初めてのスケッチアップ(番外編) - ピザ窯の土台作り

今回は、ピザ窯の設計図をスケッチアップで描いていきます。参考にさせて(パクらせて)頂いたのは、「ピザ窯を5万円で手作りしてみた」というブログ記事。

先ずは、ピザ窯の土台作りから入ります。土台を作ってピザ窯の位置を持ち上げてあげないと、ピザを焼く際に姿勢を低くする必要があるので、土台はどうしても必要なもの。

また、上に乗せるピザ窯の耐火レンガからは高熱が伝わってくるので、木材で組み上げてというようなことは出来ません。

ってことで、ここでは前回作ったコンクリートブロックを使います。

コンクリートブロックはコンポーネントとして登録してあるので、これを引き出してきます(自作コンポーネントの使い方は、こちらの記事を参考にして下さい)。

コンクリートブロック

土台サイズは800×800mmとしますので、コンクリートブロックを2×4に並べます。

ブロック土台1

この8個のブロックを選択し、右クリックで「グループを作成」で一塊とし、ctrlキーを押しながら移動ツールでコピーして、上に重ねます。

ブロック土台2

上下のブロックを互い違いにしたいので、上に重ねた8個のブロックを回転ツールで(8個のブロック塊のセンターを中心に)90度回転させます。

ブロック土台3

同じ様に繰り返して、8個のブロックの層を積み重ねていきます。

ブロック土台4
ここで、土台の高さ(ブロックの積み重ね段数)をいくつにするかは、まだ検討中。基準になるのは、2層のピザ窯の上の段の高さ(ピザを焼く位置)。

厚み100mmのブロックを4段重ねだと、(この上に重ねていく耐火レンガのサイズにもよるけれど)700mm前後(だいたい机の高さ)になりそうです。

腰高(900mm前後)にするには、土台の高さは500mmくらい必要なような気がする。

土台を積み重ねていく(基礎の)基礎をどうするかってのもまだ検討中なので、それによっても土台のコンクリートブロックの積み重ね段数は変動すると思います。

取り敢えず、土台全体にコンクリートブロックらしい色を塗って完成。

ブロック土台5

次回は、この上に耐火レンガでピザ窯本体を作り上げていきます。


初めてのスケッチアップ(番外編) - コンクリートブロック

ピザ窯を自分で作ってみたいと思い、いろいろと調べました

現時点での方向性としては、ピザ窯の構造は2層式、そして形状は一番シンプルな箱型でいこうと思います。

そんな観点から、ピザ窯の自作例を参考にさせて頂こうと探してたどり着いたのが、「ピザ窯を5万円で手作りしてみた」というブログ記事。

この記事を見て、「ピザ窯って(簡易的に作るなら)モルタルで固める必要はなく、レンガを積み上げるだけで作れるんだ!」ってことを知りました。

おー、これはいいな!ってことで、この記事の製作例を参考にさせて(というか、まんまパクらせて)頂きました。この場を借りて、御礼申し上げます。

とは言いながらも、自分で設計図を作っておきます。スケッチアップの出番です。

ピザ窯を構成する主要パーツは、土台となるコンクリートブロックと、ピザ窯本体を形成する耐火レンガの2つ。

なので、スケッチアップでいつでも使えるように、コンクリートブロックと耐火レンガを作り、それらをコンポーネント登録しておきます。

スケッチアップでコンクリートブロックを制作

先ずはコンクリートブロックから。コンクリートブロックのサイズは、(実際の寸法と微妙に違うけど)100×200×400mm。

長方形ツール
で200×400mmの長方形を描き、それをプッシュ/プルツールで立方体に。

ブロック1

このままだと普段見慣れたコンクリートブロックとイメージが結びつかないので、ここに横穴を開けていきます。

メジャーツール
で補助線を描き、

ブロック2

円ツールで穴の四隅の内角を丸め、

ブロック3

線ツールで穴の外形を描きます。

ブロック4

余分な線を削除し、不要になった補助線も消去していきます。

ブロック5

出来上がった3カ所の四角をプッシュ/プルツールで奥へと(向こう側の面まで)押して、穴を貫通させます。

ブロック6

最後にペイントツールでコンクリートブロックらしい模様を付けて完成。

ブロック7

これをコンポーネントとして登録しておきますが、そのやり方はこちらの記事を参考にして下さい。

次回、このコンクリートブロックを使ってピザ窯の土台を設計していきます。


革製名刺入れの製作(番外編1) -- レーシングポニーを自作

製作途上の革の名刺入れですが、前回で大体の形にはなって、後は周りの余分なところを裁断し、縫っていけば完成なんですが、縫うに当たってレーシングポニーが欲しいなと。

初めて名前を見たとき、この可愛らしい名前のレーシングポニーって何? って感じだったのですが、本格的な縫い作業にはとっても有用らしいなと、以前から気になっていました。

これまで何度か革を縫うという作業をしてきましたが、やはり縫い上がりをキレイに仕上げるためにも、作業中にキチンと保持してくれる器具が是非とも必要という結論に(無理やり)至りました。

