白い革でカメラ用リストストラップを自作(3) -- 縫製

製作途上のカメラ用リストストラップですが、前回で形的には完成です。

今回は、縫製作業を中心とした仕上げ段階です。先ずは、コバをトコノールと自作のコーンスリッカーで磨いていきます。

ヘリ磨き
コバの角(切断面)は、特に処理しません。へりおとしという工具も持っているのですが、まだあまり上手く使えないので、直角のままコバ磨きに入ります。

コバが磨きが終わったら縫製。今回縫製に使うのは、この春らしい若草色(ナイトグリーンって名称らしい)のワックスコード。

革縫い糸
これ、以前使おうとして使えなかった糸。いつも使っているエスコードの中細よりも微妙に太いのかな。それと、糸の先端をしごいて細くする作業ができなかったんです。

でも、地道にしごいていったら少しずつ糸くずが取れてきて、何とか細くすることが出来、更に4mmピッチの菱目打ちでしっかりと穴を開けたら、問題なく使えるようになった。

この糸が使えるって分かったのは大きい。桜木町の貴和製作所のお店で買ったものだけど、綺麗な色が揃っていて、ワックスも塗ってあるので、使うのも楽だし。

さて、縫い方ですが、これは前回編み出した方法でいきます(自分で思いついたんだけど、ごく普通のやり方なのかもしれません)。

2セットの針(4本)と糸を用意し、両端の重ね合わせて縫い始める場所から、反対方向に向けて縫い進めていきます。

両サイドを縫って

両サイドを互い違いに重ね合わせる場所まで縫い終わったら、両端を合わせ、重ねた状態で縫い合わせていきます。

端縫い合わせて

対面側にももう一対の針と糸があるので、そちらも縫い進め、適当な場所で互いを合流させ、最後に糸の始末をして縫製完了です。

リストストラップ白完成1

白の地に、爽やかなライトグリーンの糸がアクセントになって、自分的には大満足の出来。

リストストラップ白完成2

カメラ本体のホワイトともマッチして、かなり良く出来たんではないかと自画自賛中。

白ストラップ装着


白い革でカメラ用リストストラップを自作(2) -- 形を作る

カメラ用リストストラップですが、前回白の表革と茶の裏革とを貼り合わせたストラップ胴体の接着剤も固まったので形を整えていきます。

先ずは、胴体の両端に飾り(兼補強)用の革を重ねて貼ります。実は、手間を省いて白一色で済まそうと思っていたんだけど、どうもやっぱり “締まり” が無くて。

これも木工用ボンドで接着。

両側に飾り革

胴体の両端は、最終的にまとめて縫い合わせることになるので、両端の縫い穴がずれないように、この飾り用の2枚の革の同じ位置に(貼り付ける前に)縫い穴を開けてあります。

飾り革

接着剤が固まるのを待つ間、外形カット用の型紙を製作。型紙には、カット端から内側2.5mmの位置に、4mmピッチの菱目打ちで縫い目用の下穴も開けてあります。

型紙

胴体部に型紙を貼り、デザインカッターでカット。寸法的には、全長380㎜、太い部分の幅が25㎜。そして、細い部分は17mm(穴ピッチ4mm×3+2.5mm×2)。

カット

ところで、白い革の上に型紙を貼るのに使ったのはスコッチの塗装用マスキングテープ。このテープが本当に素晴らしいんです。

マスキングテープなんて100均ので十分って思ってたのが、クルマの補修の際に一度これを使ってみたら、その使い易さの虜になってしまいました。

3Mマスキングテープ
以前、同じような作業で、両面テープを使ったら、両面テープの糊が革側に残ってしまい、それを取り除くのに結構苦労した記憶があります。

今回は、このマスキングテープに型紙を両面テープを使って貼り付け、それを革に貼り付けるという面倒くさいことをやっています。

なので、革と接触しているのはマスキングテープの糊面です。そして、カットが終わって剥がす時には、スッキリきれいに剥がれて、本当に気持ちがいい。

必要十分な粘着力がありながら、剥がそうと思ったときには簡単に剥がれる。これを素晴らしいバランスで両立しているマスキングテープなんです。

さて、話が横道にそれましたが、カットし終わった胴体革の周囲に、型紙から写し取った縫い目穴に合わせて、4mmピッチの菱目打ちで穴を開けます。

ハンドストラップ形完成

これで、リストストラップの基本形が完成です。

次回、革のコバを磨いてから全周を縫って完成予定です。


白い革でカメラ用リストストラップを自作(1) -- 素材集め

値段とマクロモード搭載に惹かれて、オリンパスの 12-50mm/F3.5-6.3 というズームレンズを買ったら、このマクロモードで花とかを撮影するのが楽しくて。

でも、低い位置の花を撮影しようとすると、LUMIX DMC-GM1の固定された液晶画面ではちょっと不便に感じ、久しぶりにオリンパス PEN E-PL3 を引っ張り出してきました。

