スマホケース背面の "指リング" が素晴らしく使い易い!

AliExpressでHUAWEI P9 lite 用のTPU製ソフトケースのゴールドを買ったら、これが結構気に入って、色違いも試してみたくて買ったのがシルバー

結局はゴールドの方が似合ってそうな気がして、シルバーはそのままお蔵入りに。

でも、シルバーケースは「指リング付き」を買ったので、この指リングだけでも使ってみたい。ゴールドとは微妙に色が違うけど、ゴールドのケースに付けてみようかと。

そこで迷ったのが、装着する方向。ショップの商品写真はスマホ本体に対して、リングは横向きになるように付けられてる。

ケースシルバー逆でも、このリングに指を通すことを考えると、縦向きの方が良いのではないかと。

ケースとは両面テープで固定するようになってるんだけど、この両面テープが超強力っぽいので、多分一度付けたら、やり直しは出来なさそう。なので、一発勝負です。

で、スマホ本体の中央に縦向きに付けてみました。

指リング装着

スマホの持ち方に変革をもたらす

肝心の使い心地はというと、これが素晴らしい。

わたしはリングに左手中指を通して持つ感じになります。この状態で、人差し指で指紋認証センサーの操作もできます。

指リングで

何より、スマホを手に持った時の安心感が有り難い。

これまではスマホを落とさないように、手のひらで包み込むように持っていました。ただ、これだと親指での画面操作がぎこちなくなってしまうんです。

持ち方1

4インチの時は、こういう持ち方で親指での操作には何の問題も無かったけど、画面が大きくなった分だけ親指の自由度がだいぶ減ってしまいました。

それが、このリングを装着したことで、こういう持ち方が可能になったんです。

持ち方2

これなら、親指で画面のどこへでもタッチすることが出来ます。

簡易スタンドに早変わり

このリングを装着したことで、もう一つの利便性が生まれました。このリングが、そのまま簡易的なスタンドになってくれるんです。

スタンド代わり

もちろん縦方向にはダメですが、例えば映画を見ようって時などには最適です。

実は、リング装着前には、それほど期待していなかったんです。リングに指を通すことで持ち方に制約が出て来るだろうし、何よりも後ろに出っ張りがあるのが邪魔だろうなって。

後ろの出っ張りは邪魔と言えば邪魔なんだけど、それ以上にスマホを手にした時に得られる安心感や安定感が大きい。それに比べれば、なんの気にもならなくなりました。

正直、見た目はあまり恰好良くないけど、これは手放せなくなってしまった。

ま、利便性優先ってことで。


HUAWEI P9 lite用ケース -- (5)TPU製シルバー

eBayとAliExpressでHUAWEI P9 lite 用のケースを4個(4種類)買ってみて、それぞれ試してみた結果、TPU製のソフトケースが気に入って使用中。

基本的には透明なケースの周囲をゴールドで縁取ったもの。ゴールドの色合いもそれほど下品ではないし、何よりも手に持った感触が気持ちいいというか安心感がある。

でも、スマホ本体の色と同色系のゴールドも悪くないけど、違う色はどうなんだろ?

それほど色の選択肢があるわけではないけど、シルバーを試してみたくなりました。で、買ったのがこちらの商品。

指リング付きケース

同じTPU製で、縁取りのゴールドがシルバーになったものですが、横に別のパーツがあります。これ、「指リング」付きを試しに買ってみたんです。

ショップの商品写真だと、こんな感じになります。

ケースシルバー

ゴールドの本体にシルバーの縁取りは?

さて、スマホの本体色が白とかなら何の違和感も無いかもしれませんが、ゴールドの本体にシルバーの縁取りはどんな感じになるのでしょうか?

