USBメモリが発する高周波ノイズでマウスの動きがガクガクに

少し前、Transcend のUSBメモリを購入しました。わたし的には初めてのUSB3.0対応。

特に明確な使用目的があって買ったわけではないので、まだほとんど使う機会がありません。唯一使ったのは、USBメモリの2.0と3.0とのデータ転送速度の比較をした時だけ。

比較の仕方は、実際に1GBのデータ(写真ファイル160個)を各メモリに書き込んで、その時間を測定したり、もう少しデータを取ってみようとフリーのベンチマークソフトを使ったりしました。

マウスポインタの動きに違和感が

で、この比較実験をしていたら、なんか微妙にワイヤレスマウスの動きに “引っ掛かり” を感じたんです。マウスポインタの動きが、マウスの操作から一瞬遅れたりと。

マウスの動きが

最初はちょっとした違和感を感じただけなんだけど、時間が経つに連れマウスのレスポンスが明らかに悪くなってきた。

ベンチマークソフトを使うことでPCに大きな負荷がかかって、それがマウスの動きに影響を及ぼしているのかなって思い、とにかく比較実験をさっさと終わらせてしまおうと。

そして必要なデータも取り終わり、ベンチマークソフトも終了させたんだけど、マウスの動きは良くなるどころか、更に悪化していき、最後にはつっかえつっかえ動いてるような感じに。

これは困ったな、何が原因なんだろ?って、あれこれと考察。

この時、マウスの動きが悪くなる前のPCの状態と異なっていたのは、ベンチマークソフトをインストールしたことだけ。

理由は分からないけど、これは今回インストールしたベンチマークソフトが、他のソフトとコンフリクトを起こしているのかなって思い、このベンチマークソフトをアンインストール。

コンフリクト

でも、相変わらずダメ。SetPointでマウスの設定を変えたりもしたんだけど。

原因はUSB3.0対応のUSBメモリだった!

他にも色々とやってみて、最後に行き着いた答えはUSB3.0対応のUSBメモリでした。これをPCから外した瞬間から、マウスの動きが正常に戻ったんです。

なんとね。USBメモリが原因なんて想像もしていなかったので、最後の最後まで分からなかった。

その後、調べてみたら、「USB3.0 機器から発生する高周波ノイズは、2.4Ghz無線LAN機器に大きく干渉し、通信速度の低下や通信遮断といった悪影響を及ぼす」とのこと。

私が現在使っている Logicool のワイヤレスマウス(M510)では、PC側のUSB受信機とマウス本体とのやり取りに周波数2.4Ghzを使っているので、まさにこの現象のようです。

こんな話、私は知りもしませんでしたが、一部では有名な話のようで、ネット上にもいくつかの関連記事があり、2012年4月付けでIntelからドキュメントも出ているとのこと。

もっと具体的に言うと、例えばUSB3.0ポートにUSBメモリを接続し、その傍にあるUSB2.0ポートに無線マウスのUSBアダプタを接続しているとき、ポインタが固まったり飛ぶなどの問題 が起こる。

私が、先のUSBメモリの転送速度を測定実験した時の配置がまさにこれ。

USB2と3が隣に

上の写真を撮るためにUSBメモリを接続したら、途端にUSBマウスの動きが変になる。

マウスのUSB無線アダプタを、USB3.0 機器から離せば問題は解消するらしい。取り敢えずPC本体から外し、机上のUSBハブへと接続して、今マウスを使っているけどキチンと動いてる。

ただ、USB3.0機器から発せられている高周波ノイズが無くなったわけではないので、どうも気持ちが悪い。

この先、USB3.0対応の外付けHDDを買おうと思っていたんだけど、どうしよ?


<< topページへこのページの先頭へ >>