「カラーバス効果」って知ってた? これは応用範囲が広いかも

加藤昌治さんの『考具』の紹介の続き。今回は面白そうな「考具」を2、3紹介しようかと思います。

本書の中では、「考具」を大きく次の3つのカテゴリーに分けて紹介しています。
  • 情報が頭に入ってくる考具
  • アイデアが拡がる考具
  • アイデアを企画に収束させる考具
一つ目に紹介する考具は、「情報が頭に入ってくる考具」から「カラーバス」なるもの。

color bath と言っても、「色」限定ではなくて

これは、カラーバス効果という心理用語からきているものでしょう。英語で書くと「color bath」で、直訳すると「色を浴びる」ってこと。

これは「ある一つのこと」を意識すると、その意識していることに関する情報が無意識のうち、自分の手元にたくさん集まるようになる心理現象なんです。

理解しやすいように「ある一つのこと」を色(例えば赤色とか)に例えているだけで、「color」に限定したものではありません。

「今日は赤っ!」と考えて街にでると、普段は目の前にあっても気がつかなかった赤い看板が目に入ってくるとか、赤い車ばかりに気が向くとか・・・なんてことを説明はしやすいでしょ。

色鉛筆

先日、長年乗ってきたオデッセイを手放すべきか、もしかしたらまだまだ乗れるかな、なんて迷っていた時に街を歩いていたら、やたらとオデッセイが目に入ってきました。これもカラーバス効果。

あるいは、以前に小林正観さんの 「『そ・わ・か』の法則」という本を紹介しましたが、この記事の中の「朝起きて、ベッドから出る前に、『ありがとう、ありがとう、ありがとう・・・・』と100回言うと」って話も、いま考えてみると、これもカラーバス効果だったってことに気がつきます。

「ありがとう」を意識すると、脳は「ありがとう」の合理的な理由を探し始めるんですね。

ということで、意識するものは「色」でも、「クルマ」でも、「ありがとう」でもOKだし、もちろん「形」や「位置」、「音」なんかでも構わないんです。意識するものを一つ決めて、街中を歩くだけ。

すると、私たちの頭や脳は「これが知りたいな」と半ば無意識に思っていることを命令として捉えて、勝手に探してくれるのです。

アイデアを考えようとするとき、何よりも一番大切な心構えは、「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」ってこと。何度も繰り返してますが、とにかくコレ。

でも、例えばクルマに関するアイデアを考えようとする時、クルマ周りのことだけで考えてしまうといった感じで、アイデアを探す範囲が狭くなってしまうという落とし穴があります。

それが、カラーバスを使って、「○○色」とか「○○な形」なんてことを意識しさえすれば、注意力の方向をクルマ以外に向けることが簡単に出来るんです。

「赤」の共通項で括られると、自分の想像をはるかに超えたアイテムたちが集結することになります。靴下と回転寿司の看板なんて、一緒に想起することってまず間違いなくないでしょ。

一見関係なさそうなものたちが自然に集まってしまうことが、カラーバスの最大の効能なんです。

歩くのも街中と限ったわけではなく、例えばショッピングモールとか、トイザラスとか、あるいはダイソーとか、狭い範囲で限定してしまうのも、それはそれで新しい発見があるかもしれません。

8つの入り口から入ると、そこには64個の入り口が現れて・・・

続いて、私もよく使っている「マンダラート」を紹介しましょう。

脳の働きというのは、通常のノートのように直線で行って、戻ってというようなものではなくて、放射状に展開していくイメージってのは、なんとなく理解できますよね。

そうした頭の動き方をトレースしたノート法がマインドマップとかマンダラートなわけです。

どちらも、ご存知の方は多いことでしょう。私自身もマンダラートを年初の目標設定などに使ったりしていますが、改めて紹介すると、マンダラートとは正方形を縦3列×横3列に区切ったもの。

