ピザ窯を作ってみたい

ピザ窯を作ってみたい。

荒川弘さんの『銀の匙』の中で、廃棄されていた石窯を修理し、学校内でとれた肉や野菜を使ってピザを焼く場面があるんだけど、出来上がったピザが本当に美味しそうなんだ。

石窯

それ以来、ピザ窯を作って、ピザを焼いてみたいという妄想に駆られていたんですが、ひょんなことからチャンスが巡って来ました。

ちょっと気を抜くと押し寄せる雑草に簡単に侵略されてしまう裏庭に、(活用方法の一つとして)ピザ窯を作るのはどうだろう、って奥さんが言い出したんです。

おー、これ幸いと、さっそくその意見に乗りました。

で、先ずはピザ窯について調べてみることに。

構造的に2つに大別される

ピザ窯(石窯)は、先ずは構造の違いで、1層式と2層式とに分類されます。

一層式のピザ窯は、薪や炭を燃やす燃焼室と調理する場所とが同じ場所になっているシンプルな構造で、「単燃焼タイプ」とも呼ばれます。

二層式の石窯は、薪や炭を燃やす燃焼室と調理する場所とが上下二層に分かれています。

ピザ窯

それぞれメリット、デメリットがあるのは当然。

1層式だと、薪や炭などを燃やして石窯内部の温度を上げてから、火かき棒でそれらの燃料をどかして(排除して)、調理するスペースを作る必要があります。

でも2層式なら、火元をそのままにして調理でき、石窯の温度が下がってくれば、再び薪や炭を焚くこともできるので、連続燃焼タイプと呼ばれます。

一方で、一層式の石窯は構造がシンプルで、小さいサイズで作ることが出来るので、耐火レンガ等の材料も少なくて済み、比較的簡単に作ることができます。

また、炉のサイズも小さいので、炉の温度を簡単に上げることが出来、結果的に調理のときに使う薪や炭などの燃料も少なくて済むので経済的なんです。

ただ、炉のサイズが小さいということは、温度が下がるスピードも速く、追い炊きも出来ないので、調理できる時間が短くなってしまいます。

再び温度を上げるためには、一度調理をストップして再加熱しなければなりません。

2層式なら燃料をそのままにして調理することが出来、石窯の温度が下がってくれば、薪や炭などを追加して温度を維持することが出来るんです。

大人数でパーティーなどをやることを想定するなら、追い炊きすることで長い時間調理することが出来る2層式の方が適していそうです。

勿論、構造が複雑でサイズも大きくなるので、使用する材料も多く必要になり、窯の温度を上げるためには、より多くの薪や炭などの燃料が必要になるというデメリットがあります。

ピザ

石窯では食材を火で直接焼くのではなく、余熱で焼く

ところで、1層式のピザ窯では、「石窯内部の温度を上げたら、火かき棒で薪や炭などの燃料をどかして」って書きましたが、石窯では食材を火で直接焼くのではないんですね。

燃料を燃やすことによって熱せられた石窯内部の耐火レンガの “余熱” で焼くんです。石窯の最大の魅力は、この余熱というか、余熱に含まれる遠赤外線にあるんです。

薪などで加熱された石窯(耐火レンガ)は、遠赤外線を放出します。食材の外側は対流熱によりパリッと焼かれ、同時に食材の内部は遠赤外線によって熱せられます。

その結果、外側はパリッと香ばしく、内側は必要以上に水分を失うことなくしっとりと調理される、ってことのようです。

なるほどねー。ま、理屈は知らなくても美味しいものは美味しいんだけど、個人的には理屈を知ったら、ますますピザ窯を作ってみたくなりました。

構造的には、やっぱり2層式を作ってみたいな。

あとは形状。ピザ窯の形状にはドーム型、アーチ型(かまぼこ型)、スクエア型(箱型)などがあるようです。

熱の “効率” を考えると、ドーム型>アーチ型>スクエア型の順になるようですが、作る際の難易度的には逆の順番になります。

ま、ここは一番シンプルな箱型でいきましょう。

次回、設計に入ります。


<< topページへこのページの先頭へ >>