寒かったけど、それでも春の気配を感じられたみなとみらい

家の中から窓越しに見る青空に惹かれて、みなとみらいへとやって来ました。

太陽が元気に顔を出していたので暖かい積りで外に出たら、そこは2月、やっぱり寒いな。歩きながらラジオで天気予報を聞いていたら、横浜地方の気温は一桁止まりらしい。

180213みなとみらい-01

臨海パークから見る海も、まだ冬の色をしていますね。

180213みなとみらい-02

でも、海風に晒されながら、段差に腰かけて見る風景は、それほど寒々しくはない。

180213みなとみらい-03

思った以上に風が吹いてるようで、風力発電の風車がよく回っています。

180213みなとみらい-04

さすがにまだ桜の気配はありませんね。

180213みなとみらい-05

それにしても、空が美しい。もちろん、雲もね。

180213みなとみらい-06

なんか気持ちが解放されるような空が広がってます。

180213みなとみらい-07

大きなナットとランドマークタワーとの対比。でも、こういう撮り方をすると、撮影してきた自分でさえもどれくらいの大きさのナットだったか思い出せない。

180213みなとみらい-08

冷たい風は吹いているし、道行く人は厚手のコートに身を包んでいますが、それでも不思議と春の雰囲気を感じます。これは何なんだろ? 光の具合とか匂いとか、あるいは期待感?

180213みなとみらい-09

春までもう一歩!


Picture of the Month - January 2018 - やってみよう!

ま、月並みな感想だけど、もう1年の1/12が終わってしまいました。

初詣をしながら、「今年はいくつかの目標を立てて」なんてことを思っていたのに、ほとんど手つかずのまま1ヵ月の日々が目の前を通り過ぎていきました。

2018初詣3

美しい富士山を見ながら、「あれをやってみようかなー、これもやってみたいなー」なんて妄想を膨らませていたのに。

pic of 1801-02

思い出してみると、昨年は特に「これを目標に」といった明確なものはなかったけれど、年の初めに何となく始めた筋トレが今も続いているという、素晴らしい事実があります。

pic of 1801-01

そう、先ずは「始めてみる」ことが大事なんですよね。

pic of 1801-03

最初の一歩を踏み出せるかどうかが、多分最も大きな分岐点になるのでしょう。

pic of 1801-04

まずやってみてから考える。筋トレも軽い気持ちで始めたのに、やり始めてみると「あれもやってみよう、これも取り入れてみよう」って、少しずつ膨らみ、そして洗練され。

180116みなとみらい-06

それに関する情報を自分でも集めるし、また向こうからやって来る情報もあったりで、「筋トレの効能」みたいのがより明確になってくると、それに刺激されてまた一歩。

pic of 1801-05

そしていつの間にか習慣になって。

pic of 1801-06

習慣まで来てしまえば、もうこちらのもの。「やらなければいけない」から「やらないと気持ちが悪い」になるんですから。

pic of 1801-07

今年、目標の一つとして英語の勉強を再開してみようかなって考えてました。そして先日、興味深い教材を見つけて、今はそれをやろうかどうしようか迷っている最中。

pic of 1801-08

これも「あれこれ迷う前に、取り敢えずやってみる」ってのが良さそうな気がしてきた。


tag : 目標

終わってみれば7時間も飲んでた!?

