爽やかな秋の空の下、桜田門で歴史の変換点に思いを馳せ

参加したセミナーがいろんな意味で酷かったので途中退場したら、外は秋晴れの快晴。折角なので周辺を散歩してみようかと。

セミナーの開催場所は砂防会館。この名称、何度も聞いたことがあるよなーって調べたら、かつて田中角栄の個人事務所があり、「砂防会館」の名称は当時の田中派閥の代名詞だったとのこと。

また、ロッキード事件での主な現金授受の場所と認定されてるそうなので、なるほど当時のニュースで何度も聞いてた筈ですね。

砂防会館を出て国道246を皇居の方に向かって歩いていくと、左手にコンクリートの塊のような建物が出現。調べてみると最高裁判所でした。

150923皇居-01

少し歩くと、皇居のお濠に到着。適当なところに座ってお握りを食べていたら、皇居の周囲を走っているランナーが次から次へと目の前を通り過ぎて行きます。今日は祝日(秋分の日)ですもんね。

150923皇居-02

この時期になると、曼珠沙華の花も隙間だらけで少し寂しい姿に。

150923皇居-03

石垣の謎?

お堀端を歩いていくと桜田門に到着。桜田門で思い出すのは桜田門外の変。かの有名な「安政の大獄」にて多くの人を次々に処刑していった井伊直弼が水戸藩士らに暗殺された事件。

150923皇居-04
今から155年前のことだったんですね。歴史の教科書等によると、この事件によって幕府の権威は大きく失墜し、これを契機に德川幕府は終焉へと歩みだすこととなる、みたいなことらしい。

桜田門(高麗門)の石垣。江戸城の拡張って主に1600年代に行われたものだと思うので、そうするとこの石積みも1600年代のものなんでしょうか?

150923皇居-05

高麗門を入って右手にあるのが渡櫓門(わたりやぐらもん)。高麗門を破って敵が侵入してきた場合、渡櫓門の上の櫓から弓・鉄砲で敵を掃討する目的だったとのこと。

150923皇居-07

今から400年も前に、どうやってこんなにキレイな線や面や角の石を作ることができたんだろうかって、いつも不思議に思う。

150923皇居-08
でも、よく観察してみると、どの石垣も特に角の部分に積まれている石がキレイなことに気が付く。角以外は、高さの不均一な石を積み上げているので、石と石との接合面が真っ直ぐではない。

見た目だけではなく、石垣全体の強度的にも “角” が大事ってことなのかな。

これは二重橋ではないけど、二重橋の方を向いている楠正成公

二重アーチ構造なので、これが「二重橋」なんだって思っていたら、この向こう側(奥)にある正門鉄橋が二重橋だそうです。この石橋の名称は、「正門石橋」とのこと。

150923皇居-09

スッキリ青空。

150923皇居-10

皇居外苑の一角にある楠木正成公の銅像。正成公が見ているのは二重橋の方向です。高村光雲らによって作られたこの銅像は完成までに10年を費やしたそうです。

150923皇居-11


こんな爽やかな秋の日には、屋内でつまらないセミナーを聞いているより、外を散策していた方が100倍も気持ちがいい。途中退場してきて正解でした。


朝も昼も夜も、空の"青”が印象的な一日でした

3週間ぶりの浅草。どうしても曇り空の中を長距離走っていくのは気分的に楽しくないので、ついつい間が空いてしまいました。

往路(綱島~丸子橋~五反田~千駄ヶ谷~皇居~御茶ノ水~秋葉原~浅草)

