写真とBGMを組み合わせてスライドショー動画を作る

このところ、複数の写真でスライドショー風の動画を作ってみたくて。

画像閲覧ソフト等でもスライドショー機能はあるけど、好きな写真だけを、好きな順番で、BGMを流しながらの、一つの動画として作成したい。

これまでにも動画を扱う場面は結構あって、その際にはAviUtl(エーブイアイユーティル)というフリーソフトのお世話になっています。

このAviUtl は、フリーの動画編集ソフトウェアとしては最高峰に位置しているソフト。

いや、機能が多すぎて私には理解できないことばかりなので、私が使い尽くして(理解して)の感想ではないけど、多分間違いないところだと思います。

動画関連でやりたいと思ったことは、ほぼ実現出来るんじゃないかな。

もちろんAviUtl でも出来るんだけど

そして、もちろん「複数の写真でスライドショー風の動画」を作ることも出来ます。

タイムラインのウィンドウ上に、望みの画像とBGMをドラッグ&ドロップし、画像と画像のつなぎ目に「シーンチェンジ」を入れれば、これだけで立派な動画の完成です。

「シーンチェンジ」というのは、前の画像から次の画像へとパッと切り替わってしまわないようにするためのエフェクトのようなもの。クロスフェードなどに代表されるもの。

AviUtlで

上の写真の下側のウィンドウはタイムラインなので、横軸は時間です。なので、画像も音楽もシーンチェンジも、置く長さによって動画上での再生時間が変わってきます。

1つ目の写真を5秒再生して、次の写真は少し長めに7秒にし、その写真へのクロスフェードには2秒かけ・・・・といった具合に、自由自在。

逆に言うと、(自由に)やれることが多すぎて、それを自分で細かく設定していくのは、結構大変。数枚の写真ならいいけど、50枚とかあったら考えるだけで気が重くなりそう。

ということで、自由度はもっと減ってもいいから、ソフトで自動的に色々とやってくれて、もっと簡便に作ってくれるソフトは無いのかと探してみました。

PhotoStage スライドショー作成ソフト

見つけたのは PhotoStage というスライドショー作成ソフト。ただ、フリーソフトではなくシェアウェアなんです。でも、一定期間試用できる無料版があります。

使い方は、望み通り凄く簡単で本能的に操作できます。

メインウィンドウの「メディア」タブの中に画像や動画、BGM用の音楽などを一旦取り込み、そこから望みの物を下側のタイムラインにドラッグ&ドロップしていくだけ。

PhotoStage-2

表示される画像の下には時間が表示される(デフォルトでは5秒)ので、横のアイコンをクリックし、出て来るウィンドウで再生時間を変更出来ます(個別にも、一括でも)。

PhotoStage-3

画像の間に挟まれるようにあるアイコンは切替効果(シーンチェンジ)で、上のアイコンをクリックすると「切替効果」タブが開かれ、数字をクリックすると時間設定が可能に。

PhotoStage-

写真を並べ、切り替え効果を選び、BGMをつけたら完成。動画として保存しようとすると「ご購入ください」表示が出るので、取り敢えず「後で購入する」で通過。

PhotoStage-6

動画として保存する際、プリセットを「カスタム」で行うと、フォーマットや解像度、フレームレートなどが個別に設定できます。

PhotoStage-9

プリセットで一括設定も可能。

PhotoStage-7

これは使い易くていいなって思いながら、いろいろと試していたら、「体験版ではこれ以上お使いいただけません」との表示が。

PhotoStage-4

どれくらいの期間使ったか分からない(1週間くらい?)けど、どうやら “一定期間” が過ぎてしまったようです。意外と短かった印象が。

使い易いので値段によってはプロ版を購入してもいいかと調べたら、うーん、結構お高い。この値段のプロ版を使いこなすほど使う頻度は多くないと思うな。

ということで、他のフリーソフトを探してみましょう。


フニャフニャのカメラバッグの底に “骨” を組み込む

eBay で買ったバッグなんだけど、全体的に腰が無く、LUMIX GM1 を入れるとちょっと頼りない感じになってしまう。そこで、バッグの底に “骨” を入れることに。

