指紋認証を使ってアプリのロック解除 -- 抜群に使い易い!

スマホを買い替えて画面が広くなったら、スマホで色々と作業したりすることが増えた。それに伴い、スマホの中に他人には見られたくない私的文書なども増えることに。

こいつを何とかしたい。

HUAWEI P9 lite には「Safeボックス」という機能があって、この中に入れたファイルは暗号化され、第3者に見られるのを防ぐことができるんです。

それも、指紋認証を使ってSafeボックスを開くことが出来るので、とっても便利そうです。

指紋センサー

ところが試してみると、残念ながらちょっと使い難いように感じる。

HUAWEI 製のスマホには “相性” の悪いアプリがあるらしい?

それならアプリで対応しようかと探してみると、ファイルやフォルダを隠したりするアプリと共に、指定したアプリをロックできるアプリなんてのも見つけました。

なるほど。考えてみれば、個々のファイルを隠すよりも、そのファイルを見るアプリをロックしてしまった方が使い勝手が良さそうな気がしてきました。

で、そのアプリロック系のアプリをインストールしてみたんですが、どうもうまく機能してくれません。個別のアプリがダメなのかと、他にも2~3試してみたけど、どれもだめ。

具体的には、アプリがロックされないんです。ロックされるときもあるけど、されないこともあったりで、信頼できないんです。

わたしの操作とか、何らかの設定が間違っているのかと検索してみると、どうもHUAWEI 製のスマホには “相性” の悪いアプリが存在しているようなんです。

元から「アプリのロック」機能を備えていた!

うーむ、どうしようかなって色々といじっていたら、指紋管理の中にある「Safeボックス」のすぐ下に、「アプリのロック設定」ってのがあるのに気が付きました。

手順的には、「設定」に入り、「指紋ID」をタップし、さらに「指紋管理」をタップ。

アプリロック1

「指紋管理」の画面で、「Safeボックスへのアクセス」の下に「アプリのロック設定とアクセス制御」というのがあるので、これをオンにするとパスワードの入力画面に。

アプリロック2
このパスワードは、「アプリのロック」にアクセスするために設定するパスワードなので、入力後に確認のためにもう一度入力を求められます。

このパスワードが設定されると、アプリロックの有効化と指紋認証によるロック解除を利用できるようになります。

個別アプリのロックは、「端末管理」から設定

続いて、実際にアプリにロックをかけます。アプリの中から「端末管理」をタップし、表示画面の下段を左にスワイプすると、「アプリのロック」が出て来るので、これをタップ。

アプリロック3

ここで指紋認証が求められ、これを通過するとアプリの一覧が表示されます。この中から、ロックしたいアプリを選びます。ここでは「ファイル」をロックしてみます。

アプリロック4

これでアプリのロックが完了しました。「ファイル」を開こうとすると、指紋認証が求められ、キチンとロックされていることが分かります。

当然、指紋認証で一瞬でロック解除が出来るので、使い勝手は抜群にいいです。


HUAWEI P9 lite用ケース -- (2)複合タイプ

eBayとAliExpressで、HUAWEI P9 lite 用の4種類のケースを買い、それぞれ届くのを首を長くして待っているところですが、その2個目が届きました。

1個目は期待外れだったので、2個目は何とか使えるとイイな。

huaweiケース(ツートン)表

2個目に届いたのは、こんなやつ。プラスチック製で、黒の本体を、上下の金色のパーツで挟み込んだようなデザイン。

huaweiケース(ツートン)裏

ショップで商品写真を見たとき、そのデザインに惹かれました。スマホ本体が薄いゴールド系なので、側面と裏が黒というのは締まった感じになるんじゃないかと。

でも、実際に商品を手にした瞬間、1個目に続いて「これも失敗だった」なって。

何しろ作りが華奢というかチャチいというか。ケースをスマホに装着するために、上下3つのパーツに分かれるのですが、上下の金色のパーツなんか、ちょっと力を入れたら簡単に折れてしまいそう。

huaweiケース(ツートン)分割

うんっ? 意外と悪くない?

