和包丁に洋包丁、白紙に青紙? 奥の深い包丁の世界

昨日、合羽橋を訪れて息子2人がそれぞれ包丁を買いました。

合羽橋包丁-03

その包丁を買ったのが、こちらの釜浅商店。

合羽橋包丁-02
通りを隔てた向かいにも釜浅商店があり、そちらの店先には巨大なお釜が鎮座していたので、やっぱり “釜” から付けられた店名なんでしょうね。ロゴマークも釜の蓋っぽいし。

長男が買った和包丁。上が柳刃包丁(刺身包丁)で、下が出刃包丁。

合羽橋包丁-04

店員さんが説明しているのを横から聞いていたら、白紙とか青紙といった言葉が出ていて、包丁の種類らしいけど何のこと?

帰って来てから調べてみたら、包丁や大工道具に使用されている鋼には、白紙・青紙・銀紙などの名前が付いていて、これは安来鋼(ヤスキハガネ)の一種とのこと。

安来鋼というのは日立金属(株)が開発した鋼の一種で、出来上がった鋼を区別するために白い紙、青い紙を目印に付けたのが鋼の名前の由来になったのだとか。

まあ、モノにもよるのでしょうが、お店で値段を聞いていたら、白紙の包丁は青紙の2倍くらいの数字を言っていました。

その場で包丁に名前を入れてくれます。

合羽橋包丁-01

そして、こちらは三男が買った洋包丁。上が筋引で、下がペティナイフ。

合羽橋包丁-05
筋引は、海外の「フィレ・ナイフ」に相当するもの。ペティナイフは、野菜やフルーツなどに使う用途の広い小型の万能ナイフ。

使われている鋼は、スウェーデン生まれの高純度ピュアステンレス鋼だそうです。安来鋼は炭素鋼で、こちらはステンレス鋼ってことですね。

刃の両側に楕円のくぼみが入っていますが、これが入っているだけで約1万円アップ(だったような)。

因みに、上の和包丁の写真で切っ先が左を向いているのは、左利き用の片刃の包丁だから。なので、刃の裏側はただの平面です。

一方、三男が買った洋包丁は両刃なので、裏から見ても同じです。


絶対解けない「イアン結び」で注意すべき2つのポイント

結んだ靴の紐が勝手に解けてしまうなんてことはそうそう無い。特に、ランニングシューズとかの綿の紐なら、シッカリ結べば何の問題もないと思う。

なので、ごく普通の蝶々結びだけで何十年間も過ごしてきたんだけど、少し前に買った靴の紐が解けてしまう。どんなに慎重に固く結んでも、いつの間に緩んできて。

紐の断面が丸で、表面がちょっとツルツルしている硬めの紐なんだけど、なんでこんな素材で靴紐を作ってるんだろって、とても疑問に思うくらい。

そんな時、TVの情報番組で知ったのが「イアン結び」という靴紐の結び方。

あまり期待せずにやってみたら、これが解けない。歩いている最中に何度も解けていた、あの靴紐が解けない。いやいや、バカにしてたけど、これは凄いわ!

でも、最初にネットで調べてやってみたときには、なかなか上手くできなかった。説明文と説明図を何度も見返しながらやっと出来るようになりました。

慣れてしまえば簡単なんだけど、なんか説明文が分かり難い。使われている図も、どの記事も同じものを使ってるようで、見ながら自分で納得して、やっと出来るようになった。

なので、自分なりに理解した「イアン結び」のポイントを解説してみようかと。

ポイントは、その紐が “上” なのか “下” なのか、ってこと

最初は、蝶々結びと同じように1度結びます。

イアン結び1

次に両側の紐で輪を作りますが、ここで最初の注意ポイント。結び目(白線)に対して、 “上” に出てきている側なのか、それとも “下” に出てきている側なのかに注目。