行き帰りの道も、もう少し大回りして行こうと思っていたんだけど、時間の都合でなんとなくいつもの道からあまり離れることが出来ませんでした。

いつものスタート地点で一枚。浅草に出発する前にここで写真を撮ってからスタートするのがなんとなくリチュアル化してきたかな。

0626浅草01

鶴見川CRで後ろを振り返って。どう見ても気持ちのいい一日が約束されているような天気です。

0626浅草02

これまた恒例の丸子橋から多摩川を。青空だと、なんてことない風景も映えてきます。

0626浅草03

丸子橋から五反田まではいつも通りの道を通り、五反田からは前回に続き新宿方面へと左折していきます。

青山霊園を過ぎ、国立競技場の横を通り、四谷三丁目で折り返して青山一丁目へ。そこから青山通りを走って皇居へと向かいます。

皇居から九段下方面へと向かい、お茶の水駅前の橋の上から神田川を一枚。

0626浅草04
ここまでくれば、浅草はすぐそこです。

秋葉原の横を通り、蔵前橋通りから江戸通りに入って浅草到着です。

復路(浅草~上野公園~皇居~五反田~丸子橋~綱島~日産スタジアム

先ずは上野公園を訪れ、大噴水の上に広がる青空を撮影。

0626浅草05

不忍池です。蓮の葉が前回よりも生き生きとしています。もう少しすると綺麗な蓮の花が咲くことでしょう。

0626浅草06

やはり、青空の下の皇居の緑とお濠の水は格別に美しく感じます。

0626浅草07

祝田橋から日比谷濠を撮影。日比谷濠に反射するビルの灯りの夜景は何度か撮影しましたが、昼間の写真は初めて。

0626浅草08

日比谷公園入り口。ま、なんてことない写真なんですけどね。

0626浅草09

帰りも丸子橋の上から多摩川を撮影。そろそろ夕日になろうかという時間で、土手や建物が赤味がかっています。

鶴見川から夕陽を撮りたいと思っていたので、ここから鶴見川までの約7kmを焦って走ります。

0626浅草10

もう少しいいロケーションまで行きたかったのですが、そろそろ限界に近付いてきたので、土手の上から撮影した一枚。

満丸の夕日にはなりませんでしたが、赤は鮮やかでした。

0626浅草11.5

日産スタジアム付近まで帰って来る頃には陽はすっかり沈んでしまいましたが、遠くの空は鮮やかな赤から、まだ少し残っている青へと綺麗なグラデーションを見せてくれました。

0626浅草11

日産スタジアムの横を通る遊歩道から。これも赤から青へのグラデーションが綺麗です。

0626浅草12

陽は沈み、空には三日月の姿が。その下を通る横浜線の窓から漏れる明かりが郷愁を誘います。

0626浅草13

総走行距離84kmの旅でした。


より大きな地図で表示  




青空、青空、青空、そして青空

今年の五月の雷雨は例年に比べ異常に多くて、今日も午後から広い範囲で雷が、なんてニュースを聞きながら、じゃあ晴れているうちに青空を見に行こうって近所の公園に。

青空って、やっぱり気持ちがいいもんですね。本当に心まで晴れてくるというか。

ということで、4月と5月に撮りためた写真から、「青空」のやつを何枚かピックアップしてみようかな。

平日の昼下がりの公園は、いかにも平和な景色

平日の公園。ひと組の親子とハトが何羽か。彼らの頭上には、絵に描いたような五月晴れの空が広がっていました。

blue sky15

やっぱり冬の方が空気の透明感がありますね

この写真は、まだ冬から抜けきらない2月上旬の鶴見川です。冷たい風の中、空気が澄み切っていて、遠くプリンスぺぺが見えています。

blue sky02

桜の咲く頃、いよいよ本格的な春が

3月下旬、桜が満開になるには微妙に早いかなって頃の野川公園での一枚。

桜越しに見上げる青空は、雲ひとつなくどこまでも青く輝いていました。

blue sky03

4月上旬、桜の満開に合わせて墨田公園に花見に出かけました。

高速の駒形の出口が桜の人出で渋滞して停止状態に。高速の上で「向島線6」の看板をしげしげと見ながら、隅田川とその上にかかる青空を撮影。

blue sky04

上の写真と同日。スカイツリー、海に浮かぶ屋形船、向こう岸の桜並木、そして青空が加わり役者は揃いました。

blue sky05

“桜”を境にして人は外に出てくるのかな

桜もそろそろ終わりに近づく4月中旬、みなとみらいを自転車でブラブラ。

海の青と空の青に挟まれて遠くベイブリッジが。海に浮かぶ手前のゴミっぽいのは、既に散ってしまった桜の花びらです。

blue sky06

上の写真と同日。赤レンガ倉庫の“赤”と、青空の“青”の対比が、この広場に活気を与えているような印象を持った記憶があります。

blue sky07

葉桜の頃も結構好きです

4月下旬、桜も終わり、春まっ盛りの頃の皇居。皇居のお濠を訪れたのは、これが人生初です。

桜は葉桜に替わり緑鮮やかに、菜の花の黄色がお濠と青空の青に映えています。

blue sky08

上の写真と同日。春の優しい日差しの中、平日にもかかわらず浅草寺の仲見世は人で溢れ返っていました。

blue sky09
アーケードの無い仲見世には、やっぱり青空が似合っています。

季節は同じ頃の撮影ですが、カメラが違うから空の青が違うのかな?