正方形を縦3列×横3列に区切ると9つのマスが出来ますが、この真ん中にテーマを書きます。例えば「2015年の目標」とか、アイデア出しに使うなら「マグカップ」とか。

そのテーマに関連すること、あるいはテーマから出題された問いかけに対する答、例えば新商品企画の手がかりになりそうなことを周辺の8つのマスへと書き込んでいきます。

テーマが「マグカップ」とすると、形状、色、取っ手、価格、飲み易さ、強度、柄、重量、なんて感じ。考えていけば、まだまだいくらでも出てきそうです。

これで、マグカップの「商品コンセプト=切り口」が少なくとも8つは登場したことになります。

マンダラ

後は、これを繰り返すだけ。8つの切り口(入り口)から更に奥へ奥へと潜り込んで行く作業です。周辺に書いた8つのマスの内の一つひとつを更に展開させていくんです。

例えば、次のマンダラの真ん中には「取っ手?」と書く。そして、このコンセプトを新商品に発展させるためには何が必要なのか? この問いに対して周辺の8つのセルを再び埋めていく。

「指が2本入る」「子供でも持ちやすい」「人間工学」・・・・・。

8つの切り口があって、それぞれをまた8つ展開できたら「8×8=64」の新商品企画につながる要素が生まれたことになりますよね。

大きくしたり、小さくしたり、もしかしたら他のものに使えないかな?

「マンダラート」は、「アイデアが拡がる考具」の一つですが、このカテゴリから最後にもう一つ、「オズボーンのチェックリスト」なるものに軽く触れておきましょう。

この「オズボーンのチェックリスト」とは、アイデアを生み出すための要素の組み合わせ方、その基本パターンを網羅したものなんです。

なので、アイデア出しに行き詰ってしまったときに有効な考具な訳ですが、このチェックリストは全部で以下の9か条です。

◆転用したら?
  →現在のままでの新しい使い道は?
◆応用したら?
  →似たものはないか? 真似はできないか?
◆変更したら?
  →意味、色、動きや臭い、形を変えたらどうなる?
◆拡大したら?
  →大きくする、長くする、頻度を増やす、時間を延ばすとどうなる?
◆縮小したら?
  →小さくする、短くする、軽くする、圧縮する、短時間にするとどうなる?
◆代用したら?
  →代わりになる人や物は? 材料、場所などを代えられないか?
◆置換したら?
  →入れ替えたら、順番を変えたらどうなる?
◆逆転したら?
  →逆さまにしたら? 上下左右・役割を反対にしたらどうなる?
◆結合したら?
  →合体、混ぜる、合わせたらどうなる?

オズボーンのチェックリストを使うことで、ある情報やアイデアのヒントを色んな角度から見ることが出来るようになります。同じ情報源からアイデアが生まれる可能性を何倍にでも出来るわけですから、これは強力な武器になりそうじゃないですか。

ってことで、アイデアの作り方、その手法はいたってシンプル。今も昔も変わらないんです。違うのはその方程式に入れるデータな訳で、そのデータは時代や環境に応じて変化し続ける・・・・・

だからこそ、アイデアが尽きる、ということは有り得ないってこと。

さてさて、本書に限りませんが、今回も著者に指摘されてしまいました。

    ここまで読み進めてくれたあなたにとっての最大の問題は、
    「読んで、分かって、やらないこと」


まずい、言い返せない!


加藤昌治著 『考具』 -- 何度も言うけど、アイデアとは組み合せ

「必要なのはアイデアだ!」って言葉を聞いた記憶があります。いつ、どこで、誰から、どういう状況の話としてなのか殆んど覚えていないけど、この言葉だけは何故か印象に残っています。

なので、記憶というよりも想像に近い感じですが、「優れたアイデアさえあれば、その実現に必要なお金や人はいくらでも集まってくる」ってな話だったんじゃないかな。

good idea

“アイデア” って一括りで言ってしまうと、広がり過ぎてボヤーってしてしまうけど、ま、大体の印象は伝わるでしょう。

わたし自身もアイデアを必要とする場面がたくさんある(アイデア欠乏症に陥ってる?)ので、このブログでも、アイデア関連の本は何冊か紹介してきました。

有名なところでは、古典的名著と言われるジェームス・W・ヤングの 『アイデアの作り方』とか、フレドリック・ヘレーン 著 『スウェーデン式アイデア・ブック』という本も紹介したことがあります。

あるいは、小山薫堂さんの『考えないヒント』や、安達元一の 『視聴率200%男』という、放送作家を生業(の一つ)としている方々の本を紹介したこともありますが、これも“アイデア”の本でした。

“アイデア” について何度も繰り返し紹介しているのは、「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」というジェームス・ヤングの言葉。

