旧HDDケースからUSB3.0の新HDDケースへとHDDを移設

新たに購入したHDDケース(ラトックシステム RS-EC32-U3R)に組み込むべく、旧HDDケースからHDD取り出します。

が、何年も前に組み込んで以来なので、どうやってHDDを取り出すのか忘れてる。多分、後ろのネジを外せばいいんじゃないかなと、4個のネジを外してみました。

旧HDDケース分解

すると、ケースの中身がごっそりとすべて出てきました。2個のHDDも、基板も、何もかも。新HDDケースと構造が違ったので、ちょっと戸惑い気味。

旧HDDケースから取り出す

HDDは、基板と一体となった内部フレームに、上下2本ずつ4本のネジでがっちりと固定されています。思っていたよりシッカリした作りだったんだなってちょっと感心した。

旧HDDケース内部セット
こうやって見てみると、基板の占有スペース(厚み)の違いが、新旧HDDケースの奥行きの違い(2㎝)なんだなってことが良く分かる。

外したHDDを新HDDケースへとセット。旧HDDケースと比べて、何となくカッチリ感がないので、微妙に不安。セットする際に、変な力を加えたら基板側のSATAコネクタが壊れてしまいそう。

新HDDケースに入れる

差し込んだHDDは、表蓋の裏側にある板バネで奥の基板側へと押し付けられ、それを底からネジで固定してセット完了。この底から固定するネジも、古い同製品では無かったらしい。

さて、HDDの組み込みが完了し、PCに接続すると、あっさりと認識してくれ、そのまま使えるようになりました。まだ、付属のソフトはインストールしてませんが、取り敢えず速度を測定してみることに。

いやいや、待望のUSB3.0ですからね。どれくらいのスピードが出るのか楽しみ。

が、CrystalDiskMark で測定したアクセス速度は、USB2.0の時とほとんど変わらない!

usb2と3比較.jpg

いや、確かに早くはなってるけど、ほとんど測定誤差?って感じ。

USB3.0はUSB2.0に比べ理論上は約10倍のスピードがあるって言われてるのに、なぜ?

ここまで読んでくれた人には分かると思うけど、HDDケースに組み込んだHDDは2個でした。が、1個は「フォーマットが必要」と表示され、アクセスできない状態。

もう1個の方が、上でスピード測定したもの。ただ、こちらもCrystalDiskInfo で検査してみると、「注意」警報が出てました。健康状態が悪いからとか、古いから速度が出ないのかな?

あるいは添付されてるソフトをインストールすれば変わるのか?

これは、今度は新しいHDDを買って組み込んでみないと分かりませんね。


内臓HDDとUSB2.0の外付けHDDとのアクセス速度差は?

PCと長年付き合っていると、どうしても大量の(不要)データが蓄積していってしまう。ということは、そのデータを貯蔵しておくためのハードディスクが増えていくということに。

現在、ストレージとしてPCに接続されているHDDは、2TBが3個に、1TBが1個で、合計すると7TB。OSは、これとは別にSSDにあるので、この7TBは純粋にデータの貯蔵庫。

長年使っているHDDが2個セットできるHDDケースはホコリまみれに

4ヵ月ほど前、PCを入れ替えた際にHDDの配置転換をして、比較的新しい2TBのHDD1個をPCに内臓し、かなり古い2TBのHDD2個をまとめてHDDケースにセットしました。

mobile twin drive

ただ、この2TBのHDD2個セットはPCに接続することなく放っておいた(ホコリだらけ)のですが、このところ重要なデータのバックアップも何となくお座なりなので、HDD(と中身)の整理をすることに。

ところでこのHDDケース、かなり昔に購入したもので、記憶によればRAIDみたいなことも出来ない、単に2個のHDDを収納して接続するためのケース。

裏側には、冷却ファン(ここもホコリで埋まってますね)と本体のON/OFFスイッチ。(ホコリまみれだけど)ファンのON/OFFスイッチもあります。そして電源とUSB端子というシンプルな作り。

mobile twin drive裏側

接続は、もちろんUSB2.0仕様。

アクセス速度ってのは、内臓HDDとUSB2.0の外付けHDDとで、どれくらいの差が?

これまで外付けHDDのアクセス速度に関してあまり気にしたことがありません。でも、いま外付けHDDを買おうとすれば、確実にUSB3.0仕様のものを買うでしょう。

でも、USB2.0の外付けHDDのアクセス速度ってのは、内臓HDDに比べてどれくらいなんだろ?

CrystalDiskMark というベンチマークソフトで速度を測ってみることに。

先ずは、内臓HDD([E]ドライブ)と外付けHDD([K]ドライブ)を測定。こちらの外付けHDDは、いわゆる普通の(?)外付けタイプのハードディスク。

EとK

うーむ、かなり差があるものなんですね。ランダムアクセス(4Kバイト単位)だと大差無いように見えるけど、シーケンシャルアクセスでは、ざっくり4倍~5倍程度の速度差がありそう。

シーケンシャルアクセスってのは連続している領域への読み書きなので、どちらかというと作成したファイルの保存や読み出しに影響するのかな。

続いて、2個セットでHDDケースに収めた外付けHDD([L]ドライブと[M]ドライブ)。

LとM

[L]ドライブの方は、上の外付けの[K]ドライブと似たような数値が出ているけど、[M]ドライブは極端に数値が悪い。0.000MB/s とか、0.001MB/s って、どういうことよ?

