初めてのスケッチアップ - (14)自作コンポーネントを使う

3次元モデリングソフト スケッチアップの使い方を、自分でも学びながら、備忘録的にまとめておこうという「初心者のための初心者講座」第14回。

前回、自分で作ったコンポーネントを使ってみようとしたら、上手く使えませんでした。

その原因は、どうやらコンポーネントの「コンポーネント軸」にあるようなので、今回はそれを修正してみます。

元の束石モデルのコンポーネントを作ったウィンドウに戻って修正を加えていきますが、先ずは「コンポーネント」となっているオブジェクトを「分解」するところからスタート。

自作コンポーネントを使う5
(上のメニューの中に、「軸を変更」という項目があって、実はこちらでも同じような作業が出来るのですが、「保存」が上手くできなかったので「分解」してしまいました)

「分解」すると、第12回の「コンポーネントを作成」する前の状態になる(保存してある「束石♯1」は残ってるけど)ので、第12回でやったのと同じ手順を辿ります。

コンポーネント軸を設定

マウスの右クリック→「コンポーネントを作成」。現れるウィンドウの中の「コンポーネント軸を設定」ボタンをクリックすると、青・緑・赤の3軸が現れます。

自作コンポーネントを使う3

以前「コンポーネントを作成」した時には(デフォルトで)立体の左下にあったものを、立体の好きな場所に移動することが出来る状態になっています。

これは、この立体(束石)の原点をどこにするか、という設定なんですね。

束石の上面の四角は、ウッドデッキの脚と合体するためのガイドとして描いたので、この四角の一角に、「コンポーネントの軸」を設定します。

自作コンポーネントを使う4

3色の軸の交点を望みの場所に置いてクリックすると、「コンポーネントを作成」ウィンドウが再び出て来るので、定義と説明に記入して「作成」。

自作コンポーネントを使う6

トレイの中に新たに作った「束石(軸変更)♯1」が出来ているので、これを右クリック→「名前を付けて保存」で、以前作った「自作コンポーネント」フォルダの中に保存。

ウッドデッキを作成しているウィンドウに戻って

これで、ウッドデッキを作成しているウィンドウに戻り、トレイの中のコンポーネントから家アイコン横のプルダウンメニューを開き、「自作コンポーネント」を選択。

「束石(軸変更)♯1」が使える状態になりました。

自作コンポーネントを使う7

「束石(軸変更)♯1」をクリックすると、移動ツールのアイコンと共に束石コンポーネントが現れます。

今度は、移動ツールのアイコンが望み通り束石上面の四角の一角に位置していて、そのまま脚に近づけていくと、脚の方にも “ポイント” が現れます。

自作コンポーネントを使う11

そのまま2つのポイントを合わせるように移動すると、脚の底面と束石の合体完了。

後は、同じ作業を繰り返すなり、移動ツールでコピーするなりして、残りの脚すべてに束石を取り付ければ、ウッドデッキの基礎部分完成です。

束石設置完了

これで床板から下の構造体は一旦完成したので、次回から床板の上に柵等を設置していく予定です。出来れば、これまで使っていないツールも試してみたいな、と。



ウッドデッキを作りたい -- (2)その覚悟はあるか!?

放っておいたら、いつの間にか雑草が生い茂ってしまい、そうなると私の大嫌いなヘビとかが出てきそうで増々手のつけようが無くなってしまった裏庭。

そこを業者にお願いして綺麗にしてもらいました。でも、このままにしておくと短期間で再び茫々状態になってしまうのは確実。

それなら、雑草避けも兼ねてウッドデッキを作ってみようかと。ところが、構想から設計図へと進むべく、スケッチアップというソフトを使い始めてみたら、これが面白くて。

つい、このソフトの使い方を習熟する方に精力が向いてしまい、本来の目的であるウッドデッキ作りからはちょっと離れてしまっていました。

でも、ようやくスケッチアップの使い方の基本的なところは理解できたように思うので、学んだことを活かして、ザックリとですがウッドデッキのイメージを描いてみました。

ウッドデッキイメージ
デッキ上のベンチとテーブルは、ネット上のデータを使っていますが、それ以外は自分で描いたもの。スケッチアップにある程度慣れると、結構簡単に描き上げられます。

3Dモデルを設置場所の写真に合成してみた

スケッチアップは3次元モデリングソフトなので、ソフトの中で見る視点を自由に変えられます。手元の写真に合わせて向きを決め、キャプチャーして、写真と合体してみました。

ウッドデッキ横
まだ適当な設計で細部は全然詰めていませんが、設置した時のイメージは湧きます。

上から見下ろしたところ。

ウッドデッキ上から
4m×3.6mで作ってみたけど、かなり大きいってことが分かりました。畳の広さに換算してみると、約9畳くらいあります。これなら結構大人数が集まっても収容できますね。

正面というか、下から見上げるとこんな感じになります。

ウッドデッキ正面

これは相当な覚悟が必要かも

3Dモデルとの合成写真を見て先ず感じたのは、「おっと、これは思っていた以上に(かなり)大掛かりな作業だな!」ってこと。

床下の脚で最も長いものは2mくらいありそうです。そして、その脚の数。脚と脚の間隔を約80cmとしていますが、総本数は30本!