その結果がこちら。うん?ちょっと、微妙かも。

シルバーケース表

裏側はこんな感じになります。

シルバーケース裏

両者の色が違うので当然ですが、いかにもシルバーの枠がありますよって感じになって、やっぱりちょっと違和感がある。

ホワイトバランスの関係か、本体の色合いが変わってしまっていますが、ゴールドのカバーをした状態はこちら。

huaweiケース(透明)装着裏

こちらも、本体のゴールドとカバーのゴールドは同一色ではないけど、同系統の色なので、両者の色の繋がりが自然に見えるんです。

いや、まあ、「買う前から分かるだろ」って言われそうですが、シルバーの枠も悪くないんじゃないかなって思ってたんです。

でも、ちょっとダメっぽいですね。これはそのままお蔵入りになりそうです。


HUAWEI P9 lite用ケース -- (4)背面ミラーアルミケース

eBayとAliExpressで購入した、HUAWEI P9 lite 用ケースのトリを務めるのは、金メッキしたアルミ合金の枠に、ミラー仕上げの背面板を組み合わせたケース。

huaweiケース(アルミ)表

3個目の透明ケースとは、別の意味で届くのを楽しみにしていたもの。以前から、このアルミバンパーケースを一度使ってみたかったんです。でも、その手のスマホを持ってなかったので。

ってことで、待望の初アルミケースです。

このケース、背面はプラスチック製のカバーを嵌め込むのですが、この背面カバーが完全なミラー仕上げなんです。もう、完全に鏡。

huaweiケース(アルミ)鏡面

ショップの商品写真を見て、「オー、これは美しい!」って思っていましたが、いざ手にしてみると、もちろん美しいのは美しいけど、スクリーン面以上に指紋の跡が残って、すぐに汚らしくなってしまう。

ま、ちょっと考えれば(考えなくても)分かることですけどね。

気を取り直して、スマホを嵌め込んでみましょう。スマホに装着するには、裏側の鏡面カバーをスライドさせて外します。

huaweiケース(アルミ)裏カバー外し

裏面カバーを外してアルミフレームだけの状態。フレームの内側周囲には、スマホと直接接触してキズがつかないように、テープ状の緩衝材が貼られています。

huaweiケース(アルミ)フレーム

アルミバンパーの中にスマホを嵌め込んだところ。

huaweiケース(アルミ)装着中

この状態で、裏面カバーを嵌め込めば、装着完了です。

裏面カバーには、スマホ背面のHUAWEI のロゴマークが見えるように窓が開いています。

huaweiケース(アルミ)ロゴマーク窓

表側はこんな感じ。

huaweiケース(アルミ)装着表

全体的な作りはしっかりしています。穴の部分を見ると、アルミバンパーの厚みが分かります。

huaweiケース(アルミ)枠厚み

ご覧の通り、結構厚いんです。床に角から落としても、間違いなく本体を保護してくれるだろう安心感があります。

でも、その代償として全体的に一回り大きくなったような印象があります。これは想定していなかったけど、アルミバンパーケースってのは、そういうものなんですね。

国内でこの手のアルミケースを買うと、多分2000円前後すると思うけど、こいつはAliExpressで約300円で購入したもの。価格を考えれば、全体的な作りは素晴らしいと言えるでしょう。

工作精度も良く、スマホをアルミフレームに嵌め込んだ時の具合もピッタリで、キツイことも変な遊びがあるようなこともなく、カッチリと嵌り込んでいます。

アルミフレームの金メッキも、プラスチックのメッキと違って質感があって、悪くありません。

ということで、全般的には大満足なんですが、やっぱり一回り大きくなるってのはちょっと嫌だな、と。

うーん、どれを使おうかな。


HUAWEI P9 lite用ケース -- (3)金色縁取り透明ケース

eBayとAliExpressで購入した、HUAWEI P9 lite 用ケースのレビューシリーズ3個目は、前2個と違ってTPU(熱可塑性ポリウレタン)製のソフトケース。

2個目に届いたケースも、まあ悪くはなかったけれど、今回のケースは楽しみにしていたんです。

実は、楽天で同じような(同じとは限らないけど)デザインのケースを見かけて、これを買おうかなとも思ったんです。ただ、価格が2000円近くしていたので、止めた経緯があったので。

そして届いたのが、こちら。

huaweiケース(透明)

