OSのクローン作成 -- Acronis True Image で挑戦するも

今日は、いよいよ友人のパソコン Dell Inspiron One 19 のHDD交換作業実践編。

先ずはCドライブ(システムドライブ)をOS丸ごとコピーして、新HDD内にOSのクローンを作るという作業を行います。

使うのは、ウェスタンデジタルのHDDを購入すると、WDのHPからダウンロードして無償で使えるようになる Acronis True Image WD Edition というOSの引っ越し用ソフト。

このソフトで旧HDDから新HDDへとデータを引っ越すためには、PCに新HDDを接続する必要があるので、今回はサンワサプライの「IDE/SATA-USB接続アダプタ」機器を使ってUSBにて接続。

内蔵HDDをUSB変換

Acronis True Image でOSのクローン作成作業を開始

Acronis True Image WD Edition をダウンロードし、インストールし、起動。途中、特に難しいことも面倒くさいこともありませんでした。

Acronis


ソフトが立ち上がると、機能の選択画面が表示されるので、「ディスクのクローン作成」をクリック。

クローン作成

続いて「ディスクのクローン作成ウィザード」ウィンドウが出るので、(特に何も考えずに)クローン作成モードに「自動」を選びました(が、「手動」だったら、この後の結果が変わったかな?)。

クローンモード

続いて「ソースディスク」を選択。複数のディスクを接続している人は、ここは慎重に(OSのクローン元のディスクを)間違えないように選びましょう。

ソースディスク
この時点でUSB接続している新HDDはフォーマットしていないので、ドライブの選択画面には選択肢として表示されません。

セクタサイズが異るディスク間ではクローンの作成が出来ない

そして「ターゲットディスク」の選択ですが、ここで問題が発生。選択したい新HDDがグレーアウトしていて選べません(「ディスク2-未初期化」となっているディスク)。

ターゲットディスク
ウィンドウの下に、「True Image が、論理セクタサイズとソースディスクの論理セクタサイズが異るディスクを検出しました」と表示されています。

うーむ、困った。何をやっても前に進めません。試しに新HDDをフォーマットしてみたりもしましたが、結果は変わりませんでした。

友人宅での、そして時間も限られた中での作業なので、あまり突っ込んだ検討は出来なかったのですが、調べた範囲で何となく分かったのは、以下の様なことでした。

*************************************************************
論理ブロック・フォーマットのサイズ(=セクタサイズ)が、従来の512バイト・セクタに対して、2009年12月、より大きなセクタサイズである4Kバイト・セクタが規格認証された。

そして、すべてのハードディスク・ドライブ・メーカーが、2011年1月までにアドバンスド・フォーマット・セクタ・デザイン(4Kバイト・セクタ)への移行を実施することとなった。

但し、現代のコンピューティング・システムには、セクタは常に512バイトであると仮定して作られているので、4Kセクタの全面導入は時間を掛けて実施されていくことに。

完全移行までの処置として、4K物理セクタをコンピューティング・システムで使用される従来の512バイト・セクタに変換する「512バイト・セクタ・エミュレーション」と呼ばれる方法を用いて対応する。
*************************************************************

そして今回、問題となっているのが、この「512バイト・セクタ・エミュレーション」のようなのです。

コピー先ハードディスク(ターゲットディスク)を、USB接続の「IDE/SATA-USB接続アダプタ」や「ハードディスクケース」で接続した場合、 Windows上で4Kバイトのディスクとして認識されます。

そして、内蔵ハードディスクは一般的には Windows上ではエミュレートされた状態で、512バイト・セクタのディスクとして認識されています。

該当機器でUSB接続されたハードディスクはエミュレートが出来ない為、コピー先ハードディスクが「セクタサイズが異なる」と認識されることになる、ってことのようです。

ところで、ウィンドウに表示される「論理セクタサイズとソースディスクの論理セクタサイズが異るディスクを検出しました」って表現は変(分かり難い)ですよね。

意味を理解して書き直すと、「ソースディスクの論理セクタサイズと異る(論理セクタサイズを持つ)ターゲットディスクは、クローンの作成先として選択できません」みたいな感じでしょうか。