これは大変だわ。ここまで長いと、脚同志を結ぶ斜交いも必要だろうし、脚が乗る基礎も30箇所必要なわけで、生半可な積りでいると途中で投げ出してしまいかねない。

ちょっと安易に考え過ぎていたようです。これを素人が作れるのか?

木材の必要数(金額)を(比較的安価なサイプレスで)ザックリ見積もってみると、

床材:25×120×2100mm 56枚 約15万円
脚材:90×90×3900mm 15本 約16万円
根太:38×90×3900mm 12本 約5万円
フェンス:20×90×2100mm 24本 約3万円

木材だけで約40万円! これに必要な工具とか、塗料とか、ネジとか諸々加えていくと、総額で50万円くらいになりそうかな。いや、基礎もあるので60万円くらい?

いずれにしても、進めるには(技術的にも、金額的にも)相当な覚悟が必要なようです。


ウッドデッキを作りたい -- (1)構想

久しぶりに自分の中でモノ作り機運が高まってきている。それも、今回は結構大物。大きさとか金額とかで言えば、自分史上最大なんじゃないかな。

ウッドデッキを作ってみようかと。

雑草で覆われていた裏庭を業者にお願いしてスッキリさせてもらったんだけど、このまま放っておくと、結構短期間で元の木阿弥になりそうな予感が。

単に草が生えないようにするだけなら、例えば砂利を敷き詰めるとか色々と手段はありそうだけど、折角なら有効活用したいなと。

そこで思いついたのがウッドデッキだったわけです。これなら、何とかDIYで出来るんじゃないかと。

で、ざっくりと測量してみると、以下のような感じ。ヒモを張って、イメージ作りをしてみたら、奥さんからもっと広い方が良いのではという意見が。

HUAWEI

ここでバーベキューとか出来たらいいなってことで、そう考えると上のヒモの範囲では狭いということらしい。

取り敢えず、3m×4mと想定して設計を始めてみようかと思案中。

ただ、ここで一つ難関が。この場所、斜面なんですよね。足の長さを場所によって変えれば問題ないだろうって思ってたんだけど、当初の想定以上に斜面が急だった。

ウッドデッキ高低差

下のレンガ面からすると2m以上の高低差がある。となると、周囲にフェンスを設けないと、やっぱり危ないでしょうね。

土台作りも、斜面だと結構大変そうです。

取り敢えず、ざっくり骨組みを作ってみて、それを置いてみました。

ウッドデッキ土台イメージ

ネット上の製作事例を参考に、束柱の間隔を70cm~80cmで設計してみましたが、束柱の数がこんなに多くなるってことに気付いて、ビックリ。なんと33本。

ってことは、この束柱を乗せる(固定する?)土台も33ヵ所作らなければいけないってことで、それも斜面なわけで、これは想像以上に大変な作業かも。

束柱の数もそうだけど、同時に床板の数も結構な数量になる。例えば、長さ4m、幅100mmとすると、3m×4mの面積を満たすには30本必要になります。

ハードウッド系の木材を使うのがおススメらしいけど、これが結構高い! 1本5000円前後する。5000円で30本とすると、床材だけで15万円かかることに。

当初、材料費だけなら10万円もあれば十分じゃね、って思っていたけど、とてもそんな感じには収まりそうもありません。

ま、30万円まではいかないと思うけど、少なくとも20万円以上はかかりそうだなー。

でも、気分的にはヤル気満々なんで、部材の選定含め、本格的な設計に着手してみようかと思います。


ゴルフクラブのグリップ交換をするために、グリップカッターを自作

ウチの奥さんが最近ゴルフスクールに通い始めました。そうしたら、何年も使っていなかったゴルフクラブのグリップがボロボロになってることに気づき、交換して欲しいとのリクエストが。

確認してみたら、なるほど、本当にボロボロでひどい状態になっていました。

ボロボログリップ

以前、自分のクラブのグリップを交換したことがあるけど、もう何年も前のことで、やり方を忘れてしまってるし、道具等も何も無い。

何が必要で、どうやってやるのかを調べてみると、最低限必要なのは(当たり前だけど)交換用の新しいグリップに、両面テープと有機溶剤くらいかな。

古いグリップは、カッターでカットして剥がしますが、普通のカッターでやるのはちょっと怖い。以前やったクラブはスチールシャフトだったので気にならなかったけど、今回はカーボンシャフトなので。