“上” に出てる側(下の写真の左)は輪の紐を “下” を通して作り、 “下” に出てる側(下の写真の右)は、逆に輪の紐を “上” を通して作ります。

イアン結び2

続いて左右に出来た2つの輪を重ねますが、ここで2つ目のポイント。 “上” に出てる側(下の写真の左)の輪を、 “下” に出てる側(下の写真の右)輪の “下” に置くこと。

イアン結び3

そして、互いの輪の中を通すように紐を引けば、下のような状態になります。繰り返すと、最初の結び目の “上” に出た側は、下に、そして下に。 “下” に出た側は上に、そして上に。

イアン結び4

絞っていけば、綺麗なイアン結びが完成。

イアン結び完了

最初の輪を作るところで紐の上下を間違えると、結び目が出来ません。上下正しく輪を作ったとしても、輪の重ね方を下の写真のように上下を間違えると、

イアン結び5

結び目が縦になってしまいます。

イアン結び失敗

ということで、気を付けるべきポイントは2つ。一番最初の結び目に対して、上側に出た側の紐は “下に下に”下側に出た側は “上に、上に” 、です。


IKEAで買ったスツール、色も形も座り心地も気に入った!

外の作業スペース用に使っているパイプイスが痛んできた。特に荒っぽく使ってるわけでもないのに、破れてくるもんなんですね。まあ、値段が値段だから仕方ないけど。

イス破れ

ま、イスとしての機能には何の問題も無いので、これでも使えるんだけど、なんかこの破れ箇所を目にする度に、なんとなく嫌な気持ちになるんです。

で、先日IKEAに買い物にったら、可愛らしい丸イス(スツール)を見つけました。お値段、なんと500円。座面は樹脂製なので、外で使うにはピッタリ。

イケアスツール

中身はシンプル。プラスチックの座面に、金属パイプの脚、そして固定用のネジ。

イケアスツール2

組み立ても簡単。一瞬で終わります。ただ、パイプ足と座面とを固定する木ネジの頭(+)が、出来が悪いのかドライバーとピッタリ合わずに、なかなか回せない。

色んな種類(サイズ)のプラスドライバーを試してみて、一番合うので(それでも微妙にピッタリいかないんだけど)何とか締め込むことが出来ました。

イケアスツール組み立て

完成。赤い色と形がキュート。外で使ってホコリにまみれて汚れていくのが惜しいくらい。

イケアスツール完成

もちろん、クッションは無いけど、座り心地も悪くありません。

実際に外の作業スペースに持ち出して使ってみたら、これが本当に使い易い。

作業スペース自体が狭いので、パイプ椅子の大きさが邪魔に感じたこともあったのだけど、このスツールなら片手でヒョイっと移動することも出来、折り畳みのパイプイスよりスペースを気にせずに済みます。

いい買い物でした。


スマートスケールを1ヶ月間使用してみて分かったこと

スマホと連動してデータを蓄積してくれる体重計(スマートスケール)を使い始めてから丸1ヵ月が経ちました。

使っているのはマルティファンというメーカーのもの。

スマートスケール本体

使い始めて最初に感じたのは、データを自動で記録していってくれるってのは、本当に便利ってこと。何しろ、体重計に乗るだけでいいんですから。

体重計に乗った時にスマホがスリープ状態だったとしても、後でアプリを起動させてみると、データはキチンと記録されています。

蓄積されたデータを見るのは楽しい

下の左側は「計測」画面ですが、ここから「チャート」をタップすると、これまでに蓄積してきた様々なデータを見ることができます。

スマートスケール1ヵ月-1

履歴データを見てみると、3月は(たまに抜けてる日もあるけど)結構頻繁に測定してきたことが分かり、例えば16日測定の体重は67.4kgで、BMIは23.9、って具合。

