夏の炎天下、黒髪の頭(薄毛だけど)はキャップで防御すべし?

今日からいよいよ甲子園大会が始まりましたが、10日ほど前、まだ地区予選を開催している時、横浜スタジアムに応援観戦に行きました。

その際、何よりも痛切に感じたのは、暑い! とにかく暑い。ジリジリと暑い。

短パンで行ったら、膝頭が日焼けして赤くなっていました。腕も焼けました。袖口の内と外とではハッキリと白黒に色付けされ。そして、頭も暑かった。

うーん、麦わら帽子でも買おうかなって。

そんなことが頭にあったんだけど、ネットでふと見たサーモグラフィの写真で決めました。

Thermography

確か、夏のコミケの写真だったと思うけど、会場へと向かう人々をサーモグラフィで撮ったもので、ほとんどの人の頭だけが真っ赤になってました。

数人だけ、頭の温度が明らかに低い人がいましたが、よく見ると帽子をかぶっているようなシルエット。なるほど、帽子ってのは暑さ対策に効果があるんだなと再認識した次第。

さっそくAmazon で夏用のメッシュで出来てるキャップを探してみたら、あるにはあったんだけど、1000円オーバーと微妙に高い。

いや、1000円という価格自体はそれほど高くはないんだけど、常用するかどうかは実際にかぶってみないと分からないなって思ってるので、そう考えると微妙に躊躇する金額。

こういう時に頼りになるのはeBayです。探してみると、キャップなんていくらでもあります。メッシュキャップも選り取り見取り(ってほど多くはないか)。

ポチっとしてから、1週間ほどで届いたペシャンコの封筒。ま、そうだよね。型崩れを心配するような商品でもないし。

封筒で

買ったのはこちら。両サイドがメッシュになっているダークグレーのキャップで、お値段300円ちょっと(いつも通り送料込み)。

キャップ

つばは固めでしっかりしてるし、縫製にほつれもみられず、意外と高品質(失礼)。両サイドのメッシュもしっかりしていて、軽いし通気性はいいしで、言うことなし。

両サイドメッシュ

デザインも悪くないし、グレーの色合いも気に入ったしで、大満足。

さっそく、ジョギングの際に試してみよう。


4個目のLED小型シーリングライトはアイリスオーヤマ製

4種類、4個目のLED小型シーリングライトを購入。

最初に買ったのは、ルミナスというブランド名の、消費電力9W、明るさ840ルーメンのものでした。息子の6畳間用に買ったのだけど、これは部屋用としてはちょっと暗かった。

続いて買ったのは、同じくルミナスブランドで、より明るいタイプ。こちらは、消費電力14W、明るさ1670ルーメンで、6畳間でも十分明るく感じました。

3個目は、Trylightという聞いたことの無いメーカーの15W 1250ルーメンのシーリングライト。今、比較して初めて気が付いたけど、消費電力が上がって、明るさは下がってる。

そして今回は、アイリスオーヤマのLED小型シーリングライトです。

パッケージLED小型ライト

ルミナスの1個目を買ったときからアイリスオーヤマと迷った記憶があるけど、当時は明るさが(対値段的に)ルミナスの方が勝っていたんです。

それが、消費電力14.5W、明るさ1850ルーメンというアイリスオーヤマの製品を見つけたので、これはやっぱり買わずにいられないでしょ。

形状的にはルミナスと同じ円柱タイプ。直径20cmなので、ルミナスの直径15cmよりは大きいけど、直径22cmのTrylight(写真右)よりは少し小さい。

大きさ比較

Trylightの机上での明るさをスマホアプリ(照度計)で測定してみると105ルクス。前回、ルミナスとの比較で測定した時と同じ値(ま、当たり前か)。

旧ルックス
因みに、前回のTrylightとの比較商品であるルミナスののLEDライト(明るさ1670ルーメン)の測定値は、118ルクスでした。

そして、今回のLEDライトを同じ条件で測定してみると、121ルクスでした。1670ルーメンで118ルクスに対し、1850ルーメンで121ルクスというのは妥当なところなのかな。

新ルックス

ところで今気が付いたけど、このLight Meter というスマホアプリの、測定値の周りにある “円” は何を示しているのでしょうか。

なんとなく明るさに比例して円が伸びるのかなって思っていたけど、上の上下の写真を比べて見ると、105ルクスは円の3/4が点灯してるのに、121ルクスの方は半分くらい。

この違いは何なんだろ?