これはダメだなって思いながら、スマホに装着してみました。何しろ簡単に壊れてしまいそうなので、上下のパーツを黒の本体に嵌め込むのもビクビクもの。

ところが、ところがです。スマホにセットしたら、これが意外といい感じなんです。

huaweiケース(ツートン)装着表

内側に何もないから華奢に感じたわけで、スマホに被せると結構しっかりした感じに納まりました。

スマホにフィットして、変な遊びはもちろん無く、デザイン的には想定通り締まった感じになります。

huaweiケース(ツートン)装着裏

黒い胴体部分の手触りも微妙にしっとり感があって、手に持っていて気持ちがいいんです。

うーん、悪くないなあ。因みに、こいつは約230円。

ヘッドホン端子等の穴位置もピッタリ(当たり前だけど)。

huaweiケース(ツートン)穴位置上

ただ、残念なのは、この金色がちょっと下品な色なんですよね。商品写真ではシャンパンゴールド風に輝いていて、これ金属製?と見まがうばかりだったのに。

huaweiケース(ツートン)穴位置

これで、この金色の上下パーツの出来が(色も含めて)もう少し上質だったら、何も言うことは無かったんだけどな。惜しいなー。もうちょっと高くてもいいから、もう少し高品質のものが欲しい。

もうそろそろ3個目が届くんじゃないかな。


アプリがスリープ中に落ちてしまうのは「アプリの保護」が原因

年初に買ったHUAWEI P9 lite ですが、気が付くと新しいアプリを入れたりしています。なので、画面上にはアプリのアイコンがズラズラと並んで、少しずつ混沌としてきている感が。

ということで、増えつつアプリ群の中にさらにランチャーアプリを加えてみようと思います。

SwipePad も PieContro もいいんだけど・・・・

探してみると、いっぱりありますね。その中で特に評判が良さそうな「SwipePad」を先ずは試してみようかとダウンロード。

これは、画面の右上半分(どこからスワイプするのかは設定で変更可)から画面中央に向かってスワイプすると、あらかじめ登録しておいたアプリの一覧が表示される仕組み。

下の左側の写真が、そのランチャーが開いた状態。スワイプしてきた指を画面から離さないまま画面上を移動すると、指先に輪が出来て、それで希望のアプリを選べばOK。

ランチャーアプリ

登録できるアプリの数は限られるけど、常用するアプリなんてそれほど多くはないので、取り敢えずはこれで十分じゃないかなと。シンプルで使い易いしね。

とは思いながらも、別のタイプのアプリも試してみようとダウンロードしたのが PieControl という、画面の端から文字通りパイ型に現れるランチャー。上の写真の右側のやつです。

これも、悪くない。

「アプリの保護」ってのが悪さ(?)をしてたらしい

ところで、本日の主題は、これらのランチャーアプリの紹介ではないんです。

この2つのアプリ、どちらも使い勝手がいいなあ、どっちを使おうかなあって色々と試している内に気が付いたのは、スマホがスリープに入るとアプリが終了してしまうということ。

何度やっても、スリープから復帰するとランチャーが起動していない状態に。ランチャーソフトなのに、毎回スリープから復帰するたびに起動しなくちゃならないなんて、なんか間違ってると思う。

これはアプリのバグなのかなあ? HUAWEI のスマホと相性が悪いのかな? なんて考えなら、設定関連を色々といじってみたけど、解決しない。

でも、1つだけでなく、2つとも同じような症状だし、「SwipePad スリープ 落ちる」なんて検索してみても何もヒットしないので、ランチャーソフトってそういうものなのかな?なんて疑念も生じ。

半分諦めたまま数日が経過し、たまたま他のアプリをいじっている時に出会ったのが「アプリの保護」というもの。

これは画面がオフになっているときにアプリの実行を維持するかどうかを決めるもので、保護されたアプリだけが実行を維持されるんです。保護されていなければ画面のオフと同時に停止されます。

つまりバックグラウンドで実行をするかどうかを決める設定のようです。

へー、Androidにはそんな設定があったんだ!? もう、Android端末を何年も使ってるけど、初めて知った。私が知らなかっただけで、きっと常識なんだろうなって思ってました。

