台風到来直前のみなとみらいを午後に散策し、夜に彷徨った

今日は、みなとみらいで夕方から年に1回の会合(ただの飲み会)があって、その幹事が私なんですが、今回は台風が悩みの種。

お店のキャンセル期限が昨日の23時までだったので、それまでTVやネットで台風の動きを観察し、場合によってはキャンセルして先延ばししようかとも。

が、結局横浜近辺が台風の影響を最も受けるのは、本日の夜中以降になりそうとのことで、20時には終わる予定なので、そのまま帰れば暴風雨は避けられそうです。

ってことで、雨の中、みなとみらいに向けて歩き出します。

170917台風直前-01

いつものルートで臨港パークに到着。こんな日に敢えて海の近くを歩く機会はそうそうない筈なので、台風到来直前の海の様子を見てみようと早めて家を出てきたんです。

170917台風直前-02

沖には巨大なタンカーがいますが、シーバスも航行していますね。海もほとんど波立ってる雰囲気はないので、秋雨前線のせいで雨が降ってるだけ、って感じかな。

170917台風直前-03

今日は3連休の中日で、通常なら人で溢れている筈ですが、閑散としています。コスモワールドの観覧車にも搭乗者はいないようです。

170917台風直前-04

MARINE & WALK YOKOHAMAも、開店休業状態?

170917台風直前-05

赤レンガパークへとやって来ました。大桟橋には客船が停泊しています。どうやら飛鳥Ⅱのようですが、大桟橋の入出港予定では、昨日の朝入港、夕方には出航してる筈なんだけど?

170917台風直前-06

赤レンガ倉庫前の広場では「パンのフェス 2017 秋」が開催中。さすがに賑わってるとは言えないけど、天候を考えれば結構な人出だと思う。

170917台風直前-08

隣の象の鼻パークへ。

170917台風直前-09

大概は天気の良い日に訪れ、当然人で賑わってることが多いので、雨に濡れた人影疎らなみなとみらいは、また違った印象に。何となくノスタルジック?

170917台風直前-11

少し早めに待ち合わせ場所の関内駅到着。

170917台風直前-12

5時スタートで、順調に8時過ぎにはお開きに。が、飲み放題のお酒が美味しすぎて、どうやら飲み過ぎてしまったようです。

みなさんと別れた後、一人で伊勢佐木町界隈を(道に迷って)徘徊してしまいました。スマホの地図アプリで何度も確認したのに、酔っていて自分がどこにいるのか分からず。

多分、3時間近く彷徨い、最後は市営地下鉄の駅に辿り着き、終電で帰ってきました。飲み会の帰りに電車に乗ったなんて、何年振りかのこと。何となく負けた気分だな。


意外と近い場所にあったのに初訪問の三ッ池公園

今日は夕方から川崎で飲み会があって、いつも通り歩いて川崎まで向かう積りですが、外を見たら秋晴れ(夏の名残り?)の良い天気。

季節を楽しみながら寄り道をしていきたいんだけど、新横浜近くの自宅から川崎方面ってのは、もう一つ面白い場所がないんだよね。

ちょっと回り道でもいいからどこかないかなって地図を見ながら探していたら、環状二号線沿いに三ッ池公園があります。

鶴見駅から2kmくらい。以前、5年くらい鶴見に住んでいたことがありますが、この三ッ池公園を訪れた記憶はありません。ってことで、初訪問。

新横浜駅前を環状二号線を通って大倉山方面へと向かいます。

170913川崎-01

三ッ池公園到着。自宅から約6km。歩いて1時間少しなので、意外と近かった。でも、環状二号線側から入る道を見つけられず、かなり大回してやっと公園内に入れました。

170913川崎-02

三ッ池公園って言うくらいだから当然池があります。でも、この後公園内をグルグル歩いていて気が付きました。なるほど、3つの池があるから三ッ池公園という名称なんですね。

170913川崎-03

家を出る前にちょっと調べたら、ここは桜の名所でもあるようです。園内には年輪を重ねた太い桜の木があちこちにあります。

170913川崎-04

季節によっては綺麗な花も咲いているのでしょうが、今の季節はちょっと寂しい。

170913川崎-05

170913川崎-06

3つの池の内の一つは睡蓮の葉が密生していました。花の咲いている時期に来れば、美しい光景が見られそうです。初夏の頃かな?

170913川崎-07

この公園の池も外来生物には悩まされているようで、かなり積極的に防除活動を行ってるみたい。それも市民を巻き込んでの活動のようです。

170913川崎-08
希望者を募って、月2回程度、アメリカザリガニ釣り活動を行ってるとのことで、上の表によると2017年度の累計で11万匹以上を捕獲していますね。

顔の表情と体の形がなんとなくコミカルに見える馬の銅像。中国古代(1700年くらい前)の芸術的逸品と言われる「馬超龍雀(ばちょうりゅうじゃく)」の複製品だそうです。

170913川崎-09

今回は時間の関係で入りませんでしたが、三ッ池公園の中にはコリア庭園があります。その前苑の両側に並んでいるヘテ石。表情が可愛らしい(牙が怖いけど)。

170913川崎-10
ヘテとは物事の是非善悪を見分けることが出来るという想像上の動物です。

5時過ぎに三ッ池公園から川崎を目指して歩き出します。途中で第二京浜(1号線)に合流し、少し歩くと鶴見川に到着。昔、会社から走って帰る際に見慣れた風景なので懐かしい。

170913川崎-11

川崎の街に着く頃には少しずつ宵の時間に突入。

170913川崎-12

川崎駅に到着。高架から見る京浜東北線。

170913川崎-13

まだ待ち合わせの時間には早かったので本屋で時間を潰し、再び外に出て来ると、外はすっかり夜になっていました。

170913川崎-14

7時から始まった飲み会も10時過ぎには終わり、帰りは第一京浜(15号線)沿いを走って(半分歩いて)帰ります。

途中、八丁畷駅で線路を横断して鶴見駅方面へと向かいます。

170913川崎-15

結局、家に着いたのは12時過ぎ。多分歩いても同じような時間で帰って来れると思うので、 “走った” 積りだけど、ほとんど歩いていたのかな。


『海辺のカフカ』が終わる頃、私の夏も終わる?

