A4サイズの革から4つの正方形コインケースを作る(2)

前回の続きで、今回は縫って、完成予定。

先ずは縫い始め部分になるマチの縦辺を胴体と接着し、クリップで固定。

縫製準備

順次縫い進め、縫い始めの対面に当たるマチの縦辺を縫って、縫製作業終了。

縫製終了

マチの縦辺のはみ出た部分をカットして、完成。

完成1

イイ感じ、かな。80mm×80mmだと少し大きく感じるし、70mm×70mmでは小さくて邪魔にならなくていいんだけど、コインの収納量が物足りない。

ってことで、この74mm×74mmくらいが、個人的にはバランスいいかなって思う。

完成2

今回のコインケースは、そのままプレゼントとして人手に渡ってしまう予定なので、コインケースのサイズに合わせて化粧箱も作りました。

パッケージング3

コインケースが正方形だと、当然のことながらそれを入れる箱も正方形になります。いや、敢えて当たり前のことを言っているのは、正方形の箱は作り易いなって感じたから。

パッケージング2

これが、例えば74mm×76mmの箱を作ったとしたら、フタをかぶせる時に間違いなく迷うだろうなって思うと、正方形のコインケースに正方形の箱というのは、うん、悪くない。

次回は、A4の残りの革で、3個のコインケースを製作予定。


A4サイズの革から4つの正方形コインケースを作る(1)

A4サイズの革で正方形のコインケースを作っていきます。

これまでは雑多な端切れ革で作ることが多かったのですが、今回はキチンとした(?)革を使うので、このA4から4個のコインケースを作ってみようと思います。

わたし的には初の試みですが、加工前の革の状態でニートフットオイルを塗布します。

A4ヌメ革

製作していく過程で少しずつ革が薄汚れていくことが多く、事前にニートフットオイルを塗っておけば、少しはこの汚れを避けることが出来るかなって思いもあって。

ニートフットオイル塗布

型紙を作り、それに合わせて革をカット。胴体にはA4サイズ1.5mm厚の革を使っていますが、他のパーツは1mmの革を使いたかったので、こちらは端切れを使ってます。

正方形コインケースパーツ

A4の長手方向の寸法は297mmなので、これを4等分すると約74mm。これをコインケースの基準寸法として、74×74mmの正方形のコインケースとして設計しました。

バネホックを取り付け、接着部分を荒らし、組み立て後には処理できない部分のヘリを磨いて、組み立て準備完了です。

接着準備

胴体パーツに、マチとフラップ内側の合わせパーツを接着し、不要部分をカットして、全周に渡ってヘリを磨きます(矢印部分は、組み立て前にヘリ磨きした箇所)。

コバ磨き

胴体パーツには事前に菱目打ちで縫い穴をあけてあるので、接着が乾燥したら、その穴に合わせて、接着したパーツにも穴をあけていきます。

次回、縫っていきます。


ボックス型コインケース(8)-- 試作3号 縫製~完成

前回に引き続き、ボックス型コインケースの試作3号製作過程「その2」です。

自作ハンドプレスに4mmピッチの菱目打ちをセットし、周囲に穴をあけていきます。

B型コインケース3号縫い目あけ

いまだにこの手順が正しいのかどうか分からないけど、接着前にあけておいたマチの穴と、本体革にあけた穴との位置を合わせ(両端に針を通しました)、接着剤で固定。

マチ縫い開始

順に縫い進めていきます。

マチ縫い途上

そして完成。

B型コインケース3号完成

折り畳んで。

B型コインケース3号閉じて

後ろ側のカードポケットも良い感じに仕上がりました。

B型コインケース3号カード入れ

コインを入れてみた。

コイン入れて1

うーむ、良い出来だ! 非の打ち所がない(かも)。

次は試作からもう一歩踏み込んでみようかと思います。


ボックス型コインケース(7)-- 試作3号 設計~パーツ接着

ボックス型コインケースの試作2号(カードポケット付き)が前回完成しましたが、縦方向が微妙に小さかったので、少し大きめの試作3号を作ります。

ただ折角なので、本製作に向けその他にもいくつかのマイナーチェンジをしてみようかと。

細かいところまで気を配りながら完成した設計図がこちら。

B型コインケース3号設計図

試作2号からの変更点は、本体革の寸法を長手方向に12mm伸ばし172mmとしたので、折り畳んだ時に試作2号よりも6mm程度大きくなるはず。ついでに横幅も2mm広げました。

マチの形状も少し変えました。広げた時の “ボックス” が深く、そして大きく開口するように、マチの縦辺を長くし、さらに傾け角度も大きくしました。

また、マチの底辺両サイドの切れ込みですが、試作2号と同じ形状でも問題はないけれど、試しに一回り大きくしてみました。

製作開始

プリントアウトして型紙製作。

B型コインケース3号型紙

型紙に合わせて革を裁断し、所定位置にバネホックを付けました。本体革の一部が線状に色が変わっているのは、カードポケットパーツを接着するために荒らしたものです。

B型コインケース3号パーツ

試作2号の失敗を踏まえて、ここからの製作手順を変えます。

先ずは、本体革の外側にポケットパーツを接着し、接着剤が乾いたら底辺に菱目打ちで穴をあけます。そして、ここだけ先に縫ってしまいます。

B型コインケース3号ポケット

本体革の内側に、マチパーツとフタの内張りパーツを接着。

B型コインケース3号マチ

マチの縦辺には接着前に菱目打ちで穴をあけていますが、革の銀面側からあけているので、本体革の穴とマチの穴とがクロスすることに気づいた。しまったなー。

ところで、今回の設計に際し、ひとつ新しい試みをしてみました。

これまでは寸法優先で(というか、寸法だけしか考えずに)各部の大きさを決めていましたが、今回は菱目打ちのピッチ(4mm)という要素を大きさに組み入れてみました。

どういうことかというと、例えば23mmの辺を、端から2mmのところから4mmピッチで縫い穴をあけていくと、最後に端から1mmの場所に穴があくことになります。

これを24mmにしておけば、この辺の両端から均等に2mmの位置に穴をあけられます。

途中で穴間隔を微調整しながら最後に辻褄を合わせる、みたいなやり方が正しいのかもしれませんが、短い距離だとそれが難しい場合もあるので、設計段階で考慮してしまおうかと。

次回、周囲を縫い合わせて完成予定。


ボックス型コインケース(6)-- カードポケット付き課題検討

ボックス型コインケースの試作2号が前回完成しました。

試作2号は、外側背後にカードポケットを付けたので、その辺りを中心に全体的な出来具合を検証し、次回への検討課題を拾い集めてみようと思います。

Bコインケース2号完成2

試作2号の主題であるカードポケットの出来は悪くない。最初はキツキツでカードの出し入れに苦労するけど、使ってる内に革が伸びてくればちょうど良いのではないかと。

Bコインケース2号カード出し入れ

試作1号に比べ、横幅が広がり、縦幅は狭まっています。コインを入れた際の使い心地や、全体的なバランスは試作1号よりも上かもしれません。

Bコインケース2号コイン入れて

ただ、カードサイズに合わせ過ぎたかもしれない。折り畳むと、ポケットに収納したカードが少し出っ張る感じに(実際には本体より外に出てはいないけど見た目の印象として)。

Bコインケース2号完成4

後から見た時の収まりは悪くないんだけどね。

Bコインケース2号完成3

折り畳まれた時のマチの収まりも良さそうなので、縦方向にあと5mmくらい大きくすれば申し分ないものが出来上がりそうです。

Bコインケース2号フラップ折り畳み

ってことで、ボックス型コインケース試作3号を作ってみようかな。


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>