激安のライトニングケーブルを買ってみたら素敵だった!

我が家のスマホ事情は、私だけがAndroidで、あとの4人はiPhoneを使っています。

なので、ライトニングUSB充電ケーブルがあちこちに転がっているというか、奪い合いをしているというか、なんか頻繁に揉めてるような気がする。

「えー、誰か私の使ってたケーブル、どっかに持ってった?」みたいな。

こちらは、奥さんが使ってるライトニングケーブル。誰かに持っていかれても区別がついて見つけられるようにと目印のステッカーが貼ってあります。

ライトニングケーブル目印

どうも、このiPhone用の充電ケーブルが強度的に弱いようで、使えなくなってしまうことが少なからずあるらしい。で、他の人が使ってるケーブルを勝手に持ち去って・・・・

で、使えなくなってしまったからと新しいのを買おうとすると、これがまた微妙に高い。現在はだいぶ安くなってきてるみたいだけど、以前は1本1000円前後していたような。

ある時、100均で売られているのを見つけて買って来たんだけど、端子部分がプラスチック製で、結局使用期間は短かったようです。

ま、最初に述べた通りAndroid使いの私には関係の無い話なんですが、先日たまたまネットショップで激安のライトニングケーブルを見つけたんです。

商品ページの説明を見る限り、かなりしっかり作られた製品らしい(もちろん、中国製)。でも、こればかりは実際に買って使ってみないと分からないしね。

試しに買って、ダメならダメで諦めがつく価格なので、買ってみることに。何しろ1本80円と、100均の商品より安いんです。

ただ、送料が130円かかるので、それなら2本くらい買っておこうかと(送料変わらず)。

届いたのがこちら。パッケージにも、個別の袋にさえ入っていません。裸のまま。

ライトニングケーブル格安

が、品物自体は想像していた以上にキチンとした商品のようです。何より、このローズゴールドの色使いが美しい。上品なピンク色です。

ケーブルはナイロンの編み上げで、商品説明には「ケーブルが堅めで取り回しづらいけど断線し難い」ってあったけど、しなやかな感じで、触った感触もしっとりしています。

ナイロン編みの被覆は放熱性にも優れ、急速充電にも対応してるとのこと。

一番肝心な端子部分も金属製で、シッカリした作りのようです。

ライトニングケーブル金属端子

何度も繰り返しますが、私自身は使わないので、まあどうでもいいんだけど、思ってた以上に高品質なので、ちょっと羨ましくなってしまった。

なんか、自分で使ってみたいなって。 マイクロUSBケーブルで、同じようなものが売られているので、こいつを買ってみようかな。


iTunesを使わずにファイルをiPhoneに転送 -- CopyTrans

iTunesを使わずにファイルをiPhoneに転送したくて、前回はPhoneTransというソフトでトライしたのですが、最後までたどり着けませんでした。

今回は、CopyTrans Manager というソフトを試してみようと思います。

統合ソフト → 個別ソフト

公式サイトで CopyTransControlCenter をダウンロードし、インストール開始。

CopyTrans1

起動してみると、こんな画面が。どうやら統括ソフトみたいなのをインストールし、そこから更に必要なソフトをインストールするって手順のようです。

(フリー)と書かれていないのは有料なのでしょう。今回必要な CopyTrans Manager は無料で使えるようなので、これを選択します。

CopyTrans2

ドライバをインストールするためのドライバインストーラーをインストールする?

すると、今度は「CopyTrans Driver Installer」なるソフトをダウンロードしろとのこと。

説明を読むと、「iTunesをインストールすることなしに、iPhone等をPCで認識するため」には、それ用のドライバをインストールする必要があり、そのドライバをインストールするためのソフトらしい。

CopyTrans3
①CopyTransControlCenter → ②CopyTrans Manager → ③CopyTrans Driver Installer → ④CopyTrans Driver って手順らしい。結構、面倒臭い。

仕方ないかって思いながらダウンロードした Driver Installer を起動させると、今度はこんなウィンドウが現れました。

CopyTrans4
「iTunesはすでにインストールされています」って、いやいやそんなことないし。ま、それはいいとしても、その後に続く文章が恐い。「次のコンポーネントがアンインストールされます」って。

えっ、これ全部アンインストールしちゃって、後で何らかの支障が出てこないのかな?

