みなとみらいでは春の花もイベントも花盛り

明日は春分の日。ということは、今日は春先の3連休の中日。朝から気持ちよさそうな天気なので、みなとみらいを散策してみることに。

神奈川駅方面から歩いて行って、みなとみらい大橋を歩いていると、マリノスタウンの跡地に大きなテントがあり、何かイベントをやっているようです。

臨港パーク方面へと曲がってマリノスタウン跡地の横を通ってみると、プレミアムモルツの文字が入ったテントです。ビール関係のイベント? にしては、並んでいるのは家族連れ。

170319みなとみらい-01
帰って来てから調べてみたら、あの木下大サーカスが「4年ぶりに横浜に大上陸!」ってことらしい。前売り券で大人2900円というのは、結構リーズナブルなんじゃないかな。

臨港パークへとやって来ました。いつも見てる風景なのに、何となく春を感じるのは、やっぱり気のせいでしょうね。でも、春うららかって言葉が似合う風景。

170319みなとみらい-06

臨港パークの花壇には春らしい花があちこちに。これは水仙(ラッパスイセン)ですね。この写真をブラウザに貼り付けて、「Google で画像を検索」で検索して名を知りました。

170319みなとみらい-02

水仙って英語で narcissus って知ってました? 発音は「ナルキッソス」かな。水に映った自分の姿に恋し,溺死してスイセンの花に化した美青年の名前でもあるんですね。

170319みなとみらい-04

こちらは百合の花。「歩く姿は百合の花」なんて、美人を形容する言葉がある、あの百合ですね。優雅というか、キリッとした美しさがあります。

170319みなとみらい-03

10月末に開催予定の横浜マラソンのプレイベント。臨港パーク内の周回コース(約1.6km)を2時間で何周できるかにチャレンジするマラソンイベントのようです。

170319みなとみらい-05

赤レンガ倉庫でもイベントをやっているらしく、いつになく大勢の人が。年間を通して様々なイベントを開催してますが、ここまで人が集まるイベントもそう多くないような。

170319みなとみらい-10

女性に特化した女性のためのラーメンイベント「ラーメン女子博2017」というイベントでした。もちろん、男性も入場OK。

170319みなとみらい-07

象の鼻パークへとやってきたら、こちらも花壇に春の花々が咲き乱れてました。

この花はルドベキアでいいのかな? ブラック・アイド・スーザン(Black Eyed Susan)という名称もあるらしい。日本語にすると、「黒い瞳のスーザン」?

170319みなとみらい-08

こちらはアネモネ? アネモネって花の名前を知ってはいたけど、実際の花と結び付けて認識したのは初めてのこと。

170319みなとみらい-09
自分の撮ってきた写真をブラウザに貼り付けて、「Google で画像を検索」で探すのは、花の名前を調べるのにかなり有効だということが今回分かりました。

汽車道の入り口にも、いかにも春らしい花飾りが。

170319みなとみらい-13

対岸でも何らかのイベントをやってるみたいですが、こちらは調べても分からず。

170319みなとみらい-12

向こうに見えるのは万国橋。春の水際ってのは、なんとなく気持ちが落ち着く。

170319みなとみらい-11

交差点を颯爽と走る抜ける一人乗りのオープンカー。こちらは、写真を貼り付けて検索しても名前が出てきませんでした。クラシックカーなのかな?

170319みなとみらい-15

午前中は快晴だったのが、少しずつ雲が多くなってきました。そろそろ帰りましょうかね。

170319みなとみらい-14


まだ風は冷たいけど、目に入って来る風景は “春”

あと数日で春分の日。いよいよ本格的な春の到来です。

ここ数日、天気の悪い日が続き、回復途上にある痛めた足を労わる意味もあって、1週間ぶりにランニングに出てきました。

170316鶴見川-01

3月1日に走ったときは曇り空にも関わらず、そこはかとなく漂う春の雰囲気を感じましたが、今日はもう完全に「春!」って主張している感じ。

桜並木も、微妙に赤みがかっているような気がします。

170316鶴見川-02

春の陽光を浴びて、青空に季節の別れを告げるススキ。

170316鶴見川-03

なんか、今日の雲は質量が重そうなというか、密度の濃い雲のような気がします。

170316鶴見川-04

ススキって、いつ見ても枯葉に見えるけど、今は本当の枯葉状態。

170316鶴見川-05

こうやって見ると、今日は雲の位置が低めなのかな。

170316鶴見川-06


ただの青空だけだと絵にならない風景も、雲があるだけで何となく意味ありげに見える?

170316鶴見川-07

梅(桃?)の花も、桜に “春” というバトンを渡そうと最後の踏ん張りどころ。

170316鶴見川-08

ここの桜並木も来週には桜の花で彩られていることでしょう。

170316鶴見川-09

遊具の動物たちも春の到来を楽しんでるかのような表情に見えるのは気のせい?

