夏の炎天下、黒髪の頭(薄毛だけど)はキャップで防御すべし?

今日からいよいよ甲子園大会が始まりましたが、10日ほど前、まだ地区予選を開催している時、横浜スタジアムに応援観戦に行きました。

その際、何よりも痛切に感じたのは、暑い! とにかく暑い。ジリジリと暑い。

短パンで行ったら、膝頭が日焼けして赤くなっていました。腕も焼けました。袖口の内と外とではハッキリと白黒に色付けされ。そして、頭も暑かった。

うーん、麦わら帽子でも買おうかなって。

そんなことが頭にあったんだけど、ネットでふと見たサーモグラフィの写真で決めました。

Thermography

確か、夏のコミケの写真だったと思うけど、会場へと向かう人々をサーモグラフィで撮ったもので、ほとんどの人の頭だけが真っ赤になってました。

数人だけ、頭の温度が明らかに低い人がいましたが、よく見ると帽子をかぶっているようなシルエット。なるほど、帽子ってのは暑さ対策に効果があるんだなと再認識した次第。

さっそくAmazon で夏用のメッシュで出来てるキャップを探してみたら、あるにはあったんだけど、1000円オーバーと微妙に高い。

いや、1000円という価格自体はそれほど高くはないんだけど、常用するかどうかは実際にかぶってみないと分からないなって思ってるので、そう考えると微妙に躊躇する金額。

こういう時に頼りになるのはeBayです。探してみると、キャップなんていくらでもあります。メッシュキャップも選り取り見取り(ってほど多くはないか)。

ポチっとしてから、1週間ほどで届いたペシャンコの封筒。ま、そうだよね。型崩れを心配するような商品でもないし。

封筒で

買ったのはこちら。両サイドがメッシュになっているダークグレーのキャップで、お値段300円ちょっと(いつも通り送料込み)。

キャップ

つばは固めでしっかりしてるし、縫製にほつれもみられず、意外と高品質(失礼)。両サイドのメッシュもしっかりしていて、軽いし通気性はいいしで、言うことなし。

両サイドメッシュ

デザインも悪くないし、グレーの色合いも気に入ったしで、大満足。

さっそく、ジョギングの際に試してみよう。


フニャフニャのカメラバッグの底に “骨” を組み込む

eBay で買ったバッグなんだけど、全体的に腰が無く、LUMIX GM1 を入れるとちょっと頼りない感じになってしまう。そこで、バッグの底に “骨” を入れることに。

前回、厚さ2mmの塩ビ板をU字形に曲げて作ってみたら、バッグの中に組み込めないことが分かって。少し柔軟性のある “骨” じゃないとダメってこと。

で、今回使うのは、フロアに敷いて使うジョイントマット。厚さ10ミリのEVA素材なので、結構腰があるけど、曲げようと思えば曲げられるので、今回のような場面に最適。

EVAマット
これまでに何度かお世話になってきましたが、クッション性もあって、カメラ機材とかを保護するのにピッタリ。カッターで簡単に切れるので、加工も楽だしね。

バッグの底の形状に合わせてカットしました。実際の部材は写真を撮り忘れましたが、こんな感じに谷状に切れ目を入れ、U字形に曲げて組み込みます。

バッグ底骨部材

骨をバッグに固定するのは、この100均で買ってきたバッグを利用。

クッションバッグ

周囲をカットして、1枚の生地にしました。ある程度厚みもあるのでちょっとしたクッションになるし、収納したカメラの汚れを拭き取ってくれる効果も期待できます。

裏生地素材

バッグの内側に合わせてカット。

カメラバッグ裏生地カット

後は、バッグの内側に縫い合わせていくだけ。底にはEVA素材の骨を入れ、それを包み込むように縫い込んであります。片側はポケット状にしました。

カメラバッグ裏地縫い付け1

底の部分がもっこりと膨らんでるのがわかるでしょうか。

カメラバッグ裏地縫い付け2

全て縫い終えてから、裏返しだったバッグを元の状態に戻したところ。EVA素材の柔軟性のお陰で、今度は難なく裏返しから戻せませた。

底骨組み込み完3

骨を入れる前はクシャってなっていたのが、キリッとした感じで立体形を保っています。安物バッグから一気に高級バッグになった感じがする(言い過ぎ?)。

底骨組み込み完

底の部分も張りがあって、なんかイイ感じに見えませんか。

底骨組み込み完2

LUMIX GM1 に、オリンパスのズームレンズ 12-50mm/F3.5-6.3 を装着すると、レンズ先端から液晶面まで約125mmあるんだけど、余裕で入ります。