飲み仲間と忘年会をやって以来、3週間近く飲みに出かけていなかったので、飲み仲間の一人を誘ってみなとみらいで軽く新年会をやることに。

今日は天気も良く、天気予報によると3月頃の暖かさになるらしいってのも、2018年初のみなとみらいに出掛けてみる気になった理由の一つ。

暖かさに誘われるように、岸根公園の梅も既に蕾をつけています。

180116みなとみらい-01

いつもの道順で1時間少し歩いたら途中で汗ばんできて、レンガ倉庫近くに着く頃には、上は半袖のポロシャツ姿になっていました。

ベンチでは女性2人が気持ち良さそうにうたた寝をしています。

180116みなとみらい-02

昨年の暮れにレンガ倉庫広場を訪れた時に、結構大掛かりな重機が何台も働いていて、何を作ってるのかなって思った記憶がありますが、この鍋小屋の準備をしていたようです。

180116みなとみらい-03

休日には大賑わいのアイスリンクも、さすがに平日は活気がありませんね。その分、今日滑っている人たちは悠々と楽しそうです。

180116みなとみらい-04

象の鼻パークで、いつものポイントから撮影。プロムナードの上に広がる空が気持ちいい。

180116みなとみらい-05

2時前から飲み始めて、1軒目から出てきたのは5時過ぎ。まだ時間があるなってことで、綺麗な夕焼けの中、2軒目の居酒屋へと向かいます。

180116みなとみらい-06

伊勢佐木町を歩く頃には夕焼けも終わり、周りは夜の雰囲気が漂い出してきました。

180116みなとみらい-08

伊勢佐木町と言えば、青江三奈さんの「伊勢佐木町ブルース」で有名になった地名ですが、この歌を知ってるってことは、かなりお年を召した方ってことになるでしょう。

なにしろ、「伊勢佐木町ブルース発売50周年」ってことらしいですから。

180116みなとみらい-07

2軒目の居酒屋から外に出てきたのは9時過ぎ。結局、7時間くらい飲んでた計算になります。うーん、よくもこんなにもと我ながら感心して(呆れて)しまいます。

180116みなとみらい-09

写真の撮影時間から計算してみると、桜木町近くの居酒屋から、横浜駅近くのベイクォーターまで30分以上かかっています。さすがに酔っぱらって足取りが重かったようです。

180116みなとみらい-10


2018年の初ランニング

1月も既に中旬に入っていますが、今日が今年の初ランニングです。

昨年12月、結構順調に走っていて、最初の10日間で100kmオーバー。これはいよいよ久々の月間300kmに到達しそうだなって。

それから数日所用が重なって走れず、ちょっと気持ちに焦りが生じて微妙に無理をしてしまったようです。走っていたら、またふくらはぎを痛めてしまいました。

それが12月17日だったので、約1ヵ月のブランク。また焦って回復が遅れるのも嫌なので十分に脚を休養させてあげようと思ってのこと。

ちょうどお正月も挟むし、この寒い中に走って行かなくても良いという嬉しさも心のどこかにあったりで、まあ悪くない休養だったかなと。

ということで、約1ヵ月振りの日産スタジアム。雲一つない青空。今年は、出初式を見れなかったなって、ここに来て気が付いた。

180112初ラン-01

鶴見川沿いのいつものポイントから見た富士山。お正月に見たときには結構地肌が目立っていたけど、その後に雪が降り積もったようですね。

180112初ラン-02

1ヵ月振りなので、あまり無理をせずに往復11km地点で折り返し。でも、思っていた以上にスムースに走れたような気がする。これなら結構早めにブランクを取り戻せるかも。

180112初ラン-03

この電線の下に来ると、つい上を見上げてしまう。そして、ついつい写真を撮ることに。雲が無いと毎回ほぼ同じ写真になってしまうんだけどね。

180112初ラン-04

夕方、きれいな夕焼けになりました。

夕焼け富士


tag :

2018年 元旦

新年、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

昨年の大みそかは、もう何十年振りかで紅白歌合戦を最初から最後まで見ていました。一緒に見ていた奥さんの感想は、「意外と飽きずに面白かったね」。

昔は9時スタートだったのが、今は7時台から始まる長時間番組なので、途中で間延びして飽きちゃいそうだなって、毎年後半過ぎから見ていたけど、うん、悪くなかった。

11時45分から「ゆく年くる年」、その流れで「今夜も生でさだまさし」を見て、その途中で近所の神明社へと初詣に出かけるのも、ここ数年の流れ。

2018初詣1

参拝者にはくじ引きがあって、様々なものが当たるんだけど、今年は野菜が高いので奥さんは「大根かネギを当てよう」って言ってましたが、私が当たったのはお味噌でした。

2018初詣2

例年通り豚汁と甘酒がふるまわれ、私も含め、皆さん楽しみにしているようです。

2018初詣3

下は元旦ではありませんが、1月3日に撮影した富士山。今年は雪が少ないな。

正月の富士山

ここ何年も、新年が始まるに際しての目標みたいなのは特に決めていませんでしたが、今年はいくつかの目標を立ててみようかなって思案中。

正月料理の煮豆がテーブルに落ちて、それを箸でつまんで口に運びました。ま、どうってことないんだけど、小さな豆を箸の先で上手くつまめるってのも技術だよなって。

でも、死んでしまえばその技術も一緒に失われるわけで。

誰もがこれまでに蓄積してきた様々な知識や技術や能力を持っています。でも、その内のどれくらいを有効に活用してるかなって考えてしまった。

あまり使われないまま失われてしまうものも多くありそうです。

そんな隠れた(いや、隠れていなくてもいいんだけど)能力や技術を、できるならもっと高めてあげたいなって。

auのCMで「鬼ちゃん」が息子に言っていた、「学んだことは誰にも奪われない」って言葉に触発されたこともあるかな。

そんなこんなで、目標を立ててみようかな、と。


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>