OSのクローン作成 -- Acronis True Image で挑戦するも

今日は、いよいよ友人のパソコン Dell Inspiron One 19 のHDD交換作業実践編。

先ずはCドライブ(システムドライブ)をOS丸ごとコピーして、新HDD内にOSのクローンを作るという作業を行います。

使うのは、ウェスタンデジタルのHDDを購入すると、WDのHPからダウンロードして無償で使えるようになる Acronis True Image WD Edition というOSの引っ越し用ソフト。

このソフトで旧HDDから新HDDへとデータを引っ越すためには、PCに新HDDを接続する必要があるので、今回はサンワサプライの「IDE/SATA-USB接続アダプタ」機器を使ってUSBにて接続。

内蔵HDDをUSB変換

Acronis True Image でOSのクローン作成作業を開始

Acronis True Image WD Edition をダウンロードし、インストールし、起動。途中、特に難しいことも面倒くさいこともありませんでした。

Acronis


ソフトが立ち上がると、機能の選択画面が表示されるので、「ディスクのクローン作成」をクリック。

クローン作成

続いて「ディスクのクローン作成ウィザード」ウィンドウが出るので、(特に何も考えずに)クローン作成モードに「自動」を選びました(が、「手動」だったら、この後の結果が変わったかな?)。

クローンモード

続いて「ソースディスク」を選択。複数のディスクを接続している人は、ここは慎重に(OSのクローン元のディスクを)間違えないように選びましょう。

ソースディスク
この時点でUSB接続している新HDDはフォーマットしていないので、ドライブの選択画面には選択肢として表示されません。

セクタサイズが異るディスク間ではクローンの作成が出来ない

そして「ターゲットディスク」の選択ですが、ここで問題が発生。選択したい新HDDがグレーアウトしていて選べません(「ディスク2-未初期化」となっているディスク)。

ターゲットディスク
ウィンドウの下に、「True Image が、論理セクタサイズとソースディスクの論理セクタサイズが異るディスクを検出しました」と表示されています。

うーむ、困った。何をやっても前に進めません。試しに新HDDをフォーマットしてみたりもしましたが、結果は変わりませんでした。

友人宅での、そして時間も限られた中での作業なので、あまり突っ込んだ検討は出来なかったのですが、調べた範囲で何となく分かったのは、以下の様なことでした。

*************************************************************
論理ブロック・フォーマットのサイズ(=セクタサイズ)が、従来の512バイト・セクタに対して、2009年12月、より大きなセクタサイズである4Kバイト・セクタが規格認証された。

そして、すべてのハードディスク・ドライブ・メーカーが、2011年1月までにアドバンスド・フォーマット・セクタ・デザイン(4Kバイト・セクタ)への移行を実施することとなった。

但し、現代のコンピューティング・システムには、セクタは常に512バイトであると仮定して作られているので、4Kセクタの全面導入は時間を掛けて実施されていくことに。

完全移行までの処置として、4K物理セクタをコンピューティング・システムで使用される従来の512バイト・セクタに変換する「512バイト・セクタ・エミュレーション」と呼ばれる方法を用いて対応する。
*************************************************************

そして今回、問題となっているのが、この「512バイト・セクタ・エミュレーション」のようなのです。

コピー先ハードディスク(ターゲットディスク)を、USB接続の「IDE/SATA-USB接続アダプタ」や「ハードディスクケース」で接続した場合、 Windows上で4Kバイトのディスクとして認識されます。

そして、内蔵ハードディスクは一般的には Windows上ではエミュレートされた状態で、512バイト・セクタのディスクとして認識されています。

該当機器でUSB接続されたハードディスクはエミュレートが出来ない為、コピー先ハードディスクが「セクタサイズが異なる」と認識されることになる、ってことのようです。

ところで、ウィンドウに表示される「論理セクタサイズとソースディスクの論理セクタサイズが異るディスクを検出しました」って表現は変(分かり難い)ですよね。

意味を理解して書き直すと、「ソースディスクの論理セクタサイズと異る(論理セクタサイズを持つ)ターゲットディスクは、クローンの作成先として選択できません」みたいな感じでしょうか。