ま、有用かどうかは置いておいて、この際なので “作ってみたい” って気持ちの方が強いかも。

ざっくりとした設計図

「レーシングポニー 自作」で検索すると、先人たちの苦労の跡やたくさんの知恵がいくらでも出てきます。色々と参考にさせて頂きながら、自分なりに設計してみました。

レーシングポニー設計図

部材調達&加工

木材は、安くて加工のし易いSPF材(19×89)を使う積りで、ボルトナットも一緒に買おうとホムセンにお出かけ。

ボルトはM8くらいでいいかなって思っていたのですが、M12のボルトナットセットが安かったので、まあ太い分には強度が上がっていいかと何も考えずにこいつを購入。

木材、ボルトナットにワッシャで合計350円ちょっと。

が、帰り道で大きなミスに気がつきました。考えてみれば10mm以上の太さのドリルを持っていません。こいつは困ったなー ・・・・・ 後で考えよう。

自宅に帰り着いて、先ずはSPFのカット。

材料カット

革素材を挟んで保持する部分の形状を上の図面のような形にするために、(適当にだけど)30度の角度でカットして、爪(?)を作り、これを本体アームに後で接着する予定。

Φ10mm穴をΦ12mmに

取り合えず部材はそろったので、続いて穴あけ加工へと移行。先ずは手持ちの一番太い10mmのドリルで穴を開けたけど、さて、これからどうしましょうか。

Φ10mmの穴を棒ヤスリで12mmへと広げていくのは、薄い板でも結構大変な作業なのに、それが19mmの板厚となると、いかに加工しやすいSPFでも、あまりやりたくない作業です。

アームを折りたためるように土台にボルトで固定する部分は、ここだけ38mm厚のSPFを使うので、先ずはここが一番の難関かな。

色々と考えた末、両外側は少し大きめの穴が開いてしまうけど、「スパイラルステップドリル」を使って穴を大きくし、ヤスリでの手作業を少しでも少なくしようかと。

スパイラルステップドリル

10mmの穴を、12mm、14mm、16mmまで広げました。スパイラルステップドリルの1段は約5mmなので、3段分15mmが板の両側から削り取られ、板の中央に約8mm幅のΦ10mmの穴が残ります。

ステップドリルにて

この8mm幅のΦ10mmを、棒ヤスリで根気良く削り、なんとかM12ボルトが通るようにしました。

19mm厚の方も同じくスパイラルステップドリルでやりましたが、こちらは12mm、14mmと2段分を両側から開けることで、ほとんどヤスリでの手作業なしに貫通。

後は、アームの先に爪を接着し、ボルト頭の固定方法を考え、木材の角をヤスリで丸めながら磨いていけば完成かな。ということで、今日の作業はここまで。明日に続きます。

部屋改造のためのパース図と設計図完成

前回、6畳間を改造して2.4畳2間にという記事で、先ずは構想を書きましたが、その続きです。

使う材料は、今回も「38×89」のSPF材と「3×6」のベニヤ板が基本です。

試しにパース図を書いてみたら、後の設計が捗りました

今回、初の試みとして、構造体の骨組みをフリーの3DCG ソフトのCube Kingdomを使わせて頂いて作成してみました。

骨組パース図このフリーソフト、キューブを組み合わせてモデリングを行うソフトなのですが、細かいことが出来ない分、操作がシンプルで何の予備知識が無くてもモデリングが可能で、とても便利です。

私自身も、今回初めて使わせていただきましたが、少しいじっているうちに、操作のコツもつかめてきて、上のパース図もそれほど苦労することなく作成することができました。

出来あがったモデルは、マウス操作でクルクルと視点の操作ができるので、いろんな方向から見ながら細部の設計を深めていくことができます。

このパース図がひと部屋分のスペースになります。縦に伸びたSPF材の枠部分に、ベニヤ板をはめ込んで壁を作ります。

横に伸びている黒い柱の先に、もうひと部屋分の床部分をシンメトリーに作っていきます。

設計の基準寸法に部屋とベッドのサイズ、更に材料の素材寸法を加えます

一番最初に来る設計の基準寸法は、部屋の横幅(3450mm)と、まだ購入前ですが、ネットで調べたマットレスベッドの寸法(970mm×1950mm×h300mm)です。

この2つの寸法を基準に、出来るだけ SPF材とベニヤ板の加工を少なくできるように、SPF材の縦横寸法(38×89mm)と910mm(ベニヤ板の幅)と1820mm(ベニヤ板の縦寸法とSPF材の長さ)を頭に置きながら、細部の設計をしていくことになります。

パース図の左図の左側が、マットレスベッドのはめ込みスペースです。

構造体の設計図完成

ということで、構造体の土台部分の平面図(上から見た図)と側面図、土台の平面図から少しずらした状態で、土台の上に乗る壁面の構造体を設計したのが下の図です。

土台と壁面
ベッドの長手方向は、

910mm(ベニヤ幅)×2 + 89mm(SPF材幅)×3=2,087mm

とすることで、加工も最小限で、ベッドが収まって長手方向に60mm程度の余裕が確保できます。

横手方向は、部屋の横幅3,450mmから出っ張り等の余裕を見て3,420mmとします。これを半分(1,710mm)にしたところが土台部分のセンターとなり、ここを中心に左右シンメトリー(中央に位置する1,005mmの2本の柱の位置だけ片側に寄せていますが)の骨組みを作り上げていきます。

この1,710mmを基準として、もう一方の壁面の寸法を決めます。

1,710mm - 910mm(ベニヤ)- 89mm(SPF)×2 - 38mm(SPF)=584mm

となり、この584mmの部分に「扉」を設けます。

土台部分の高さは、マットレスベッドの高さ300mmを基準に、掛け布団のスペースを考慮して400mmとしました。

土台の上に乗る壁面の高さは、ベニヤ板の縦寸法1,820mmに、上部SPF材の寸法89mmを加えて1,909mmとなります。

これに土台の400mmを加えると、構造体全体の高さは2,309mmとなり、部屋の天井高2,400mmに対して9cm程度の余裕が出来ます。

基本設計はこれで完成。

これをベースにして材料同士の接合や壁のはめ込み方法、構造体の強度の確保、(新)床面の設置方法等を考えていくことになります。

<< topページへこのページの先頭へ >>