除湿器の積りで分解したら空気清浄機だった

母親の家に行ったら、除湿器を捨てたいんだけど、手続きが面倒で捨てられずに困ってるって言われ、結局わたしが持ち帰って、バラして捨てることに。

ま、バラすのは嫌いじゃないのでいいんだけどね。

空気清浄機0

先ずはフロントパネルを外します。

空気清浄機1

本体上部の表示パネルを外すと、基盤と色とりどりのLEDが出てきました。

空気清浄機2

汚れたフィルターが出てきました。その上部のポケットには予備のフィルターが6枚も入っていましたが、一枚も使われず。でも、予備のフィルター内臓ってのは、かなり良心的。

空気清浄機3

そしてファンが見えてきました。少し前から徐々に疑念が浮かんでいたんだけど、ここで確信に。こいつは除湿器ではなくただの空気清浄機だった。

空気清浄機4

除湿器ならアキュムレータみたいなのがあるのかなって楽しみにしていたんだけど、空気清浄機となると基本的には空気を取り込むファンだけしかありません。

いわゆるシロッコファンですね。

空気清浄機5

羽根とモーターとを分離。

空気清浄機6

分解の途中で微妙に興味をひかれた金属製の格子。何となく意味ありげです。もしかしたら、ここで静電気を発生させて微粒子上のゴミを吸い付けているのかも。

空気清浄機7

使われていた基板は、この2枚。下は表示系の、上のは電源系の制御基板(多分)。こういうパーツを見ると、再利用できないかとつい思ってしまうのは性(さが)でしょうね。

空気清浄機8

最後に残ったモーター。分解して中の磁石を取り出してみたいけど、かなり密閉構造になってるようで、どこから手を付ければいいかちょっと分からない。

空気清浄機9

一旦、保留にして、暇なときに分解にチャレンジしてみようと思います。

さて、電子部品にも面白そうなパーツは無いし、モーターもペンディングだしで、ちょっと期待外れ。もう少しイメージを膨らませてくれるようなパーツがあるかと期待してたのに。

そんな中でも機構好きの私がちょっと興味をそそられたのは、この小さなパーツ。空気清浄機本体の大きさを考えると極小といってもいいくらい小さい。

1円玉の隣にある歯車は、ダンパーになっています(回そうとすると抵抗がある)。どこに使われていたのか分かりませんが、細かいところにも神経を使ってる表れ。

小さなパーツ

右端にあるのは、なんて呼べばいいんだろ? キャッチ? 名前は分からないけど、この動作が良く出来てるんだ。芸が細かいというか。

上の状態から右側の “受け” 部品を押し込むと、下のように出て来るんだけど、その出てき方が直線的ではなく、下方向にカーブを描きながら出て来るんです。

スライドパーツ

えーっと、マニアックな話題ですみません。ま、興味深いけど、どこか他で再利用できるかもといった感じのパーツではないので、あくまで “おもしろい” で終わりですけど。


SetPoint から LOGICOOL OPTIONS に進化?

Logicoolのマウス「M510」が本格的に壊れてしまいました。

「M510」を使ってた年数を数えてみると、合計で6年近く使っていたようです。

合計というのは、最初に買ったもの(初代)が2年くらいでチャタリングが出て、保証期間内だったので、新しいもの(二代目)を送って頂いたんです。

この二代目は3年前後使っている計算になります。

実は、昨年末にこの二代目に挙動不審があり、代替機として同じくLogicool の「M545」を買ったのですが、その後この二代目がもち返したので再び使い続けていたんです。

が、ついに命途絶える時を迎えたようです。

スクロールホイール周りに不具合が

もう、チャタリングとかのレベルではありません。不具合の一つは、ホイールの左右にあるチルトホイールのスイッチ。この片側が反応しなくなってしまった。

このチルトホイールスイッチには、頻繁に使うコピー&ペーストを割り当てているので、このスイッチの不具合は致命的。

もう一つ、Windows10のメーラーで受け取ったメール内でホイールを回すと、少しずつスクロールしないで、一気に最下段まで移動してしまう。

この原因は、もしかしたらメーラー側にあるのかもしれませんが(Webページ内では普通にスクロールできるので)。

チルトホイールスイッチも、ソフト(SetPoint)の不具合かと思ってました。これまでにも似たような症状はあって、SetPointで再設定すると直ってたりしたので。

でも、今回は何をやっても、どちらの症状も改善しません。

ってことで、いよいよ「M510」に別れを告げ、 「M545」を使い始めます。

m545マウス

SetPointからLOGICOOL OPTIONSに進化?