170316鶴見川-10

日産スタジアムを取り囲む雰囲気もなんとなく春らしく。

170316鶴見川-11

やっぱり、雲の位置が低いな。

170316鶴見川-12

【カメラに遊ばれる】カテゴリ目次 - 2016年8月(前半)

神奈川新聞花火大会、今年は素晴らしい無料観覧場所を発見!!

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


マイクロ・フォーサーズ用レンズ LUMIX 14mm/F2.5 購入

no nameno nameno nameno nameno name


昔の嫌な記憶が、いまだに自分の心や体に悪い影響を及ぼして

no nameno nameno nameno nameno name


Lowepro の PHOTO RUNNER というカメラバッグ購入

no nameno nameno nameno nameno name


南箱根の夏休みは、いつもながらの庭の草刈からスタート

no nameno nameno nameno nameno name


最初は炭火の火に魅せられ、最後はロウソクの火に魅せられて

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


LUMIX 14mm/F2.5 の画角は風景写真にピッタリ

no nameno nameno nameno nameno name


tag :

横浜北線開通1週間前 トンネルウォークを体験してきた

横浜北線の開通記念イベント「横浜北線ウォーク&ラン」に参加してきました。以前、工事現場の見学は抽選に漏れてしまったので、楽しみにしていたんです。

開通が3月18日で、私が参加したのはちょうど1週間前の「トンネルウォーク」部門です。明日は、「ラン」部門が開催されるようです。

イベントは、横浜北線の始点と終点(どっちがどっちか分からないけど)の新横浜と生麦の2つの会場で開催され、新横浜会場は自宅から歩いて20分くらいの場所。

ちょうど日産スタジアムの向こう側です。

170311トンネルウォーク-01

鶴見川の向こう側に見えるゲートの辺りがトンネルウォークの入り口のようです。

170311トンネルウォーク-02

そのゲートがここ。左手に続いている地上のトラス橋を行くと第三京浜の港北インターへと続きます。本当は、この地上部分を歩きたかったんだけど。

170311トンネルウォーク-03

料金所。歩いて通るという機会はなかなかないので、貴重な体験です。

170311トンネルウォーク-04

そして地下のトンネルへと向かっていきます。

170311トンネルウォーク-05

こちらはトラス橋を通って港北インターに行く道路。明日開催予定の「ファンラン」は、ここを走ることが出来るようです。そっちの方が楽しかったかも。

170311トンネルウォーク-06

トンネルの途中に非常口が何カ所もあります。ここは、引き戸になっていて、扉を開くと通路があって、進むべき方向が矢印で記されています。

170311トンネルウォーク-07

非常口内部の通路。予想以上に広かった。

170311トンネルウォーク-08

こちらも非常口なんだけど、滑り台式になっていて、5mくらい下に降りれるそうです。滑り台を体験しようと並んでいる人も結構いました(多くは子供たちだけど)。

170311トンネルウォーク-11

途中、今回のイベントのためにライトアップされている箇所も。「きたせんがキタ!」ってなんだろって思ってたけど、ダジャレだったんですね(今、気がついた)。

170311トンネルウォーク-09

高速道路を走っていると出会うような関連車両も展示されていました。こちらは車体に「HOMEPATO」の文字が。ホームパトロール? 何の意味だろ?

170311トンネルウォーク-10
帰って来てから調べたら、これ「ホメパト」って発音するようです。

ホメパトは取り締まりよりも、良い運転を “褒める” ことで交通事故を減らしたい、という考えで企画されたクルマとのこと。なので警察車両ではないんですね。

もちろん、実際に他のクルマをいちいち呼び止めて褒める訳ではなくて、代わりにホメパトにはラジオパーソナリティが乗車して、首都高をパトロールしながら、優れた運転を見かけると、リアルタイムに放送番組を通じて褒めてくれるそうです。

こちらは、高所作業用のリフト車の体験試乗。こうやってトンネルの上部を点検したり修理したりしていくんですね(高所恐怖症の私は乗りたくもないけど)。

170311トンネルウォーク-12

途中、プロジェクターで映像を映している区間もあったりで、結構楽しませて貰いました。

170311トンネルウォーク-14

ここがトンネルウォークの折り返し点。

170311トンネルウォーク-13

歩いている時は、ここになぜトンネルがあるの?って感じで、どこを、どっちに向かって歩いているのかも分からなかったけど・・・・そして、今も良く分からない。

上の折り返し地点のトンネルの先は何処に繋がってるんだろ?


【カメラに遊ばれる】カテゴリ目次 - 2016年7月

外気温34℃なのに中は9℃の世界!? 地下採掘場跡、寒かった~

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


将棋に興じ、釣り堀でまどろみ、そして一日がゆったりと

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


浅草のブラジル料理店でシュラスコを堪能!

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


迎賓館を見学に行ってきた -- ずいぶん物々しいものなのね

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


国立西洋美術館とか、何度もその前を歩いているのに・・・

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


青さを際立たせ、高さを感じさせ、深さを教えてくれるのは、雲

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


ウクレレ? ピカチュウ? ミッフィー? 色々盛りだくさんだな

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>