初めてのスケッチアップ(番外編) - ピザ窯の土台作り

今回は、ピザ窯の設計図をスケッチアップで描いていきます。参考にさせて(パクらせて)頂いたのは、「ピザ窯を5万円で手作りしてみた」というブログ記事。

先ずは、ピザ窯の土台作りから入ります。土台を作ってピザ窯の位置を持ち上げてあげないと、ピザを焼く際に姿勢を低くする必要があるので、土台はどうしても必要なもの。

また、上に乗せるピザ窯の耐火レンガからは高熱が伝わってくるので、木材で組み上げてというようなことは出来ません。

ってことで、ここでは前回作ったコンクリートブロックを使います。

コンクリートブロックはコンポーネントとして登録してあるので、これを引き出してきます(自作コンポーネントの使い方は、こちらの記事を参考にして下さい)。

コンクリートブロック

土台サイズは800×800mmとしますので、コンクリートブロックを2×4に並べます。

ブロック土台1

この8個のブロックを選択し、右クリックで「グループを作成」で一塊とし、ctrlキーを押しながら移動ツールでコピーして、上に重ねます。

ブロック土台2

上下のブロックを互い違いにしたいので、上に重ねた8個のブロックを回転ツールで(8個のブロック塊のセンターを中心に)90度回転させます。

ブロック土台3

同じ様に繰り返して、8個のブロックの層を積み重ねていきます。

ブロック土台4
ここで、土台の高さ(ブロックの積み重ね段数)をいくつにするかは、まだ検討中。基準になるのは、2層のピザ窯の上の段の高さ(ピザを焼く位置)。

厚み100mmのブロックを4段重ねだと、(この上に重ねていく耐火レンガのサイズにもよるけれど)700mm前後(だいたい机の高さ)になりそうです。

腰高(900mm前後)にするには、土台の高さは500mmくらい必要なような気がする。

土台を積み重ねていく(基礎の)基礎をどうするかってのもまだ検討中なので、それによっても土台のコンクリートブロックの積み重ね段数は変動すると思います。

取り敢えず、土台全体にコンクリートブロックらしい色を塗って完成。

ブロック土台5

次回は、この上に耐火レンガでピザ窯本体を作り上げていきます。


ピザ窯を作ってみたい

ピザ窯を作ってみたい。

荒川弘さんの『銀の匙』の中で、廃棄されていた石窯を修理し、学校内でとれた肉や野菜を使ってピザを焼く場面があるんだけど、出来上がったピザが本当に美味しそうなんだ。

石窯

それ以来、ピザ窯を作って、ピザを焼いてみたいという妄想に駆られていたんですが、ひょんなことからチャンスが巡って来ました。

ちょっと気を抜くと押し寄せる雑草に簡単に侵略されてしまう裏庭に、(活用方法の一つとして)ピザ窯を作るのはどうだろう、って奥さんが言い出したんです。

おー、これ幸いと、さっそくその意見に乗りました。

で、先ずはピザ窯について調べてみることに。

構造的に2つに大別される

ピザ窯(石窯)は、先ずは構造の違いで、1層式と2層式とに分類されます。

一層式のピザ窯は、薪や炭を燃やす燃焼室と調理する場所とが同じ場所になっているシンプルな構造で、「単燃焼タイプ」とも呼ばれます。

二層式の石窯は、薪や炭を燃やす燃焼室と調理する場所とが上下二層に分かれています。

ピザ窯

それぞれメリット、デメリットがあるのは当然。

1層式だと、薪や炭などを燃やして石窯内部の温度を上げてから、火かき棒でそれらの燃料をどかして(排除して)、調理するスペースを作る必要があります。

でも2層式なら、火元をそのままにして調理でき、石窯の温度が下がってくれば、再び薪や炭を焚くこともできるので、連続燃焼タイプと呼ばれます。

一方で、一層式の石窯は構造がシンプルで、小さいサイズで作ることが出来るので、耐火レンガ等の材料も少なくて済み、比較的簡単に作ることができます。

また、炉のサイズも小さいので、炉の温度を簡単に上げることが出来、結果的に調理のときに使う薪や炭などの燃料も少なくて済むので経済的なんです。

ただ、炉のサイズが小さいということは、温度が下がるスピードも速く、追い炊きも出来ないので、調理できる時間が短くなってしまいます。

再び温度を上げるためには、一度調理をストップして再加熱しなければなりません。

2層式なら燃料をそのままにして調理することが出来、石窯の温度が下がってくれば、薪や炭などを追加して温度を維持することが出来るんです。

大人数でパーティーなどをやることを想定するなら、追い炊きすることで長い時間調理することが出来る2層式の方が適していそうです。

勿論、構造が複雑でサイズも大きくなるので、使用する材料も多く必要になり、窯の温度を上げるためには、より多くの薪や炭などの燃料が必要になるというデメリットがあります。