前回、厚さ2mmの塩ビ板をU字形に曲げて作ってみたら、バッグの中に組み込めないことが分かって。少し柔軟性のある “骨” じゃないとダメってこと。

で、今回使うのは、フロアに敷いて使うジョイントマット。厚さ10ミリのEVA素材なので、結構腰があるけど、曲げようと思えば曲げられるので、今回のような場面に最適。

EVAマット
これまでに何度かお世話になってきましたが、クッション性もあって、カメラ機材とかを保護するのにピッタリ。カッターで簡単に切れるので、加工も楽だしね。

バッグの底の形状に合わせてカットしました。実際の部材は写真を撮り忘れましたが、こんな感じに谷状に切れ目を入れ、U字形に曲げて組み込みます。

バッグ底骨部材

骨をバッグに固定するのは、この100均で買ってきたバッグを利用。

クッションバッグ

周囲をカットして、1枚の生地にしました。ある程度厚みもあるのでちょっとしたクッションになるし、収納したカメラの汚れを拭き取ってくれる効果も期待できます。

裏生地素材

バッグの内側に合わせてカット。

カメラバッグ裏生地カット

後は、バッグの内側に縫い合わせていくだけ。底にはEVA素材の骨を入れ、それを包み込むように縫い込んであります。片側はポケット状にしました。

カメラバッグ裏地縫い付け1

底の部分がもっこりと膨らんでるのがわかるでしょうか。

カメラバッグ裏地縫い付け2

全て縫い終えてから、裏返しだったバッグを元の状態に戻したところ。EVA素材の柔軟性のお陰で、今度は難なく裏返しから戻せませた。

底骨組み込み完3

骨を入れる前はクシャってなっていたのが、キリッとした感じで立体形を保っています。安物バッグから一気に高級バッグになった感じがする(言い過ぎ?)。

底骨組み込み完

底の部分も張りがあって、なんかイイ感じに見えませんか。

底骨組み込み完2

LUMIX GM1 に、オリンパスのズームレンズ 12-50mm/F3.5-6.3 を装着すると、レンズ先端から液晶面まで約125mmあるんだけど、余裕で入ります。

カメラ収納1

一回り大きいオリンパスの PEN Lite E-PL3 に少し長めのレンズを装着して、横に入れることも可能。

カメラ収納2

多分、骨を入れる前よりも10倍くらい良くなってるんじゃないかと自己満足中。


異世界に迷い込んでしまった? って思うような夕焼け空

昨日は、綺麗な夕焼け空だった。夕食を食べようと食卓の前に座ったら、リビングの窓越しに幻想的な空が広がっていました。

昨日の夕焼け

夕焼けもそうだけど、空に様々な表情をもたらしてくれるのは雲ですね。梅雨真っ只中の今、たまに出会える青空には、あちこちに散らばる雲がアクセントを添えてくれます。

梅雨空?-1

ジョギングを再開して2週間くらい経ったかな。結構走ってます。

ここ何年間かは、走ってふくらはぎを痛め、2ヵ月くらい休養し、また走り出してみるけど、さらにまたふくらはぎを痛め・・・・

そんなことの繰り返し。

梅雨空?-2

もちろん、これまでも再開時には慎重に慎重に走っていました。それでも痛めてしまうんです。もう、 “癖” になってるのかもしれません。

脱臼した箇所は再び脱臼しやすい、みたいな。

梅雨空?-3

でも、今回は新しい走り方を学びました。それは、ダラダラ走り。とにかく頑張らない。ダラダラと走り、ふくらはぎがちょっと気になったら、すぐに歩き出す。

走る距離より、歩いている距離の方が多いくらいかも。

梅雨空?-4

これまでは、どんなに頑張らないようにって思っていても、ついつい頑張っちゃっていた部分があったんだと思います。あそこの角までは歩かずに走ろう、とか。

そんな気持ちを一切捨てました。今日も10キロの距離を走って(歩いて)来ましたが、1時間半かかりました。ってことは、速足で10キロを歩くのとほとんど同じスピードです。