これは2年前のこの季節に自転車で三浦半島を一周した時に撮影した中の一枚。
blue sky01
確か風の強い日で風車も音を立てて回っていたと記憶しています。それだけに空はスッキリと綺麗な青空でした。

そして、五月

一年で最も気持ちのいい季節、5月の中旬です。

緑に囲まれた日産スタジアムの上には白い雲と青い空。

blue sky11

上の写真と同日、鶴見川にかかる橋の上から撮った一枚。

はるか遠くの空、たなびく雲が空の広さを教えてくれるようで、ちょっとステキでした。

blue sky12

「梅雨入り」なんて言葉がチラホラ聞かれるようになる5月下旬。この頃が、草花の“力強さ”を一番感じられる季節のように思います。

blue sky13

青い空を見上げて

そして一番最初の写真と同日に撮った一枚。

木々も、空に向かって力強く伸びあがります。それを優しく迎える5月下旬の空の“青”。

blue sky00

たまには空を見上げてみませんか。



移ろう季節の真ん中で

春から初夏に移り変わろうとするこの時期、花も街も景色も移り変わり、そして天気も移ろいやすいですね。

雷雨の後の静けさに魅せられて

今日も晴れた空を見上げながらランニングを始めたのですが、いつもの8.5km地点を折り返す頃には空に一面の雲が。

帰り道、遠くに雷の音が聞こえると思ったら、突然の大雨。いわゆる雷雨というやつです。

少し走ってランニングコース脇の木の下で雨宿りをしたのですが、雷が木に落ちるのも怖いし、葉っぱの間からポタポタと雨粒が来るし、風にあおられた雨で更に濡れながら、小雨になるのを待って再び家に向けて走り出しました。

雨が止みだすと急激に雲は消えていき、空には青空が戻ってきました。

雷雨の後の鶴見川CR
地面はびしょ濡れですが、風も治まり、空気にも透明感があるように感じます。ひと雨来た後の晴れ間って、なんか得した気分になって好きです。

夕方になると大きくて真っ赤な夕焼けが。これも雷雨と突風が、空気中の不純物をどこかに持っていってくれたから?

雷雨の後の夕焼け
色々と露出やホワイトバランスを変えながら、山陰に見えなくなるまでの数分の間にたくさん撮影した中でのベストです。

太陽の赤さは出ていますが、手前の景色が闇に沈んでしまっています。本当はもう少し明るかったんですけどね。

現実の(自分の目で見た)美しさを写真の中に取り込むのは、やっぱり難しいですね。

2つの塔とランナーたち

先日、浅草を訪れた際、スカイツリーの下まで行ってきました。開業まで一週間を切り、周辺道路の整備などもほぼ完了し、スッキリとしていました。

スカイツリー下から
撮った時には、隣のビルと一緒で悪くない構図と思っていたのですが、帰ってきて見てみると、これだとスカイツリーの“凄さ”がスポイルされてしまっていますね。

側まで行って初めて、「おお、こんな立派なビルが隣にあるんだ」って気付いて、そっちに気が行ってしまったんですね。

もっと周辺を回って、ベストポイントを探す努力が必要だったと反省です。

帰り路、皇居脇の内堀通りを走っていたら、すっかり日が暮れた中、たくさんのランナーが走っていました。もう、後から後から続々と来ます。

皇居の周りを走る人たち
話には聞いていましたが、こんな時間にこんなにたくさんの人が走っている光景にちょっとビックリしました。

そのまま東京タワーの下を通って帰って来ましたが、ライトアップされた東京タワーを見ると、どうしても写真を撮らずにはいられません。

東京タワーライトアップ下から
先週も同じような写真を撮ったのですが、今日はわざわざ坂を上がって、更に東京タワーに近づいての一枚です。

花5選

ここ一ヶ月ほどの間に撮った花の写真5枚。

えーっと、花の名前が全然分からないんですけど。

0507花
多分、多くの人が「えっ、こんなポピュラーな花さえも知らないの!?」ってレベルだと思い、冷や汗タラタラなんですが、写真自体は綺麗に撮れているから、まあいいか、と。