ピザ

石窯では食材を火で直接焼くのではなく、余熱で焼く

ところで、1層式のピザ窯では、「石窯内部の温度を上げたら、火かき棒で薪や炭などの燃料をどかして」って書きましたが、石窯では食材を火で直接焼くのではないんですね。

燃料を燃やすことによって熱せられた石窯内部の耐火レンガの “余熱” で焼くんです。石窯の最大の魅力は、この余熱というか、余熱に含まれる遠赤外線にあるんです。

薪などで加熱された石窯(耐火レンガ)は、遠赤外線を放出します。食材の外側は対流熱によりパリッと焼かれ、同時に食材の内部は遠赤外線によって熱せられます。

その結果、外側はパリッと香ばしく、内側は必要以上に水分を失うことなくしっとりと調理される、ってことのようです。

なるほどねー。ま、理屈は知らなくても美味しいものは美味しいんだけど、個人的には理屈を知ったら、ますますピザ窯を作ってみたくなりました。

構造的には、やっぱり2層式を作ってみたいな。

あとは形状。ピザ窯の形状にはドーム型、アーチ型(かまぼこ型)、スクエア型(箱型)などがあるようです。

熱の “効率” を考えると、ドーム型>アーチ型>スクエア型の順になるようですが、作る際の難易度的には逆の順番になります。

ま、ここは一番シンプルな箱型でいきましょう。

次回、設計に入ります。


100均商品でカメラのレンズ用防湿容器を作ってみた

いつの間にか増えてしまったマイクロフォーサーズ用の交換レンズをキチンと収納すべく、手始めにeBay にてリアキャップ5個セットを買ってみました

今日は、このリアキャップを活用してレンズ用の収納ケースを作ります。

収納ケースとして使うのは100均で買ってきた密閉容器(ちょっと大きいので200円)。

密閉ケース

収納ケースに入れる防湿材として、除湿シートも買ってきました。

除湿シート

容器の底に除湿シートを敷き、その上にリキャップを固定した床板を被せるイメージで、3mm厚のアクリル板で床板を作りました。

レンズ収納庫
アクリル板の両サイドを曲げてあるのは、床板の強度確保、除湿シートのスペース確保、そしてリアキャップを固定するネジの突起を避けるためです。

1個大きな穴が開いているのは、望遠ズームが長くて、床板の上に載せたリアキャップに装着すると容器の中に納まりきらないので、キャップをこの穴に落とし込むため。

キャップにも、ネジで固定するための穴を開けました。

レンズ収納庫2

そして、キャップとアクリルの床板をネジで固定。使っているのはM3のなべ小ねじ。

以前、同じような固定をした際には皿ネジを使いましたが、今回購入したキャップの窪みが深いので、レンズと干渉する心配が不要で、その点は良かったかな。

レンズ収納庫3

容器の底に除湿シートを入れます。除湿シートは5枚パックだけど、床板下のスペース的に2枚が限界。でも、余らせても仕方ないので、レンズの周りに置いておこうかな。

レンズ収納庫4

レンズ収納用防湿保管容器の完成。レンズ同士のセンターピッチは75mmにしてます。もう少し広い方がレンズの出し入れが楽ですが、なんとかギリギリOK。

レンズ収納庫5

密閉容器の蓋をすると、なんとなくそれらしく見えます。

レンズ収納庫6

オリンパス E-PL3用の白いカスタムグリップを製作

新たに買った交換レンズで花などのマクロ撮影をしようとしたら、可動液晶が便利なことに気が付き、久しぶりに復活を果たしたオリンパス E-PL3 。

ボディーのホワイトに合わせて白い革でリストストラップも作り、さっそく被写体を探して街を1日中歩き回ってみたら、持って歩く際の保持に難を感じました。

グリップ無し