新しいマウスを使い始めるにあたり、カスタマイズしようとSetPointを起動したら、新しいVer.がありますよとのお知らせが。

Logitechのページに飛ぶと、新しいVer.があるにはあるんだけど、どうもSetPointという名称ではないらしい。Ver.は6.7で、つい数日前にアップデートされたばかりみたい。

logicool options

これまで使っていたSetPointのVer.は6.67なので、名前は違ってもSetPointとの繋がりはありそうなので、ダウンロードしてインストールしてみることに。

インストールが完了し、起動してみた。LOGICOOL OPTIONSという名称らしい。

options 67

ユーザーインターフェイスは一新されています。

マウスカスタマイズ
○印がある箇所をクリックすると、該当ボタンへの割り当て設定ができます。

因みに、私はトラックボールマウスを同時に使っているのですが、SetPointではソフト内で対象マウスを切り替えることができたのですが、こちらにはそれらしきものがない。

ウィンドウ下段にある「デバイスの追加」をクリックしてみると、下記のような表示が。

デバイスの追加

これは、LOGICOOL OPTIONSは “ワイヤレス” にしか対応していなってことなのかな? トラックボールマウスは線のあるタイプです。

逆に、SetPointを起動してみると、今度はこちらも機種の切り替えが出来なくなってる。

セットポイントマウス

SetPointは有線機器、LOGICOOL OPTIONSは無線機器という棲み分けなのかな?


ランニング時にスマホを入れるアームバンドを買ってみた

ランニングに出かける際には必ず持って出ていた旧スマホ(実際にはオーディオプレイヤー)とコンデジを、新スマホ一つで兼用してみることに。

となると、スマホをランニング時に携帯するためのポーチみたいなのが必要。これまでスマホとカメラを入れていたポーチでは小さくて、5.2インチのスマホは入らないので。

「ランニング時にスマホを携帯」で一番最初に思い浮かんだのはアームバンド。これまでにも、使用機器の大きさに合わせていくつか使ってきた歴史があります。

ということで、今回は5.2インチ用のちょっと大きめなアームバンドを買うことに。Amazon でしらべてみると、価格帯は1000円前後でいくつかあります。

でも商品写真を見ていると、5.2インチのスマホを腕に括り付けて走るというイメージが、どうも湧いてこない。腕の太さと同じくらいの幅のスマホですからね。

腕に装着したイメージは下のような感じで、微妙に恰好悪そうな気がする。

アームバンド装着

「確実に使う」って自信が無かったので、eBayで最安値のものを購入

まあ、でも、試しに使ってみたいことは使ってみたい。でも1000円も出したくない。ってことで、今回もeBay で探してみると、ありました。価格も240円と超格安。

1週間くらいで届いたのがこちら。

アームバンドラッピング

ま、240円なので品質的にはあまり期待していなかったんだけど、これが以外と良い作り。材料もシッカリしているし、縫製も乱れが無く、全体的にカッチリした作りになってる。
(マジックテープの縫製は、ま、それなりだけどね)

アームバンド表
マジックテープのベルトを通す穴は2カ所あり、腕の太さに合わせて使い分けます。

そのベルトを通す長方形の穴も、プラスチック素材で補強されているので、破れてくるような心配は無さそう。

ただ、2つの穴の間にキーを入れて置くポケットがあるんだけど、開口部が小さいので、例えば家の鍵を入れておこうとすると、その出し入れにはかなり苦労しそうです。

腕に当たる側は厚さ3mm弱のネオプレーン生地のような素材なので、肌触りもよく、クッション性があって、多分防水素材でもありそうです。

アームバンド裏

使い心地は良さそうだけど、透明カバー越しの操作って必要?

