スマホケース背面の "指リング" が素晴らしく使い易い!

AliExpressでHUAWEI P9 lite 用のTPU製ソフトケースのゴールドを買ったら、これが結構気に入って、色違いも試してみたくて買ったのがシルバー

結局はゴールドの方が似合ってそうな気がして、シルバーはそのままお蔵入りに。

でも、シルバーケースは「指リング付き」を買ったので、この指リングだけでも使ってみたい。ゴールドとは微妙に色が違うけど、ゴールドのケースに付けてみようかと。

そこで迷ったのが、装着する方向。ショップの商品写真はスマホ本体に対して、リングは横向きになるように付けられてる。

ケースシルバー逆でも、このリングに指を通すことを考えると、縦向きの方が良いのではないかと。

ケースとは両面テープで固定するようになってるんだけど、この両面テープが超強力っぽいので、多分一度付けたら、やり直しは出来なさそう。なので、一発勝負です。

で、スマホ本体の中央に縦向きに付けてみました。

指リング装着

スマホの持ち方に変革をもたらす

肝心の使い心地はというと、これが素晴らしい。

わたしはリングに左手中指を通して持つ感じになります。この状態で、人差し指で指紋認証センサーの操作もできます。

指リングで

何より、スマホを手に持った時の安心感が有り難い。

これまではスマホを落とさないように、手のひらで包み込むように持っていました。ただ、これだと親指での画面操作がぎこちなくなってしまうんです。

持ち方1

4インチの時は、こういう持ち方で親指での操作には何の問題も無かったけど、画面が大きくなった分だけ親指の自由度がだいぶ減ってしまいました。

それが、このリングを装着したことで、こういう持ち方が可能になったんです。

持ち方2

これなら、親指で画面のどこへでもタッチすることが出来ます。

簡易スタンドに早変わり

このリングを装着したことで、もう一つの利便性が生まれました。このリングが、そのまま簡易的なスタンドになってくれるんです。

スタンド代わり

もちろん縦方向にはダメですが、例えば映画を見ようって時などには最適です。

実は、リング装着前には、それほど期待していなかったんです。リングに指を通すことで持ち方に制約が出て来るだろうし、何よりも後ろに出っ張りがあるのが邪魔だろうなって。

後ろの出っ張りは邪魔と言えば邪魔なんだけど、それ以上にスマホを手にした時に得られる安心感や安定感が大きい。それに比べれば、なんの気にもならなくなりました。

正直、見た目はあまり恰好良くないけど、これは手放せなくなってしまった。

ま、利便性優先ってことで。


HUAWEI P9 lite用ケース -- (5)TPU製シルバー

eBayとAliExpressでHUAWEI P9 lite 用のケースを4個(4種類)買ってみて、それぞれ試してみた結果、TPU製のソフトケースが気に入って使用中。

基本的には透明なケースの周囲をゴールドで縁取ったもの。ゴールドの色合いもそれほど下品ではないし、何よりも手に持った感触が気持ちいいというか安心感がある。

でも、スマホ本体の色と同色系のゴールドも悪くないけど、違う色はどうなんだろ?

それほど色の選択肢があるわけではないけど、シルバーを試してみたくなりました。で、買ったのがこちらの商品。

指リング付きケース

同じTPU製で、縁取りのゴールドがシルバーになったものですが、横に別のパーツがあります。これ、「指リング」付きを試しに買ってみたんです。

ショップの商品写真だと、こんな感じになります。

ケースシルバー

ゴールドの本体にシルバーの縁取りは?

さて、スマホの本体色が白とかなら何の違和感も無いかもしれませんが、ゴールドの本体にシルバーの縁取りはどんな感じになるのでしょうか?