CrystalDiskInfo で[M]ドライブの健康状態を調べてみると、「注意」警報が出てました。

注意HDD

HDDの稼働時間も5万時間近いので、これはもう寿命が尽きようとしてるんですね。

ところで、CrystalDiskInfo で[L]ドライブが表示されないのは、このHDDケースのせい?

ところで、健康状態が「注意」になると、しずくちゃんの姿が変化するって知ってた?

ところで、USB3.0の外付けHDDのアクセス速度ってのは、どれくらいなんだろ?


酔ってる時のジョギングの歩幅は、普段の早歩きの際の歩幅より

昨年の12月中頃からスタートした「よこはまウォーキングポイント」の歩数記録ですが、1月が終わって初めて丸一ヶ月間の記録が溜まりました。

1月の行動を振り返りながら、ちょっと中身を精査してみようかな、と。

1位、2位の人の月間歩行距離は(歩幅50cmとして)1500Km!?

1月の歩数合計は「297,000歩」でした。順位は、全参加者(約4万人)の内の「5,000番」です。

1月の寒い中、自分的には結構頑張った積りですが、それでも5,000番ですか。因みに1位、2位の人は300万歩(!)を超えています。1日平均10万歩。うーん、すごいな。

1月の毎日の歩数は、こんな感じで記録されています。

1月歩数記録
元旦に歩数が記録されているのは、年明けの1時前後に、近所の神社に初詣に出かけながら年賀はがきを出しに行ったものです(記念にと歩数計を持って出ました)。

月の半分くらい、同じような長さの歩数グラフがありますが、これはジョギングによるものです。距離は11kmで、歩数は大体11,000歩くらいになります。

身長168cmの私の、早歩きの際の歩幅は約1m?

1月は2回、歩いて出かけた新年会があったので、そこに注目してみると、18日は、みなとみらいを散策後、横浜で新年会に参加し、家に帰り着いたのは日が変わろうとする頃になってます。

1月18~19歩数

グラフの中に、塗りつぶされた部分と白い部分とがありますが、塗りつぶされた部分は「しっかり歩行」と名付けられていて、「1分間に60歩以上かつ10分以上の継続歩行」というものです。

18日は11時前に家を出て、12時から1時の間は1時間しっかりと歩いています。この間の歩数は6,150歩。計算してみると、1.7歩/秒となります。

歩幅は、「歩行速度」とその人の「身長」で簡易的に割り出すことが出来ます。
  • ゆっくり歩き :身長×0.37
  • 普通歩き   :身長×0.45
  • 早歩き    :身長×0.50
1.7歩/秒は、数字的に考えても “早歩き” だし、私の感覚としても(歩いている時は)基本的には常に早歩きです。

上記簡易計算に私の数値(身長168cm)を当てはめて、更に歩行距離を計算してみると約5.2kmになります。時速5.2kmということです。

が、自分なりの早歩きの想定時速は約6kmです。1時間の歩数が6,000歩で、歩行距離が6kmとすれば、歩幅は1mになります。これから逆に歩幅計算式を出すと、「身長×0.60」くらいかな。

因みに、飲み屋から自宅までの帰り道の距離はちょうど5kmです。この距離を歩くのに1時間20分かかってますね。ってことは時速4kmを切ってます。酔ってたんですね。因みに歩数は7,500歩。

私の早歩きの際の歩数は、毎時6,150歩前後で安定しているみたい

もう一つ、今度は23日を見てみます。15時~17時までの3時間に注目してみると、この3時間の合計歩数が18,400歩です。1時間当たり6,133歩。みなとみらい行の早歩きとほぼ同じ。

1月23~24歩数

私の早歩きの歩数は、毎時6,150歩前後で安定しているようです。で、歩幅を1mとすると、時速約6kmとなるので、これも自分の感覚とマッチしています。

ところで帰り道を見てみると、店を出たのが11時半前で、家に着いたのが翌日の1時前。この時はジョギングで帰ってきたので、走っていた時間はちょうど2時間半。

この時の合計歩数は21,350歩で、距離は19.5kmです。これで歩幅を計算してみると91cm。

先に書いたとおり、通常の(軽い)ジョギング時の歩幅は約1m。早歩きの時の歩幅も約1m。

なるほど。飲んだ帰り道のジョギングの際の歩幅は、早歩きよりも小さいということを初めて知りました。横浜での飲み会帰りの時の歩幅を計算すると約65cm(自分的には早歩きの積りでした)。

自分では、酔っていてもしっかり歩いたり、しっかり走ったりしている積りでいましたが、実際には歩幅が狭くなっていた(足が前に出ていなかった)ってことが明確に分かりました。

うーん、今回の話は完全に個人的なデータで、他の誰の役にも立たないことだと思いますが、自分としては結構大きな気づきに繋がっているような気がしています。


<< topページへこのページの先頭へ >>