なかなか美しくてイイ感じです。これで200円弱というのは、悪い買い物ではないなー。

TPU製なので、こんな感じでグニャって曲がります。

huaweiケース(透明)グニャ

スマホを嵌め込んでみました。周囲の金色がもう少し薄いとより良いかなって思いますが、まあ許容範囲でしょう。結構、しっくりとマッチしています。

huaweiケース(透明)装着表

背面は基本的には透明なので、スマホ本体の背面がそのまま透き通って見えます。

huaweiケース(透明)装着裏

下部のスピーカーや充電口周りの処理もイイ感じです。

huaweiケース(透明)SP穴

指紋認証やカメラ周りの穴の周囲も金色で縁取られていますが、もちろんその操作や機能にはなんの支障も生じていません。

huaweiケース(透明)カメラ穴

そしてソフトケースなので、手にした感触が優しくていいです。

また、前2つのケースは本当に薄いプラスチック製のケースだったので、擦り傷は防いでくれたとしても、落とした時の衝撃を緩和する力はほとんど無いと思います。

でも、このソフトケースは微妙に厚めなので、角から地面に落ちたとしても、ある程度の衝撃は吸収してくれるんじゃないかと期待しても良さそうです。

うーむ、今のところこれが第一候補かな。でも、4個目も既に届いていて、まだ開封していないけど、こいつも楽しみにしていたやつ。


指紋認証を使ってアプリのロック解除 -- 抜群に使い易い!

スマホを買い替えて画面が広くなったら、スマホで色々と作業したりすることが増えた。それに伴い、スマホの中に他人には見られたくない私的文書なども増えることに。

こいつを何とかしたい。

HUAWEI P9 lite には「Safeボックス」という機能があって、この中に入れたファイルは暗号化され、第3者に見られるのを防ぐことができるんです。

それも、指紋認証を使ってSafeボックスを開くことが出来るので、とっても便利そうです。

指紋センサー

ところが試してみると、残念ながらちょっと使い難いように感じる。

HUAWEI 製のスマホには “相性” の悪いアプリがあるらしい?

それならアプリで対応しようかと探してみると、ファイルやフォルダを隠したりするアプリと共に、指定したアプリをロックできるアプリなんてのも見つけました。

なるほど。考えてみれば、個々のファイルを隠すよりも、そのファイルを見るアプリをロックしてしまった方が使い勝手が良さそうな気がしてきました。

で、そのアプリロック系のアプリをインストールしてみたんですが、どうもうまく機能してくれません。個別のアプリがダメなのかと、他にも2~3試してみたけど、どれもだめ。

具体的には、アプリがロックされないんです。ロックされるときもあるけど、されないこともあったりで、信頼できないんです。

わたしの操作とか、何らかの設定が間違っているのかと検索してみると、どうもHUAWEI 製のスマホには “相性” の悪いアプリが存在しているようなんです。

元から「アプリのロック」機能を備えていた!

うーむ、どうしようかなって色々といじっていたら、指紋管理の中にある「Safeボックス」のすぐ下に、「アプリのロック設定」ってのがあるのに気が付きました。

手順的には、「設定」に入り、「指紋ID」をタップし、さらに「指紋管理」をタップ。

アプリロック1

「指紋管理」の画面で、「Safeボックスへのアクセス」の下に「アプリのロック設定とアクセス制御」というのがあるので、これをオンにするとパスワードの入力画面に。

アプリロック2
このパスワードは、「アプリのロック」にアクセスするために設定するパスワードなので、入力後に確認のためにもう一度入力を求められます。

このパスワードが設定されると、アプリロックの有効化と指紋認証によるロック解除を利用できるようになります。

個別アプリのロックは、「端末管理」から設定

続いて、実際にアプリにロックをかけます。アプリの中から「端末管理」をタップし、表示画面の下段を左にスワイプすると、「アプリのロック」が出て来るので、これをタップ。

アプリロック3

ここで指紋認証が求められ、これを通過するとアプリの一覧が表示されます。この中から、ロックしたいアプリを選びます。ここでは「ファイル」をロックしてみます。

アプリロック4

これでアプリのロックが完了しました。「ファイル」を開こうとすると、指紋認証が求められ、キチンとロックされていることが分かります。

当然、指紋認証で一瞬でロック解除が出来るので、使い勝手は抜群にいいです。


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>