カメラ収納1

一回り大きいオリンパスの PEN Lite E-PL3 に少し長めのレンズを装着して、横に入れることも可能。

カメラ収納2

多分、骨を入れる前よりも10倍くらい良くなってるんじゃないかと自己満足中。


LUMIX GM1 用のバッグ - ちょっと手を加えてみるかな

LUMIX GM1 用に新しいレンズを買ったら、これまで外出の際に腰回りに装着していたカメラバッグに入らなくなってしまい、代わりのバッグを物色中でしたが、買いました。

3つほど候補をピックアップしていましたが、結局一番サイズの大きいのを選択しました。小さくて入らないと、その時点で詰んでしまいますからね。

350円という値段を考えると、よく出来てると思う

で、届いたのがこちら。約350円なので期待していなかったけど、意外と良いかも。

ちょい大カメラ用バッグ1

裏側には、装着先のベルト幅に合わせて調整できるベルトループがあります。生地もしっかりしているし、縫製も悪くありません。

ちょい大カメラ用バッグ2

内側にはポケットが。縦のサイズがいま使っているスマホ(約150mm)にピッタリ。

ちょい大カメラ用バッグ3

さっそく持ち出して使ってみましたが、口が大きく開くのでカメラの出し入れが楽で、思ってた以上に使い易い。ただ、生地に腰が無いので、ちょっと不安定というか頼りない感じ。

カメラ自体がそれなりに重く、バッグの厚みも結構あるので、カメラの重みでバッグの形が崩れて垂れ下がるみたいになってしまう。

ちょっと補強用の “骨” を入れた方がいいかもしれません。

塩ビ板で “骨” を作ってみたけど

裏返しにしてみました。裏から見ても、縫製に変な乱れはありません。この底の部分にU字形の “骨” を組み込む感じかな。

ちょい大カメラ用バッグ4

さっそく、バッグの底の形状に合わせて2mm厚の塩ビ板を曲げてみました。

バッグ底骨1

カメラと接触する内側には、5mm厚の緩衝材を両面テープで貼り付け。

バッグ底骨

うーむ、イイ感じに出来上がりました・・・・が、失敗でした。

バッグが裏返しの状態で、こいつの底辺部分を布切れで覆って縫い付けて、その後に裏返しの状態を元に戻そうと思ってたんだけど、どうやっても裏返しから戻せない。

もう少し小さく作れば何とかなったかもしれませんが、ピッタリサイズで作ってしまったのでバッグの生地を戻していく余裕が無くなってしまいました。

もう一度、今度はある程度柔軟性のある素材で作り直してみましょう。


腰のベルトに装着するカメラバッグを色々と物色中

LUMIX GM1 に LUMIX 14mm/F2.5 を装着して、これを自分で改造したバッグに入れて持ち歩くのが、このところのスタイル。

バッグ裏側のベルクロで腰のベルトに装着できるので、歩きながらのカメラの出し入れも楽チン。大き過ぎず、小さ過ぎずで、使い勝手がとても良好。

腰装着カメラバッグ

が、先日購入したオリンパスの交換レンズ 25mm/F1.8 とのセットだと、(ギリギリ入るかなって期待してたんだけど)やっぱり無理。

25mm装着斜め前

その後に購入したオリンパスの 12-50mm/F3.5-6.3 の場合は、最初から諦めてたけど。

オリンパス12-50mm装着

ということで、お出かけ時に腰回りに装着する(少し大きめの)カメラバッグを物色中。

こういう時、eBayやAliExpress はとっても便利。この手のバッグは選り取り見取り状態。そして、大概はどれも数百円程度と気軽に買える値段なので見てるだけで楽しい。