スマホを入れてみました。スマホの大きさに対してそれほど余裕のある大きさではないけど、素材に伸縮性があるので、スマホの出し入れには苦労しません。

アームバンドスマホ入れて
上下にある計5つの楕円形の穴は、イヤホンコードを通すためのものらしい。ただ、この穴やスマホの入れ口からは、どうしても汗は侵入していくでしょうね。

スマホを入れて表側から見るとこんな感じで、悪くない。透明カバー越しの操作も、なんの支障もなく自由に出来ます。

アームバンドスマホ入れて表

ただ、これは買う前から疑問に思っていたんだけど、ランニング中にスマホ画面の液晶にタッチしての操作って、することがあるのかなって。

多分、ほとんどの人がリモコン付きのヘッドホンを使いながら走っていると思うので、電話への応答や音楽プレーヤーの操作は、ヘッドホンのリモコンで用が足りてしまうのでは。

逆に、実際に使ってみて分かったのは、表側から液晶にタッチするだけではスマホの操作が出来ないってこと。

機種にもよるけれど、私のスマホは本体の裏側に指紋認証があり、そこにタッチしないとスマホのロック解除ができないので、当然その先の操作も出来ません。

ロックしていない人には関係ない話ですが。


フォームローラーを使って筋膜リリースにチャレンジ

筋膜リリースという言葉に出会ったのは半年くらい前のこと。

筋膜とは筋肉を包む膜のことで、ボディスーツのように体全体に張り巡らされてるとのこと。そして筋膜は柔らかい組織なので、委縮(硬化)や癒着しやすい特徴があるらしい。

この筋膜の委縮や癒着が、コリや痛みを招き、筋肉の柔軟性を損なう原因になることがあるので、ほぐしてあげたり、剥がしてあげたりすることを筋膜リリースと呼ぶみたいです。

私は初めて聞く言葉でしたが、筋膜へのアプローチ自体は古くから実践されいて、鍼灸やマッサージの治療においては基本であり、新しいものではないらしい。

例えば、肩が凝ったり痛みがある場合、肩や首、腕やわきの下などの筋膜をリリースすることによって、それらの症状を改善することができるとのこと。

うーむ、分かったような分からないような説明ですが、なんとなくチャレンジしてみたくなりました。

フォームローラーを買ってはみたけれど

で、買ったのが、筋膜リリースのための道具であるフォームローラーという商品。円筒状の周囲を、ちょっと固めのクッション素材で凸凹状にしたもの。

フォームローラー

使い方の基本は、体の対象部位をこいつに押し当てて前後に転がすだけ。自分の体重をかけることで、フォームローラーの突起が体に刺激を与えてくれます。

使い方は簡単なんだけど、なんか正しくやってるような気がしない。やりながら、この方法で本当にあってるのかなって、頭の中を疑問符が駆け巡ってます。

活用マニュアル(数ページ程度の小冊子)も付属してたんだけど、その通りにやってみても、どうもやり難いというか、しっくりこないというか。

フォームローラーマニュアル

腰や背中、太ももといった体中の様々な部位を対象にしたエクササイズがありますが、あれもこれもやろうとすると大変なので、私が先ず取り組んでみたのはふくらはぎ。

この小冊子によるやり方を紹介すると、

片方の足首をフォームローラーに乗せ、両手を背中の後ろで床につけ、お尻を浮かせて全体重を両手とローラー上の足で支えるようにする。

この状態で、足首からひざ裏までゆっくりと前後に転がす動作を繰り返す。

これを実際にやろうとすると、30cmくらいの距離を前後に動くことになるんだけど、どうしても上手く出来ない。だって、お尻の位置が30cmも動いたら、手の位置も変になるし。

「えー、これって本当に正しいのかなー?」なんて思い出すと、もう毎日のモチベーションが維持できず、そんなこんなで1週間くらいで使うのを止めてしまいました。

ユックリ、ジワジワーって

この半年、部屋の隅で少しずつホコリにまみれて薄汚れていくこいつの姿を見る度に、なんとなく罪悪感を感じてはいたんです。

そして少し前、YouTubeで他の動画を見ていたら、「マラソンランナーのためのセルフ筋膜リリースの方法」ってのを発見。それも対象部位がふくらはぎなので、私にピッタリ。

その動画によると、(私のざっくりとした解釈ですが)足首からひざ裏までを2分割し、その下半分をさらに2つに分け(下図のaとb)、それぞれに対してエクササイズを行う、と。