やっぱり、ツルッとした胴体で、指を掛けるところが無いのは辛い。

以前は革製カバーを付け、そこに自作のグリップを貼り付けて使っていたんだけど、どうもこのグリップの外観に嫌気がさしてきていたんです。

革グリップ

どちらかというと持ち易さ優先でグリップの大きさを決めたので、厚みを持たせ過ぎてしまい、なんとなくボテッとした感じになってしまったんですね。

革グリップ上から

もう一つ、自作グリップとは別に、この革製カバーが使い難いんです。

普段は問題ないけど、SDカードを取り出したりバッテリーを交換しようとすると、いちいち底のネジを回してカバーを外す必要があるのが面倒くさくて。

革カバー底

といった理由でカバーを使うのを止めてしまったので、カバーに付けていたグリップの代わりに、本体に改めてグリップを装着してみようかなと。

一から作ろうかと思ったのだけど、LUMIX GM1SK 用グリップの製作途上、途中で使うのを止めた素材があったので、これの形状を少し変えて使うことに。

以前作った

表面を整え、白のラッカースプレーで塗装し、最後にクリアー塗装して完成。

白グリップ完成

両面テープでカメラに貼り付け。

P1730298

E-PL3 よりも一回り小さなLUMIX GM1SK 用に作ったものを流用したので、ちょっと小さくてバランス的にはいま一つかな。

縦方向に1cmくらい長くしてもいいかも。時間があったら、作り直す・・・・?


白い革でカメラ用リストストラップを自作(3) -- 縫製

製作途上のカメラ用リストストラップですが、前回で形的には完成です。

今回は、縫製作業を中心とした仕上げ段階です。先ずは、コバをトコノールと自作のコーンスリッカーで磨いていきます。

ヘリ磨き
コバの角(切断面)は、特に処理しません。へりおとしという工具も持っているのですが、まだあまり上手く使えないので、直角のままコバ磨きに入ります。

コバが磨きが終わったら縫製。今回縫製に使うのは、この春らしい若草色(ナイトグリーンって名称らしい)のワックスコード。

革縫い糸
これ、以前使おうとして使えなかった糸。いつも使っているエスコードの中細よりも微妙に太いのかな。それと、糸の先端をしごいて細くする作業ができなかったんです。

でも、地道にしごいていったら少しずつ糸くずが取れてきて、何とか細くすることが出来、更に4mmピッチの菱目打ちでしっかりと穴を開けたら、問題なく使えるようになった。

この糸が使えるって分かったのは大きい。桜木町の貴和製作所のお店で買ったものだけど、綺麗な色が揃っていて、ワックスも塗ってあるので、使うのも楽だし。

さて、縫い方ですが、これは前回編み出した方法でいきます(自分で思いついたんだけど、ごく普通のやり方なのかもしれません)。

2セットの針(4本)と糸を用意し、両端の重ね合わせて縫い始める場所から、反対方向に向けて縫い進めていきます。

両サイドを縫って

両サイドを互い違いに重ね合わせる場所まで縫い終わったら、両端を合わせ、重ねた状態で縫い合わせていきます。

端縫い合わせて

対面側にももう一対の針と糸があるので、そちらも縫い進め、適当な場所で互いを合流させ、最後に糸の始末をして縫製完了です。

リストストラップ白完成1

白の地に、爽やかなライトグリーンの糸がアクセントになって、自分的には大満足の出来。

リストストラップ白完成2

カメラ本体のホワイトともマッチして、かなり良く出来たんではないかと自画自賛中。

白ストラップ装着


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>