そしたら、いつの間にかリストストラップが結構ボロくなっていた。

旧ストラップ

せっかくなので、久しぶりにリストストラップを自作してみようと思います。

E-PL3 の本体カラーがホワイトなので、白い革を使ったリストストラップにしよかと。白だと汚れが目立ちそうだけど、でも色を揃えてみたくて。

ハンドストラップ1
手首が当たる内側には茶系のヌバックを使うので、共に30mm幅でカット。

カメラに取り付けるナイロン製のベルト部は、ボロくなってしまったストラップから取り外して再利用します。

そして、こんな時のために役立つんではないかと買っておいたのが「シームリッパー」という商品。縫い目の糸を簡単に切るための道具です。

シームリッパー

U字形になっていて、U字の底の部分が刃になっています。U字の片側の長い方の先端を縫い目に差し込んでいくと、簡単に切れていきます。初めて使ったけど、こいつは便利だな。

シームリッパーで

取り外したナイロンベルトを、ヌバックの片端に縫い付けました。

ハンドストラップ2

これを木工用ボンドで表側の白い革と貼り合わせていきますが、その前に2枚の革の間に挟み込む “骨” を作ります。

LUMIX DMC-GM1用のリストストラップも自作しましたが、使い続けていて何よりも良いアイデアだったなって実感しているのは、この “骨” の存在なんです。

この “骨” があるお陰で、ストラップが潰れることなく常に開いているので、手首を入れるのがとっても楽なんです。

骨に使うのは0.1mm程度の薄いプラスチックの板で、前回は適当なプラ板があったので良かったのですが、今回は思うような素材が手元にない。

何か使えるような素材はないかと部屋の中を見回していたら、目に入って来たのは炭酸が入っていた1リットルのペットボトル。

ペットボトルを

これの胴体部分をカットして骨を作りました。

形状保持材

それを両面テープで表側になる白い革の裏側に貼り付け、

形状保持材を両面テープで

ナイロンベルトを縫い付けたヌバックの裏革で挟み込むように木工用ボンドで貼り合わせ。

裏表を貼り合わせ

接着剤が乾くまで一晩待って、次回へと続きます。


100均グッズで写真パネルを作ってみた ⇒ これはおススメ!

かなりの枚数の写真を撮っていても、それを使うのはほとんどこのブログだけ。下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるで、中には悪くないな!って写真が撮れることもあるのに。

せっかくなので、家の中に飾ってみようかな。

最初に考えたのは、額縁に入れて飾ること。小さな額縁を複数個買って、階段わきの壁に並べてみようかと。

写真の大きさはA4サイズでは大き過ぎるし、かと言ってL版ではあまりに小さ過ぎ。ということで2L版の大きさでプリントアプトすることにします。

でも、2L版用の額縁を探してみると、なかなか手ごろなものが見つからない。良さそうだなって思うとそれなりに高いし、安いのは見るからに安物っぽいし。

それなら写真パネルを作ってみようかな。昔、買ってきたポスターを木製パネルに貼り付けたことがあるので、写真サイズに合わせて木製パネル自体から作ってみようかと。

スチレンボードを使った写真パネル

ところが、木製パネルの作り方を調べていたら、スチレンボードを使った写真パネルというものの存在を知りました。なるほど、こっちの方が間違いなくお手軽。

スチレンボードの片面が粘着面になっている「のりパネ」なるものを買ってきて、そこに写真を貼り付けてカットするだけで出来上がります。

さっそくAmazonで「のりパネ」を買ってと思ったら、これが意外に高い。厚さ5mmのB2サイズ(515mm×728mm)で約1000円。

100均にも似たようなのがあるかもと探しに出かけたら、ありました。ダイソーの「貼れるボード」。厚さ5mmで、300mm×450mmで108円。

貼れるボード

ついでに2Lサイズのプリンター用紙(印画紙)も買ってきました。108円で12枚入り。

印画紙2L
この印画紙、ナイスです。Amazonで50枚セットを買えば、1枚あたりはかなり安くなるけど、こちらはそれよりも安いし、今回みたいな “お試し” には価格も枚数もピッタリ。