ふくらはぎ

なるほどー、そうやるのか。別の解説記事でも「転がす範囲は、5~10cmほどの範囲で狭めに」とあったので、これなら納得できます。

ローラーの上に乗せた足の上に、もう片方の足を重ねて重しにし、上の図の「a」区間を前後に5往復。

その往復の中で、効く(痛い?)って感じるところを支点につま先(ふくらはぎ全体)を左右に5回 “回旋” させ、更にその場所でつま先を前後に伸ばすように5往復。

続いて「b」区間、そしてもう片方の足で同じことをやります。

間違ったやり方でありがちなのは、転がす範囲が適当だったり、何となくコロコロと軽く(早く)転がしてしまったりというもの。

ポイントは、「ユックリと、そして丁寧に動かす」こと。狭い範囲を、ユックリ、ジワジワーっとやっていくんです。コロコロではなく、ジワジワー。

さて、この筋膜リリースエクササイズをいつやるべきなのか。何となく運動の後かなって思ってましたが、運動の “前” にやる方が効果的とのこと。もちろん、前後にやるのもOK。

ところで、筋膜リリースに関する様々な情報や意見を見ていると、中には「セルフで筋膜リリースすることなんて無理!」って意見もあるようです。

実際、いまやっているエクササイズが筋膜リリースにあたるのかどうか分かりませんが、ここ1週間ほど実際にやってみた結果として、脚の具合が良いってのも事実なんです。

なので、もう少し脚の状態を観察しながら続けてみようかと思います。


新しいスマホでAudibleアカウントへのサインインに一苦労

ランニングに出かける時に必ず持って出るのはスマホとコンデジ。

スマホとカメラ

カメラはスマホで兼用出来るじゃんって意見があると思います。でも、このスマホのカメラって画素数が490万しかなくて、どうも綺麗に撮れないんです。

さらに言えば、このスマホ、スマホの機能はありません。回線契約を解除したものなので、現状はただのWi-Fi機器として、走りながら音楽を聴くのに使っています。

この2つを小さなポーチに入れ、それをウォーターボトル用のウェストバッグのベルトに装着して走るのですが、これが結構重いんだ。走ってると、上下に揺れて余計に重く感じる。

スマホとカメラを

で、最近、ふと思ったんです。今使ってるスマホのカメラは1300万画素なんだから、そっちのスマホならコンデジを持ち歩く必要はないんじゃないかと。

今回の主題はAudibleアカウントへのサインイン

それじゃあなぜ、スマホを変えた時にこの考えに至らなかったんだろって考えたら、思い出しました。一つ障害があって、それが乗り越えられなかったことを。

それはAudibleアカウントへのサインイン。新しいスマホにAudibleのアプリをダウンロードし、何度かサインインを試みたのですが、どうしても入ることが出来ませんでした。

それもあり、旧スマホをランニング時のオーディオブック(朗読本)の再生専用機として使っていた訳です。ただ、小さなスマホなので持ち運びが楽ってメリットもあったのだけど。

ま、ランニングしながら電話をかけたいとは思っていなかったので、これはこれで(コンデジと同時持ちでも)特に問題は感じていませんでした。

それが、遠方の母親とLINEのビデオ通話をすることになり、それなら折角だから走っている区間の風景や季節の移り変わりをビデオで見せてあげようかと。

となると回線の契約をしていない旧スマホではダメなわけで、必然的に新しいスマホをランニング時にも携帯することに。

ということで、新しいスマホでAudibleアカウントへのサインインに再挑戦してみました。

Audibleのアプリを開き、設定に入り、一旦サインアウトし(ダウンロード済みのタイトルは削除されてしまうらしい)、再びメールアドレスとパスワード入力するも、結果は同じ。

設定

そりゃ、そうだよね。同じことをやっても、同じ結果が返ってくるだけ。

うーん、困ったなって何度目かのトライの時、ふと画面の表示文に気が付きました。サインイン出来ないときの対処法として、「別の国でサインインする」みたいなのがあった。

おっと、これだ! 日本でサインインしようとしていたのが間違いだったんです。そもそもAudible自体が米国の会社なので、約10年前に入会した時は米国で契約してたんです。

で、同じメールアドレスとパスワードで、今回は米国でのサインインを試みたら、あっさりと成功しました。

なんとねー、至極簡単なミスだったんですね。でもこれでやっと、これまで購入してきた100冊以上のオーディオブックに(新しいスマホで)アクセス出来るようになりました。

Audible端末



<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>