアムパークとを結ぶ国際橋の上から。

151027みなとみらい-05

新港ふ頭客船ターミナルには、いつも黒い船体の船が3艘並んでいるのに、今日はグレーの船が。

151027みなとみらい-06

赤レンガ倉庫パークに到着。

151027みなとみらい-07

そもそも、みなとみらいまで足を延ばそうと思ったのは、赤レンガ倉庫内にある「よこはまウォーキングポイント」の歩数計リーダーでデータを転送するのが目的。

その、歩数計リーダーの設置場所の横に、「横浜赤レンガ倉庫1号館」のバースデーケーキが展示されていました。リニューアル10周年を記念してのことらしい。

151027みなとみらい-08

平日なので人影疎らな赤レンガ倉庫広場。

151027みなとみらい-09

閑散とした赤レンガ倉庫も情緒があって嫌いじゃないな。

151027みなとみらい-10

夏の終わりから秋にかけて様々なイベントが毎週のように開催されていましたが、ちょうど一休みの時期のようですね。こうやって見ると、結構広々してるんだな、って。

151027みなとみらい-11

石畳を洗い流して、これから来る冬のイベントに向けて準備中?

151027みなとみらい-12

日が暮れてきました。

151027みなとみらい-13

今度は帰り道で国際橋の上から。

151027みなとみらい-14

ベイブリッジも、橋の上にかかる雲も夕焼けの赤みを帯びて。

151027みなとみらい-15

臨港パークの端まで来ると、ビルの向こうに太陽が沈んでいきます。

151027みなとみらい-16

家まであと5kmくらいかな。

151027みなとみらい-17


うーむ、国立大ホールは「国立」だったんですね

今日は、みなとみらいで開催されるあるイベントに参加。3連休の中日でもあり、また日差しは春のように暖かいので、みなとみらいも多くの人出で賑わっていることでしょう。

目的地はパシフィコ横浜。いつも通り歩いて行きましたが、先ずは臨港パーク側から入ってベイブリッジにご挨拶。春が直ぐそこまで来てるとはいえ、海の色はまだまだ冷たそう。

20140322みなとみらい-01


臨港パークの広場にはもっとたくさんの家族連れがいるかと思いきや、意外と閑散としていました。原因は冷たい海風かな。日差しは暖かいけど、海風が本当に冷たく、そして強く吹いています。

20140322みなとみらい-02


パシフィコ横浜の正面側へと回ってきました。こちらは展示ホール棟。玄関前には大勢の人たちがたむろしていて、その恰好からは何のイベントなのか分かりませんでしたが、通り過ぎてから「ジャパン・フィッシング・フェスティバル 2014」という看板が。なるほど、そういう人たちでしたか。

20140322みなとみらい-03


目的地の国立大ホール。この右手には、インターコンチネンタルホテルのエントランスがあります。高級ホテルにはまったく縁がないので分かりませんが、おいくらくらいで宿泊できるのでしょうか?

20140322みなとみらい-04


因みに背中側(?)から見るとこんな感じ。お値段を調べてみると、土曜日の海側の部屋で、大人お一人様25,000円~50,000円くらいという感じでしょうか。

20140322みなとみらい-10
平日の夜だと10,000円そこそこで泊まれるプランもあるようで、まあ何とかなる金額ではあるかな。


大ホールに入る前に、ぷかり桟橋の写真を一枚。何度も撮影していますが、いつもとは違う階段上からのアングルで。

20140322みなとみらい-06


国立大ホールの中。3階席まであるんですね。写真で、そのスケール感をお伝えするのは難しい。

20140322みなとみらい-07


日本最大のコンベンションセンターとのことで客席数は5000席。名称に「国立」と入っていますが、東日本唯一の「国立」の会議場だそうです。

20140322みなとみらい-08


席は1階の一番前の(プレミア)席だったのですが、ちょっと端の方の席で、私の正面5mくらいのところには、26mmの広角側でも入りきらないような巨大スピーカーが鎮座してました。

20140322みなとみらい-09
音が鳴るたびに体が揺れるようで・・・・・


イベントも終わり、そろそろ日が暮れようかというみなとみらいを再び歩いて帰ります。

20140322みなとみらい-11


夕陽を受ける横浜美術館。

20140322みなとみらい-12



<< topページへこのページの先頭へ >>