もちろん、グラフでの各種データ推移も確認できます。それも、週、月、年単位で。

グラフで見れるデータは、体重、BMI、体脂肪率、体水分、骨格筋、基礎代謝量の6種類。下のグラフの左側は体重の推移で、右側は体脂肪率。

スマートスケール1ヵ月-2

体重ってのは、毎日微妙に変動してるんだなってのが分かった。

単に体重計の測定誤差(バラツキ)って可能性もあるけど、その都度のデータは何となく納得できる(今日は運動したから下がったんだな、とか)ので、結構正確な数値だと思う。

もう一つ分かったのは、生活を変えなければ、体重も変わらない(下がらない)ってこと。

筋トレ(腹筋、スクワット、レッグレイズ)は継続してやっていますが、足を痛めてからまだ回復途上にあるので、ランニングは抑え気味。

となると、体重は下がらない。それどころか、傾向を見ると月の前半は微妙に減少傾向なのが、後半は上昇傾向に変わったように感じる。

うーむ、確かに3月の後半は天気とのタイミングが合わずに、前半よりさらにランニングの機会が減ったので、それが影響しているのかもしれません。

邪魔にならないし、体重測定を毎日の習慣にするのも簡単

体重計自体も26cm×26cm×厚さ2.5cmと、コンパクトで軽いので、片付けるのも楽。使い終わったら本棚に戻せばいいので、邪魔になることも無いし。

本棚の体重計

電源スイッチも無く、体重計に乗るとスイッチオンで、そのまま放っておくと自動的にスイッチオフになります。なので、本棚から取り出し、体重計に乗り、本棚に戻すだけ。

スマホへのデータ記録も含めて、10秒もあれば体重測定のすべての動作が完結します。

「毎日体重を測定する」という動作に対する “敷居” がメチャクチャ低いんです。

そして、毎日体重を測定して、それを継続したデータとして確認出来るということは、運動をして体重を減らそうというモチベーションアップに直結します。

ということで、4月は運動しますよ!


これは使える! 100均で見つけた「餃子作り器」

先日、TV番組を見ていたら、餃子を自分で作って、焼くのも自分でという餃子のお店を紹介していて、女性に結構人気があるって話でした。

そのお店自体はどうでもいいんだけど、自分で餃子を作るのに使っていた器具に興味を持ちました。言ってみれば、「餃子作り器」。

我が家では、結構頻繁に(特に冬は)水餃子を食べるんです。焼き餃子は、冷凍食品のパックを買ってきて食べますが、水餃子は手作りします。それも大量に。

でも、餃子の具を皮で包んで作っていくのは、結構面倒くさい作業。なので、この「餃子作り器」に興味を惹かれたんです。

100均商品にありそうだなって思って探してみたら、やっぱりありました。

で、買ってきたのがこちらの商品。「かんたん餃子」ってのが商品名かな。

餃子作り器1

本体はこんな感じ。

餃子作り器2

我が家の水餃子は、普通の餃子の皮ではなく、シュウマイ、ワンタン皮を使って作ります。薄い皮が、お湯に溶けてトロトロになるのがとっても美味しいんです。

餃子作り器3
家族5人で、30枚パックを4パック、合計120個というのがいつものコース。でも、多分全体の1/3くらいは私が食べてるんじゃないかな。

さて、餃子作り器の形状は円形で、シュウマイ、ワンタン皮は四角なので使えるかなって危惧していましたが、大きさ的にはイイ感じです。

餃子作り器4

真ん中に具を乗せ、

餃子作り器5

折り畳んで、ギュッと締め付けます。

餃子作り器6

開けば完成です。ちょっと具の量が多すぎたようで、少しはみ出していますが、形はしっかりと餃子になっています。

餃子作り器7

何個か作っている内に、具の量の感覚も掴めて来て、後半は結構スピードアップ。これまでより作業時間の大幅削減に成功。

餃子作り器8

うちの奥さん、100均ショップで私が手にしたこいつを見て鼻で笑っていましたが、いやいやどうして、結構有能な器具だと思いますよ。


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>