1年で最も気持ちの良い季節は、やっぱりGW近辺ですよね

GWを利用して南箱根にやってきました。

なにも1年で一番道路や観光地が混雑する時期に合わせて来る必要もないのにって思いも無くはないけど、でも1年で一番気持ちの良い季節だってのも事実。

170501南箱根-01

心地よい風を感じながら散歩していると、道端に何気なく咲いているタンポポでさえ(タンポポに失礼?)愛おしくなってくる。

170501南箱根-02

近所の方の庭が素晴らしくて道路脇から見惚れていたら、その家のご夫婦が出てこられて、宜しければ庭の内側もご覧になりますか?って仰って頂き。

170501南箱根-03

春の太陽を反射する花びらの紫が美しい。

170501南箱根-04

そして、この赤。奥深いというか、ゴージャスというか。自然の造形って本当に素晴らしいなって、最近は花を見るたびに思う。

170501南箱根-05

こんな不思議な花、初めて見ました。分かり難いかもしれませんが、花の中から2本の茎が伸びて、その先にまた花が咲いているんです。

170501南箱根-06

クローズアップで見ると、普段は見えないものが見えてきて、ますますマクロレンズに嵌りそうです。

170501南箱根-07

こいつは4~5mmくらいの小さな虫なので、肉眼で見てる時にはよく分からなかったけど、写真に撮って後で見てみると意外に可愛らしい?

170501南箱根-09

奥さんと2人で、久しぶりにゴルフ練習場にやって来ました。ここ、朝から夕方まで何時間、そして何球打っても料金は1500円と格安。でも、GWの割には空いてる。

170501南箱根-08

滞在中の天気は悪くなかったけれど、霞みがかってたり、雲で隠れたりしてスッキリとした富士山を見れる機会は少なかったかな。

でも、この日は雲と富士山との配置のバランスが素晴らしかった。雲一つない富士山も良いけど、雲の表情が加わった富士山もとっても魅力的。

170501南箱根-10

そんな感じの2017年のGWでした。


素晴らしい命を育む一方で、地震で人々の命を奪うのも自然

4月も下旬に入ると、気候も一気に夏めいてきました。つい数日前まで、春は雨の日が多いなあなんて思っていたら、いきなり日本各地は真夏日の話題で持ちきり。

心地よい春風を楽しむ間もなく、このまま夏に突入してしまうのでしょうか。日本も少しずつ亜熱帯気候みたいな感じになりつつあるのかな。

少年野球広場(?)の外野も、少し前までベアグラウンドに近かったのに、いつの間にかタンポポが咲いて、気が付いたら既に綿毛さえも飛び去ってしまって、坊主状態のタンポポになってました。

1504下旬-01

道路脇のそこかしこに咲いているツツジも一気に満開に。

1504下旬-02

この日、夕方から川崎で飲み会があったので、いつも通り14Km弱の道程を歩いて行きました。川崎駅に着く頃には、そろそろ夕暮れ時になろうかと。

1504下旬-03

待ち合わせ時間まで30分ほど余裕があったので、高所の遊歩道から少しずつ空が赤く変化していく様を写真に収めていました。

1504下旬-06

私の他にも1人、2人、カメラを構えていましたので、ここからの、この時間帯の風景は “絵になる” って思っている人がいるんですね。

1504下旬-07

自宅の周りにも色とりどりの花が

自宅の庭先に咲いている花を3つほど紹介。と言っても、花の名前は知らないんだけどね。いつも思うのは、Google先生が言葉ではなく、写真とかで検索できたら凄い便利なのにって。

それはさておき、自然の造形物って本当に素晴らしい。細部を見れば見るほど、その緻密さ、そして完成度に感嘆せざるを得ません。

1504下旬-04

色といい、形といい、言葉を失います。

1504下旬-08

こいつもヘンテコリンな形状の花ですが、下から覗いてみたのは初めて。こんな造りになっていたとは本当にビックリ。黄色い花弁(?)の中に密集しているのは雄しべなのかな?

1504下旬-05

こんな素晴らしい命を生み出す一方で、地震によってたくさんの命を奪うのも自然。数日前のネパールの地震による死者は1万人を超えるとの予想も。

亡くなられた方々のご冥福と、一日も早い復興をを心よりお祈り申し上げます。


Picture of the Month - June 2013

いつの間にか、今年も半分が終わってしまいました。

6月のブログを振り返ってみると、「カメラに遊ばれる」カテゴリの投稿記事が「0」でした。昨年の今頃は梅雨時の花や景色を色々と写したりしていたのに。

出掛ける機会が少なかったということもあるけど、出掛けたとしてもその範囲に大きな変化がないので、なんか写真を撮っていても、去年と同じような写真を撮っているような気がしてしまって。

これは、色んな意味でマズイ。行動範囲をもっと広げないと!