ちょっと恐くなり、実は1回目のインストールはここで止めて、他の手段を探そうと CopyTrans 関連のソフトを全てアンインストールしたんです。

他の手段を探すも、見つけられずに

で、再び検索するも、結局はこの CopyTrans Manager でやるのが一番のようで、再び ControlCenter → Manager → Driver Installer の手順を経てここに戻ってきました。

もちろん今回は覚悟を決めて。後々の支障には、その時に対処すればいいかと。

で、上の画面で「アンインストール」をクリック。すると本当に(!)諸々のApple系のソフトをアンインストールしてます(ま、そうなんだけどね)。

アンインストールが終わって、Driver のインストールもできて、長い道のりでしたがやっと目的の CopyTrans Manager を起動するところまできました。

CopyTrans7

ここまでくれば、後は簡単。指示に従ってデバイス(iPhone5)を接続。

CopyTrans6

中央のウィンドウにPCから iPhone へと転送したい楽曲をドラッグ&コピー(上段の「+追加」でもOK)し、「アップデート」をクリックすると、コピーが開始されます。

CopyTrans8

作業を終えて、 iPhone を確認すると、ちゃんとコピーされていました。

CopyTrans10

思っていた以上に面倒臭い作業でしたが、無事に作業完了です。後は、アンインストールしちゃったApple系のソフトで何か支障がでるかどうかですね。



iTunesを使わずにファイルをiPhoneに転送したい

奥さんのiPhone5に音楽(実際には講演の音声ファイル)を転送したい。

さて、iPhoneをお使いの皆さんは、相変わらずiTunesと同期することで音楽を転送しているのでしょうか? 以前、息子に確認した時には、「今は違うよ」って話を聞いた筈なのに。

今回、実際にやってみようと調べてみたら、やっぱり「iTunesを使え!」と。

私もiPhoneを使っていた時期もありますが、どうもこのiTunesの使い勝手が悪く感じて好きになれませんでした。だって、誰のiPhoneだろうと接続先のPCのiTunesと同期させようとするんだもの。

1:1で使っている分にはいいんだろうけど、例えば今回のようなこと(自分以外のiPhoneに自分のPCから音楽を転送する)をしようとすると、とっても面倒臭いことに。

そもそも、私のPCにはiTunesをインストールしていないし。

foobar2000今回の話題とはずれるけど、PCで音楽再生に使ってるのは foobar2000 というプレイヤーソフト。

このソフトは素晴らしいです。ハイレゾをネイティブ再生できるし、プレイリストも簡単に作れるし、ZIPファイルはそのままで再生できるしと、何の不満もストレスも感じません。

iTunesのように、ソフトの方が勝手に決め付けて色々とやってくれるってのは勿論便利な面もありますが、でも自分でコントロール出来ないというイライラ感は拭い切れません。

そう言えば、iPhoneからスマホに変えて一番嬉しかったのはこの点かも。スマホは、PCに接続すると外部ストレージとして認識されるので、後はファイルをドラッグ&ドロップするだけで完結。

PhoneTransというソフトを見つけてダウンロードしようとしたら・・・うん?

さて、iPhone5への音楽ファイルの転送です。今さらiTunesをインストールしたくないし。他に方法はないのかと探して見つけたのが、PhoneTransという海外製のソフト。

なるほど、このソフトを使えばiTunesを使わずにiPhoneへとファイルが転送できるのかと、早速ダウンロード・・・・・の積りが、「うん? iTunes user?」。えっと、iTunes が必要なの?

PHoneTrans

取り敢えず前に進んでみるかと、(どっちか忘れたけど)適当にクリックしてダウンロード。

ダウンロードも完了し、起動しようとするとこんどは「iDevice drivers」をダウンロードしてインストールせよとのお達しが。うーむ、微妙にiTunes のインストールアイコンに似てるけど、ここまで来たら仕方ない「latest drivers」をダウンロードしましたよ。

PHoneTrans3

ドライバーのインストールも、何となく腑に落ちない感じでしたが、なんとか完了しました。

ただ、この時点でこのソフトを使おうという気がほとんど失せていました。その気持ちに追い討ちをかけるように、こんな表示が。iPhoneは接続済みです。PCは認識してるのに。

PHoneTrans4

そして止めは、「ユーザーガイド」。ウィンドウの下の方に「ユーザーガイド」の文字がありますが、ここをクリックしてもユーザーガイドなんてなくて、商品を紹介するページだけ。