ところが後日、さらに検索していたら「HuaweiのAndroid端末 は、一般的なAndroidのノウハウが通用しない」なんて記述に出会いました。

「一般的なノウハウが通用しない」ひとつの例が、この「アプリの保護」という概念ってことらしい。なるほど、「アプリの保護」ってのは “常識” ではなく、Huawei固有のものだったんですね。

SwipePadを、バックグラウンドでも実行するように設定変更

これは省電力のためで、スリープ中の電力消費を抑制するのが目的。効果は結構ありそうな気がする。実際、バッテリーの持ちがやけにいいなって実感してたところなので。

ただ、問題は “新規” にインストールしたアプリに関して、「アプリの保護」がデフォルトでオフになっているところにあるようです。

ということで、SwipePadの「アプリの保護」をオン(バックグラウンドで実行)にします。

「設定」→「詳細設定」→「バッテリーマネージャー」と進みます。

保護されたアプリ1

この「バッテリーマネージャー」の中に「保護されたアプリ」という項目があるので、そいつをクリックすると、インストールされているアプリの一覧が出てきます。

保護されたアプリ2

案の定、SwipePadはオフになっていたので、これをオンにして設定完了。

これで、スリープから復帰しても、画面の端から指でスワイプするとランチャー画面になりました。

Androidって、仕様は各社ともに共通ってイメージがあったけど、実際にはメーカーが独自の改変を加えて製品化することができるんですね。なので、今回のような事態も起きえるわけです。


HUAWEI P9 lite用ケース -- (1)シルバー単色

正月明けに購入したSIMフリーのHUAWEI P9 lite のケースが欲しい。出来れば、裸で使いたいって思いも無くはないけど、でもやっぱりキズついていくのを見るのは嫌だし。

ま、付属している透明ケースもあるんだけどね。

付属ケース

でも、なんか野暮ったいというか、面白味が無いというか。

付属ケース装着

久しぶりに買い替えたスマホなので、キチンとしたケースに入れてあげたいなって。

Amazonでも楽天でも買う積りはなく、本命はeBayとAliExpress

Amazonで探して見ると、結構いろいろとあります。安いのだと1000円前後。楽天で探して見ると、更にたくさんのケースが売られています。

でも、Amazonでも楽天でも買う積りはありません。続いて探しに行ったのは海外通販サイト。いつものeBayとAliExpressで検索。

そもそもHUAWEI 自体が中国の会社なので、それ用のケースとなれば、eBayでもAliExpressでも山のような種類が出品されています。もちろん、値段も超格安で。

ただ、こういうケースとかって、商品写真を見ただけではなかなか判断がつかないんですよね。それも、商品写真に使われているのが自分のスマホと型番が違っていたりすると特に。

これはもう買って、実際に手に取ってみるしかないかと。何しろ、超低価格で買えるんですから、いくつか買って、その内の一つでも気に入ったのがあればいいかなと。

ということで、4種類のケースを別々のショップから買ってみることに。

値段相応?

1番最初に届いたのが、このシルバーのケース。

huaweiケース(グレー)表

ご覧の通り、側面も背面もシルバー一色のシンプルな、そしてスリムなケース。

huaweiケース(グレー)裏

商品説明の素材にはシリコーンとありますが、実際に手にしてみると、もう少し固めの(よく見かける、ごく普通の)プラスチック製のような手触りです。

うーん、勝手に抱いていたイメージとは結構かけ離れていた。だって、ショップの商品写真は、こんな感じなんですから。

商品写真
これは、ちょっと期待してしまいそうでしょ。

実際には、成型の型の跡も残っていたりして、かなり雑な作りでした。

huaweiケース(グレー)ボタン

ただ、値段を考えれば仕方のないところかな。何しろ、約140円(送料込み)ですから。でも、日本の100均ショップに売られているとしたら、クオリティは間違いなくもっと高いと思うけどね。

これは使わないだろうなって思いながらも、せっかく買ったのですから取り敢えずHUAWEI P9 liteに装着してみました。

huaweiケース(グレー)装着表

裏はこんな感じ。うーん、面白くもなんともないな。

huaweiケース(グレー)装着裏

次のやつに期待しましょう。


スマホなんて小さくて十分って思ってたけど大きいのはイイ!