Easeus Todo Backup も試してみたけど結果は同じ

この時点でクローンの作成はほぼ諦めていましたが、念のためと思って(使いたくないなって思っていた)Easeus Todo Backup を試してみました。

ソフトをダウンロードし、インストールし、起動。

こちらも特に面倒くさいこともなくアッサリ起動したので、画面右上の「クローン」をっクリック。

EaseUsクローン

Acronis True Image と同じように、ソースディスクを選択します(この時点では、新HDDはフォーマット済みなので、選択肢の一つとして表示されていますね)。

ソース選択

続いてターゲットディスクの選択画面となるので、「ハードディスク1」を選択して「次へ」。

ターゲット選択

が、やっぱり同じような表示が出て、これ以上は先に進めませんでした。

セクターサイズが一致しません

この時点で、OSのクローン作成は完全に諦めました。

なので、この手順は飛ばして、次回は旧HDDと新HDDの物理的入れ替え作業を行います。


OSのお引っ越し -- 新しいハードディスクにOSのクローンを作る

友人のパソコン Dell Inspiron One 19 のHDD交換作業ですが、ハード的な手順はDellのHPにあったサービスマニュアルのお陰で、ほぼ理解出来たと思います。

明日、実際の作業を行う予定なので、今日はソフト面の確認をしておこうと思います。

やりたいことは明確です。現HDDのCドライブ(システムドライブ)をOS丸ごとコピーして、新HDD内にOSのクローンを作る。そして、旧HDDと新HDDとを入れ替え、新しいHDDから起動する。

OSの引っ越しに必要なハード

そのために必要なのは新しいHDD。買いました。ウェスタンデジタルの1TBハードディスク。

HDD1TB

コストパフォーマンス的に考えると、2TBあるいは3TB辺りの方がいいのですが、元のHDDが500GBで、それでも大きすぎるくらいだったので、無理に巨大なHDDを買う必要もないかと。

続いて必要なのは、この内臓HDDを外付けHDDとしてUSB接続するための機器。

デスクトップPCとかで、内蔵ドライブベイに空きがあるような場合は、そこに新HDDをマウントして、これからやる作業を出来るのだと思いますが、今回はモニター一体型なので機器が別途必要。

これは、手持ちのサンワサプライの機器を使います。この機器の紹介は、このブログで何度かしていると思うので、逆に言うと意外と使ってる場面が多いってことですね。

外付けHDDをUSB変換
買った当初は、多分1回使って終わりだろうなって思ってたのに、思いの外活躍してる。

手元にあったHDDをダミーとして接続してみたところ。これでUSBでパソコンに接続すれば、内蔵用HDDを外付けHDDとして認識してくれることに。

内蔵HDDをUSB接続に

Easeus Todo Backup を使おうとしたんだけど、どうも評判が今ひとつで

さて、ハード的に必要なものは揃いました。続いてソフト。

この手の作業をこなしてくれるソフトは色々とあるようですが、検索して最も多くヒットするのは、 Easeus Todo Backup というフリーソフト。

皆さん、「このソフトを使って初めてCドライブのクローンに挑戦してみたけど、本当にあっけないほど簡単にコピーが完了してビックリ」というのが共通の感想のようです。

Easeus Todo Backup

おー、これはいいな、これで決まりだな、って思いながら、念の為に他のソフトも検索していたら、EaseUS Todo Backup の「評価・レビュー」を見つけた。

でも、これがどうも芳しくない。34件のレビューの内の半分が☆1つ。

そのレビューの中身も、「クローン出来たけど、ブート不能で使い物にならない」とか「PC内データに勝手にアクセスしたり、セキュリティソフトに攻撃しかけてる」といった感じで、かなり怖い。

うーむ、これはちょっと使いたくないかも。

といって、いざ代替ソフトを探すとなると、どうも思わしい物が見つからない。やっぱりこのソフトを使うしかないのかなって思っていたんだけど、ふとウェスタンデジタルの箱を見たら、そこに回答が。

Acronis True Image WD Edition というソフトが無償で使えますよと。このソフトで、「OSがインストール済みのハードディスクをOSごと新しいハードディスクにコピーすることができる」とのこと。

但し、製品をインストールし実行するには、システムに少なくとも1台のWDハードディスクドライブが接続されている必要があるとのことですが、これは当然問題無しです。

ということで、明日は先ずこのソフトを使ってOSの引っ越しにチャレンジしてみようと思います。


<< topページへこのページの先頭へ >>