腹筋ローラーに続いて、今度はプッシュアップバーが仲間入り

数日前から、息子が持ち帰ってきた腹筋ローラーを借りて筋トレに励んでる最中ですが、更に新しい筋トレ用具が仲間入り。その名はプッシュアップバー。

どうやら次男君、筋トレに目覚めてしまったようで、Amazon にてご購入とのこと。

プッシュアップバー箱

中身はこんな感じ。これを組み立てればパッケージ写真のような姿形になるようです。本体の材質はPVC(ポリ塩化ビニル)製。軽いのはいいけど、強度的に大丈夫なのかね。

プッシュアップバー組み立て前

穴に管を差し込むだけなので、30秒もあれば楽々完成。

プッシュアップバー

こいつを使って何をやるのかと言えば、プッシュアップ(腕立て伏せ)です。床に手のひらをつく代わりに、バー上部を握って腕立て伏せをするんです。

腕立て伏せの体勢をとったとき、肩の位置が10cmちょっと高くなるだけで、通常の腕立て伏せと何か違う(効果がある)のか分かりません。

調べてみると、プッシュアップバーを使用してプッシュアップをするメリットは、簡単に言ってしまえば「通常の腕立て伏せの弱点をカバーする」ことにあるようです。

腕立て伏せの決定的な弱点は、床に手のひらをつく手首の角度によって負荷が分散されてしまうことだそうです。

それが、このプッシュアップバーを使えば、手首の角度が床と直角になるので、自重という負荷を効果的に活用することが出来るようになるらしい。

また、通常の腕立て伏せは、手首を不自然な角度に曲げ、そこに自分の体重が集中するという、手首に負担のかかる筋トレなんだそうです。

プッシュアップバーを使えば、手首への負担を軽減することができ、その結果として行える回数が増えたり、ケガのリスクを減らすことも期待できるんです。

さらに、その先にある効能としては、
  • (通常の腕立て伏せより)可動域がかなり広くなる
  • その結果、より高い負荷をかけることができる
  • 従って、効率的に胸筋を刺激することができる
といったようなことが期待できるようです。

実際、プッシュアップバーを使ってエクササイズをやってみると、これはかなりきます。通常の腕立て伏せで毎日それなりの回数をこなしていたけど、半減してしまった。

でも、モチベーション的には何も使わない腕立て伏せより上がる。

ただ、体重をかけると微妙に撓る感じがちょっと気持ち悪い。折れるとは思わないけど、気持ちクイッて変形する感じが伝わってくるのがなんか嫌だな。

菅のサイズ的には下のような感じ。握りの部分には厚さ5mmのウレタンフォームが巻き付けてあるので、手のひらが痛くなってくることはありません。

プッシュアップバー握りサイズ

ま、しばらくエクササイズに励んでみましょう。


アイリスオーヤマのDCモーター扇風機に大満足!

扇風機を買いました。

エアコンがこれだけ普及しているのに、相変わらず扇風機の需要が減らないってのが不思議。不思議って思いながら、自分も何台も扇風機を買ってるんだけど。

涼むための主役はエアコンで、扇風機はあくまで脇役。

なんだけど、この脇役はただの脇役ではなく、主役を効果的に盛り立ててくれる脇役でもあり、場合によっては主役にもなれる脇役なんですね。

エアコンでガンガンに冷えた部屋ってのは、どうも好きになれない。なので、エアコンの設定温度を高めにし、そこに扇風機を加えてあげるのが、やっぱり一番心地よく感じる。

なんてことを意識して考えたのは初めてのこと。で、改めて気が付いたのは扇風機の有用性。なるほど、需要が続く訳だわ、ってね。

そこから考えたのは、扇風機にもそれなりにお金を出していいんじゃないか、ってこと。いや、凄く高いのを買おうと言うのではなく、最安値のものを買うのは止めよう、って程度。

なにしろ、これまで買ってきたのは、どれもその時点で見つけられる最安値の扇風機だったので。確か、1000円台の商品を買った記憶もあるくらい。

ってことで、今回の扇風機は値段より機能を優先して選びました。機能と言うか、DCモーターの扇風機を前から買ってみたかったんです。

選んだのは、アイリスオーヤマのLFD-304Lという製品。

DC扇風機

DCモーターの扇風機としては、価格的には物凄く頑張ってると思う。デザインも、(確かに高級感は無いけど)決して悪くはない。自分的には十分満足出来る範疇。

DC扇風機2

Amazon のレビューで、「台座部分のプラスチック感が安っぽ過ぎて・・・・」といった文言もあったりしたので、ちょっと気にしていたんだけど、個人的には全然OK。

首振り音も、風切り音も静かで、「弱」だと稼働させていたのを忘れてしまうくらい。

DC扇風機1

首振りが機械式ではなくモーター駆動なので、付属のリモコンでオンオフ出来て便利。首を振って、好みのところでオフにすることで風の向きを変えられます(慣れが必要だけど)。