そんな人のために、グリップカッターなる商品があります。カッターの刃の部分が鉤爪(かぎづめ)のようになっていて、グリップに引っ掛けて引けば、シャフトを傷つけずに簡単にカット出来るらしい。

大した金額ではないので買ってもいいんだけど、多分、この1回しか使わないだろうし、刃の形状を観察していたら、自分でも作れるんじゃないかって気になってきた。

古いグリップを切り裂くためのグリップカッターを自作する

使うのはアクリルカッター。古くなって切れ味が悪くなってきたので、交換しようと思っていた刃があるので、この刃を鉤爪状に加工してみようと思います。

アクリルカッター

卓上グラインダーで大まかに削り、丸棒状のヤスリで刃の内側を削り、最後に紙ヤスリの番手を上げながら、刃の切れ味を高めていきました。

カッター刃加工

試しに使ってみます。流石に、「スーッとなんの抵抗もなく切れる」とまでは言えないけれど、それほど大きな抵抗を感じることもなく、結構スッキリと切れていきます。十分使えそうかな。

自作カッターで

古いグリップを外すことに成功。

古グリップ外し

古いグリップを外すより、残った両面テープを剥がす方が大変だった

ただ、この状態では、シャフト側に古い両面テープが残ってしまっているので、そいつも剥がさないといけいないんだろうね。

新しいグリップをシャフトに差し込む際に使う有機溶剤は、専用のものである必要はないらしいので、手元にあるパーツクリーナーを使う積りでいました。

なので、古い両面テープを剥がすのも、こいつを吹きかけて溶かしながらやってみます。

パーツクリーナー

うーん、結構大変。パーツクリーナーを吹き付け、ウェスでゴシゴシやると少しずつ剥がれてはくる。でも、パーツクリーナーはすぐに揮発して無くなってしまうので、何度も何度も繰り返すことに。

古両面テープ剥がし

根気と力で、何とか綺麗に剥がすことが出来たけど、これをあと何本もやるのかと思うと、ちょっと気が重いかも。


既製品のワークベンチの天板を付け替えて使い勝手倍増!

長年使ってきたワークベンチが、ダメになってしまった。ある日、外で使ってそのまま仕舞い忘れたら、間の悪いことに雨が降ってきて、翌朝見たら天板が水を吸ってブヨブヨになってた。

まあ、それほど高価なワークベンチではないので、新しいのを買ってもいいかなって思ってたんだけど、そうなると金属の土台部分は捨てなければならない。

ワークベンチ土台

どうも、性分的に “捨てる” ってことに抵抗を感じるんだよね。土台自体は特にどこかが壊れているわけでもないのに。また、捨てるには小さくバラさなくちゃいけなくて、それも面倒。

それなら、新しい天板を付けて、こいつを再生してあげようかな。

買ったのは厚さ15mmのMDF材と厚さ3mmのゴム板

天板用に買ったのは、厚さ15mm、60㎝×45㎝のMDF材。多分、このワークベンチのオリジナルの天板もMDFの表面を加工したものだったと思う。

ワークベンチ天板

MDFの天板を土台と木ネジで固定。元々は、可動ハンドルで分割テーブルが移動することで、バイスのような役割も担っていたワークベンチなんだけど、その機能は諦めて1枚板の天板に。

天板を固定

もちろん、雨ざらしにする積りは無いけど、何らかの拍子に水がかかったりして、また端面から水が浸み込んだりすると嫌なので、ビニールテープを全周に貼りました。

端をビニールテープで

作業面は、この後にゴム板を両面テープで貼り付けていく予定。

両面テープ貼り付け

作業面用に買ったゴム板は、厚さ3mm、幅300㎜×長さ1000㎜の天然ゴム。本当は60㎝×60㎝のゴム板があればよかったんだけど、無かったので横長のゴム板をカットして貼ります。

ゴム板1m

元々のワークベンチより使い易そうな気がする

ゴム板を45㎝の長さにカットして、片側に貼り終えたところ。

ゴム板半分貼って

合わせ面に隙間が開かないように、ピッタリと押し付けながらもう片側を貼って、折り畳み式作業台が完成。捨てようかと思ったところから再生したにしては、結構イイ感じ。

折り畳み作業台完成

でも、MDF材とゴム板の購入金額で、どうかすると安いワークベンチが買えてしまいそう。

そうなると、どっちの選択の方が正しいのか、ちょっと分からなくなってしまうけど、作業面がゴムで、折り畳み式で、適度な広さのある作業台が手に入ったので、これはこれで良しとしましょう。


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>