野川公園まで花見サイクリング

友人と三人で花見サイクリングのため、久しぶりに早起き。

最初の目的地、砧公園を目指して

愛車ビアンキ・ローマ2に跨り、綱島街道経由で多摩川を目指します。早朝から快晴で空は真っ青ですが、冬の如く気温は低く、冷たい風が容赦なく体温を奪っていきます。

丸子橋手前から多摩川沿いを走り、待ち合わせ場所の二子橋に8時半に到着。そこから先ずは砧公園を目指します。

世田谷美術館
砧公園、いい公園ですね。サイクリングロード(散歩道?)もキチンとしているし、世田谷美術館もあります。

今回は寄りませんでしたが、是非改めて来てみたいと思わせる美術館外観です。

野川サイクリングロードは、ゆったりとポタリングには最適

そして野川サイクリングロードへと入ります。ただ、サイクリングロードとは言いながらも、道は狭く、歩いている人も多く、言ってみれば“生活道路”なので、10km/h以上のスピードで走るのは無理でしょう。

逆にゆっくりと景色や雰囲気を楽しみながら走るには最高のサイクリングロードです。川のせせらぎ、季節を彩る花、そして野鳥と、どんな季節の時でも、その折々の楽しみ方がありそうです。

それでも、やはりベストシーズンは春。桜の季節でしょうね。

20120407野川1
桜の覆いの下を友人二人が先行していきます。

20120407野川2
桜の花のアップ。色といい、姿形といい、桜って“可憐”という言葉が本当に似合います。

20120407野川3

野川公園の売店の生ビールは最高

そしてお昼前に野川公園に到着。

ここは売店横の休憩場所なんですが、この休憩所には生ビールがあるんです。もう、それだけでこの公園を目指して遠い道を自転車で行く価値があります。

ただ、写真からは伝わらないと思いますが、今日は本当に寒い。残念ながら生ビールはパスして、持参のお酒で昼食タイム。

寒いけど、本当に気持ちのいい時間です。友人と晴天の中、運動後の身体をほぐしながら、桜の下でお酒を楽しむ。ああ、生きていてよかったなって思えるような数少ない瞬間の一つでしょう。

20120407野川公園
この後、雲が出てきて、更に風が強くなって来て、まるで真冬のような寒さが。

ということで、南武線の南多摩駅近くの稲城天然温泉 季乃彩「ときのいろどり」に寄って、身体を温め、生ビールで心も温め、帰路に着きました。

走行距離約80kmの“小さな旅”でした。




関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/101-9d677806

<< topページへこのページの先頭へ >>