我が家のプリンターはブラザー製で、カラー写真を印刷することは殆ど想定していない(正直、あまり美しく印刷できない)けど、それでもこの印画紙でイイ感じに印刷できました。

ボードに写真を貼り付けてカット

写真をボードに貼り付けていきます。

作り方を解説している記事をいくつか見ましたが、先にボードを大きめにカットしておき、写真を貼ってから写真に合わせてカットする方が綺麗に出来るとのこと。

写真(印画紙)の大きさに合わせてカットする方法や、写真の周囲に枠を残しておいて、その枠ごとカットする方法とか、いくつかのやり方が紹介されています。

が、300mm×450mmのボードから2L版(127mm×178mm)のパネルを最大枚数作ろうとすると、5枚が限界で、それも微妙に足りない部分もあるので、余裕が全然無い。

ということで、自分なりの方法でやってみます。先ずは、ボードの端の剥離紙を1cm程度折って粘着面を出し、ボードの角と写真の角を合わせて上下2枚貼ります。

写真パネル製作

後は、写真に合わせて外形をカットしてから剥離紙を剥がし、写真とボードとを完全に貼り合わせて写真パネルの完成。

写真パネル1枚目

ただ、上の写真の通り、パネルのカット面がギザギザになってしまった。反省すべきは、カッター刃は切れるものでないと、仕上がりが本当に汚くなるってこと。

慣れもあるけど、下の写真の下側は使い古したカッター刃でカットした失敗作。上のボード断面は、新しいカッター刃を使い、作業にも慣れてきた状態でカットしたもの。

パネルカット

でも、少し慣れれば簡単綺麗に仕上がります。最近は、撮ってきた写真をほとんどPC画面でしか見ることが無かったけど、やっぱり印刷したものはひと味もふた味も違う。

ま、色々と反省点はありましたが、取り敢えず2Lサイズ、5枚の写真パネルが完成。

写真パネル完成

2L版の大きさなら、1枚当たり30円程度(スチレンボード+印画紙で、インク代は含まず)で作れ、自分でやってみて実感したのは、「間違いなくおススメ!」ってこと。


オーニング用シートでボール盤のカバーを作ってみた

ここ数年で色んな電動工具を買ったけど、作業の効率化に最も貢献してくれたのは卓上ボール盤だと思う。電動ドリル1つで作業していたころとは雲泥の差。

ボール盤

卓上ボール盤は屋外に設置してあるんだけど、設置の際に100均で買ってきた自転車カバーを素材にして、この卓上ボール盤用のカバーを作りました。

が、ご覧の通り経年劣化でボロボロの状態に。

ボロボロカバー

ということで新たなカバーを作り直そう思い、100均にて素材になりそうな商品をアレコレと物色したのですが、どうも「これっ!」ってのが見つからない。

使っていない小さなレジャーシート(90cm×60cm)を2枚つなぎ合わせて作ろうかとも思ったんだけど、2枚を接合していくのが(素材的に)ちょっと面倒くさいかなと。

結局、何年か前に100均で買ったまま使わずにしまってあったオーニング用のシートを使うことに。ただ、これも小さい(80cm×70cm)ので2枚を繋ぎ合わせて使います。

先ずは、2枚の両端同志を麻糸で縫い合わせて筒状に。

オーニング2枚で筒状

出来上がった筒状のものの片側を(ボール盤の外形形状に合わせて)縫って閉じていきます。素材自体が隙間だらけなので、縫っていくのは簡単(面倒臭いけど)。

オーニング2枚で

完成したのでボール盤に被せてみました。

ボール盤カバー完成

正直、あまり美しくないけど、取り敢えず完成。

ただ、生地の目が詰まっていないので、小さいホコリみたいなのは内側に侵入してくるでしょうね。ちょっと気にはなるけど、あまり酷ければまた対応策を考えましょう。



<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>