まあ、私の操作方法が間違っているのかもしれないので、一方的にどうだこうだとは言えませんが、少なくとも私(の環境)とこのソフトとは相性が悪かったようです。

さっさとアンインストールして、次のソフトを探しに出かけましょう。


水洗い可能な iPhone 用リモコン付きヘッドホンを試す

AIRSOUNDS の「BT-A2 DT」というドッグタグ型のブルートゥースレシーバーの特売を見つけ、予備も含めて2個買ったのが1年以上前のことでした。

ある程度 “使い捨て” と割り切ってはいても、これだけ短寿命となると

使い始めて1個目が故障し、2個目にスイッチしたのが約3カ月前のこと。1個目は10ヶ月の寿命でした。

ところが、2個目の寿命は更に短くて、僅か2ヶ月程度しか持ちませんでした。ランニング時に使用しているので、多分汗の影響が大きいのでしょうが、それにしても短い命でした。

この2個目を使い始めた時、随分先の事だと思うけど急に壊れると不便なのでと、更に予備として購入したのが GREEN HOUSE のブルートゥースレシーバーです。

ブルホーンSB
思ったより早く出番が回ってきた訳ですが、ところが何と1ヵ月持たずにコイツも故障。流石に今回は保証期間中だったので、GREEN HOUSE に問い合わせ、交換対応して貰うことに。

これだけ立て続けに故障するとなると、そろそろ別の選択肢を考えなければいけないのかもしれません。

上にも書きましたが、ブルートゥースレシーバーを使うのは基本的にはランニングとか自転車といったスポーツをしている最中が多く、汗と切り離して考えることはできません。

出来るだけ汗に接触しないように考えてはいるのですが、今年の夏は特に暑く、直接汗の滴が機器に降りかかることは無いとしても、汗の蒸気だけでも使用環境はかなり悪かったのかもしれません。

スポーツ時に使用するように防水対応のブルートゥースレシーバーも無いわけではないのですが、選択肢も少なく、評判もそれほどいいのが無いので、もうひとつ気持ちが動きません。

ワイヤードのリモコン付きヘッドホンが一つの解決策かも

今回、故障の交換対応でブルートゥースレシーバーが手元に無い間、ワイヤードのヘッドホンを運動中に使っていました。

iPhone をウェストバッグに入れ、そこにヘッドホンを接続してとなるのですが、走ってみるとそれほど悪くありません。ブルートゥースレシーバーであってもヘッドホンのワイヤーは存在するので、その点に関しては大差無いわけです。

ところが1点だけ、iPhone を操作するのにウェストバッグから出し入れしてというのが面倒臭い。iPhone も汗の影響を心配してビニール袋に入れているのと、更にロックも解除する必要があるし。

思いついたのは、リモコン付きのヘッドホンだったら解決するのでは、ってこと。

早速探したら、水洗い可能なスポーツ向けのヘッドホン PHILIPS(フィリップス) SHQ3007/28 という、値段も手ごろな商品を見つけました。

防水ヘッドホン

中身を広げてみるとこんな感じ。コード長60cmの本体に、60cmの延長コードという組み合わせは、個人的にはベスト。大中小のイヤーピースにクリップ(このクリップは何気に便利なんですよね)。

防水ヘッドホン内容
左側のイヤホンから 15cm くらいのところにリモコンが付いています。ってことは、目で見ながら操作するのはちょっと難しいかも(近過ぎて焦点が合わない)。

値段の割には、全体的な作りも良くて満足なのに、着け心地がもう一つ?

イヤーフック付きのカナルタイプなので、フックを耳にかけ、イヤーピースを耳孔の中に押し込んで使う形になります。ところが、耳孔の向きって、人によって千差万別(な筈です)。

下の写真で、赤丸部分が当然のことながら回転可能だと思っていたら(商品説明にも、「調整可能なイヤーフック」とあったので)、固着されていていくら捻じっても動く気配がありません。

私の場合、イヤーピース部を耳孔の奥に差し込むと、イヤーフックは耳から外れる方向に浮き上がってしまいます。逆にイヤーフックを優先させると、今度はイヤーピース部が耳孔の中から外に出てきてしまいます。

ただ、イヤホン自体はイヤーフックでしっかりと保持されているので、走りながら外れて来るという煩わしさからは解放されそうです。後は、音の聞こえ具合がどうかですね。

リモコン部
リモコン部分のスイッチは3つ。上下にボリュームの+-があり、センターボタンで音楽の再生停止などの操作を行います。

センターボタンを1回押すと再生 or 停止。2回早押しで次の曲へ。3回早押しで前の曲に戻ります。

コントローラーの裏側に防水マイクも装備し、電話の応答もセンターボタン操作で可能です。

リモコンの使い心地が快適なだけに、イヤーフックの形状が残念。まだ走りながら使っていないので何とも言えませんが、少し工夫する必要があるかも、です。


iPhone 用データベースアプリ MyDataPot の使い方(その2)

iPhone 用データベースアプリ MyDataPot の使い方を、お試しで制作した「友人帳」を例にとりながら解明していくシリーズの2回目です(と言いながら、今回で終わりかも)。