iPhoneアプリで「花の名前を調べる」みたいのはないのかなって検索したら、やっぱりあるんですね。「花しらべ」というアプリです。

チラッと買ってもいいかなって思ったんですが、600円なんです。まあ、有用なのは分かりますが、それほど花の名前を知りたい場面も多くはなさそうですしね。

で、このアプリを検索して出てきたブログのページに、この花の写真がありました。ってことは、この花辺りだと知らない人が多いってことですよね。ちょっと一安心。

この花、「シャガ」って言います。私自身は、こんな名前を聞くのも初めてですが、見るのも初めての花です。

IMG_3406花
微妙に枯れかけている雰囲気もありましたので、もう花の盛りも終盤なんでしょう。

この花はさすがの私も知っています。タンポポです。

タンポポ花
道端に咲いているタンポポも、こうやってじっくりと見てみると繊細で綺麗なことに驚きます。

こんな感じで、日常目には入っているのに、でも気づかないことや見落としている事って、きっとたくさんあるんでしょうね。

そして綿毛になります。

たんぽぽ綿毛
たんぽぽの綿毛を見ると、フーってつい息を吹きかけてみたくなるのは、子供の頃も今も変わりはありませんね。

さて、最後の花です。この花もよく見かけますよね。

なんと言う花でしょうか。

花



皇居の自然と浅草の「男は黙ってサッポロビール」に感動

少しずつ習慣になりつつある週一回の自転車での浅草訪問ですが、行き方にはだいぶ慣れてきたので、せっかくなら色んなところに寄り道しながら行こうかな、と。

桜田通りから東京タワー下を通って日比谷通りへと向かう

いつもは増上寺のわき道を通って芝公園を横断していくのですが、今回はプリンスホテルの横を通って日比谷通りへと向かいます。

ということで、プリンスホテル越しの東京タワー。

プリンスホテルと東京タワー
日比谷通り沿いの歩道を皇居を目指して走ると日比谷公園が見えてきます。

その日比谷公園を左手に見ながら、歩いていて本当に気持ちが良さそうな歩道です。これから初夏に向かって木陰が気持ちの良い季節になっていくのでしょう。

日比谷公園脇の歩道
先日は、このまま直進して皇居の横を走るルートをとったのですが、日比谷通りからお濠を見ただけですので、今回は日比谷公園に沿って左折し、内堀通りを桜田門方面に向かいます。

皇居の周りの“自然”を見ると、観光客が訪れるのも納得です

皇居の手前の交差点でスカイバスに出会いました。二階建てのオープンバスで、乗客も気持ちが良さそうです。皇居周辺を巡るツアーなのでしょう。料金は所要時間約50分で1500円とのことです。

皇居そばオープンデッキバス
桜田門の少し先から見たお濠(桜田濠)です。皇居の周りを走るのはこれが初めてですが、こんなに美しい景観があったとは知りませんでした。ちょっと都心とは思えないような光景です。

皇居お濠

観光客で賑わう浅草と

先ずは浅草寺に(久しぶりに)お参り。

浅草寺
浅草寺の外れから遠くスカイツリーを望む図です。

浅草寺からスカイツリー
仲見世は観光客でごった返していましたが、わき道へと続く伝法院通りもご覧のような状態です。

伝法院通り
いつも平日の昼間に“観光地”を歩くと、なんで平日なのにこんなに人が溢れているのだろうと驚くのですが、考えてみれば、例えば海外の観光地を私たちが訪れるのも“平日”であり、同じことが日本の目の前で起こっているだけなのですから、別に驚くほどのことではないんですよね。

浅草で「男は黙ってサッポロビール」に出会う

ほんの少し外れに行くと閑散として、シャッターが下りているお店も多いですね。

ひさご通り。寂しい感じもしますが趣があると言えば言えなくもないでしょう。雰囲気重視で白黒写真で。

さびれた商店街
ひさご通りから浅草寺へと戻る道沿いにあった浅草観音温泉。看板のキャッチフレーズが懐かしいです。

「酒は大関 心意気」と、加藤登紀子さんの歌をバックに、雨の中、濡れて走ってくる若尾文子さんに自分の傘を渡し、自分は濡れながら去っていく田宮二郎さんのCMが流れたのは1971年です。

「男は黙ってサッポロビール」は、言わずと知れた三船敏郎さん出演のCMですが、こちらは1970年です。

てことは、この看板、40年以上前のものなんですね。

男は黙って
浅草観音温泉、こんど入ってサッポロビールを飲んでみようかな。


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>