Easeus Todo Backup も試してみたけど結果は同じ

この時点でクローンの作成はほぼ諦めていましたが、念のためと思って(使いたくないなって思っていた)Easeus Todo Backup を試してみました。

ソフトをダウンロードし、インストールし、起動。

こちらも特に面倒くさいこともなくアッサリ起動したので、画面右上の「クローン」をっクリック。

EaseUsクローン

Acronis True Image と同じように、ソースディスクを選択します(この時点では、新HDDはフォーマット済みなので、選択肢の一つとして表示されていますね)。

ソース選択

続いてターゲットディスクの選択画面となるので、「ハードディスク1」を選択して「次へ」。

ターゲット選択

が、やっぱり同じような表示が出て、これ以上は先に進めませんでした。

セクターサイズが一致しません

この時点で、OSのクローン作成は完全に諦めました。

なので、この手順は飛ばして、次回は旧HDDと新HDDの物理的入れ替え作業を行います。


ノートPCのSSDを外し、デスクトップPCに入れる(2 - 番外編2)

「リカバリ領域」をコピーしたくて、EaseUS Partition Master の「パーティションをコピーする」を実行してみたけど、なんか微妙に微妙な状態、ってのが前回のお話。

もう、このままでいいかとも思いましたが、やっぱり気持ちが悪い。

分からないなりにあれこれやっている内に、目に付いたのが EaseUS Todo Backup。これ、EaseUS Partition Master をインストールする際に一緒にインストールされるソフトです。

EaseUS Todo Backup にも同じような機能があるなー

正直、いまだに EaseUS Partition Master も良く分からないけど、こっちの EaseUS Todo Backup も更に分からない感じ。

中身を見てみると、どうも2つとも同じようなことが出来るように見えるんだけど、厳密にはきっと違うんでしょうねえ。

さて、EaseUS Todo Backup を起動させてみると、その機能の中に「バックアップ」と「クローン」というものがあります。この2つの違いもよく分かりませんが、「クローン」を使ってみましょう。

Todo Backup

「クローン」を開くと、そこには「ディスククローン」と「パーティションクローン」と2種類あります。うーん、OSの移行の際に、最初からこの「ディスククローン」を使えば良かったのかな。

クローン機能

自分で自分を食べちゃう?

もう一度OSごと、クローンを作り直してみようかと思い、コピー元を外付けのSSD(まだ、元のシステムが入っている状態)に指定し、コピー先をノートPC内のHDDに指定しました。

さて、「実行」という段で、ふと思ったんです。これって、実行しちゃって本当に大丈夫なのか?って。

だって、ソフトを実行している最中のシステムを書き換えていくわけですから。言ってみれば、自分で自分を食べちゃうような感じですよね。

どう考えても危なそうなので中止することに(実際に実行していないので、果たしてこの先に進めたのかどうかは分かりませんけどね)。

代わりに、その隣の「パーティションクローン」を実行してみることに。これなら「リカバリ領域」だけをクローンすることが出来るはずなので、まだ安心でしょう。

「パーティションクローン」を実行

下のウィンドウ図でオレンジ色になっているところが、それぞれ「オリジナル」と「目標」です。「オリジナル」は、外付けSSDの[*:Ricovery]で、「目標」は内臓HDDの[H:Ricovery](前回の作業で作成したリカバリ領域←の積もり)。

パーティションクローン実行中

この状態で「次へ」をクリックしていくと、HDD内にクローンの作成が始まります。

「リカバリ領域」のクローン完成(って言っていいのかな?)

特につまづくこともなく、HDD内に「リカバリ領域」のクローンが出来上がりました。「コンピューター」の「ハードディスクドライブ」を開いてみると、

HDDの状態2
となっており、前回の「パーティションのコピー」作業で出来上がった[Recovery(H:)] が消えています(下図は前回の状態)。

HDDの状態3

ただ、これだけだと本当にHDD内に「リカバリ領域」のクローンが出来ているのかどうかは分からないので、再び EaseUS Partition Master を立ち上げて確認してみました。

HDDの状態4

「ディスク1」の[*:Recovery]が、今回の作業で出来上がったクローン。前回の「パーティションのコピー」の時には、自分で名称を変える必要がありましたが、今回はそれもキチンと受け継いでます。

この「リカバリ領域」が本当に機能するのかは、実際に使ってみないと分かりませんが、取り敢えずそれも出来ないので、今回はこれで良しとして先に進みたいと思います。


<< topページへこのページの先頭へ >>