その結果がこちら。うん?ちょっと、微妙かも。

シルバーケース表

裏側はこんな感じになります。

シルバーケース裏

両者の色が違うので当然ですが、いかにもシルバーの枠がありますよって感じになって、やっぱりちょっと違和感がある。

ホワイトバランスの関係か、本体の色合いが変わってしまっていますが、ゴールドのカバーをした状態はこちら。

huaweiケース(透明)装着裏

こちらも、本体のゴールドとカバーのゴールドは同一色ではないけど、同系統の色なので、両者の色の繋がりが自然に見えるんです。

いや、まあ、「買う前から分かるだろ」って言われそうですが、シルバーの枠も悪くないんじゃないかなって思ってたんです。

でも、ちょっとダメっぽいですね。これはそのままお蔵入りになりそうです。


ベルトに装着する(5.2インチ)スマホ用ポーチ

買い替えたスマホが5.2インチと大型なので、これまで使ってきた4インチ用のポーチとかバッグとかに入らなくなってしまった。

特に、ウエストバッグのベルトに装着するポーチが無いととても不便なので、先ずはこれを買ってみようとAmazonとかで探してみると、意外と高い。

いや、ビックリするほど高い訳じゃないけど、この程度のポーチにここまでのお金をかけたくないなという貧乏根性が。

で、行きつく先は、いつものeBay。探してみると、色んな種類があって楽しい。

迷った末に買ったのが、こちらのポーチ。似たような商品を国内で買おうとすると、2000円近くするけど、こちらはなんと300円以下。

携帯バッグ

価格が安いのであまり期待していなかったんだけど、全体的な作りは思ってた以上にシッカリしてます。素材も頑丈そうだし、縫製も悪くない。

表側のフタはベルクロで固定。裏側には2本のベルト通しがあって、それぞれスナップボタンで留めるようになっています。

スマホ携帯ケース横

商品写真を見た時からこの2本のベルト通しが気になっていたんです。これだけ上下のスペースがあると、ベルトに固定しても “遊んで” しまうんじゃないかと。

携帯バッグ1

その解決策が用意されていました(多分)。横方向にも上下2本の帯が縫い付けられていて、そこにベルト通しをくぐらすことで、上下方向のスペースを制限する仕組みに。

携帯バッグ2

また、胴体側のベルクロが縦に長いので、かなり縦長のスマホ(そんなのあるのか?)を入れても、どの位置でもフタを閉めることが可能。

携帯バッグ4

因みに、私のスマホサイズはケースに入れた状態で約75mm×150mm ですが、フタをギリギリまで閉めた状態でピッタリサイズ。

携帯バッグ6

荷室は1つだけで、他に小銭入れのスペースがあったり、カードが入れられたりといったポケットはないけれど、個人的にはこれで十分。

携帯バッグ5

薄い板状のモバイルバッテリーなら、スマホと重ねて一緒に入れられるかも。


スマホの充電時間が長いので、充電器とUSBケーブルを検証

HUAWEI P9 lite を使い始めて1ヵ月少しが経過しましたが、とても使い易くて大満足しているところです。スマホを手にする機会も格段に増えました。

ニュースを見たり、マンガを読んだり、と。

バッテリーの持ちも良くて、これまで出先で充電が必要になったことは1度もありません。大して使わない日が続くと、平気で2~3日充電しなくてもOKだし。

以前のスマホは、最後の方はバッテリーがヘタってきたこともあり、ほとんど使わなくても1日に1回は充電する必要があったのと比べると、本当に雲泥の差。

スマホを紛失した時に、スマホのGPS機能で場所を特定するような紛失対策アプリがあるけど、でも失くしたことに気づく頃にはバッテリー切れだろうなっていつも思ってました。

バッテリー容量が増えるってことは充電にも時間がかかるってことだけど

さて、HUAWEI P9 lite で一つ気になるのは、充電時間が結構かかること。正確に測ったことは無いけど、空から満充電になるまで3~4時間くらいかかるイメージ(普通?)。

