初めてのスケッチアップ - (17)フォローミーを使ってみる

3次元モデリングソフト スケッチアップの使い方を、自分でも学びながら、備忘録的にまとめておこうという「初心者のための初心者講座」第17回。

これまで題材代わりに使っていたウッドデッキはほぼ完成し、基本的なツールも大体紹介し終わったかなって思っていたので、前回でスケッチアップの使い方講座は終了予定でした。

そして、まだ紹介していないツールの中にはフォローミーとかオフセットといった特徴的というか、ちょっと変わったツールがあります。

でも、どういう場面で使うのが効果的なのか私には分からなかったので、まっいいか、と。使いたい場面がやってきたら、その時に学べば、って。

ところが、意外に早くその機会がやってきました。

今回、題材とするのは100均とかでよく目にするプラスチック製のバスケット(籠)。こいつのモデルをコンポーネントとして作ってみようと思います。

バスケットの原形となる立方体を作る

先ずは立方体を作ります。バスケット(立方体)の大きさは、260m×380m×80mm。100均バスケットの中で私的には使う頻度の高いサイズの商品。

バスケット-1

さて、バスケットの外形というのは、大概丸まって(Rが付いて)いますよね。今回は、その角の “丸み” (角R)をフォローミーツールで作っていきます。

R10(半径10mm)の丸みを付けていくので、立方体上面の端から10mmのところに補助線を引きます(3カ所)。

ここでも初紹介のツールが出てきます。円ツールです。長方形ツールの円バージョンなので、使い方も同じような感じで、特に扱いに困ることは無いでしょう。

円ツールを選択すると鉛筆アイコンが現れるので、先ずは補助線の交点でクリックし、続いて直方体の外形の辺と接する場所(エッジ上)で再びクリックすれば円が描かれます。

バスケット-2

フォローミーツール登場

続いて今回の主役であるフォローミーツールの登場。フォローミーを選択し、ポインタの先で立方体の外周と円弧とで囲まれた部分(ドットが出ます)をクリック。

バスケット-3

そのまま立方体の外周(丸み付けしたい辺)に沿ってポインタを動かしていくと、赤い線が行き先を示してくれるので、それに沿って進めます。

バスケット-4

終点のところでクリック。

バスケット-5

すると、3辺に角Rを付けることができました。

バスケット-6

反対側の面も同じように行い、不要な線を消去や非表示にしてバスケットの外形完成。

バスケット-7

最後の “突き合わせ” 部分がどうしても上手くいかない

さて、ここでお気づきとは思いますが、底面の4辺の内、2辺しか角Rに出来ていません。残りの2辺は直角のまま。

例えば、上でやったのと同じ方法で、フォローミーツールのポインタを底面の4辺に沿って動かすことで、底面の4辺に角Rを付けることは出来ます。

バスケット-8

すると今度は、縦方向の4辺が直角として残ってしまいます。縦の辺にフォローミーツールで同じような加工をすると、最後のR同士がどうしても馴染んでくれません。

バスケット-9

もしかしたらやり方があるのかもしれませんが、私にはどうしても出来なかったので、これに関しては諦め、ここまでとしました。

さて、次回は立方体の内側をくり抜いて、バスケットらしい形状にしていきます。


白い革でカメラ用リストストラップを自作(3) -- 縫製

製作途上のカメラ用リストストラップですが、前回で形的には完成です。

今回は、縫製作業を中心とした仕上げ段階です。先ずは、コバをトコノールと自作のコーンスリッカーで磨いていきます。

ヘリ磨き
コバの角(切断面)は、特に処理しません。へりおとしという工具も持っているのですが、まだあまり上手く使えないので、直角のままコバ磨きに入ります。

コバが磨きが終わったら縫製。今回縫製に使うのは、この春らしい若草色(ナイトグリーンって名称らしい)のワックスコード。

革縫い糸
これ、以前使おうとして使えなかった糸。いつも使っているエスコードの中細よりも微妙に太いのかな。それと、糸の先端をしごいて細くする作業ができなかったんです。

でも、地道にしごいていったら少しずつ糸くずが取れてきて、何とか細くすることが出来、更に4mmピッチの菱目打ちでしっかりと穴を開けたら、問題なく使えるようになった。