とにかく足が馴染むまで、1ヵ月でも2ヵ月でも、こんな感じでいこうと思っています。

そして、今日の夕焼けも見事でした。フッと外を見たら、なんか異次元の世界が広がっているような、そんな夕焼け空でした。

今日の夕焼け


腰のベルトに装着するカメラバッグを色々と物色中

LUMIX GM1 に LUMIX 14mm/F2.5 を装着して、これを自分で改造したバッグに入れて持ち歩くのが、このところのスタイル。

バッグ裏側のベルクロで腰のベルトに装着できるので、歩きながらのカメラの出し入れも楽チン。大き過ぎず、小さ過ぎずで、使い勝手がとても良好。

腰装着カメラバッグ

が、先日購入したオリンパスの交換レンズ 25mm/F1.8 とのセットだと、(ギリギリ入るかなって期待してたんだけど)やっぱり無理。

25mm装着斜め前

その後に購入したオリンパスの 12-50mm/F3.5-6.3 の場合は、最初から諦めてたけど。

オリンパス12-50mm装着

ということで、お出かけ時に腰回りに装着する(少し大きめの)カメラバッグを物色中。

こういう時、eBayやAliExpress はとっても便利。この手のバッグは選り取り見取り状態。そして、大概はどれも数百円程度と気軽に買える値段なので見てるだけで楽しい。

色々と見つけた中で、良さそうだなって思ったのをいくつかピックアップしてみた。

候補その1 - 8×8×18cm

こちらは、2つの荷室があって作りもしっかりしていそうです。その分だけちょっとお高め。といっても1000円でお釣りがきますが。

8×8×18バッグ
サイズ的には8×8×18cmとちょっと小さいかも。特に奥行きが前後の荷室合計で8cmということは、メインの荷室が5~6cmくらいになりそうなので、もう少し欲しい感じかな。

候補その2 - 11.5×7×16.5cm

これは、ピックアップした中では一番大きめ。11.5×7×16.5cmなので、これだと一番大きな 12-50mmのズームレンズを装着した状態でも余裕で入りそうです。

eBayでバッグ探し1
ただ、形状的には何の飾りも無いシンプルなボックスタイプのバッグなので、ちょっと味気ないような気もして。

候補その3 - 11×4×15cm

現時点で一番可能性を感じているのがこちら。サイズは、11×4×15cm。大き過ぎず、小さ過ぎず、縦横のサイズは理想的。

eBayでバッグ探し2問題は奥行き。4cmというのは、ちょっと苦しいかもしれない。デザイン的には一番気に入っているので、こいつで落ち着いてくれればいいんだけど。

うーむ、もう少し悩みそうです。いっそ、3つとも買ってしまう? 3つ合計しても千数百円程度ですから、その点は気が楽です。


【カメラに遊ばれる】カテゴリ目次 - 2015年8月(後半)

南箱根の夏休み(2015 - 4日目) -- クロックス “風” サンダル

no nameno nameno nameno nameno name


南箱根の夏休み(2015 - 5日目) -- 地下のトイレ前の床板補修

no nameno nameno nameno nameno name


南箱根の夏休み(2015 - 6日目) -- 地下のトイレの床板補修

no nameno nameno nameno nameno name


南箱根の夏休み(2015 - 7日目) -- 縁台の補修

no nameno nameno nameno nameno name


南箱根の夏休み(2015) -- 曇り時々雨模様ってのが基本?

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


Picture of the Month - August 2015

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>