そんな少ない6月の写真の中から選りすぐりの(?)何枚かを紹介しましょう、かな。

先ずは夕焼けから。確かに夕焼けは、同じ場所から撮ってもいろんな表情を見せてくれるので、ふと出会う景色に、やはり撮っておこうかなという気にさせてくれる素材です。

201306picIMG_6950

ちょっと不思議な写真になってます。上の雲の明るい所に夕陽があるだと思いますが、よく見るとその下に丸い太陽が見えます。少し前の写真なので、どういう状況か忘れてしまいました。

201306pic

いつもの自転車トレーニングスタート地点からの夏空。遠く見えるのはプリンスぺぺ。

201306picIMG_7209

真っ青な青空。そして白い雲。

201306picIMG_7207

玄関脇の花壇の花。パッと見、あまり気にも留めない花でしたが、じっくり見ると鮮やかな黄色、そして花の造形、なかなかどうして深みのある花です。世の中には、じっくり見てみるといままで気がつかなかった素晴らしいものが潜んでいる事に気が付く、そんなことがたくさんありそうです。

IMG_6939

これも、自転車トレーニング始点からの一枚。毎度毎度見る景色だけど、空の表情は千差万別。

201306picIMG_7223.jpg

この時期、道端に良く見かける花。いつ見ても地味な花だなって思っていましたが、じっくり見てみると、これはこれで味わいがあります。地味なんていったら怒られますね。

IMG_7053.jpg

右隅にチラッと見えているのは日産スタジアム。左手の緑は新横浜公園。スケボーの練習場とかドッグランとか、いろいろと充実しています。

201306picIMG_7198.jpg

食卓に飾られていた花。名前は知りませんがローズピンクが美しい。

IMG_7138.jpg

本当に1cmくらいの小さな小さな花ですが、一つずつまるで造花のようにキリッとしている花です。

IMG_7143.jpg

前日は、月が地球に最も近づいたタイミングで、満月または新月になる「スーパームーン」だったのですが、生憎の雨模様で見ることができませんでした。一日遅れのお月様。

IMG_7191.jpg

Picture of the Month の趣旨からは微妙にずれますが、敢えて WorldBoy RF-858を。急に欲しくなって、ヤフオクで落札したものです。40年振りに再び私の手に。

IMG_6914.jpg




小さな花を拡大して見てみると、そこには想像とは違った世界が

この季節の花をアップでピックアップ。

自宅の玄関脇で咲いているパンジー3種から。花弁の白っぽい部分は、もっとクリーム色に近いんだけど、なかなか見た目通りに写すことができない。

201305月の花1

こちらはオレンジ色のパンジー。この発色はまあまあかな。パンジーの花弁に入っている紫色の線の滲みには、なんとも言えない雰囲気が。

201305月2

そして紫色。紫色も写真で再現するのが難しい色のように感じる。何も考えないで写すと、もっと淡い紫色になってしまって。

201305月3

庭先に咲いていた小さな花。ピントが少しずれていますね。それとも、そんな気がするだけでピントはあってるんだけど、花の色合いのせいでボヤっとしているように見えるのかな。

201305月4

これも紫色。やっぱり自分の目で見た色合いとは微妙に違うかな。

201305月5

鶴見川沿いのサイクリングロード脇の斜面。草花も勢いを増し夏ももうすぐそこって気がします。

201305月6

えーっと、アサガオ? でもアサガオの咲き方と違うような。この花の黒い点々、特に規則性が無いように点在してるけど、それはそれで意味があるのかな?

201305月7

小さな花も拡大してみると、やっぱりキチンとした花なんだって感心(当たり前なんだけど)。

201305月8

これはウェデリアかな。比較的大きめの花で、鮮やかな黄色が毎年目を引きます。

201305月9

これもこの季節になると必ず目に入って来る鮮やかな紫色の花。

201305月10

アカナツメクサ。小さな花(花弁?)が集まって一つの花になっていたなんて、接写して拡大してみて初めて分かった。

201305月11

この花も道端に咲いていた数mmくらいの小さな花。私の肉眼だとどんな花なのか分からないけど、こうやって拡大してみて、やっぱりキレイな花だったんだなって感動。

201305月12

この黄色い花も拡大してみると普通にキレイな花なんだけど、実際には本当に小さな花のでよくよく見詰めないと、この花の美しさは分からないでしょう。

201305月13

この花のめしべって、面白い形をしている。

201305月15

寒いけど真っ青な空に誘われて近所で観梅

今日は日差しが暖かい。もう数日で3月に突入するので、春の気配を感じますね。

所用で出かけた帰り道、梅を見に岸根公園に寄り道。

日が暖かいとはいえ、まだ2月の平日昼下がり。さすがに人の気配は少ないです。

0226岸根公園梅001

梅の木の奥にズラッと見えるのは桜の木です。今は花の気配も何も無いけど、もう一ヶ月もすれば桜が満開になっているはず。なんか不思議。

0226岸根公園梅002

赤い梅と白い梅と。

0226岸根公園梅003

青空をバックに梅の花を。空は真っ青。

0226岸根公園梅004

梅の花に襲いかかる触手みたい。

0226岸根公園梅005

木の枝が作り出す文様を初めてじっくりと見たような気がします。

0226岸根公園梅006

葉っぱはなく寂しい感じですが、これまた夏には緑一色になっているのかと思うと、自然って本当にすごいなって感じます。

0226岸根公園梅007

岸根公園の下の方に下がってきました。ここの梅もキレイに咲いています。

0226岸根公園梅008

まだつぼみは残っていますが、もう満開間近です。

0226岸根公園梅009

アップで。

0226岸根公園梅010

青い空に白い花は、やっぱり映えますね。

0226岸根公園梅011

この木は、まだつぼみが結構残っています。

0226岸根公園梅014

梅の花って、枝に沿って密集して咲くんですね。

0226岸根公園梅012

つぼみと満開の花と。

0226岸根公園梅013

赤い梅の花は、やっと一つ二つ開花したところかな。

0226岸根公園梅015



<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>