【良き人生か?】カテゴリ目次 - Page 09

自信の"正体"とは「前にも似た状況を乗り越えた」という "記憶"

写真名称
よく言われるけど、“自信” って誰かがくれるモノではなくて、自分で勝ち取ることでしか決して手に入れることの出来ない大切なもの。

自分の中にある恐怖に、小さな勇気で立ち向かい、そして小さな行動を起こしてみる。最初から大きな勇気も、大きな行動も必要無し。小さな勇気、小さな行動、小さな記憶、そして小さな自信が。
あなたは “与える” 側の人ですか、それとも “奪う” 側?

写真名称
「あなたは “与える” 人なのか、それとも “奪う” 人なのか」

あなたがある会合に参加した時、あなたはその場にいる人たちにエネルギーであるとか、元気や笑いを “与える” 人ですかということ。

出来れば、与える側の人間でありたいな。
あなたは他人に、そして自分にも色んな “期待” をしてますよね

写真名称
人は様々な場面で、様々な人に期待をかけます。「期待」とは、「あることが実現するだろうと望みをかけて待ち受けること」。

期待が裏切られると、ちょっと腹を立てるかもしれません。でもその時、がっかりしたり怒ったりするのではなく、相手に対して “感謝” の感情を持てると、様々な人間関係が変わってくる筈です。
変えるんだ! 御託はいい 何が何でも変えるんだ!

写真名称
人生の中で不満や苦痛を感じたり、なんらかの “問題” を抱えたとき、これらはあなたに “3つの選択肢” を与えます。

3つの内で一番現実的な選択肢は「現状を変える」こと。でも、簡単に変えることが出来ないからこそ、不幸せだったり苦痛を感じたりしている筈。その時、どうするか?
「まずい決断」をするのが怖くて・・・考えて、考えて、がんじがらめ

写真名称
経験を積めば積むほど、成功の確率は高まる。人より多くのまずい決断をした人ほど、人より多くの成功を手にすることができる。

頭では理解しているつもりなのに、それでもまずい決断はしたくないし、遠回りもしたくないし、失敗なんて極力避けたい。人は失敗することで大きく成長することができるってのも分かってはいるけれど。
「習うより慣れろ」って、やはりメチャクチャ凄い真理だったんだ!

写真名称
上の項目の続きで、何事においても、頭で理解することはできても、それを「腑に落ちた」状態までもっていくには、自分でやってみるしかないというお話。

クロールとは、手でこうやって水をかいて、足は水を押しやるように蹴って、息継ぎは顔を横に向けてって教えることはできるけど。
期待を感謝に変える -- そこにいてくれるだけでありがとう

写真名称
(子供に対して)期待したように生きてはくれないけれど、生まれて来てくれてありがとう。健康に育ってくれてありがとう。

(親に対して)あーしろ、こーしろって煩いけれど、産んでくれてありがとう。元気に育ててくれてありがとう。学校に通わせてくれてありがとう。(そして互いに)そこにいてくれるだけでありがとう。
学んだということは、変わるということ -- 自分のキャラを変える

写真名称
事あるごとに思い出す「学んだということは、変わるということ」という言葉。“変わる” とは、“行動” が変わるということ。

「君に届け」の中で、くるみちゃんはキャラが変わってから、なんか解放されて自由になったような印象を受けるんです。そんなくるみちゃんの “成長” に憧れている今日この頃の私。
それって今の状態が この先ずーっと続くって事なんだからね

写真名称
上の項目に続いて「君に届け」から。「どうしたらいいか わからなくなったの・・・」と涙する爽子に、親友の「やのちん」が言った言葉。

「今の状態をどうにかしたいなら 自分でどうにかするしかないんだよ」。それが、自分にはどうにもできないって逃げていると、「それって今の状態が この先ずーーーっと続くって事なんだからね!」
自分の葬式に参列した人達から、どんな言葉を聞きたい?

写真名称
自分を変えたい。でも、どんな風に変わりたいのか。そんな自分に、こんな質問を投げかけてみてはどうでしょうか。

5年後、あるいは10年後の自分はどうなっていたいか。あるいは、自分の葬式に出席してくれた家族や友人たちは、どんな弔辞を述べてくれるだろうか(述べて欲しいのか)。



コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1033-83595ecd

<< topページへこのページの先頭へ >>