価格的に不安を感じるけど、試しにマキシマイザーを買ってみた

初めて自分からランニングをし出してから、ずいぶんと長い時が流れました。当然、その間にいろんなシューズを買ってきましたが、そのシューズを選ぶ理由はデザインがメインだったと思います。

もちろん、機能面を考えなかったわけではありませんが、まあ、そこそこの金額を出しておけば足に変な負担がかかったりすることもないだろうと。どれも大差ないかなって。

それが、だんだんと年齢が進み、ちょっとしたことで簡単に故障することが多くなってくると、ほんの少しの違和感にも敏感にならざるを得なくなりました。

結果、シューズの状態にも、そしてどんなシューズを買うかにも神経を使うようになって。

なんてことを言っている割には、(まあ、アウトソールがすり減る前に外れ落ちてしまったナイキのシューズはいいとしても)完全にアウトソールが擦り減ってしまっているMERELのトレイルラン用シューズの踵を補修して履くなんて論外だよなー。

childrenランニング

プロネーションってのは・・・なるほどー

新しいシューズを買おうと思っていろいろと調べていく中でプロネーションという言葉に出会いました。言葉自体は前から知っていましたが、特に気にしていなかったというのが正直なところ。

プロネーションとは、「着地した際に、アーチ(土踏まず)がつぶれることによって足首が内側に倒れこむ現象」のことだそうです(逆に足首が外側に傾く現象がサピネーション)。

人の体は、この動きによって足にかかる衝撃を緩和するようにできているので、多少のプロネーションは問題なく、逆に利にかなった動きでもあるようです。

ただし、足の形状や柔軟性の違いによって、傾きが過剰になると(これをオーバープロネーションと呼ぶ)、膝やすねに故障をきたすリスクが高まるとのこと。

また、アーチがしっかりしている人でも、長距離を走ることで次第にアーチの潰れが発生し、このオーバープロネーションを起こすこともあるらしいのです。

オーバープロネーション用シューズってのもあるんですね。これは、主にソールの内側部分が硬い素材で作られていて、これで過度に内側に倒れこまないように対応するわけです。

なーるほど、なんて思いながら、さて肝心のシューズは何を買おうかと探していたら、ミズノの「マキシマイザー」というとても低価格なランニングシューズを見つけました(実売価格3000円前後)。

マキシマイザーとロードジョグは、低価格帯ジョギングシューズとしての双璧?

こんなに安くて大丈夫なのかとネットで評判を検索してみると、低価格な割に高機能で評価も決して悪くありません。ただ、本格的なランニングとなると力不足かもしれませんが。

低価格帯ジョギングシューズとしては、この「マキシマイザー」とアシックスの「ロードジョグ」という2つのシューズが “鉄板” らしいです。

両者の傾向は、マキシマイザーの方は適度に硬いソールで、路面からの反発を感じながら走るタイプで、ロードジョグは柔らかめでクッション性重視ってところでしょうか。

どちらも本格的ランニングシューズのざっくり1/3という低価格に不安を感じますが、まあ練習用に試してみてもいいかと、デザインの好みでマキシマイザーの方を購入してみました。

マキシマイザー-4

パッと見は悪くない。重量も本格的ランニングシューズレベルの軽さでいい感じ。でも、じっくり見ていくと値段相応で、やっぱりちょっと安っぽく感じるかな。

インソール(中敷き)も縫い付けてあって交換できないし、つま先まわりに印刷してある模様(?)も何となく微妙な感じが。

アウトソールのアップ。ミズノのアウトソールはランニングシューズメーカー各社の中では耐久性のある方らしいので、どんな感じで摩耗していくのか(しないのか)楽しみ。

マキシマイザー-2

ちなみにロードジョグの方は、「従来のラバーと同等の軽量性、グリップ性をもちながら、約3倍(当社比)の耐摩耗性を発揮するアウターソール素材」を使用しているらしいです。

なんてことを書いていたら、ロードジョグの方も買って、両者を比較してみたくなってきた。



コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1040-9af57cb0

<< topページへこのページの先頭へ >>