そしてアイデアとは、「神の啓示の如く、ある日突然降ってくる物」ではなくて、自動車の製造と同じように一定の明確な過程であり、従ってその「方法」は訓練することが出来るんです。

アイデアを考えるための道具

アイデアを生産するための訓練方法というか、その過程で使えそうな「道具」を紹介してくれてるのが、加藤昌治さんの『考具』という本。

考具2003年発売の本なので、既に10年以上経っていますが、いまだにAmazon 売れ筋ランキングの「ビジネス企画」というカテゴリで5位に入っています。

(因みに『アイデアの作り方』は、「心理学入門」なんてカテゴリに入っているし(7位)、『スウェーデン式アイデア・ブック』は「外国のエッセー・随筆」に分類されてました)

本書は、(この手の本によくある?)単なる精神論や企画書の書き方を教えるものではありません。

目指したのは、スキーのインストラクターのように、「ほら、こうやって身体を動かしてみて!」といった具体的な方法論。

そういったこともあってか、内容的には「おお、これは斬新!」というものではなく、一つひとつの「考具」は誰もが一度や二度は聞いたことがあるものなんじゃないかな。

でも、こうやって整理して目の前に提示してもらうと、自分でもこれを使って素晴らしいアイデアを生み出せるかも、って気になります。

100組、200組と、新しい「組み合せ」を考えてみる

さて、具体的な「考具」の前に、アイデアや企画を考えるとはどういうことなんだろう?という外堀から埋めていくことに。

アイデアや企画は、[WHAT]と[HOW]という2つの要素に大別されるとのこと。「何を」、「どうするのか」、ということですね。どんな課題を、どうやって解決するのか、という言い方も出来るかな。

そして、アイデアや企画を考えるには、順番があるそうです。それは、

「わがまま」→「思いやり」

という順番。最初に「自分の思い」があって、その思いを「社会に適合」させていく順序が大切。最初から相手に合わせてしまうと、出てくるアイデアがショボくなってしまうから。

ここでもう一度、ジェームス・ヤングの言葉を繰り返しますね。

「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」

要は、ゼロから生まれるアイデアは存在しないということ。どれほど素晴らしいアイデアであっても、その発想の素になったアイデアがあるのです。

そして、「新しいアイデア」って言われると、誰も考えつかなかったような大発明を探してしまいますが、それは意味がないんだと。

なぜなら、私たちが欲しいのは「自分」の仕事や生活で役立つ実践的なアイデアや企画だから。

つまり自社にとって、あるいは自分の生活にとって新しければ、それは「新しい」ということ。たとえば書店業界に、スーパーマーケット業界のノウハウを持ち込んだら、それは「新しい」のです。

「新しい組み合わせ」ということを理解すれば、天から素晴らしいアイデアが降ってこなくても、十分に新しいアイデアを生み出すことができるのです。

組合せパズル

アイデアは企画の素

ところで、「アイデア」と「企画」の違いとは何でしょうか?

著者は、「アイデアは企画の素である」という定義をしています。「素」だから、完璧さは不要ですし、どんなに下らなくても、実現不可能でもOKなんです。

良く言われることだけど「一行でもOK」。でも、その代わりに必要なのは「量」。「量が質を生む」というのは、やっぱり真理でしょうね。量って、5~6個ではなくて、最低でも20~30は必要かな。

そして、大事なのは、下らなくても、実現不可能そうでも、何でも、必ず全部「紙に書く」ということなんだと。紙に書かないと、消えて行ってしまうから。

一方の「企画」とは、「予算と準備と時間さえあれば、実施できる目処が立つ計画」のこと。「企画の素」であるアイデアに、実現性を持たせると「企画」になるということです。

そして、この「企画書」には、あなたの新しいアイデアが盛り込まれていないと「新しく」ないのです。でも、一つの企画が、新しいアイデアばかりで構成されている必要もありません。

企画の核となるアイテムが、あなたや会社にとって新しければ、それで十分だということです。

ってことで、いきなり企画が生まれることはないんです。何十、何百というアイデアの残骸を乗り越えて、選び抜かれたアイデアが中心の核になって初めて、そこに「企画」が生み出されるのです。

本書の “さわり” というか、外堀の紹介だけで終わらせる積りでしたが、久しぶりに読んでみると忘れていた「考具」がいくつもあって、また使ってみたくなったので、次回へと続きます。



<< topページへこのページの先頭へ >>