9月の頭、空の景色に秋の気配を感じていたら、どうやらそのまま本当に秋になってしまったようです。

まだまだ暑さがぶり返すだろうなって思っていたのに。確かに暑い日もあるけど、空気感は明らかに秋。走ってる途中で、ちょっと立ち止まったりすると、汗を冷たく感じる。

1709初旬-01

夏の陽を跳ね返して青々としていた木の葉も、気が付いたら道を彩る落ち葉に姿を変え。

1709初旬-06

これも毎年夏の終わりを感じる景色の一つ。ランニング道路が急に広く感じます。

1709初旬-03

今年も夏の初めにランニングしながら聴き始めたオーディオブックの『海辺のカフカ』も、夏の終わりと共に聴き終わりました。

約19時間なので、1日1時間ずつ聴いて19日。大体1日おきペースで走っていたので、約40日って感じかな。なので、ちょうどひと夏。

1709初旬-04

『海辺のカフカ』の中に、物語的にとても重要な場所の一つとして山小屋が登場するんだけど、本の終わりの方で主人公のカフカがその山小屋を去るシーンがあります。

そこを聴いていたら、「あー、カフカが山小屋を去ると共に、私の夏も終わるんだな」みたいな感傷に陥りました。

1709初旬-05

でも、ずっと、なんで『海辺のカフカ』と夏とが(わたしの中で)結びつくのかなって思っていました。

オリジナル(日本語)を読めば、明確な時期の話があるのかもしれないけど、英語で聴いている限り、(これまで何度も聴いているのに)どんな季節の話なのか出てこない。

100%理解して聴いているわけではないので、もちろん聞き逃している可能性もあるけど。

が、今回、「always in the summer」という言葉が何回か出て来ることに気が付いた。物語の “現在” を直接言及している言葉ではないけれど、やっぱり夏を感じてもいいのかな。


秋の気配がひたひたと

ここ数日、涼しい日が続いてる。ほんの少し前、Tシャツでも汗だくだったのが、今日は長袖のシャツでもOKなくらいの急激な変化です。

空の雲も、「夏は終わり。今日から秋だよ!」って言ってるかのような気がする。

秋の気配2017-01

夏が終わると、雲が薄くなると共に、空の青も薄れて来るんですよね。

秋の気配2017-03

伸びきった雑草をなぎ倒す風にも、なぜか秋を感じます。単純に感覚的なというか、主観的なものなんだけど、季節の変わり目では毎度体験する感覚。

秋の気配2017-04

ランニングの際には常に携帯していたコンデジに代わり、ここ数日はスマホを使って写真を撮ってるんだけど、なんとなく今一つなような気がする(もちろん腕のせいもあるけど)。

秋の気配2017-05

それにしても今日は涼しかったな。

いつも氷を詰め込み、その隙間にポカリスエットを入れたウォーターボトルを持って走ってるんだけど、今日はその氷が家に帰り着いても溶けずに残ってた。

秋の気配2017-06

まだ暑い日は戻ってくると思うけど、気持ち的には8月の終わりと共に夏にサヨナラした気分。学校の夏休みも終わってしまったしね。


Picture of the Month - August 2017

8月は京浜急行の「よこすか満喫きっぷ」からスタート。

きっぷを使って最初に訪れたのは横須賀美術館。昨年の暮れ以来なので約8カ月振りの訪問。というか、再びこの美術館に訪れるとは思ってもいませんでした。

pic of 1708-02
いや、この美術館がどうこうではなくて、1度訪れた遠い場所にあるこの美術館に、敢えてまた来るだろうという理由が見つからなかっただけですが。

子供の頃に何度か遊びに来た走水の海岸沿いを歩き、馬堀海岸駅を目指します。

pic of 1708-03

途中、可愛らしい色鮮やかな花と出会い、前回と同じ味見食堂で昼食をとり、よこすか海岸通りを歩き続けます。

pic of 1708-04

馬堀海岸駅が近づいてくると、よこすか海岸通りの海側には綺麗に整備された遊歩道が。

pic of 1708-05

馬堀海岸駅から京急で訪れたのは毎度毎度の横須賀中央。「食べる券」を使って「横須賀ビール」でクラフトビールと「三浦半島丸かじりプレート」を美味しく頂きました。

pic of 1708-06
最後は、いつもの中央酒場で締めたってのは、言うまでもないことですが。

今年の関東地方の梅雨は雨が少なく、7月は猛暑の日が多かった。それが8月に入ると一転、曇り空の日が多く、「これが夏の暑さだ!」って日は意外と少なかったかな。

pic of 1708-01

お盆には南箱根を訪れました。ずっと決まらなかった義父のお墓が完成し、親族一同が集まって納骨の儀が執り行われました。

pic of 1708-07

そして8月が終わります。綺麗な夕焼けを目にするようになると、なんとなく夏の暑さが終わり、秋の澄み切った空気が直ぐそこまでやって来てるような気がします。

pic of 1708-08


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>