前回は、MyDataPot の全体の構成と、基本的な設定まで解説しました。

今回は、リスト画面と詳細画面の「レイアウト」を中心に、もう一歩踏み込んでいきたいと思います。

少し復習すると、「友人帳」というデータベースを開くとリスト画面が表示されますが、その画面の左下にある「工具」ボタンを押すことで、【基本情報】から始まる一連の設定項目が表示されます。

その一番下にある【レイアウト】の中身の説明が、今回のメインテーマです。

リスト画面内にどの項目を表示するか、どこに、どれくらいの大きさで置くかを設定

先ずは、【リスト】から。

11mydatapot左の画面は、「顔写真」「名前」「出会った日」「友達になった日」という4つの項目を選択し、配置した状態です。

左下の「+」ボタンを押すと、前回、【項目とソート】で設定した項目が現れるので、その中から表示したいものを選択します。

左の写真では分かり難いですが、画面上にうっすらと(一部だけ)方眼のようなグリッド線があります。

このグリッド線のあるところが、リスト一つ分のフィールドになるわけです。

このグリッド線部分をタッチすると、赤枠で囲まれた状態になります。その状態で指で赤枠の大きさを変えることで、リストの大きさ(縦幅)を変更することができます。

12mydatapot項目名をタッチすると、同じく赤枠で囲まれた状態になると同時に、▲▼矢印の画面が表示されます。

項目名にタッチしながら、場所の移動も、項目範囲の大きさも変えることができますが、より細かい移動や変更は、この▲▼矢印を使って行います。

左側の4つの▲▼矢印は、項目の表示位置の移動を行い、真ん中の4つは項目範囲の大きさを変更します。右側の4つは、使途が不明です(触っても何も変化せず)。

因みに、移動した項目が、リストのフィールド(グリッド線内)から出てしまうと、選択が出来なくなってしまいます。

その場合は、フィールドの範囲を広げて項目を内側に入れてあげると、再び選択できるようになります。

リスト画面の各項目の背景色や文字色や大きさを設定

文字情報設定などさて、項目を選択した状態で、画面下真ん中の「歯車」みたいなボタンを押すと、「設定画面」となります。

設定項目は、【基本設定】と【文字情報設定】の2つ。

【基本設定】は、リストに表示する各項目に、枠線を付けるのか、付けるのであれば太さや色はどうするのか、背景に画像を置くのか、あるいは色を着けるのかといった基本的な設定を行います。













【文字情報設定】は、そのままですが各項目の文字をどうするのかを設定します。

フォントや大きさや色や配置を設定するわけです。

各項目内の「行数」も設定できます。

例えば「1行」に設定して、その枠内に入り切らない場合の省略の仕方を設定するのが、一番下段の「省略時の位置」ということです。







同じく、詳細画面に配置する項目の選択、その位置や大きさを設定

18mydatapot【基本情報】の最下段にある【レイアウト】の【詳細】に移ります。

基本的には、リスト画面でやったのの同じ工程で、各種の設定を行います。

詳細画面の場合は、全てがフィールドで、全体にグリッド線が入っています。

左下の「+」ボタンで項目を追加します。





19mydatapot画面下段に、「リスト」の設定よりも項目が2つ増えています。

前回の【詳細情報】の設定の際に、ページ数の設定があったと思いますが、この2つはそのページ数関連の設定です。

「歯車」ボタンの隣にある「・・・」は、(なんて名前なのか知りませんが)iPhone 画面の下段に出て来る「ページ位置(?)」を表す表示を、どこに配置するかを決めます。

その右隣は、【詳細】の他ページを設定する際に、そのページ間を移動するためにあります。




20mydatapot項目の配置や大きさは、【リスト】の時と同じです。

項目名にタッチし、指で大まかな設定や表示範囲を決め、▲▼矢印で細かな設定を行います。

また、各項目をタッチし赤枠で囲まれた状態で、下段の「歯車」ボタンを押すと、【リスト】と同じく、【基本設定】と【文字情報設定】画面が現れますので、同じように枠線や背景画像や文字色や文字の大きさを好きなように設定して下さい。






微妙に抜けているところ(私もまだ理解していない)ところもありますが、ここまで理解できれば、かなり自由自在に MyDataPot を使いこなせるところまで来ていると思います。

後は、データベースの “中身” をいかに充実させていくかですね。




<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>