この糸が使えるって分かったのは大きい。桜木町の貴和製作所のお店で買ったものだけど、綺麗な色が揃っていて、ワックスも塗ってあるので、使うのも楽だし。

さて、縫い方ですが、これは前回編み出した方法でいきます(自分で思いついたんだけど、ごく普通のやり方なのかもしれません)。

2セットの針(4本)と糸を用意し、両端の重ね合わせて縫い始める場所から、反対方向に向けて縫い進めていきます。

両サイドを縫って

両サイドを互い違いに重ね合わせる場所まで縫い終わったら、両端を合わせ、重ねた状態で縫い合わせていきます。

端縫い合わせて

対面側にももう一対の針と糸があるので、そちらも縫い進め、適当な場所で互いを合流させ、最後に糸の始末をして縫製完了です。

リストストラップ白完成1

白の地に、爽やかなライトグリーンの糸がアクセントになって、自分的には大満足の出来。

リストストラップ白完成2

カメラ本体のホワイトともマッチして、かなり良く出来たんではないかと自画自賛中。

白ストラップ装着


白い革でカメラ用リストストラップを自作(2) -- 形を作る

カメラ用リストストラップですが、前回白の表革と茶の裏革とを貼り合わせたストラップ胴体の接着剤も固まったので形を整えていきます。

先ずは、胴体の両端に飾り(兼補強)用の革を重ねて貼ります。実は、手間を省いて白一色で済まそうと思っていたんだけど、どうもやっぱり “締まり” が無くて。

これも木工用ボンドで接着。

両側に飾り革

胴体の両端は、最終的にまとめて縫い合わせることになるので、両端の縫い穴がずれないように、この飾り用の2枚の革の同じ位置に(貼り付ける前に)縫い穴を開けてあります。

飾り革

接着剤が固まるのを待つ間、外形カット用の型紙を製作。型紙には、カット端から内側2.5mmの位置に、4mmピッチの菱目打ちで縫い目用の下穴も開けてあります。

型紙

胴体部に型紙を貼り、デザインカッターでカット。寸法的には、全長380㎜、太い部分の幅が25㎜。そして、細い部分は17mm(穴ピッチ4mm×3+2.5mm×2)。

カット

ところで、白い革の上に型紙を貼るのに使ったのはスコッチの塗装用マスキングテープ。このテープが本当に素晴らしいんです。

マスキングテープなんて100均ので十分って思ってたのが、クルマの補修の際に一度これを使ってみたら、その使い易さの虜になってしまいました。

3Mマスキングテープ
以前、同じような作業で、両面テープを使ったら、両面テープの糊が革側に残ってしまい、それを取り除くのに結構苦労した記憶があります。

今回は、このマスキングテープに型紙を両面テープを使って貼り付け、それを革に貼り付けるという面倒くさいことをやっています。

なので、革と接触しているのはマスキングテープの糊面です。そして、カットが終わって剥がす時には、スッキリきれいに剥がれて、本当に気持ちがいい。

必要十分な粘着力がありながら、剥がそうと思ったときには簡単に剥がれる。これを素晴らしいバランスで両立しているマスキングテープなんです。

さて、話が横道にそれましたが、カットし終わった胴体革の周囲に、型紙から写し取った縫い目穴に合わせて、4mmピッチの菱目打ちで穴を開けます。

ハンドストラップ形完成

これで、リストストラップの基本形が完成です。

次回、革のコバを磨いてから全周を縫って完成予定です。


白い革でカメラ用リストストラップを自作(1) -- 素材集め

値段とマクロモード搭載に惹かれて、オリンパスの 12-50mm/F3.5-6.3 というズームレンズを買ったら、このマクロモードで花とかを撮影するのが楽しくて。

でも、低い位置の花を撮影しようとすると、LUMIX DMC-GM1の固定された液晶画面ではちょっと不便に感じ、久しぶりにオリンパス PEN E-PL3 を引っ張り出してきました。

そしたら、いつの間にかリストストラップが結構ボロくなっていた。

旧ストラップ

せっかくなので、久しぶりにリストストラップを自作してみようと思います。

E-PL3 の本体カラーがホワイトなので、白い革を使ったリストストラップにしよかと。白だと汚れが目立ちそうだけど、でも色を揃えてみたくて。

ハンドストラップ1
手首が当たる内側には茶系のヌバックを使うので、共に30mm幅でカット。

カメラに取り付けるナイロン製のベルト部は、ボロくなってしまったストラップから取り外して再利用します。

そして、こんな時のために役立つんではないかと買っておいたのが「シームリッパー」という商品。縫い目の糸を簡単に切るための道具です。

シームリッパー

U字形になっていて、U字の底の部分が刃になっています。U字の片側の長い方の先端を縫い目に差し込んでいくと、簡単に切れていきます。初めて使ったけど、こいつは便利だな。