空から満充電にする機会はまだあまりないけど、出掛けようとしたらバッテリー容量が残り少ないことに気づき、ちょっとだけ充電してから出かけようとすると、そのちょっとした時間での充電増加分が少ないような気がする。

その点で言えば、以前のスマホは空になっていても、15分も充電していると半分以上になっていたので、結構便利だった印象があります。

因みに、HUAWEI P9 lite のカタログスペック上のバッテリー容量は3000mAh。旧スマホは2080mAhでした。数字だけで見れば約1.5倍の差。

充電器とUSBケーブルによって充電時間が変わってくることは分かっているので、ちょっと調べてみて、場合によっては高出力の充電器を買おうかなと。

結局、1A以上は流れないようです

先ずは、HUAWEI P9 lite に付属の充電器とUSBケーブル(長さ約1m)で測定。充電器の出力は 5V1Aと、ごく標準的なものです。

実際の測定値は、約0.98Aと規格通りの値が出ているようです。

スマホ充電2

同じく付属の充電器に短いUSBケーブル(約20cm)で充電してみると、こちらも約0.98Aとほぼ同じ。ケーブル長による違いはほとんど無いようです。

スマホ充電1

続いて、5.1V2.1Aの充電器でやってみると、これまた約0.98Aと変化無し。

スマホ充電3

実は、この5.1V2.1Aの充電器を持っていることを忘れていて、出力2A以上の充電器を買おうかと思っていたんですが、買っても意味ないってことが分かりました(そもそも持ってたんだけど)。

要は、受けて側(スマホ側)の問題(対応してるかどうか)ってことなんでしょう。


スマホとBluetoothで接続する体重計を使ってみた

スマホとBluetoothで接続して、測定データをスマホ内に取り込んで記録してくれる体重計。いわゆるスマートスケールってやつを買ったのは今年の正月明け。

ところが、スマホと連動するためのアプリ「Yolanda-Healte Fitness Tool 」が「Android4.3以降のスマホに対応」ということで、当時の私のスマホ(Android4.1)で使えないことが分かって・・・・

結局スマホを買い替えて、1月下旬には使うための準備は整っていたんだけど、使わないまま時が過ぎ・・・・

一つには、以前から使っていたオムロンのカラダスキャンからデータを読み取って記録していくのに慣れてしまって、このルーティンを変える方が面倒くさくなってたんです。

でも昨日、ランニングを再開したのを機に、このスマートスケールに移行することに。

スマート体重計

スマホと連動させてみた

「Yolanda-Healte Fitness Tool 」をダウンロードし、起動するとログイン画面になります。以前作ったアカウントでログインし、次の画面で重量単位を設定。

yolanda1

続いて「機器のペアリング」になりますが、ここの説明が分からない(日本語がおかしい?)。機器に立てて下さい?

yolanda2
本体に乗ると自動的に電源が入るので、逆に言えば乗らないと電源が入らない。ということは、「機器の上に立ってください」ってことかな? 下の絵もそうなってるしね。

いずれにせよ、ぺアジング自体は簡単に出来ました。スマホ側にデバイス(QN-Scale)が表示され、スケール側にもBluetoothのアイコンが表示されました。

機器間の測定データ差異は

実際に測定してみた結果がこちら(体型が「やや肥満」になってるのが恥ずかしいけど)。

yolanda3

カラダスキャンとの測定値を比較してみたのが以下の表。

 QN-Scale カラダスキャン
体重(kg)68.168.2
BMI24.124.4
体脂肪率(%)21.122.5
皮下脂肪(%)18.815.7
内臓脂肪711
基礎代謝(kcal)15301567
体内年齢5952

項目によっては微妙な誤差があるけど、まあそれなりに信頼が置けそうなデータなんじゃないかな。

過去のデータを蓄積していけたり、その変化を項目ごとにグラフ表示出来たりするようですが、まだ1日分のデータしかないので、この辺りはまた後日紹介したいと思います。


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>