色々と見つけた中で、良さそうだなって思ったのをいくつかピックアップしてみた。

候補その1 - 8×8×18cm

こちらは、2つの荷室があって作りもしっかりしていそうです。その分だけちょっとお高め。といっても1000円でお釣りがきますが。

8×8×18バッグ
サイズ的には8×8×18cmとちょっと小さいかも。特に奥行きが前後の荷室合計で8cmということは、メインの荷室が5~6cmくらいになりそうなので、もう少し欲しい感じかな。

候補その2 - 11.5×7×16.5cm

これは、ピックアップした中では一番大きめ。11.5×7×16.5cmなので、これだと一番大きな 12-50mmのズームレンズを装着した状態でも余裕で入りそうです。

eBayでバッグ探し1
ただ、形状的には何の飾りも無いシンプルなボックスタイプのバッグなので、ちょっと味気ないような気もして。

候補その3 - 11×4×15cm

現時点で一番可能性を感じているのがこちら。サイズは、11×4×15cm。大き過ぎず、小さ過ぎず、縦横のサイズは理想的。

eBayでバッグ探し2問題は奥行き。4cmというのは、ちょっと苦しいかもしれない。デザイン的には一番気に入っているので、こいつで落ち着いてくれればいいんだけど。

うーむ、もう少し悩みそうです。いっそ、3つとも買ってしまう? 3つ合計しても千数百円程度ですから、その点は気が楽です。


スマホ用のスタンドを買ったら、Kindle 用として活躍しそう

スマホで少し長めの動画を見る時とか、ずっと手に持ってるのも疲れるのでスタンドが欲しいな、って。

最初、アクリル板を曲げて自作しようかなとも思ったんだけど、形状的に嵩張りそうなので、持ち運びを考えると折り畳める方が望ましい。

ということで購入することに。Amazon で探すと1000円程度で買えそうです。でも、こういう場合は、やっぱりAliExpress とeBay でも探すというのが習性になってるので。

で、結局AliExpress で購入して届いたのがこちら。いつもの見慣れた何の飾りっ気も無いオレンジ色の袋と違って、普通の袋に入って送られてきたのが新鮮だった。

スタンドパッケージ

開けてみると、商品と一緒におまけ(マジックテープの結束バンドかな?)が入っていました。こんなキチンとしたパッケージに入ってる商品を受け取ったのは初めてかも。

スタンドおまけ付き

中身はこれ。Ugreen のスマホスタンド。似たような形状で百数十円のもあったんだけど、デザイン的に微妙だったので、少し高めのこいつを選びました。

スマホスタンド1
Amazon でも同じ商品が売られていて、購入価格はAmazon の4割引きくらいのイメージ。なので、いつもの購入品ほどの割安感はないかな。

折り畳むと裏側もスッキリ。

スマホスタンド2

底部にゴム製の滑り止めパッドが嵌め込まれているので、安定感は十分。

スマホスタンド3

開口角度は0度から100度までの10段階。しっかりしたクリック感があるので、操作していて勝手に角度が変わってしまうといったこともありません。

スマホスタンド4

スマホを縦に置いたところ。5.2インチのスマホよりも、1cmくらい幅広。

スマホスタンド5

でも、一番使う機会が多いであろう横置きは、スマホケース背面の "指リング" で必要十分状態。まあ、普段のスマホの置き場所としては悪くないけどね。

なんてことを考えながら、あまり使う機会が無いかなってちょっとガッカリしていたんだけど、何気なくKindle を置いてみたら、これがイイ感じ!

Kindle スタンド

なんだかんだ言っても、やっぱり長時間Kindle を手に持って読書していると、どうしても手が疲れて来るんだよね。

机の前で本を読むときは、このスタンドに置いたスタイルがベストかも。


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>