シームリッパーで

取り外したナイロンベルトを、ヌバックの片端に縫い付けました。

ハンドストラップ2

これを木工用ボンドで表側の白い革と貼り合わせていきますが、その前に2枚の革の間に挟み込む “骨” を作ります。

LUMIX DMC-GM1用のリストストラップも自作しましたが、使い続けていて何よりも良いアイデアだったなって実感しているのは、この “骨” の存在なんです。

この “骨” があるお陰で、ストラップが潰れることなく常に開いているので、手首を入れるのがとっても楽なんです。

骨に使うのは0.1mm程度の薄いプラスチックの板で、前回は適当なプラ板があったので良かったのですが、今回は思うような素材が手元にない。

何か使えるような素材はないかと部屋の中を見回していたら、目に入って来たのは炭酸が入っていた1リットルのペットボトル。

ペットボトルを

これの胴体部分をカットして骨を作りました。

形状保持材

それを両面テープで表側になる白い革の裏側に貼り付け、

形状保持材を両面テープで

ナイロンベルトを縫い付けたヌバックの裏革で挟み込むように木工用ボンドで貼り合わせ。

裏表を貼り合わせ

接着剤が乾くまで一晩待って、次回へと続きます。


【モノを生み出す】カテゴリ目次 - Page 25


◆写真の題名◆
アクリル板や塩ビ板って、モノ作りには活躍する場面が多くて

アクリル板とか塩ビ板って、例えば東急ハンズで買おうとすると結構な出費を強いられるし、ホームセンターで買っても、決して気軽に使えるような価格ではないように思う。でも、ネットなら?

◆写真の題名◆
暗闇へと足を踏み出す勇気を持つ(って、大工仕事やりながら)

何となく人生訓を語ってそうな題名になってしまったけど、実際にはトイレ前の床を修理するのに、中の様子が分からない床下に手を入れていくのが本当に嫌だった、って何てことない中身ですが。

◆写真の題名◆
手作りステッカー、使い道はアイデア次第で色々とありそうだな

今や家庭用プリンターで写真だろうがイラストだろうが、なんでも綺麗に印刷できる時代です。でもその印刷物の “耐久性” となると紙では辛い。その一つの答が手作りステッカーになってくれるんじゃないかと。

◆写真の題名◆
ブラインドリベットなら、向こう側に手が回らなくてもOK

自分で所有してるのを忘れているくらい使う機会の少ないハンドリベッターですが、使い場所によってはこれほど便利な道具はないかもしれない。これからは、もっと積極的に使っていこう。

◆写真の題名◆
バイクタンクの大きな凹みは、ホットメルトの接着力で引き上がる?

バイクタンクの凹みにホットメルトでタブを接着し、そのタブを力任せに引き上げることで、タンクの凹みキズを持ち上げようという原始的な工具を使ってみましたが・・・・

◆写真の題名◆
バイクの折れたバックミラーのアーム修理 -- 見た目も大切だね

固まれば金属のように強固になるオートウエルドという超強力接着剤で、折れたバイクのバックミラーのアームを補修したけど、少し心細く感じたのでアクリル製のリブを入れて補強しました。

◆写真の題名◆
バイクタンクの大きな凹みを修理する -- 2回目のトライ

熱を加えると流動体になるホットメルトも冷めれば固形物の樹脂になります。ってことは、環境温度が低いと脆くなるんじゃないかと。それが原因で上手く凹みを引き上げられない?

◆写真の題名◆
バイクタンクの大きな凹みを修理する(3) -- 十字型アーム考案

凹み部に3個のタブを接着し、この3つを順番に少しずつ持ち上げてということをやって来たんだけど、出来れば3本同時に引き上げられないか?それを実現すべくアームを作ってみました。

◆写真の題名◆
バイクタンクの大きな凹みを修理する(4) -- あともう一歩、かな

3本のタブを同時に持ち上げるために作ったアームは、その機能を十分に果たしてくれ、作業過程では凹みも結構持ち上がっているように見えるんだけど、外れると元に戻っちゃうんだよね。

◆写真の題名◆
バイクタンクの大きな凹みを修理する(5) -- 夏場はダメってこと?

ホットメルトは熱を加えると溶けるので、それを物体間に塗布することで両者を固定するのだけど、環境温度が高いと(例えば夏場だと)ホットメルトが完全に固体化しないような気がする。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>