ところで、タイマーに「切タイマー」があるのは分かるけど、「入タイマー」は何のためにあるんだろ?って疑問に思っていました。

扇風機操作部

実際に使ってみて何となく理解したのは、例えば就寝時の0時に「切タイマー」を「4」にセットし、同時に「入タイマー」を「6」にセットすると、朝方の4時に一旦切れ、6時に再びオンになる、といった具合に使うのだろうと。

説明書には使い方が書かれているんだろうけど、扇風機程度で説明書を読もうという気にもなれず、なんとなくそんな感じかなって理解しました。

7枚羽根と「微風」や「弱」の組み合わせは、本当に優しい(肌触りの良い)風で、音も静かだし、リモコンも付いてるし、今のところ何の不満も無いというか、大満足です。

風量的には少し暑くても「中」で十分かな。「強」は風呂上がりに短時間使うくらいなので、ACモーターより風量が少ないかもって少し危惧していたけど、何の問題も無し。

良い買い物だったな。


我が家に腹筋ローラーがやって来た!

日々太く(そして重く)なっていくお腹の醜さに耐えかね、エクササイズをやり始めたのは今年1月中旬のこと。そこからほぼ毎日実践し、そしてちょうど半年が経過しました。

効果のほどは? 

正直、「お腹周りが明らかに締まったね」とは誰も言ってくれない。自分だけが、いやいや、やっぱり効果は出てるんじゃないの、って自分に言い聞かせてる(?)感じかな。

回数だけは結構こなしてるんだけどなー。

スクワット、腹筋、レッグレイズの3種目に、少し前から腕立て伏せも加え、朝晩ですべての合計が約500回。ストレッチも含めると朝晩で合計約1時間(休んでる時間が長い?)。

でも、1セット10回にもヒーヒー言ってた最初の頃よりもずいぶんと成長したと思う。


シットアップ

それはそれとしても、ちょっと効率が悪すぎるような気がする。方向性というかやり方を変えた方がいいのかなあって思い悩んでいたところに、次男が研修先から帰ってきた。

新入社員で3カ月の研修で地方に行っていたんだけど、帰ってきた体を見たら、これが見事に筋肉質になっている。

腹筋ローラー

何をやったの?って聞いたら、引っ越し荷物の中から出てきたのは腹筋ローラー。

腹筋ローラー箱

おー、これですか。こういうものがあるってのは知っていたけど、実際に見るのは初めて。

腹筋ローラー分解

こいつを使ったエクササイズの風景も目にしたことがあるけど、あれは私はとてもじゃないけど出来ないなって思ってた。

が、息子曰く、「腹筋を鍛えたいなら(ポッコリお腹を解消したいなら)、これを使うのが最も効率的だ」って。引き締まったお腹を見せられながら言われると、説得力がある。

腹筋ローラー

やり方は説明するまでもないと思いますが、両手でグリップ握り、車輪で床面を(体重を支えながら)ゴロゴロと前後に動かすだけ。

簡単だけど、負荷はなかなかのもの。その負荷の大きさも、やり方を変えることで軽いものから超重いものへと自分で自由に設定できます。

膝コロでも、無理は絶対に禁物

やり方は、大きく分けて2つ。初級者用の「膝コロ」と上級者用の「立ちコロ」。

膝コロってのは、膝をついた状態から腹筋ローラーを前方へと転がしていくトレーニング。

上級者用の立ちコロは、立った状態から前屈のような姿勢になって、腹筋ローラーを床につけて転がしていきます。

ただ、膝コロが初級者用とは言っても、体が伸びきった状態(車輪を最も遠いところまで押した状態)になり、そこから腹筋の力で戻ってこれるのは、かなり慣れてからでしょうね。

最初の頃は、車輪を無理に先まで延ばそうとせず、「無理ないところで戻って来る」ってのを繰り返し、徐々に体を倒す角度を大きくしていくことが大事だとのこと。

最初から無理をしてしまうと、腰を痛めてしまう可能性があるので。

ま、これは自分でやってみると嫌でも実感します。やり方を間違えたり、無理な負荷をかけ過ぎると、簡単に腰を痛めてしまいそうだなって。

腹筋ローラーで腰を痛めないための注意点は2つ。

繰り返しますが、1つ目はとにかく「無理をしない」。

2つ目は、車輪を前後に動かしていく過程の中で、常に「おへそをのぞき込むこと」を心がけること。背中を丸めるというか、腰を落とさないように意識することが大切。

で、さっそくやってみました。キツイにはキツイけど、膝コロで体を伸ばし切ってから戻って来るってのを、5回×3セット出来た。

おー、出来るじゃん! 半年間腹筋を鍛えてきた成果の一つだな。これなら毎日続けていけるかも、って思いました。

が、翌日、腹筋が痛い。筋肉痛とかって感じじゃなく、リアルに痛い。やっぱり、無理をせず、徐々に負荷を増やしていきましょうかね。


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>