SIMフリースマホのHUAWEI P9 lite ですが、結構イイ感じかも。まだ使い始めたばかりで、本当にごくごく浅いファーストインプレッションだけど、ちょっと紹介してみましょう。

私の中では、携帯電話というよりタブレットPCに近い感覚

前回も書きましたが、これまで使っていたスマホとの最大の違いは、ディスプレイの大きさ。前の4インチから、今回は5.2インチへとサイズアップ。

スマホ新旧比較

以前から友人が5インチのスマホを使っていて、それを使う姿を見るたびに、「うーん、そこまでの大きさは必要無いんじゃね?」って思っていたのに、つい大きいのを買ってしまいました。

まあ、これまで使っていたのと同じ大きさのものを買っても、代り映えがしなくて面白くないかなって。

5.2インチと4インチって、数字的には1.2インチしか変わらないけど、面積比で考えると5.2インチは4インチの約1.7倍の広さがあります。1.7倍ってのは、結構大きな差ですよね。

画素数で比較すると、これまでのFWVGA(854×480)に対して、今度のはFHD(1920×1080)。以前のやつが貧弱過ぎたのでしょうが、画素数では約5倍もの差があります。

もちろん、表示文字の小ささにも限界があるので、文字数が5倍になるわけではないし、また表示フォントの大きさとかもあるので一概には言えませんが、文字数でざっくり1.5倍くらいかな。

表示文字数比較

上のスクリーンショットを撮るために、両機で同じアプリを立ち上げて、記事を表示してスクリーンショット撮影、とやりましたが、その操作感の違いにはビックリ。

旧機では至る所でワンテンポ遅れるので、ストレスがいっぱい。同時に操作してみると、これまでどれだけストレスを抱えて操作していたかを実感しました。

これくらいディスプレイが大きくて、様々な操作がスムースだと、スマホで色々とやってもいいかなって気になってきました(例えばメールチェックとかニュースの閲覧とか)。

これまでは、スマホという名の “携帯電話” を持っていたというイメージ。それが、こんどはタブレットPCを携帯しているような気になります。共にちょっと極端な言い方だけどね。

表示文字数は極端に多くなるわけではないけど、例えば写真の情報量には5倍の差があるわけで、その他諸々のことを考え合わせると、スマホを活用する場面が大幅に増えそうな予感が。

指紋認証機能は、想像通りとても快適!

ところで、今回のスマホの機能で一番楽しみにしていたのは、指紋認証機能。

これまで、「昨夜(飲み会の帰りに)スマホを落としてきたかも!」ってのが何度かありました。結局は、帰宅してからスマホを置いた場所を忘れていただけで、実際に落としたことは無かったけど。

その時に、一番気になったのはスマホの中のデータを人に見られてしまうこと。本当はパスワードでロックしておきたいんだけど、毎回解除するのが面倒なので、何もしてませんでした。

失くしてしまったスマホは諦めるとしても、中のデータが流出してしまうのは大いに気がかり。

なので、指紋認証機能付きのスマホが欲しかったんです。

先ずは、スマホ本体に私の指紋を登録しなければなりませんが、これもどうやってやるんだろ?って興味津々だったんです。

スマホ背面の指紋を読み取る “窓” は結構小さくて、認証のために指先を押し付けた際、例えば指の先っぽの方と、第一関節近くでは違うわけで、どうやって識別するのか不思議だったんです。

で、実際にやってみて、「なるほど!」って納得。センサー部分に指先を押し付けて読み取っていきますが、その際に指先の色んな部位を何度かに渡って繰り返すことで、全体を読み取る仕組み。

指紋の登録

うーむ、面白い。

実際に使ってみた感想は、想像通り快適。最初の頃は何度も認証に失敗していましたが、指を押し付けるコツを覚えてきたのか、少し使っていたら一発で認証されるようになりました。

スマホを手で持った時、自然と人差し指が行くあたりにセンサーがあり、指を押し付けた瞬間にロックが解除されてスマホの操作が出来るようになるので、本当に快適。

これはイイ!


<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >>